探蝶逍遥記

タグ:吸水行動 ( 3 ) タグの人気記事

アオスジアゲハの「放尿飛翔」(6月下旬)

 サッカー日本代表が見事16強入りを果たしました。最後の戦い方には賛否両論があるようですが、取敢えずサムライブルーの戦士にお疲れ様と言いたいです。次戦のスタートは何と午前3時!! 流石にライブで見るのは躊躇しますねぇ?

 さて、今回は同じ「ブルー」でもアオスジアゲハのお話。コチャバネセセリの幼虫探索をしたポイントは、蝶の発生の端境期だったのでしょう、極端に蝶の種類が少なくガッカリしました。そんな中、猫の額ほどの水田へ吸水にやって来たアオスジアゲハにカメラを向けました。吸水の合間の飛翔を撮るには、高速連射が必須。ほぼ思い通りの絵が撮れました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_16433491.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=800、F4-1/4000(機材条件は以下共通)、撮影時刻:12時27分
f0090680_16435053.jpg
撮影時刻:12時28分
f0090680_1644079.jpg
撮影時刻:12時28分

 飛翔高度が低いので、濡れた泥地にアオスジの陰が写り込み、日差しの強さを上手く表現できました。撮影済のコマをチェックしていたら、面白い画像があることに気が付きました。
f0090680_16441937.jpg
撮影時刻:12時24分

 飛びだしたアオスジの腹端から、細かい水滴が多数確認できます。PapilioGraphiumは吸水時に腹端から勢い良く水を放出する行動(ポンピング)を取ることが知られています。この場面では、偶々飛び出した瞬間と、「放尿」のタイミングが合致して、空中に放尿した画像が撮れたようです。このコマの2コマ前の画像(0.03秒前の画像)を確認すると、腹端から噴出された尿が水滴に変化していく様子が捉えられていました。
f0090680_16443664.jpg
撮影時刻:12時24分

 高速連射機能の威力は本当に凄いですね!
by fanseab | 2018-06-29 22:15 | | Comments(6)

アサギマダラの吸汁行動(5月下旬)

 平地性ゼフを撮影した日、植栽として植えられているフジバカマにアサギマダラの姿がありました。このポイントで本種を見るのを恐らく初めて。フワフワ飛んでいるのは、♂でした。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_17513546.jpg
EM12-Z60, ISO=800、F4.5-1/4000、撮影時刻:7時18分
f0090680_17515018.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=800、F4.5-1/4000、撮影時刻:7時20分

 飛翔してはフジバカマに止まり、葉上から吸水しているような行動を取りました。
f0090680_17521068.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=800、F8-1/640、撮影時刻:7時15分

 撮影日の早朝、結構強く雨が降った影響で、葉上には多量の水滴が残っていました。そこから吸水していたのでしょう。さらにドクダミの花弁にもストローを伸ばしました。
f0090680_17522674.jpg
EM12-Z60, ISO=800、F8-1/400、撮影時刻:7時17分
 
 ストローの位置から考えて、ドクダミからの吸蜜ではなく、単なる吸水行動のようです。

 よく知られているように、アサギマダラ成虫はフジバカマ類の吸蜜を好みます。フジバカマには本種の性フェロモン合成に欠かせない、ピロリジジンアルカロイド類(PA)を含有しているためとされています(※)。この習性を利用し、渡りの途中に本種を吸引させるため、意図的にフジバカマの大規模植栽を実施している公園もある位です。今回の「吸水」行動も単純な水分補給以外に、フジバカマや周辺植物の葉や花弁上に拡散した微量のPAを吸収していた可能性も否定できませんね。

※本田計一/加藤義臣編(2005)チョウの生物学,東京大学出版会,245-248.
by fanseab | 2018-06-02 22:53 | | Comments(0)

クロアゲハ♂の吸水(7月下旬)

 カラスアゲハの産卵シーン撮影した当日、気温はそれほど高くなく、黒系アゲハ♂の吸水活動は不活発でした。そんな中、唯一新鮮なクロアゲハ♂が長時間に渡って吸水していたので、じっくりと撮影してみました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_12241631.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=1000、F7.1-1/1000、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時42分
f0090680_12243186.jpg
D500-34VR、ISO=1250、F6.3-1/800、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時37分

 普通種であっても完品個体の撮影はどんなシーンでも貴重。過去に管理人が撮影したクロアゲハ♂の吸水シーンの中でも出色の仕上がりに満足です。今回はやや暗い環境のため、ISO感度を1000~1250で撮影しております。D500にボディを変えてから、一番気に入っているのが、高感度特性の進歩。一昔前のニコンでは、ISO=800から途端にザラザラ感が増加したのですが、D500だとISO=1600までは全く問題ありません。露出強アンダー画像をRAW現像する際、ガンマコントロールでシャドウ部を明るく持ち上げてもオリジナル画像の持つ色相に変化が無くて助かっております。機材の進歩は本当に有難いものですね。
by fanseab | 2017-08-10 21:15 | | Comments(2)