探蝶逍遥記

タグ:中国の蝶 ( 9 ) タグの人気記事

中国四川省成都近郊遠征記:その9

 今回はクロオオムラサキ以外のコムラサキ亜科のご紹介。実はこのポイントにはオオムラサキ(Sasakia charonda coreana)も棲んでいるとされています。しかし、発生時期はクロオオムラサキより早く、5月中旬頃から♂が登場するらしいのです。ですから管理人が訪れた7月中旬に、ひょっとして生き残りの♀がいてくれたら・・・と、儚い思いを抱いておりました。しかし、残念ながら坊主。「オオムラサキ♀がエノキに来て産卵するシーン」を絵コンテに描きながら、エノキの株で待機していると、やって来たのはゴマダラチョウ(Hestina persimilis viridis)の♀でした。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_9532340.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=400、F9-1/500、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、13時21分

 運良く産卵シーンに出会えてラッキーでした。エノキの葉先端に産み付けられた卵も入り、産卵シーンとしてのA級ショット。会心の出来に満足です。日本では幹に産卵するシーンしか撮影経験が無く、葉上への産卵シーンは初体験。二重に嬉しい絵になりました。中国産ゴマダラは日本産(ssp. japonica)とは別亜種になります。中国産亜種viridisの特徴は①前後翅裏面基部が橙色を帯びること。②白班が翅脈に沿って放射状に拡散する傾向にあること、の二点。↑の画像からもこの特徴が良く理解できます。産卵された卵は手元に引き寄せる距離になかったので、拡大撮影は300mmで無理やりトリミングするしかありませんでした。
f0090680_9533895.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=400、F8-1/500、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、13時26分

 何とか縦条は分解できましたが、やはりきちんと手元に引き寄せて拡大撮影したかったです。
 2種目は関東地方でもお馴染みになったアカボシゴマダラ(H. assimilis assimilis)♂。
f0090680_9535248.jpg
D71K-34VR, ISO=400、F7.1-1/500、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、16時41分

 輸入元?とされる本家本元のアカボシです。16時頃はクロオオムラサキのテリ張り時間帯と重なりますが、不思議な事にアカボシとクロオオムラサキのバトルは確認できませんでした。最後はケバナミスジコムラサキ(Mimathyma chevana leechii)♂。
f0090680_954949.jpg
D71K-34VR, ISO=320、F8-1/500、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、15時31分

 玉塁山で目撃したのはこの日のみ。テリ張り位置がクロオオムラサキとは微妙に異なるため、観察があまりできなかったことも事実。裏面がご覧のように銀白色で覆われることがMimathyma属の特徴。実は同属のシロモンコムラサキ(Mimathyma schrenckii laeta)もこのポイントで観察できるはずでしたが、何故か坊主。
 ケバナミスジコムラサキの複眼付近をトリミングして拡大。
f0090680_9542526.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=320、F8-1/500、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、15時31分

 こうして見ると、複眼は黄緑色、ストローは黄色で、コムラサキ亜科のDNAを有することが一目瞭然。その後、テリ張り位置を屋根瓦に変えました。
f0090680_9544296.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=200、F10-1/400、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、15時36分

 開翅した姿はAthymalimenitis属そっくりで、「ミスジ」の和名由来にも納得です。夜間ライトアップするための灯光器が背景に来たのはご愛嬌でした。世界遺産に登録されると、こんな余計な気配り?も必要になるのでしょう。開翅位置を斜め正面から撮ったのが次のショット。
f0090680_9545729.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=400、F6.3-1/400、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、15時40分

 あら不思議!ミスジ模様に青紫色の幻光が出現しました。そう、この子は紛れも無く「コムラサキ」の兄弟なのです。標本画像ではこの青紫色は絶対に出現しないので、管理人も図鑑を眺めながら「chevanaには幻光が出ない」との先入観がありました。ですので、この絵を見た時、凄く興奮しました。やはり標本画像と屋外でみる生きた蝶とは別物の世界ですね。
 更に胴体に着目すると、胸部背面側のフサフサとした毛にも一部青紫色の幻光が確認できます。実に芸の細かい種だと感心いたしました。

 コムラサキ亜科の目撃・撮影種を下記にまとめます。全4種でした。
(1)ゴマダラチョウ(Hestina persimilis viridis
(2)アカボシゴマダラ(H. assimilis assimilis
(3)クロオオムラサキ(Sasakia funebris funebris
(4)ケバナミスジコムラサキ(Mimathyma chevana leechii
<次回へ続く>
by fanseab | 2018-02-25 09:57 | | Comments(0)

中国四川省成都近郊遠征記:その8

 タテハチョウ科の最後は、コムラサキ亜科。お待たせしました。ようやく真打ち、クロオオムラサキ(Sasakia funebris funebris)に登場してもらいましょう。玉塁山に登った初日、13時頃山頂に着いてヒルトッピングして来る個体を待ちますが、全く姿がありません。こりゃ~坊主か?と一瞬覚悟して一旦山頂から下り、再度山頂付近に戻った15時過ぎ、黒い影が視界をよぎりました。イチョウの葉上に止まった個体をパチリ。これが初ショットになりました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_2155581.jpg
D71K-34VR, ISO=200、F11-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、15時17分

 良く見ると、前翅はボロボロ(^^; おまけに周囲にエノキ等の広葉樹があるのにイチョウの葉上。イチョウは明らかに人工的な植栽。恐らく遊歩道整備の過程で、樹木を伐採し、その後植えたものでしょう。こうした状況で、中国では土地古来の植物相を復元することなく、安易にポプラやイチョウ等を植えてしまうようです。クロオオムラサキのテリ張り場所はできればエノキやクヌギ類の上であって欲しい・・・、こちらの目論見は見事に外れてしまいました。その後、時間の経過と共に個体数が増加してきましたが、テリ張り位置が変化し、殆どの個体は、人工物の上で睥睨する状況に。こちらは屋根瓦の上に止まった個体。
f0090680_2162140.jpg
D71K-34VR, ISO=400、F8-1/500、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、15時26分

 この建物、何か歴史的に由緒あるものかと思いきや、どうやら気象観測所のようです。温湿度以外にSOxやNOxなど大気汚染物質のモニターも実施しています。
 次に広角で。
f0090680_2164469.jpg
GX7-Z12, ISO=200、F10-1/50、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、16時16分

 この日は土曜日とあって、ゾロゾロ観光客が遊歩道を歩いていきます。そのすぐ傍でこのように悠々とテリ張りを続けています。前翅の翅脈に沿って流れるような白条が墨を流したようで、とても印象的。接近戦でも撮影。
f0090680_2165654.jpg
D71K-34VR, ISO=400、F9-1/320、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、16時17分

 前後翅基部の真紅の紋、そして複眼も赤!良く見ると複眼の赤色はやや濁っていて、それが余計に迫力を感じさせます。玉塁山での観察後、青城山でもクロオオムラサキを撮影しておりますが、↑でご紹介した♂個体は現地滞在中唯一の完品でした。♂同士のバトルは激しく、直ぐに翅が痛むのは卍バトルするゼフ♂と同じ。鮮度の良い♂を探すのは極めて難しいことを実感しました。翌日、同一個体と思しき♂を対角魚眼で。
f0090680_2172637.jpg
GX7-P8, ISO=200、F14-1/250、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、14時47分

 背景に玉塁閣を入れ、いかにも「中国で撮影した」雰囲気が出せて、お気に入りの画像になりました。
 尾根筋の遊歩道沿いには複数の♂がテリ張りをしており、時折、20-30m間隔で城壁を模した壁沿いに並ぶ光景も確認できます。
f0090680_2174092.jpg
D71K-34VR, ISO=640、F13-1/320、-0.3EV、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、16時06分

 中央の♂個体の後方、すぐ上に別の♂個体(ボケ画像で失礼!)が確認できます。中央は左側を監視、一方後ろの個体は右側の谷沿いを監視している状況です。当然、この2個体同士でバトルが発生します。しかし、飛翔はとんでもなく敏速で、300mmでジャスピン画像を撮るのは至難の業。ピンボケですが何とか2頭、画面に入った画像をご紹介します。
f0090680_2175825.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=640、F6.3-4000、-0.3EV、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、16時09分

 クロオオムラサキの静止画像を撮影中、面白い事に気が付きました。下の画像をご覧下さい。
f0090680_2181324.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=200、F6.3-250、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、14時14分

 ストローの色にご注目あれ。コムラサキ亜科のストローは基本、黄色か橙色。しかしクロオオムラサキは漆黒!更に面白いことにストロー先端はルール通り黄色なのです。造物主たる神様はクロオオムラサキの全身をほぼ漆黒にしたのですが、ストロー先端だけ色を塗り忘れたのだろうか?などと、つまらぬ事を考えてしまったのです。

 飛翔についても何とかジャスピン画像を撮ろうと頑張ってみました。300mmでの飛翔は厳しいので諦め、広角飛翔にトライ。先ずは対角魚眼で。
f0090680_218491.jpg
GX7-P8(トリミング), ISO=400、F3.5-1/4000、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、14時30分

 管理人に接近する直前でヒラリと身をかわして逃げるので、射程になかなか入ってくれません。そこで少しでも対象を大きく写し込めることができるように焦点距離が長めの12mmで再チャレンジ。
f0090680_2185960.jpg
GX7-Z12(3コマ合成+トリミング), ISO=400、F5-1/3200、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、16時10分

 3コマを合成したので、何とか迫力を出すことができました。このように飛翔中は前翅の白条が良く目立ちます。カラスアゲハやミヤマカラス前翅の白条とよく似ており、実際、初めてクロオオムラサキを目撃した時は、「変な飛び方をする黒系アゲハだな~」と誤認した位です。また、クロオオムラサキ自身も占有空間に入り込んた黒系アゲハを激しく追尾する姿が印象的でした。↑の画像中央下に写りこんでいる中国人は管理人の飛翔撮影風景を面白がって見物しておりました。お蔭様で、背景に人物が入り込んで、広角飛翔画像としては理想的な仕上がりになり感謝です(多謝旅客!)。
<次回へ続く>
by fanseab | 2018-02-22 21:12 | | Comments(0)

中国四川省成都近郊遠征記:その7

 今回はイチモンジチョウ亜科のご紹介。最初はヒラヤマミスジ(Athyma opalina constricta)♂。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_20452673.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=500、F11-1/400、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、14時03分

 南西諸島でお馴染みのヤエヤマイチモンジ(A.selenophola)の仲間です。尾根筋の遊歩道付近で最も活発に占有行動を繰り返しておりました。占有場所は一定時間内ではほぼ固定されています。時折、石垣に来て管理人と睨めっこ(^^)
f0090680_20454188.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=500、F11-1/400、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、14時06分

 複眼の偽構造がメチャ可愛い子です。でも、
『おいお前さん!日本からわざわざここに来て、俺の縄張りを荒らすつもりかい?』
と管理人を睨みつけているようにも見えます。そこで少し視線をずらし、遠慮気味に「斜め30度逆光半開翅」アングルからパチリ。
f0090680_2046125.jpg
D71K-34VR, ISO=500、F11-1/400、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、14時06分

 縁毛も揃った完品で見栄えがします。時には葉上で180度を超えるベッタリ開翅も披露してくれます。
f0090680_20461858.jpg
D71K-34VR, ISO=200、F6.3-1/250、-0.3EV、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、14時42分

 この子、胴体背面側に後翅中央白帯と連続する青白帯があります。Atyhma属の中で、この胴体背面に①白色帯が出るタイプ(本種、jina等)、②出ないタイプ(selenophola♂等)があり、更に①の白色帯が(a)白色のもの、(b)青味を帯びるものに大別されます。つまり、胴体背面白帯はAthyma属を識別する上で、重要な形質であります。

 2種目はランガシロミスジ(別名カワリイチモンジ:Athyma ranga serica)♂。
f0090680_20464048.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=400、F9-1/500、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、13時25分

 この子との出会うのは、何と9年振り。香港の尾根筋でテリ張りしていた個体(クリックでジャンプを撮影して以来でした。

 もう少し接近戦で撮りたかったですね。ランガの模様はゴマダラチョウそっくりなので、親しみが持てます。このポイントでは珍品で、出会ったのはこの子のみ。
 3種目は大型イナズマ、カルダマイナズマ(別名ミドリイナズマ:Euthalia kardama)♂。
f0090680_20473847.jpg
GX7-P8, ISO=200、F11-1/100、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、12時16分

 丁度クロオオムラサキと同じ体躯で、このように遊歩道を歩く観光客に睨みを利かしています。但し、人間には全く興味がなく、接近しても動こうとはしません。手掴みで採集が可能でしょう。一方、タテハ類が視界に入ると鉄砲玉のようにスクランブル発進するのです。この画像、実は2016年元旦の記事に使用しております。クロオオムラサキは色が黒ですし、種名funebrisは「喪服を纏った」趣意があるので、元旦画像としては相応しくなく、掲載を見送った経緯があります。
 本種翅表の緑色は独特で、やや青味を帯びて翡翠を想起させます。日本国産でこのような色調のタテハは皆無のため、より存在感が増します。眺める角度により、幻光のように色合いが微妙に変化するのも魅力の一つ。続いて、「斜め15度逆光半開翅」アングルで。
f0090680_2049394.jpg
D71K-34VR, ISO=200、F9-1/640、-1.0EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、12時07分

 裏面はベージュ~淡褐色です。翅表の白点列が透けて見える、このアングルも捨てがたいものがありますね。続いて翅表をベタで。
f0090680_20492085.jpg
D71K-34VR, ISO=400、F10-1/400、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、12時36分

 ほぼ見たままの翅表の色合いが表現できたように思います。触覚先端の橙色がとてもお洒落なアクセントになっています。
 4種目はカルダマの親戚、チベタナイナズマ(仮名:Euthalia thibetana thibetana)♂。
f0090680_20493416.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=400、F8-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、12時02分

 かなり距離が遠く、思いっきりトリミングしてのご紹介です。最初はカルダマだと思って撮影しておりましたが、後日、前後翅白点列が連続的な帯状を呈することから別種と気が付いた次第。いかにも中国らしい彩色を背景にテリ張りをしておりました。個体数は少なく、結局このコマ以外、撮影チャンスはありませんでした。四川省には本種に酷似したシュタウジンゲリイナズマ(仮名:E.staudingeri)も生息するとされておりますが、前翅白斑列の形状比較より、ここではthibetanaと同定いたしました。因みに以前本種は、台湾のスギタニイチモンジ(E.insulae)と同一種扱いだったのですが、その後、台湾産が独立種に格上げされました。

<2月22日追記>
 1種、記載忘れがありました。シラキミスジ(Neptis sankara antonia)♂をアップし忘れていました。
f0090680_1631526.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=400、F11-1/250、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、13時49分

 中型のNeptisで、日本のミスジチョウとほぼ同体躯。鮮度がちょっと悪いですね。
最後にイチモンジチョウ亜科の目撃・撮影種をまとめておきます。下記6種でした。
(1)シラキミスジ(Neptis sankara antonia
(2)ヒラヤマミスジ(Athyma opalina constricta
(3)ランガシロミスジ(A. ranga serica
(4)チベタナイナズマ(Euthalia thibetana
(5)ミドリイナズマ(E. kardama
(6)シロヘリスミナガシ(Stibochiona nicea

<次回へ続く>
by fanseab | 2018-02-16 20:54 | | Comments(2)

中国四川省成都近郊遠征記:その6

 今回はタテハチョウ科のジャノメチョウ亜科/ドクチョウ亜科/タテハチョウ亜科のご紹介。最初はジャノメチョウ亜科のオオシロジャノメ(Melanargia montana)♀。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_21483343.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=400、F11-1/400、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、14時06分

 玉塁山山頂にある玉塁閣横の茶店付近をやや大型のシロチョウが横切りました。何となく飛翔モードに違和感を覚え、追跡したのが本種。ほぼスジグロチョウのような姿形ですが、ジャノメチョウなのです。17年前、韓国江原道を訪れた際、Melanargia属を目撃しておりますが、撮影は今回が初めて。残念ながら大破した♀個体で、恐らく当地では発生末期だったと思われます。この子、その後産卵挙動を見せていたので、追いかけましたが、例によって遊歩道から外に出られない影響で、姿を見失ってしまいました。同属はユーラシア大陸に比較的広く分布していて、種epimedeは、現在冬季五輪開催中の韓国・江原道・平昌付近でも夏場に飛んでいるはずです。尤も本種の和名・タクサ共に結構混乱しているようで、管理人は正確な知識はありません。もしかすると、M.halimede montanaが正しいのかも?
 お次は日本でもお馴染みのツマグロヒョウモン(Argyreus hyperbius)♂。
f0090680_21485115.jpg
D71K-34VR, ISO=400、F11-1/320、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、13時53分

 玉塁山山頂から西に延びる遊歩道は尾根沿いにあり、各種タテハがテリを張っていて楽しめるポイント。ツマグロも元気に追飛行動を取っておりました。次もお馴染みのアカタテハ(Vanessa indica)♂。
f0090680_2149385.jpg
D71K-34VR, ISO=400、F7.1-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、16時46分

 この子もテリ張り時間帯が重なる他のタテハ類とバトルを繰り広げておりました。そんな中、ゆっくりと吸蜜していたのは、ドリスサカハチチョウ(Araschnia doris 別名キマダラサカハチチョウ)♀。
f0090680_21493248.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=500、F8-1/500、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、13時46分
f0090680_21494576.jpg
D71K-34VR, ISO=500、F11-1/320、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、13時51分

 日本のサカハチチョウ(A.burejana)、アカマダラ(A.levana)と同属。中国内に生息するAraschnia属は全6種。burejanalevanaは共に中国にも生息しておりますが四川省は両種共に分布外とされています。今回ご紹介したdorisはサカハチのように季節型を持たない種で、7月に撮影したにも拘らず、ご覧のようにサカハチの春型のような斑紋形態です。サカハチ春型に比較して橙色部分が拡がり、黒班も多数目立つため、別和名に『キマダラ』が冠せられたのでしょう。サカハチと異なり、後翅黄白色帯が直線状ではなく、湾曲することも本種の特徴。国産サカハチとの識別点を画像(クリックして拡大してご覧下さいね)にまとめてみました。
f0090680_2149595.jpg

最後にジャノメチョウ亜科/ドクチョウ亜科/タテハチョウ亜科の目撃・撮影種をまとめておきます。下記5種でした。
<ジャノメチョウ亜科>
・オオシロジャノメ(Melanargia montana)♀
・シロスジムカシヒカゲ(Neorina patria
<ドクチョウ亜科>
・ツマグロヒョウモン(Argyreus hyperbius)♂
<タテハチョウ亜科>
・アカタテハ(Vanessa indica)♂
・キマダラサカハチチョウ(Araschnia doris)♀
<次回へ続く>
by fanseab | 2018-02-13 21:50 | | Comments(2)

中国四川省成都近郊遠征記:その5

 今回はシジミチョウ科のご紹介。最初はシジミタテハ(Dodona eugenes)♀。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_15401235.jpg
GX7-P8, ISO=400、F8-1/125、-1.0EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、14時39分

 玉塁山を一旦西側へ下り、二王廟へ下る途中の遊歩道の脇で発見。本種は初撮り。Dodona属に限れば、北タイ遠征で出会って(クリックでジャンプ)以来、何と9年振りの撮影でした。
 広角ではそれほど目立ちませんが、微妙にスレた個体。望遠マクロでほぼ真横から。
f0090680_15412157.jpg
D71K-34VR, ISO=640、F7.1-1/250、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、14時32分

 続いて「斜め45度半開翅逆光」で。
f0090680_15413932.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=500、F4-1/320、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、14時35分

 このアングルで撮ると、翅面の細かい傷が目立ちますし、縁毛も微妙に擦り切れていることが露呈します。
 シジミタテハ以外のシジミチョウは普通種以外目撃できず。最初はお馴染みのウラナミシジミ(Lampides boeticus)♂。
f0090680_15421047.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=400、F11-1/400、-0.3EV、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、12時56分

 この子も右後翅の尾状突起が消失している個体。お次はヤマトシジミ(Pseudozizeeria maha)♀。
f0090680_15422916.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=400、F6.3-1/320、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、11時26分

 遠く離れた異国の地で、このようなお馴染みの顔ぶれに出会うと何故かホッとしますね。最後はこれまた大破個体のブルー系シジミの♂。
f0090680_15424541.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=400、F11-1/400、-0.3EV、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、14時06分

 同定するのに困難な状態ですが、ここでは当地でのド普通種、タッパンルリシジミ(Udara dilecta)♂としておきましょう。間違っていたらごめんなさい!

 今回のシジミチョウ探索も含め、玉塁山での蝶探しは色々と難点があります。世界遺産に登録されたことも関係しているのでしょう。先ず遊歩道が整備され過ぎていることが問題。遊歩道の外へ出ることが禁止されているのです。例えば、この金網で作られたフェンス。
f0090680_15431810.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F2-1/40、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、10時24分

 「ちょっと、崖地を下って食草探し・・・」なんてことができません。フェンスを無理やり超えることも物理的に可能ですが、ここは中国。恐ろしい公安当局の係員がどこで監視をしているか分かりません。彼らは制服を来た警察官と異なり、私服で一般観光客に紛れているので、始末に負えないのです。更に遊歩道脇の植生が完璧に人工化され、在来種の草・木本が園芸種や栽培樹木に置き換えられています。遊歩道脇のスナップをご紹介しましょう。
f0090680_15433894.jpg
TG4@5.5mm, ISO=125、F2.3-1/125、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、8時16分

 左側の花壇然とした環境にガッカリです。玉塁山全体では、多様な植生を有するにも拘らず、観察ルートが限定され、蝶の生活史全体を観察する環境になっていないことが、本ポイントの最大欠点でもあります。
最後にシジミチョウ科の観察・撮影リストです。
⑦シジミタテハ(Dodona eugenes)♀
⑧ウラナミシジミ(Lampides boeticus)♂
⑨ヤマトシジミ(Pseudozizeeria maha)♀
⑩タッパンルリシジミ(Udara dilecta)?♂
<次回へ続く>
by fanseab | 2018-02-11 15:49 | | Comments(2)

中国四川省成都近郊遠征記:その4

 今回から玉塁山で観察・撮影した蝶類を科別にご紹介していきます。
(1)アゲハチョウ/シロチョウ科
ここで観察できたアゲハチョウ科は下記5種。
①アオスジアゲハ(G.sarpedon)♂
②タイワンタイマイ(G.cloanthus)♂
③クロアゲハ(P.protenor
④ナガサキアゲハ(P.memnon)♀
⑤ヤエヤマカラスアゲハ(P.bianor)♀
 ①②は山頂付近にヒルトッピングして来た個体。②の飛翔を狙ったものの上手く撮影できず。結局、きちんと撮影できたのは、ヤエヤマカラスの♀のみ。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_20512758.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=640、F5.6-1/1000、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、12時27分
f0090680_20513845.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=640、F5.6-1/1000、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、12時29分

 鮮度はまずまずですね。栽培種の花卉に来ているのがちょっと興醒め。bianor♀は同じ中国でも雲南省の個体だと、後翅の瑠璃紋がもう少し鮮やかになるようです。ちょっぴりオオクジャクアゲハ(P.arcturus)っぽい感じかな。ここ四川省の低山地ではそれほど派手ではありません。

 次はシロチョウ科。こちらは悲しいかな、次の1種のみ。
⑥タイワンシロチョウ(Pieris canidia
 本種は玉塁山ではなく、都江堰の宿泊ホテル前に止まっていた個体です。
f0090680_20515495.jpg
TG4@5.5mm, ISO=125、F2.3-1/125、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、8時16分

 ツマキチョウ程度しかないミニサイズの個体。あまりにも小さいので、思わず追跡して種類を確認しました。
<次回へ続く>
by fanseab | 2018-02-09 20:46 | | Comments(0)

中国四川省成都近郊遠征記:その3

 ホテルチェックイン後、すぐに都江堰景区へ向かいます。その前に先ず腹ごしらえ。空いている食堂が少なく、止む無く入った食堂の情景。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_21344789.jpg
TG4@4.5mm, ISO=800、F2.8-1/60、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、11時43分

 麺類が美味しそうですが、腹持ちの良い炒飯を選択。10元(約200円)也。
f0090680_21353100.jpg
TG4@4.5mm, ISO=800、F2.8-1/60、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、11時45分

 しかし、ご覧の通り、不味そうな雰囲気。実際、全体にパサパサして食べられる代物ではありません。塩味の効いたお漬物とスープで何とか流し込んで食べました(^^;
 少し歩いて公園入口に到着。
f0090680_21352523.jpg
TG4@4.5mm, ISO=800、F8-1/125、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、12時01分

 都江堰景区は①紀元前3世紀に蜀の太守、李冰が建造した灌漑施設、および②李冰親子を祀る玉塁山公園の二箇所の総称です。一般観光客は①に重点を置きますが、蝶屋さんはクロオオムラサキの飛ぶ②へ行かねばなりません。上の画像はその玉塁山公園の入口です。画像右上に見える多層(6重)塔は玉塁山の山頂(標高865m)に建てられた玉塁閣。

 入口付近では孫悟空のコスプレをした職員が出迎えてくれます。
f0090680_2136198.jpg
TG4@6.86mm, ISO=100、F2.7-1/500、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、10時11分

 孫悟空の近くには猪八戒も徘徊しております。
f0090680_21363684.jpg
TG4@8.9mm, ISO=100、F3.2-1/400、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、10時12分

 孫悟空・猪八戒と来れば、次は当然「沙悟浄」でしょうが、沙悟浄の後でウロチョロしていたのは、何とミッキーマウスのコスプレ!理路整然と行かないのが中国らしいですね。入口料金所で入場料90元(約1800円)を払います。中国の物価水準を考えるとムチャ高い感覚です。石造りの山道を登って行くと、途中にチケット確認ブースがありました。
f0090680_2137050.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F2-1/100、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、10時26分

 正規入口を通過しない輩を排除する関所みたいなものでしょう。子供は原則無料なのですが、「年齢で区分」するのではなく、「身長で区分」するのが面白い点。ブースの前に身長計が設置してあって、1.3m以内なら無料(免费)となる仕組み。連れの子供達に、少しでも背が低く見えるように「屈んで歩け!」と指示する親御さんの姿が目に浮かぶような(^^)
 山道で小休止し、ポーズを取る管理人です。
f0090680_21372840.jpg
TG4@4.5mm, ISO=400、F2-1/400、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、11時20分

 ご覧のように、崖側には中国の古代城壁を真似た壁が続いており、壁の外へ簡単には出られない仕組み。撮影日は日曜とあって、遊歩道は凄い人出。通りがかりの旅行客にスナップ撮影を依頼するのも容易いことでした。「西关」と呼ばれる高台の一角からは都江堰灌漑施設を見渡すことができます。
f0090680_21375125.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F8-1/200、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、11時06分

 中央の大河は岷江。手前左に見える支流が灌漑工事で作られた迂回水流。水流分岐点は「宝瓶口」と命名されています。蜀の時代、常時旱魃に悩まされた農民たちにとって、この支流入口は宝物より貴重に思えたことでしょう、「宝」を冠したのも頷けます。
<次回へ続く>
※次回からチョウが登場します。ご期待下さい。
by fanseab | 2018-02-04 21:41 | 旅行記 | Comments(2)

中国四川省成都近郊遠征記:その2

 翌朝、7月11日の6:00起床。ホテル前の道路状況。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_21305423.jpg
TG4@11mm, ISO=200、F3.6-1/80、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、6時31分

 この時間帯は未だ道路はガラ空きですが、少し経つと大渋滞になります。中央に写っている、バイク改造3輪車がよく目立ちます。しかし、右側通行なのに、この3輪車、何食わぬ顔をして左側通行です(^^) 画面矢印にあったコンビニ(セブンイレブン)で朝食を調達。ホテルで食事。
f0090680_2131492.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F2-1/80、-2.0EV、内蔵ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、6時41分

 左下から時計回りに、中華粽、カフェラッテ、ヨーグルト、肉饅。粽を開けて見ると・・・。
f0090680_2132634.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F2-1/30、内蔵ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、6時43分

 具はトウモロコシでした。管理人は中華粽が大好物。中国産故、具材の餅米やトウモロコシは農薬塗れの代物かもしれません。しかし、そんな雑念を除けば、ムチャ旨い粽でした。日本のコンビニでも売ってくれないかなぁ~!
 朝食後、都江堰行高速バスに乗るため、タクシーで茶店子客运站(バスターミナル)へ直行。クロオオムラサキポイントのある都江堰へは、主として①新幹線ルート、②高速バスルートの2通りがあります。事前のネット調査で、①はチケットが取り難いとの情報があり、今回は②を選択。タクシー内の光景。
f0090680_21324337.jpg
TG4@4.5mm, ISO=200、F8-1/25、-1.0EV、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、7時38分

 ルームミラーからぶら下がっているお守り?の赤い房は、いかにも中国人ドライバーが好きそうなアイテムですね。成都市内中心部を3重に囲む環状高速道路は極めて快適ですが、一旦一般道に降りると、地獄のような大渋滞。バス専用レーンも一般車でギッチリ埋まって押し合いへし合いの状態。ここで運転するのは本当に命がけだと実感いたしました。茶店子ターミナルまで25分、44元でした。ターミナルの外観。
f0090680_21332989.jpg
TG4@4.5mm, ISO=200、F8-1/400、-1.0EV、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、8時01分

 週末土曜日とあって、内部は大混雑。チケット売り場の様子です。
f0090680_21334712.jpg
TG4@4.5mm, ISO=400、F2-1/125、-1.0EV、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、8時04分

 行先毎に分かれた発券ブース前に並びます。驚いたのは、中国人が整然と列を作り、割り込む人が全くいないこと。ここに来る前はどうやって中国人との「割り込み競争」に勝つか?頭を巡らしておりましたが、杞憂に終わりました。中国人の友人に聞くと、ここ20年位でこうしたマナーが次第に改善されたとのこと。お蔭様でスムーズにバス券を購入できました。価格は17元。
f0090680_21341318.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F2-1/6、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、8時19分

 ここでちょっと失敗をしました。切符に記入されている発車時間=19:30を早とちりして、
文字通り午後7時30分出発便と勘違いしてしまったのです。冷静に見ると、「19時30分以前は有効」と記されていて時間無指定の切符なのでした。勘違いの原因はもう一つ。切符に「车次(便名)1235」と明示されています。つまり、「1235便は19:30出発」と読めたからです。とにかくこの時は慌てていたので、19時半まで待てないと思い、別ルートの青城山駅行バスを再購入したのでした。8:39発車のバスに出発間際に飛び込んでヤレヤレ。バスは直ぐに成都市内→都江堰を直結する高速道路「成灌高速」に入ります。成都料金所のゲートです。
f0090680_2135076.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F2-1/6、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、8時19分

 バスは青城山高鉄站(中国版新幹線駅)へ9:40に到着。乗車したバスの全景。
f0090680_21352195.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F2-1/200、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、9時42分

 左後方に見えるのが新幹線駅です。ここから再度バスに乗り継いで都江堰へ向かいます。バスプラットフォーム(站台)には行先が二か国語で表示されています 都江堰/青城山両地区は2000年に世界遺産に登録された関係で、国外旅客向けに配慮した掲示板もかなり整備されているのです。
f0090680_2149694.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F2-1/200、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、9時46分

 管理人は101系統バスに乗る為、左側の站台Bで待ちます。都江堰バスターミナル(离堆公园站)に10:30着。ここからホテルが並ぶ一角には更に市バスに乗り換える必要があります。その行先経路表示板です。
f0090680_21405242.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F8-1/500、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、10時31分

 表示板の下から3番目、17路(路:バス路線)に乗ります。蒲阳路口车站で下車。10:59ホテルに着。
f0090680_2136911.jpg
TG4@6.9mm, ISO=100、F2.7-1/122、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、10時56分

 この一角は古い町並みを再現した一角にあり、ホテルの外装も周囲とマッチングした造りになっております。
<次回へ続く>
by fanseab | 2018-02-01 21:42 | 旅行記 | Comments(0)

中国四川省成都近郊遠征記:その1

 2015年7月に実施した首題遠征記をシリーズで書くことにします。実は2016年の1月頃から記事を書こうと思っていた矢先、同年1月末に突然内耳系眩暈を発生し、その後の体調不良で、企画が頓挫してしまったのです。気の抜けたビールにならない内にメモとして記録に残すことにしました。

(1)成都市近郊のクロオオムラサキ
 今回遠征の主目的はクロオオムラサキ(Sasakia funebris)の撮影。管理人はタテハ類、それも巨大なタテハが大好きです。国内の蝶では、もちろんオオムラサキ(S.charonda)が一番のお気に入りですし、アジア遠征でも、先ず目を向けるのは大型イナズマ類(LexiasEuthaliaなど)の種群になります。色々と蝶図鑑を眺めているうちに、やはりオオムラサキの唯一の兄弟、クロオオムラサキを撮影せねばと思い始めました。本種を撮るには中国大陸に足を踏み入れなければなりません。大陸には過去、出張で上海に一回行ったきりで、蝶撮影として初体験の場所。色々と不安があるので、公共交通インフラが比較的整備された中国四川省成都市近郊のポイントを訪れることにしました。
 同地はかつてプロの昆虫写真家、青山潤三(※1)、渡辺康之(※2)、松香宏隆(※3)の各氏が訪れ、それぞれ詳細かつ魅力的なレポートを残されています。それらの画像を眺めながら、本種の勇姿を是非ともわが手で・・・との思いが募りました。
※1 青山潤三,1998.中国の蝶ー海の向こうの兄弟たち. 東海大学出版会,東京.
※2 渡辺康之,2008.中国のオオムラサキとクロオオムラサキの生態. 月刊むし(449):16-22.
※3 松香宏隆,1992.黒の哨戒機 クロオオムラサキ.サイアス(科学朝日)(52):68-71

(2)東京→成都へのアクセス
 遠征した2015年時点で、東京→成都への直行便はANA(NH947)以外に皆無。但しこの便、成田(NRT)17:25→成都(CTU)22:20で成都到着が深夜に近いのです。管理人は初めての遠征地では、到着時刻が深夜近くになるのはリスク管理上敬遠しております。そこで止む無く羽田(HND)出発、北京(PEK)乗継の便を選択しました。

中国国際航空CA0184(コードシェアNH5731):HND8:30→PEK11:20
同上CA1407:PEK16:00→CTU19:00

 当初、PEKでの乗継時間を約1時間半の便で予約したのですけど、中国人の友人が「それは間隔が短すぎ!PEKの乗継は時間がかかるから、もうちょっと余裕を持たせた方が良い」とのご宣託で変えました。結果的にこれは正解でした。
<現時点でのアクセス利便性>
 その後、中国人観光客の日本来訪者が激増したこともあって、直行便が増便され、選択肢が増えました。今、東京から成都へ行くなら、下記の便をお勧めします。

CA460(コードシェア:NH5765):NRT8:50→CTU13:20

また、現役サラリーマンの方なら、四川航空(3U)もお勧め。

3U8086:NRT20:30→CTU00:50

 この便なら、金曜日に退勤後、成田に直行。月曜日に有休を取り、3U8085で帰国するプランもありです。2泊3日のクロオオムラサキ撮影突撃ツアー?は如何でしょう。いずれにせよ残念なのは、羽田出発の成都行直行便が現在でもないこと。

 さて、羽田に駐機中のCA184便。機体はエアバスA321。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_212436100.jpg
TG4@11.8mm, ISO=100、F14-1/80、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年7月10日、7時48分

 定刻50分遅れで離陸し、暫くして朝食(ブランチ?)が提供されました。
f0090680_21245284.jpg
TG4@4.5mm, ISO=400、F2-1/200、撮影年月日・時刻:2015年7月10日、10時04分

 機内食は不味いとの噂を聞いておりましたが、味はともかく、美味しく見せる工夫が全くされていない点がNGです。PEKへ向け降下中の景色。
f0090680_21251629.jpg
TG4@4.5mm, ISO=400、F2.8-1/2000、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年7月10日、11時17分(以下現地時間)

 画面中央右上に写っている飛行場は「北京市通州机场」。軍事基地ですね。北京国際空港はこの画面左前方に位置します。PEK到着11:26(定刻6分遅れ)。国際線が到着するT3の各ゲートから乗客は一旦、検疫のある一角に集められます(下の画像の右手奥)。
f0090680_2125442.jpg
TG4@6.86mm, ISO=400、F2.8-1/2000、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年7月10日、11時40分

 本来、中国国内線乗継カウンターがこの近辺にあるべきですが、何故か無く、狐に摘まれた感じで、シャトルに乗車。両替を両替所ではなく、手数料原則無料の銀行窓口に拘ったことが敗因で、ムチャ時間を消費しました。これが中国銀行窓口での整理券。
f0090680_21261284.jpg
TG4@4.5mm, ISO=1600、F2.8-1/20、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年7月10日、13時40分

 既に8人待ち(^^; 大慌てで何とか両替を済ませ、CTU行便のゲートに辿りついたらヘロヘロでした。つくづくデカい飛行場だなぁ~と実感。それと機内持込手荷物検査で、カメラリュック内のカメラ、レンズ、電池他を全て出さねばならぬルールには閉口しました。窃盗犯から見たら管理人は絶好のカモに見えたことでしょう。CA1407便は16:25離陸。成都18:46着陸。途中で出た機内食です。
f0090680_21263633.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F2.8-1/250、-2.0EV、内蔵ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月10日、17時12分

 中国に来たなぁ~と実感するようなメニューです。胡瓜の漬物が微妙に嬉しかったですね。成都空港も想像以上に大きいものでした。ここからホテルまではタクシーで。駐車場に100台以上のタクシーが整然と客待ちしている姿に驚きました。いずれも緑と白のツートンカラーで統一され、白タクが混じっていないようで安心感もありました。成都南站に近いホテルまで30分、料金は42元(当時の換算レートで、約830円)でした。

 さて、ホテルのフロントで一悶着。中国のホテルに宿泊する際、押金(ya jin)なるデポジットをチェックイン時に支払わねばなりません。管理人はこの予備知識がなかったので、ビックリしたのです。宿代はクレジットカードで既に決済済なのに、何故別途現金を要求するのか当初は理解できず、フロントとやり合いました。しかも英語が全く通ぜず、拙い中国語(普通話)でやり取りするので、余計に疲れました。基本1泊分で、ホテルによって異なりますが、100-400元程度です。宿泊したビジネスホテルは造りも新しく清潔で快適だったので助かりました。
f0090680_2127394.jpg
TG4@4.5mm, ISO=200、F2.8-1/30、内蔵ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月10日、20時01分

 コンセントボックスです。
f0090680_21275186.jpg
TG4@4.5mm, ISO=400、F2-1/15、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、6時58分

 上が二股のAタイプ。下が三股のBFタイプ。Aタイプは変換プラグ不要で、日本と同様のプラグがそのまま差し込めます。コンセントボックスが金メッキ?されているのが、いかにも中国らしいですね。
<次回へ続く>
by fanseab | 2018-01-30 21:34 | 旅行記 | Comments(4)