探蝶逍遥記

中国四川省成都近郊遠征記:その12

 都江堰・玉塁山での観察結果として蝶以外の生物相をご紹介しておきましょう。最初は、鱗翅目からトラガ(Episteme属)の1種の♀。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_11453491.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=640、F8-1/500、-0.3EV、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、15時51分

 最初登場した時は、マダラチョウと間違えました。明確な産卵行動を示していました。
f0090680_11455242.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=640、F8-1/500、-0.3EV、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、15時51分

 この画像では、明らかに産卵管を伸ばしています。管理人は植物相に疎いので、ホストの同定はできません。産み付けられた卵も、例によって石垣を越えることができず、確認に至りませんでした。次は、日本でもお馴染みのニイニイゼミ(Platypleura kaempferi)。
f0090680_11461569.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=200、F9-1/320、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、16時02分

 中国産は日本産と亜種が異なるのでしょうか?少なくとも鳴き方で区別はできませんでした。お次はエゾハルゼミ(Terpnosia nigricosta)ソックリの蝉。
f0090680_11463732.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=400、F8-1/400、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、12時49分
f0090680_1147129.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=400、F5-1/250、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、12時57分

 少なくともTerpnosia属であることは間違いないでしょう。クロオオムラサキが飛ぶ林内で賑やかに鳴いておりました。
 蝉の次は野鳥を2種。最初はシロガシラクロヒヨドリ(Hypsipetes leucocephalus)。
f0090680_11473461.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=500、F5.6-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、17時07分

 日本のヒヨドリとほぼ同体躯。上半身が派手目の鳥で、結構目立ちます。台湾産は和名とは裏腹に全身がカラスのように真っ黒になるようです。野鳥の2種目は、シロガシラ(Pycnonotus sinensis)。
f0090680_1148471.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=400、F5-1/1600、-0.3EV、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、13時11分
f0090680_11481414.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=400、F5-1/1600、-0.3EV、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、13時12分

 樹冠付近でバタバタとせわしなくホバリングしておりました。前種同様、ヒヨドリ科ですが、体躯は前種より一回り小さい感じ。日本の沖縄には台湾産が外来種として侵入し、問題になっている野鳥のようです。
<次回へ続く>
# by fanseab | 2018-03-05 20:58 | その他の昆虫類 | Comments(2)

越冬ウラギンシジミ(3月上旬)

 前回観察から特に動きがなかったウラギン。しかし、ついに変化がありました。3月1日、春一番が吹き、南風の影響で関東地方は20℃近くまで気温が上昇しました。クチナシで越冬していた個体がこの日に消失。どこかに飛び去ったのでしょう。さてもう一方のサザンカ株は?・・・と危惧しましたが、どうやらそのまま静止しておりました。

+++画像はクリック・タップで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_20434413.jpg
EM12-Z60(自動深度合成+トリミング), ISO=250、F5.6-1/400、撮影時刻:12時28分

 有難いことに、ようやくウラギンのすぐ背後で大輪の真紅の花が咲き、華やかな画像が得られました。ついでに携帯でも撮影。
f0090680_20435890.jpg
ISO=20、F1.8-1/2000、撮影時刻:12時25分

 携帯では、シャッター半押しでの合焦操作ができないのが悩み。画角から推測して焦点距離はフルサイズ換算で28mm程度でしょうか?もう少しウラギンに寄るためには、広角(魚眼)アタッチメントが必要なのでしょう。
 天気予報では暫く温度高めで推移するとのこと。ウラギンがいつまでここに居てくれるかちょっと心配になってきました。

<3月4日追記>
南風が吹き荒れたこの日、気温は21℃を超えました。買い物の途中チェックすると、ウラギンの姿が
消えておりました。3月6日は啓蟄。どうやらこの子は、24節気をきちんと理解していたようです。
これでウラギン越冬個体の継続観察はひとまず終了です。

# by fanseab | 2018-03-03 20:44 | | Comments(4)

中国四川省成都近郊遠征記:その11

 今回は蝶のご紹介をちょっとお休みして、都江堰市街でのグルメ巡りがテーマ。先ずは宿泊したホテルの画像。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_16152583.jpg
TG4@4.5mm, ISO=400、F2-1/100、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、18時21分

 四川省のホテルには、パンダをテーマにしたものが多いのですが、ここもその一つ。若い人向けに置いてあるパンダの縫いぐるみも、オッさんにとっては無用の長物。置き場所に困りました(^^; このホテルのパンダへの拘りも半端なく、2枚目画像はドア付近の床に埋め込まれたフットライト。
f0090680_1616513.jpg
TG4@4.5mm, ISO=400、F2-1/25、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、18時21分

 パンダの足跡を模していて、しかも3色LEDで青→赤→黄と照明光が変化するのです。もちろん、コップのコースター、トイレットペーパーの収納容器・・・、ありとあらゆるアイテムがパンダ尽くしでした。次は、このホテルの朝食。
f0090680_16162522.jpg
TG4@4.5mm, ISO=800、F2-1/160、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、7時41分

 味は可も無く不可も無くと言ったところ。牛乳の代わりに飲む暖かい豆乳(豆浆:画像右上コップ)は、起き抜けの胃に優しく、本当に美味しいと思います。朝食で出される蒸しパン(馒头)は、携帯用自作ランチパックに欠かせないアイテムです。蒸しパンの中に、朝食用おかずを詰め、玉塁山山頂付近で食べるランチの出来上がり!
f0090680_1617236.jpg
TG4@4.5mm, ISO=200、F8-1/250、内蔵ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、11時52分

 玉塁山山頂付近には食堂がないので、こうした弁当を持参せねばならないのです。都江堰の繁華街は、小さな川沿いに開けています。繁華街から一歩裏道に入ると、風情のある昔ながらの町並みが残っております。
f0090680_16172776.jpg
TG4@4.5mm, ISO=200、F2-1/500、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、17時59分

 繁華街のある川沿いもヤナギが植えられていて、古都の風情が殊の外感じられる場所。食堂は数多いのですが、本場の四川料理は辛すぎるので、選択肢が限られます。ようやく見つけたのが、このお店。
f0090680_16175054.jpg
TG4@4.5mm, ISO=400、F2-1/50、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、18時05分

 家庭料理(家常菜)を出す食堂で、店先に提供できる料理がズラリと並んでいて、指差し注文ができるのです。四川省のど真ん中ですから、真っ赤な料理が沢山。
f0090680_16181197.jpg
TG4@4.5mm, ISO=400、F2-1/50、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、18時54分

 管理人は辛い料理が好きですが、海外遠征では胃腸の負担を避けたいので、これらは遠慮。赤くない料理もズラリと並んでおりました。
f0090680_16183197.jpg
TG4@4.5mm, ISO=400、F2-1/60、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、18時54分

 結局、この日のディナーメニューは下記の通りでした。
f0090680_16184759.jpg
TG4@4.5mm, ISO=400、F2-1/80、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、18時22分

 左上は牛アバラ肉とレンコンの煮物(15元)、右上は瓜とパプリカの炒め物(5元)。ご飯は2元。合計22元(約440円)。ドリンクは持込可で、食堂近くにある店から購入する仕組み。600ccボトルは概ね5元前後です。お味はいずれも胃に優しく、有難かったです。中国は瓜の種類が多くて、色々な瓜料理があるのも食の楽しみです。甘いものに目が無い管理人は、デザート探しにもウロチョロ。見つけたのは、台湾由来の人気の豆花専門店。ここで食したのがこちら。
f0090680_16192052.jpg
TG4@4.5mm, ISO=800、F2-1/640、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、17時47分

 名前は「仙玉豆花」、10元です。薄切り豆腐に見えるが豆花。色とりどりの小さなお団子は芋圆と呼ばれる芋団子です。ほんのりと甘く、ヘルシーなこのデザート、中国大陸でも大変な人気があるようです。
<次回へ続く>
# by fanseab | 2018-03-02 21:58 | 旅行記 | Comments(0)