探蝶逍遥記

タグ:幼生期観察 ( 2 ) タグの人気記事

アオバセセリの幼虫探索(7月中旬)

 海の日を含む三連休は渋滞を避けて、近場でお散歩観察。やって来たのは拙宅から車で30分ほどのアオバセセリポイント。ここは毎年ゴールデンウイーク頃、セセリよりカメラマンの個体数が遥かに上回るので、敬遠して滅多に足を運びません。今年は何と4月上旬に第1化が発生していて、管理人が訪れた4月下旬は既に発生末期でした。と言うことは・・・・、果たしてこのポイントでは第2化は何時発生するのだろう~と疑問に思ったのです。そのヒントを掴むため、食樹のアワブキで幼虫探索をしてみることにしました。幸い、35℃越えの猛暑にも拘らず、谷あいにあるアワブキは木蔭で助かりました。到着して5分ほどで怪しげな巣を発見しました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_10304235.jpg
EM12-Z60, ISO=200、F4.5-1/160、外部ストロボ、撮影時刻:10時59分

 矢印#1がその巣。アワブキの葉の先端に形成されています。実は事前にブログ仲間のclossianaさんの記事(クリックでジャンプ)を参考に巣形状の特徴を把握していたので、発見が容易でした。
 因みに矢印#2は過去に若齢幼虫が残した食痕と巣の残骸と思われます。また矢印#3はアワブキの実です。秋口に見られる熟果は赤色ですが、現状は緑色。巣のある葉は地上高さ2.3m。幼虫探索のため持参した脚立に乗って、何とか葉を手繰り寄せることができます。その巣の全景です。
f0090680_10315279.jpg
TG4@5.5mm, ISO=100、F2.3-1/125、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:10時47分

 全長は25mm。葉脈に沿って切り込みを入れ、主脈を中心に折り曲げた袋状です。ミドリシジミの終齢幼虫巣を、親しみを込めて『餃子』と呼んだりしますが、この巣はさしずめ『小銭入れ』でしょうか。面白いのはパンチで空けたような丸穴が開いていること。『小銭入れ』のチャック側?から覗いてみると、こんな感じ。
f0090680_103231100.jpg
EM12-Z60, ISO=200、F5.6-1/80、外部ストロボ、撮影時刻:11時24分

 こちら側にも小穴が開いています。一説には換気口らしいのですが、この小穴もアオバセセリ幼虫巣の特徴です。巣を開けて、幼虫を確認。
f0090680_10324774.jpg
TG4@14.4mm, ISO=125、F4.4-1/80、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:10時47分

 体長は11mm。頭殻は橙色のテントウムシ状。胴体に太さの異なる黒いリングが巻かれたような独特の模様です。実は管理人、幼虫の実物を見るのはこれが初めて。ちょっと興奮しました。頭殻がテントウムシ状になるのは、3齢以降とされていますので、恐らく3齢の初期状態と思われます。巣を開けると、すぐに幼虫は巣の修復作業に入りました。先ずは、頭部付近(葉柄側:巣の入口)の作業を開始。
f0090680_10331595.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=200、F5.6-1/80、外部ストロボ、撮影時刻:11時26分

 続いて、やや後方部分の糸掛けをスタート。
f0090680_10333015.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=200、F5.6-1/80、外部ストロボ、撮影時刻:11時27分

 その後、後方部分の修復作業に入りました。
f0090680_10334127.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=200、F5.6-1/80、外部ストロボ、撮影時刻:11時28分

 葉の表面部分に複数の糸の基点を設け、それらの糸を束ねて糸強度を増す工夫をしている様子が伺えます。管理人が巣を無理やり開けてから、5分も経過しない内に幼虫は、巣を元通りの姿に戻しました。幼虫の凄ワザですね!

 今回脚立が届く範囲内で観察出来た巣は、ご紹介した一つだけ。他にもあるか、上空を見上げて探索。このアワブキの樹高は10m弱。ようやく、一つ類似した巣を発見。
f0090680_10341035.jpg
D500-34VR(トリミング), ISO=800、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:11時17分

 中央右がその巣。ところがここで思わぬ事実が判明!撮影時には気が付きませんでしたが、何と、アオバセセリの卵と思しき白色円形物体(矢印)が写っておりました。今回探索の目的は当地での第2化発生時期を推定すること。3齢幼虫を発見したことで、考えたのは下記の仮説。今季第1化の発生ピークは4月中旬頃。そうだとすると、野外での幼生期を60日前後と仮定して第2化発生ピークは6月中旬頃。そうであれば2化から生まれた世代が7月中旬に3齢幼虫であることは妥当だなと・・・。ところが仮に7月中旬頃まで卵を産む母蝶が存在すると、第2化世代もそれなりにダラダラ発生していることになります。できれば、今回観察した3齢幼虫の継続観察をすると共に、やはり、第2化世代を直接観察してみたいものです。
by fanseab | 2018-07-17 21:56 | | Comments(4)

コチャバネセセリ幼虫の巣(6月下旬)

オオチャバネセセリの第1化撮影目的で、横浜市内の里山へ出撃。しかし、それらしき個体を2回目撃するも撮影には至らずガッカリです。ここは林床にアザマネザサがビッシリと覆われていて、幼虫探索に方針変更。すぐに怪しげな巣を発見。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_21195921.jpg
EM12-Z60, ISO=200、F5-1/200、外部ストロボ、撮影時刻:10時25分

 巣の外観や食痕から、オオチャバネではなく、コチャバネセセリの巣、それも若齢幼虫のものと推測しました。ちょっと巣を開けてみると・・・。
f0090680_21201963.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=200、F5.6-1/125、外部ストロボ、撮影時刻:10時38分

 予想通りでした。恐らく2齢幼虫と思われます。更に探索すると、今度は更に特徴のある巣を発見。
f0090680_21205055.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=200、F6.3-1/50、外部ストロボ、撮影時刻:11時03分

 これは明らかに老熟幼虫の巣。こちらは葉の面積がやや広く、アズマネザサではないようです。ササ類の同定に詳しい方、ご教示頂ければ幸いです。比較的大き目の葉では、葉軸を中心に葉を折返し、略台形の巣を造ります。越冬世代だと、この巣の上部(葉軸)を切り離して地上に落下するとされています。中を開けてみると・・・。
f0090680_21211746.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=200、F4.5-1/60、外部ストロボ、撮影時刻:11時05分

 自分の体長より1cmほど長い巣を造っています。更に探索し、別の巣を発見。
f0090680_21213971.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=200、F5-1/250、外部ストロボ、撮影時刻:11時33分

 アザマネザサでは、2枚の葉を上下にきちんと貼り合わせた巣を造っています。葉の基部側、葉軸の両サイドを食い切る食痕を残します。これも開けてみました。
f0090680_21233661.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=200、F8-1/250、外部ストロボ、撮影時刻:11時36分

 ほぼ体長は25mm。終齢幼虫です。背線近傍に2個の卵巣が透けて見えるので、恐らく♀幼虫でしょう。
第5腹節背線近傍に2個の生殖巣が透けて見えています。鱗翅目では一般的に大き目の生殖巣は精巣なので、♂個体の可能性がありますが、正確には飼育してみないと分かりません(黄文字は6月27日追記修正箇所)。
この日は、以上ご紹介した3個含め合計6個体のコチャバネ幼虫巣を発見。コチャバネの第1化は、例年5月中旬前後ですから、ほぼ計算通り幼虫が育っていることになります。野外での蛹期を10日と見積もると、当地での第2化は7月10日前後から発生することになるのでしょう。今シーズンは、何とか第2化個体で産卵シーンを撮りたいと思っております。オオチャバネ探索にも再チャレンジしたいと思います。
by fanseab | 2018-06-25 21:24 | | Comments(2)