人気ブログランキング |

探蝶逍遥記

タグ:交尾 ( 11 ) タグの人気記事

コヒョウモン(7月中旬)

 2日間、久しぶりに信州の高原を訪れました。全く初めてのポイントなので、手探りでウロチョロ・・・(^^; 時折、小雨が降る生憎の天候。今回は、某種生態観察の下見および食草の状況把握が主目的。探索中出会った複数種をシリーズでご紹介したいと思います。最初はコヒョウモン。このタテハ、過去に撮影経験はありますが、いずれも時期遅れで綺麗な個体の撮影はできておりませんでした。今回は丁度出始めでピカピカ個体が多くて満足。先ずは♂の吸蜜。吸蜜源は恐らくミヤマイボタ。
 
+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_20323675.jpg
EM12-P520@175mmX1.4TC,ISO=400,F5.6-1/1000、撮影時刻:12時39分

 この子は例外的に縁毛が擦り切れた個体。吸蜜シーンは意外と少なく苦労しました。次に♂の開翅。
f0090680_2033335.jpg
EM12-P520@200mmX1.4TC,ISO=400,F5.6-1/800、撮影時刻:14時31分

 こちらは極めて新鮮。緑濃い高原で見ると濃橙色が誠に鮮やか。この個体は前翅第1b室中央の2個の黒班が合体して左右に伸び、ちょっと異質な印象。次いで♀の全開翅。
f0090680_20332470.jpg
EM12-P520@200mmX1.4TC,ISO=400,F5.6-1/800、撮影時刻:14時19分

 気温も低目なので、ワラビの上でノンビリと日光浴。同じ個体を正面からも狙います。
f0090680_20334047.jpg
EM12-P520@200mmX1.4TC(6コマ深度合成+トリミング),ISO=320,F6.3-1/320、撮影時刻:14時25分

 裏面のモザイク模様が良いアクセントになります。深度合成する場合、時折複眼にピントが合わない失敗をします。この絵がその好例(^^; さて、♂は探雌飛翔で全く止まらない時間帯があります。仕方なく、望遠で飛翔撮影。
f0090680_2034174.jpg
EM12-P520@200mmX1.4TC(トリミング),ISO=1000,F5.6-1/4000、撮影時刻:10時09分

 ワラビが繁茂した草間を縫うように飛んでいきます。広角でも飛翔にトライ。
f0090680_20342151.jpg
EM12-Z1240@17mm(トリミング),ISO=1000,F5-1/4000、撮影時刻:11時08分

 この個体は2枚目♂個体と比較すると、標準的な斑紋のように思います。本種は和名の通り、本当に小さいヒョウモンですが、高い梢の先まで♀を探す様は意外にもエネルギッシュ。ほぼ同じポイントを周回探索して撮影した途中で、偶然交尾ペアを発見! これは嬉しい出会いでした。
f0090680_2035262.jpg
D500-34VR,ISO=800,F9-1/800、外部ストロボ、撮影時刻:11時46分

 左♀右♂です。本種の交尾シーンはもちろん初撮影。交尾シーン撮影中、突然別の♂が乱入。ペアに絡みましたが、すぐに離れ、近くのシロツメクサで吸蜜です。
f0090680_2035211.jpg
EM12-P520@134mmX1.4TC,ISO=200,F5.6-1/1000、撮影時刻:11時49分

 この♂が飛び去った後、反対側からも撮影(右が♀)。
f0090680_20353980.jpg
EM12-Z1240@40mm(トリミング),ISO=100,F5.6-1/250、外部ストロボ、撮影時刻:11時57分

 どんな種類でも交尾シーンでは♂♀裏面の斑紋特徴差がよく理解できます。本種も後翅の黄色いモザイク模様の大小、後翅外縁側眼状紋の明度に明らかな雌雄差が認められます。広角でも撮影。
f0090680_20421966.jpg
EM12-Z1240@12mm,ISO=100,F5.6-1/250、外部ストロボ、撮影時刻:11時57分

 このシーン撮影後、7分経過して現場に立ち寄ってみると交尾は解消し、♀だけが残って開翅休息しておりました。
f0090680_2035556.jpg
EM12-Z1240@40mm,ISO=100,F5.6-1/250、撮影時刻:12時05分

 3枚目にご紹介した♀と比較すると、外縁側が黒化して、キリリと引き締まった印象を持つ個体です。この時、偶然尾端より透明の体液を出しているところでした。尾端に液滴が見えています。これは生理学的にどんな意味を持つのでしょうね。因みに交尾時間は概ね1時間30分と推定しました。
 次回はコヒョウモンモドキのご紹介です。
by fanseab | 2019-07-20 20:44 | | Comments(0)

アカセセリの交尾(8月上旬)

 平地の酷暑から逃れるため、久しぶりに信州の高原地帯へ。最近は出不精になってしまい、今年最初の長野県訪問になります(^^; 狙い目はアカセセリの産卵。以前もチャレンジしておりますが、失敗に終わっています。現地に到着すると、複数のカメラマンが集まっておりました。ここはゴマシジミのポイントでもあり、皆さんゴマを追跡しておられました。偶然、どなたかが「アカセセリが交尾している!」と教えてくれました。背景には穂高連峰が顔を覗かせております。これは絶好の場面。先ずはマクロでパチリ。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_1747566.jpg
EM12-Z60,ISO=200,F8-1/250,撮影時刻:11時57分

 小生、本種交尾ペアは初撮影です(^^) 向かって右が♀ですが、角度が悪く、暗く潰れてしまいました。丁度♀の真上に穂高連峰が遠望できますが、焦点深度の関係でボケています。それでは、深度合成で勝負してみよう!とトライしますが、生憎の風で交尾ペアがゆらゆら揺れて合成に失敗。仕方なく、今度はコンデジで広角撮影。
f0090680_17475442.jpg
TG4@7.8mm,ISO=100,F11-1/125,撮影時刻:11時57分

 コンデジの焦点深度の深さのお蔭で、僅かに残雪が確認できます。残雪をくっきり写し、なおかつ交尾ペアにも合焦させるのは至難の業でした。そのうち、ペアの♂♀の配置が逆転してくれたので、広角縦位置でも撮影。
f0090680_17481682.jpg
EM12-Z12,ISO=200,F9-1/640,撮影時刻:12時05分

 山岳遠望はともかく、アカセセリ♂♀の色調差も表現できて、満足。交尾ペア画像では、♂がボロ個体の場合が多いのですが、今回は両者共に完品個体で、助かりました。念のため、表現したかった山岳遠望風景も貼っておきましょう。
f0090680_17503855.jpg
D500-34VR(トリミング),ISO=800,F8-1/1250,-0.3EV、撮影時刻:13時31分

 さて、肝心の産卵シーンは結局観察できず。ホストのヒカゲスゲらしきスゲ類が生えている環境は確認できたものの、やはり暑さとの闘いで集中力がそがれます。何せ最高気温は下界とほぼ同じ34℃!仕方なく、静止個体の画像をパチリ。最初は綺麗な♀。
f0090680_17505713.jpg
EM12-Z60,ISO=200,F4.5-1/640,撮影時刻:17時23分

 夕刻で活動を休止して休眠準備に入った個体でしょう。アカセセリ♀裏面は鶯色を帯びる個体が多いですが、この子は例外的な個体ですね。翌日朝、ほぼ同じ場所で♀を発見。同一個体かもしれません。
f0090680_17513861.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=64,F4-1/640,撮影時刻:8時00分

 微妙に開翅してくれました。一方、♂は敏速で直ぐに姿を見失ってしまいます。やっと撮れた個体は結構スレています。
f0090680_17521086.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=64,F4-1/640,撮影時刻:11時16分

 この後、場所を変え、別ポイントで♀産卵場面を探索。ここではハギで吸蜜する♂を撮影。
f0090680_17522832.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=64,F4-1/250,撮影時刻:12時26分

 アングルを変えて撮ろうと思ったら、サッと逃げてしまいました。このポイントはやや草丈が高く、ノイバラも繁茂しているので、探索にも苦労しました。
 なお、最初のポイントでは久しぶりブログ仲間のkさんにお会いできました。また、両ポイントでは撮影仲間のSさん、Mさんともご一緒できました。御三方、色々と有益な情報有難うございました。
by fanseab | 2018-08-16 21:45 | | Comments(2)

チャバネセセリの交尾(7月上旬)

 コチャバネセセリを撮影した日、更に嬉しい出会いがありました。クズの葉上に異様な物体が・・・。何と、チャバネセセリの交尾ペアでした!

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_1616792.jpg
EM12-Z12, ISO=200、F5-1/160、外部ストロボ、撮影時刻:11時29分

 チャバネは関東近辺だと、秋口に個体数がそれなりに増えるものの、第1,2化の個体数は少なく、多摩川縁でも珍品です。それが何と第2化の交尾ペアに会えるなんて、思いがけない僥倖でした。恐らくチャバネ交尾ペア撮影はこれが初体験かも。翅形、翅と複眼のバランスから考えて、小さ目の右個体が♀でしょうか?
 傘を差しての撮影も一苦労ですが、こんな被写体に出会えるなら、毎日傘を差して出かけてしまうかも。。。「早起きは三文の得」否、「雨降り散歩は十文の得」とでも言っておきましょう。
by fanseab | 2018-07-13 22:03 | | Comments(0)

ヤマトシジミの交尾(11月上旬)

 ウラナミシジミの飛翔を撮っていた現場で、ふと足元を見ると、ヤマトシジミのカップルが葉上に止まっていました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_21152640.jpg
D500-40、ISO=200、F9-1/640、-0.7EV、撮影時刻:11時39分

 ♂(右側)がとびきり小さく、凸凹コンビ?に思わず笑ってしまいました。折角のチャンスなので、裏側に回って、逆光でも撮影。
f0090680_21154043.jpg
D500-40、ISO=200、F9-1/800、-1.0EV、撮影時刻:11時40分

 久しぶりの縁毛逆光ブルー幻光が撮れました。残念ながら♀個体の翅の向きが♂と一致しておらず、♀の縁毛まではブルーに光らせることができませんでした。♂も縁毛が擦り切れているので、幻光の鮮やかさもイマイチ(^^;;

 交尾飛翔のチャンスでもあるので、少し刺激を与えて飛んでもらいました。
f0090680_21155975.jpg
D500-40(トリミング)、ISO=1250、F9-1/6400、-1.0EV、撮影時刻:11時41分
f0090680_21161581.jpg
D500-40(トリミング)、ISO=1250、F9-1/6400、-1.0EV、撮影時刻:11時41分
f0090680_21162650.jpg
D500-40(トリミング)、ISO=1250、F9-1/6400、-1.0EV、撮影時刻:11時41分

 教科書通り、飛行形式は、「←♀+♂」でした。♀翅表に垣間見える濃いブルーがとても綺麗です。時期的に考えて、新生蝶の交尾シーンを撮影するのは、恐らく今シーズン最後かもしれません。ところでヤマトシジミ♀、晩秋は何時頃まで産卵するのでしょうかね?
by fanseab | 2017-11-13 21:17 | | Comments(2)

オスグロトモエなど(7月下旬)

 久しぶりに多摩川縁を歩いてみました。29,30の両日でようやく恵みの雨が降りましたが、それまでは日照り状態が続いて地面はカラカラ・・・。セセリ幼虫探索で、イネ科植物を見ても葉が乾燥してカーリングしており、幼虫探索は困難を極めます。ゴソゴソ草叢を歩いている際、急に飛び立った鱗翅類を発見。慎重に接近すると、オスグロトモエ(Spirama retorta)の♀でした。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_16135233.jpg
EM12-Z60、ISO=64、F3.5-1/50、外部ストロボ、撮影時刻:14時46分

 真紅の裏面をプロキャプチャーモードで撮ろうと画策したのですが、ボヤボヤしている内に草叢に隠れてジ・エンド。蛾類も相当に敏感なので手こずりますね。
 少し暗い草叢でヒメジャノメの交尾ペアを発見。
f0090680_16141216.jpg
EM12-Z60、ISO=200、F3.5-1/50、外部ストロボ、撮影時刻:15時02分

 そう言えば第2化の季節でした。ヒメジャノメ交尾ペアの撮影はこれが二回目。今回は葉被り無く撮れて満足しています。河原の遊歩道は殆ど湿り気がありません。そんな足元から褐色型トノサマバッタが飛び立ちました。慎重に接近して前方から顔面を接近戦で狙いました。
f0090680_16144367.jpg
EM12-Z60(自動深度合成+トリミング)、ISO=64、F8-1/50、外部ストロボ、撮影時刻:15時02分

 身じろぎもせず、良い子状態だったので深度合成で撮らせてくれました。乾燥した河原で生きているこの子にとっては、熱中症とも無縁なのでしょうね。でもトノサマバッタはやはり緑色型の方が恰好エエですね。
 クズの草叢上で急にアゲハの求愛飛翔がスタート。残念ながら広角レンズの持ち合わせがなく、仕方なく60mmマクロで飛翔撮影。
f0090680_16161832.jpg
EM12-Z60(トリミング)、ISO=640、F5.6-1/3200、撮影時刻:15時25分

 ♂が♀を先導するパターン。♂の閉翅と♀の開翅が丁度シンクロして面白い絵になりました。この求愛シーン、結構持続時間が長かっただけに広角の持ち合わせが無かったことを悔やみました。フィールドでは想定外の場面に時々遭遇します。やはり広角レンズとセットでお散歩撮影に挑むべきでした(^^;
by fanseab | 2017-07-30 20:06 | | Comments(2)

ヒメジャノメの交尾・産卵(5月下旬他)

 ヒメジャノメ第1化の個体数が増加してきた先月下旬、多摩川縁を探索してみました。予想通り沢山の個体が林床に集結しておりました。ふと、足元を見ると何と!いきなり交尾ペアに遭遇しました(上が♀)。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_1414179.jpg
D71K-34VR,ISO=200、F7.1-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時38分(5月下旬)

 恐らく管理人にとって初撮影。♂♀でのサイズ差がよく分かる画像になりました。この直前、ペアにちょっかいを出す♂がおりました。
f0090680_142076.jpg
D71K-34VR,ISO=400、F9-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時35分(5月下旬)

 この時のショックでペアは飛び立ち、一枚目の絵を撮影した経緯がありました。実は、2014年にヒメジャノメの交尾ポイントと2mも離れていない場所で、ヒカゲチョウの交尾(外部リンクも観察しております。ここは蛇目蝶♂達にとって、「大願成就」する聖地なのでしょう。
 6月に入ってから、♀産卵シーンにもチャレンジ。過去2回、9月下旬の第2化で撮影を試みており、第1化での撮影は今回初トライになります。参考までに過去記事は下記。

(1)2012年(外部リンク)
(2)2014年(外部リンク)


 産卵時間帯は正午以降と推測し、林床に待機して♀が「産気づく」タイミングを計ります。13時35分過ぎ、1頭の♀が動き始めました。地上高約30cmを保ち、小刻みに翅を振りながら、ゆったりとホストを探索していきます。最初のチャンスはアズマネザサ葉裏への産卵。
f0090680_144968.jpg
D71K-85VR(トリミング),ISO=400、F10-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時39分(6月上旬)

 ヒメジャノメの産卵は通常地上高15cmほどのかなり低い位置になされますが、この時は地上高70cm。葉被りも無い絶好の状況でしたが、右側に回り込む時間が無く、腹端までの写し込みができませんでした。次に産卵状況。
f0090680_1442961.jpg
D71K-85VR(トリミング),ISO=400、F10-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時45分(6月上旬)

 TG4での拡大像も撮影。
f0090680_1444380.jpg
TG4@18mm(9コマ自動深度合成+トリミング),ISO=100、F4.9-1/100、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:14時30分(6月上旬)

 表面網目模様の描出が上手くできておらず、リング状ディフューザーの欠点である、ドーナツ状偽構造が出たB級画像ですね。光沢のある卵撮影は上記欠点を隠すため、相当神経を使います。
 さて、最初の産卵シーンに満足できなかったので、後日リベンジマッチ。今回もアズマネザサ葉裏でしたが、葉被りを避けるため、上方から狙うしかありません(^^;
f0090680_1451261.jpg
D71K-85VR(トリミング),ISO=400、F10-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時46分25秒(6月中旬)

 この21秒後に再度チャンスが。
f0090680_1452410.jpg
D71K-85VR(トリミング),ISO=400、F10-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時46分46秒(6月中旬)

 しかし、今回は産卵後、腹端を離した場面で、シャッターチャンスが遅れてしまいました。なかなか思い通りに撮らせてくれません。更にこの♀個体を追跡し、ようやく背景光、構図も理想通りの絵が撮れました。
f0090680_1454560.jpg
D71K-85VR(トリミング),ISO=400、F10-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時46分46秒(6月中旬)

 こちらはアズマネザサではない、イネ科の草本(種類不明)。しかし、母蝶が去った後、裏面を確認すると卵は無く、どうも産卵を回避した模様。なので、上の絵は「産卵シーン」ではなく、「産卵行動シーン」に格下げです(^^;

 今回観察した♀2個体は明らかに13時40分頃に「産気」付いておりました。ところが、林床を覗いてみると、この時間帯に全く動く気配の無い♀個体を数頭確認しております。どうやら産卵時間帯に相当の個体差があるように思えました。
 一方、ヒメジャノメ発生から少し遅れて発生するヒカゲチョウの場合は、午後3時過ぎ、複数の♀が一斉に産卵を始める行動を良く観察しております。まるで、「産卵祭りだ!それ行けワッショイ、ワッショイ・・・♪♪」とお祭り騒ぎのような時間帯があるのです。それに比べると、ヒメジャノメ♀の行動パターンは非常に読み難いですね。
by fanseab | 2016-06-17 22:56 | | Comments(0)

ジャコウアゲハの交尾(6月下旬)

 久しぶりに多摩川縁を散歩撮影。いつのまにかヒカゲチョウも♂が消え、殆どが♀個体です。毎年樹液を発生しているクルミの木をボンヤリ眺めていると、黒い塊が・・・。何と初めて観察するジャコウアゲハの交尾ぺア!

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_21531546.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時15分

 丁度装着していたレンズは85mmだったので、これが精一杯。折角のチャンスなので、一旦自宅に戻り、300mmを装着して再出陣。「解けるなよ~!」の願いが通じたのか、未だ動く気配が無く助かりました。
f0090680_21533140.jpg
D71K-34VR(トリミング)、ISO=640、F11-1/250、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時45分

 地上高約3.5m。それにしても場所が悪く、脚立を使用しても葉被りを避けるのに苦労します(^^; 状況を広角で記録しようとミラーレスでリモート撮影をトライしたところ、カメラを接近させた瞬間に飛び立ちました。50mほど飛んだ後、運良く低い位置に着地したので、今度はやや余裕を持って撮影。
f0090680_21534762.jpg
D71K-34VR、ISO=320、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:16時05分

 この後、ちょっとしたショックで再度飛び立ち、木蔭に消えてジ・エンド。♀が力強く♂を引っ張って飛ぶシーンが印象的でした。
 ところで、アゲハチョウ科の交尾シーンはウスバシロ・ギフを除き観察し難い対象だと思っております。今回のジャコウアゲハも恥ずかしながら初体験だったのです。管理人のこれまでのストック画像を見てもPapilio属は皆無。せめてナミアゲハは撮りたいものですが・・・。次なるチャンスはいつ訪れるのでしょうか?
by fanseab | 2015-06-29 23:03 | | Comments(2)

ヒカゲチョウの交尾・産卵など(9月下旬)

 マイフィールドの多摩川縁では現在、ヒカゲチョウ第2化のハイシーズン。例年よりムチャ個体数が多く感じられ、場所によっては蠅が飛ぶように乱舞しております。夕刻の産卵シーンを狙って笹薮付近をウロチョロしていると、急にバサバサと茶色の塊が飛び出してきました。何と管理人初体験のヒカゲチョウ交尾ペア!

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_2355290.jpg
D71K-85VR、ISO=320、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時00分

 アレチウリの葉裏に隠れるように止まりました(右側が♀)。15時頃は♀の産卵活動のピーク時間帯に当たりますが、恐らくもう少し早い時間帯に交尾が成立しているものと思われます。次いで産卵シーンの撮影。ヒカゲチョウの産卵場面は時間帯を選べばそれほど難易度高くなく撮影可能です。
f0090680_23552151.jpg
D71K-85VR、ISO=500、F11-1/250、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時21分

 地上高15cm程度のアズマネザサへの産卵です。葉裏を捲って見ると、何と同じ葉に4卵産まれておりました(↑の母蝶はこの時、1卵のみ産卵)。
f0090680_23553612.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F11-1/250、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時37分

 よほど母蝶が好むような条件の良い葉だったのでしょう。但し、これらは産卵時期が異なっているはずで、その後、孵化が近づいた際の変色挙動から産卵時期は#1→#2→#3→#4の順で#4がアップした産卵シーンの卵に相当します。また、4卵を比較すると、#1,2と#3,4では卵直径が異なり、(#1,2)<(#3,4)となっております。恐らく4卵は異なる母蝶(少なくとも2個体)が産み付けたのでしょう。産卵シーン撮影では種類によらず、母蝶の腹端と卵を同時に写し込むことが重要ですが、ヒカゲチョウの場合は簡単ではありません。ネザサ群落に入り込み、ほぼ瞬間芸で産んでいくので、必要とされるアングルにレンズを向ける余裕がありません。精一杯頑張って写したのが次のショット。
f0090680_23555469.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F11-1/250、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時07分

 腹端と卵をもうちょい右側に移動して撮りたいのですけどねぇ・・・・・。
 ♀とは別に沢山飛び回っている♂を追跡していると、アレチウリの花で熱心に吸蜜している個体が多いことに気が付きました。
f0090680_23561942.jpg
D71K-85VR、ISO=200、F7.1-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:16時40分

 ヒカゲチョウの栄養源と言えば、直ぐに樹液吸蜜を連想しますが、このように花からの吸蜜は初めて観察したような気がします。アレチウリの黄色い花粉まみれになっているストローが可愛いですね!
by fanseab | 2014-09-26 00:00 | | Comments(0)

ホシミスジの交尾(7月上旬)

 ヒメシロの産卵撮影前に立ち寄った草地にシモツケ群落があり、恐らくホシミスジがいるのではないか?と思ってウロチョロすると、程なく数頭の個体が舞いあがりました。気温の上昇と共に数を増し、全体では10頭ほど確認することができました。蛹や終齢幼虫もいるかもしれないと思い、枝先を仔細にチェックしていくと、何と交尾ペアが鎮座しておりました。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_20265697.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F13-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時36分

 上が♀。Neptis属の交尾画像はオオミスジに次いで2番目。ホシミスジは初体験。因みに普通種のコミスジは未撮影だったと思います。交尾ペアがいれば、必ず♂がちょっかいを出しに来ます。魚露目でその場面をパチリ。
f0090680_20273637.jpg
TG2@18mm-gy8、ISO=250、F18-1/100、内蔵ストロボ、撮影時刻:8時44分

 TG2と魚露目の組合せは周辺のボケが少ないので、縦位置構図でも像破綻が少なく重宝します。♂が去った後で、♀が開翅した瞬間を広角で。
f0090680_2029946.jpg
TG2@4.5mm、ISO=400、F8-1/320、+0.3EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:8時48分

 この日は♀の羽化ラッシュだったらしく、新鮮な個体が目立ちました。かつて真剣に写したフィールド図鑑用開翅アングルで一枚。
f0090680_20292639.jpg
D71K-85VR、ISO=500、F6.3-1/320、-0.7EV、撮影時刻:9時09分

 縁毛は完璧ですが、右前翅に多少の傷がありました。どんなNeptisでも♀はサイズがデカい分、風格がありますね。ここでは先ほどの交尾ペアとは別のペアも見出しました。この日は交尾ラッシュでもあった訳です。そのペアを無理やり飛ばして交尾飛翔を撮りました。
f0090680_20301117.jpg
GX7-10.5(トリミング)、ISO=640、F4-1/3200、撮影時刻:9時05分

 ホストのシモツケから離れないで飛んでおります。飛翔パターンは←♀+♂です。次いで40コマ/秒で連射撮影した連続する4コマをGIF動画にしてみました。撮影間隔は250msec.です。
f0090680_2030254.gif
GX7-10.5(トリミング+4コマGIF動画合成)、ISO=640、F4-1/3200、撮影時刻:9時05分

 40コマ/秒連射のお蔭で、GIF動画での羽ばたきも比較的スムーズに表現されております。ご覧の通り、♂は交尾中、ずっと頭を下にしている訳で、交尾飛翔中もこんな態勢で♀に導かれるままに翅を羽ばたくことなく、じっと我慢しています。交尾は最低でも2時間近くは持続するのですから、人間だったら頭に血が逆流してフラフラになるでしょうね。♀にさんざんアタックしてフラれ、ようやく「大願成就」して♀と交尾完了しても、♂は苦難の姿勢を強いられる訳です。国民的映画、寅●郎シリーズに譬えれば、「男はつらいよ、交尾大願成就編」ってとこでしょうか。
 さて、この日はできればホシミスジ産卵シーンも狙いたい所ですが、時間的な制約もありましたので、後ろ髪を引かれつつ、ヒメシロポイントへ向かいました。次回は更に時計を巻戻して、朝一番に訪問したコヒョウモンモドキについてアップいたしましょう。
by fanseab | 2014-07-12 20:32 | | Comments(2)

ヒメシロチョウの産卵など(7月上旬)

 アサマの産卵シーンを狙ったこの日は、早朝コヒョウモンモドキのポイントを訪問(後日記事にアップ予定)、その後ヒメシロポイントへ移動し、更にアサマポイントへと分刻みのスケジュールで撮影しておりました。もっともアサマの産卵シーン撮影を主目的にしていたので、ヒメシロポイントには正午までしか滞在できません。しかも、ヒメシロの産卵時間帯は正午前後にあるため、午前中に産卵してくれる個体に期待するしかありません。現地には午前10時過ぎに到着。飛んでいるシロチョウはモンキのみでヒメシロの姿がありません。周辺の草地を飛び交っているヒョウモン類を撮影しながら待機していると、ようやく10時30分頃からヒメシロが飛ぶようになりました。ただ第2化発生初期のためか個体数は非常に少なく、厳しい状況。それでもツルフジバカマを求めて飛ぶ♀をようやく発見し、何とか産卵シーン撮影に成功しました。

+++画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_2102589.jpg
D71K-85VR(トリミング)、ISO=500、F11-1/640、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時45分

 この絵は正直B級ショット(^^; もう少しスッキリした場面で撮りたかったのですが、この時期はススキも含め他の草本類の草丈も高く、草叢内に潜り込むように産卵するので、結構アングルが規制されて難しいものですね。その後この母蝶は連続産卵することなく、飛び去っていきました。この母蝶を追跡後、産卵場所に戻ってみましたが、産卵位置を確認できず、卵の拡大撮影には失敗。産卵シーンを優先してしまうと卵画像が撮れない敗戦パターンです。ヒメシロの飛翔はご存知の通り、フワフワと緩やかで、♂の探♀飛翔と♀の産卵行動中の飛翔パターンが酷似しているため、遠目から♀を見分けるのが難しいものだとつくづく思いました。結局相手に接近して前翅端の黒班の状態を観察して♀個体を追跡するしかなく、探索効率が下がります。結局1時間30分滞在中、産卵シーンを観察できたのは僅かに一回でした。ここでもダラダラと発生が続きそうですし、第3化品で再度産卵シーンを狙うことにしました。個体数が少なかったものの、♂が♀(下)に言い寄る求愛シーンはここでも観察できました。
f0090680_21119100.jpg
D71K-85VR、ISO=500、F11-1/500、-1.0EV、撮影時刻:11時03分

 ♂の「大願成就」はならず、「感情移入」のみで終わったのはいつものパターンですね。さて、♀はノンビリと吸蜜に専念することが多かったので、これまできちんと撮影していなかった吸蜜シーンも撮影。
f0090680_2114084.jpg
D71K-85VR、ISO=200、F5.6-1/1600、-1.0EV、撮影時刻:11時26分

 ヒメシロ以外のシロチョウとしては、スジボソヤマキの♂♀を撮影。
f0090680_2115136.jpg
D71K-85VR、ISO=500、F11-1/500、-1.0EV、撮影時刻:10時52分
f0090680_212145.jpg
D71K-85VR、ISO=200、F7.1-1/1600、-0.3EV、撮影時刻:11時35分

 ヤマキ類裏面には翅脈間に繊細な襞模様があります。上質な和紙を連想させる皺模様は、いつ見ても不思議な美しさだと思います。
 さて、ヒョウモン類では圧倒的にウラギンが多く、その次にメスグロ♂♀、ミドリ♂、数が少ないもののオオウラギンスジ♂を確認。
f0090680_2125493.jpg
D71K-85VR、ISO=500、F10-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時22分

 この手の個体を見ると、贔屓目でどうしても「ウラギンスジ」だと思いたくなりますが、残念ながらオオウラギンスジでした。その他、クモガタ♀もおりました。
f0090680_2131081.jpg
D71K-85VR、ISO=500、F11-1/500、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時32分

 夏眠前のクモガタ♀もあまり撮影した記憶がありません。後翅への「花被り」がちと残念!ヒョウモン類が群れ飛ぶ草地にはヒメシジミも、それこそ蠅が飛ぶように多数群れておりました。で、すぐに交尾ペアを発見。
f0090680_2133632.jpg
D71K-85VR、ISO=500、F11-1/500、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時55分

 ヒメシジミの交尾シーンって、ヤマトシジミのそれよりも観察頻度が多いような気がします。次回は時計を更に巻き戻して朝方実施したホシミスジの観察結果についてご紹介したいと思います。
by fanseab | 2014-07-10 21:07 | | Comments(4)