探蝶逍遥記

香港遠征(10/6-9):番外編(B級?グルメを楽しむ)

 小生が香港に遠征する目的はもちろん蝶撮影なのですが、それはあくまで昼間のお話。オフタイムの楽しみはグルメに尽きます。香港特別行政区は中国本土・広東省の南に位置します。「食在広州(豊かな食文化は広州にあり)」と言われる通り、香港は広東料理をはじめあらゆる中国料理、さらには英植民地時代から続く欧州交易の歴史を物語って、各国料理店も目白押し・・・・。グルメファンには溜まらん街で、日本から女性中心にツアー客が押しかけるのもよくわかります。

 ただ単独遠征を常とする小生にとって、グルメファン憧れの本格派中国料理の店には入り難いのです。ご存知の通り、数人で円卓を囲みながら、多種の料理を注文して、ワイワイガヤガヤ楽しむのが定石。独りでは高くついてしまうので、結局これらの店は小生には無縁となります。

 で、小生が楽しめるのは独りでも気軽に入れるお粥や麺類の店です。とりわけ、お気に入りは「蝦雲呑麺」。実はこれを食べたいために香港に遠征していると言っても過言でないほど、食べまくります。3食これを食べても飽きがこないんです。実例をお見せしましょう。
f0090680_1227114.jpg
 普通、お値段は10~17HK$(160円~270円)と、大変お手軽。コーヒーや紅茶を同時に頼む場合は5HK$(80円)追加、飲み物をアイスにする場合は更に2HK$追加が概ね、各店共通のルールになっています。香港のワンタンメンの特徴は細くて固めの麺。この手が嫌いな方はともかく、この麺が薄味のスープに絡んで絶品の味を醸し出します。麺には蝦のすり身が練りこんでいるものもあって(蝦子麺と称す)、麺の味を一層引き立てるのです。最大の魅力は3~5個添えられる海老ワンタン。プリプリ感はたまらない歯ごたえです。店によって、ワンタンの味付けも微妙に異なるものの、流行っている店ならどこに入っても平均点以上の味です。お店の雰囲気はこんな感じ。
f0090680_12274830.jpg
 麺のトッピングは様々ですが、魚のすり身で作った団子(魚丸)の人気も高いようです。すべて漢字で書かれたメニューと写真を見ながら出てくるトッピングの種類を想像するのも楽しいものです。
f0090680_12281234.jpg
 さて最終日に試したのは、牛腿肉入りの麺
f0090680_12283288.jpg
 麺のお隣に添えられたのは定番の油菜(野菜の油炒め)。通常2-5HK$で追加オーダーします。この店では両方でトータル22HK$(350円)。五香粉の香りが効いた濃い味付けの肉は絶品。油菜は、見た目ほど油っぽくなく、さっぱりとしています。因みに「油菜」、一般的には「空心菜」の炒めものを意味しますが、菜っ葉の種類はいろいろ変化します。油菜にかけられるソース?も様々で、味噌のようなものもあればオイスターソース系があったりでバリエーションに富んでいます。麺にこの野菜を添えれば栄養価満点のメニューで立派な夕食にもなるわけです。

 一方、麺よりもお腹にやさしいのがお粥です。トロトロに煮込んだ粥をスプーンでゆっくりと胃に流し込むうちに体が徐々に目覚めていく・・・・。究極の朝食版スローフードでしょう。
 ご紹介するのは、清粥と称す具なしの粥。これだけでも十分旨みがあるのですが、「腸巻」と称す米粉製ラビオリ?をサイドオーダーしています。〆て11HK$(176円)也。腸巻には干海老も入っていて香ばしさで食が進みます。
f0090680_12285932.jpg
 さて、読者の皆さんのなかには、お酒の話題は?って方もおられることでしょう。残念ながら小生は擬似下戸の人間(亜種名:pseudogekoensis?)なので、デザートの話を一つ。

 中国のデザートも奥深いものがありますが、ここ香港での流行は現代風にアレンジしたヘルシータッチのデザート。特に有名なのが「許●山」の屋号を持つチェーン店。九龍・旺角界隈にある支店に入ってみました。若い子ばかりでなく、客の年齢層は多彩です。ちょっぴり恥ずかしながらビジュアルなメニューを覗き込みます。すかさず、近寄ってきた店員が日本語で「これ、マンゴープリン、おいしいよ」と怪しげな日本語でセールス。顔付きで日本人と看破した店員にもびっくりしましたが、全員マンゴープリンをオーダーして満足するステレオタイプな日本人にも2度ビックリ。ここは敢えて店員に反抗し、柑橘類入りココナッツミルクを注文(20HK$=320円)。ワンタンメンよりちょっぴり高価です。
f0090680_12294043.jpg
 定番のマンゴー果肉と柚子味のアイスクリームがタピオカ入りココナッツミルクに浸っています。味付けはヘルシーデザートを標榜するだけあって、サッパリとしていて店が繁盛している理由がわかりました。日本から来た若い女性にとっては、毎日訪れる価値のある店でしょう。

 海外旅行の最後の楽しみは帰国便で味わう機内食でしょうか?これが不味いと何となく旅行全体の印象を落とすものです。その点、今回利用したCP社の機内食は味付けのブレが無く、楽しめます。前回、シンガポール遠征にも同社便を使用しましたが、今回、改めてこの機内食の水準の高さに満足しました。
f0090680_12301547.jpg
 鶏肉の煮込みがメインディッシュですが、広東風の味付けが絶妙で往復便とも「Chicken!please」と指定してしまいました。まあ、副菜は大したことないですが、メインの味付けは日本のJ社等が遠く及ばない香港の香りを運んでいるような・・・。少し褒めすぎましたが、香港遠征を計画される方、一度、CP社便をご利用になったらいかがでしょうか?(これだけCP社をヨイショしたらマイレッジポイント増やしてくれないかなあ~)
 
 「おまけ」の香港ネタもこれでおしまいです。『ハマル、ミリョク、香港!』これが香●政府観光局の2006年度キャッチコピーです。小生も香港の蝶・グルメのミリョクにどっぷりとハマッております(^^)
(了)
# by fanseab | 2006-11-12 12:38 | グルメ | Comments(14)

香港遠征(10/6-9):その4

 香港遠征もいよいよ最終日(10/9)。帰国便の出発時刻が16時過ぎなので、午前中一杯は遊べるとの計算です。本日は香港の友人達はもちろんご出勤で、小生の単独行動となります。候補地の中から新界地区中央部に位置する嘉道理(カドゥーリ)農場を選ぶことにしました。ここは以前から香港鱗翅学会の撮影会が実施されている場所で、アクセスもわかり易いため、ここに決定。
 電車(KCN)、九龍バス64K系統を乗り継いで農場前9時過ぎ到着。10HK$(約160円)の入場料を払って中に入ります。
f0090680_22171799.jpg
入り口の地図でポイントとなるバタフライガーデン(と言ってもケージの中にあるタイプではなく、ただ花を植えてある公園のこと)を確認。ただ、現地で気が付いたのは、このポイントに辿り着くにはまたまた登山が必要なこと(^^;; コンクリート舗装はしてあるものの、結構急勾配の山道を登ることに。山頂までミニバスも走っているようですが、出発時間まで間があるので諦めます。ヤレヤレ結局滞在した3日間、いずれも登山をするはめに。気軽な撮影行を想定し、香港にはスニーカーでやってきたのですが、ハードな登山の連続で、スニーカーの底が剥離して哀れな姿・・・・。

 さて、本日は昨日以上にドンヨリとした天気で蝶が飛ぶ気配なし。これはヤバイと思いつつ何とか目的地を目指すが場所がよくわからず。近くの山道で大型のセセリを発見。これが本日まともに撮影した最初の蝶になりました。恐らくタイワンオオチャバネセセリ(Pelopidas conjuncta )。オオチャバネセセリを一回りでかくしたようなセセリです。のんびりと長いストローを伸ばして遊んで?います。ミヤマチャバネと同属ですからストローの長さはこの仲間に共通するものなのでしょうか?
f0090680_22174811.jpg
D70, ISO=500, F10-1/160、+0.3EV

 続いてアカボシゴマダラ♀らしき個体を発見するもすぐに逃げられてしまいます。ルリモンアゲハも超高速で飛び回って吸蜜撮影のチャンスすらありません。渓谷沿いで吸蜜に来たシロオビアゲハ(Papilio polytes )の酷い出来の写真が1枚撮れただけ。
f0090680_22181231.jpg
D70, ISO=500, F5-1/100、+0.3EV

 今日は実質坊主かな?と暗い気持ちでようやくバタフライガーデンに到着。思い描いたよりもかなり急傾斜でランタナ等で吸蜜中の蝶を狙うには結構厳しい状況。植栽には侵入禁止のため、仕方なく周囲の階段から400mmズームでロングショットを狙うことに。ここでゆっくり吸蜜してくれたのは、結局ミダムスルリマダラ(Euploea midamus)のみ。半開翅吸蜜で表翅の瑠璃色幻光の一部を何とか捉えることができました。
f0090680_22184463.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=500, F6.3-1/250、内蔵ストロボ(調光補正-0.3EV)

 引き続き、閉翅吸蜜シーン。後翅裏面外縁側に二重に描かれた放射状白斑点がこのルリマダラの特徴です。
f0090680_2219678.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=500, F6.3-1/160、内蔵ストロボ(調光補正-0.3EV)

 全開シーンでは意外と瑠璃色が目立ちません。
f0090680_22192753.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=500, F5.6-1/160、内蔵ストロボ(調光補正-0.3EV)

 結局、コムラサキ同様、ルリマダラの幻光色をきれいに写しこむには自然光、かつ斜め前方からの撮影が必須なようです。ただこのポイントでそのようなアングルからの撮影は無理・・・、と潔く諦めることに。期待したアゲハ類も飛んでこないので、已む無く下山。途中の林縁で大き目のホタルガが飛んでいます。蝶によく似た飛翔やなあ~とボンヤリ眺めていると、下草に静止。近寄ると、おぉ!何とヒメシロオビヒカゲ(Lethe confusa)でないですか!前翅の白帯は表裏両面側にくっきりしているため、本当にホタルガのように思えたのでした。種名となったconfus(a)のラテン語源は恐らく「混乱させる」、「取り違える」等の意味でしょう。小生がホタルガと「取り違えた」のも仕方無いことでした。
f0090680_22194895.jpg
D70, ISO=500, F5-1/200、+0.3EV、内蔵ストロボ

 結局、この農場での成果は乏しく、帰りのバスの時間も迫ってきたので昼過ぎに撤収。陽射しがもう少し強ければ・・・と曇り空を恨めしく眺めたのでした。九龍・旺角のホテルでデポジットした荷物を回収し、15時過ぎに空港に到着すると本降りの雨。帰国便が飛び立つと直ぐに雲海に突入。楽しかった香港遠征もこれにて終了です。今回の遠征で確認(目撃)した種類数は58ですから、香港に生息する蝶の1/4は実質2.5日間で確認できたことになります。また撮影種は40種でした。4回にわたり引っ張りまくった撮影記を辛抱強くお読み頂き、有難うございました。これにて香港の蝶ネタはおしまい。次回は「おまけ」でちょっぴり、香港の(B級)グルメの話もいたしましょう。
# by fanseab | 2006-11-07 22:23 | | Comments(12)

幼虫2題@川崎市北部

 昨日に引き続き、ムラツ狙いで、同じ公園に出向きました。但し、朝から曇り勝ちでなかなか日が射さず、少し諦めモード。そこで、幼虫探しに切り替えました。まずは、この近辺で分布拡大しているアカボシゴマダラです。彼らの好むエノキの幼木を中心に探索すること1時間、2頭を見出すことができました。この公園では成虫も観察されていることから、危惧した通り、世代が回り始めており、この公園で確実に定着し始めていることを示していました。
f0090680_2013169.jpg
R1@5.6mm, ISO=200, F3.6-1/39、-0.3EV

 体長は20mm程度。恐らく3令でしょう。特徴のある4対の突起が目立ちます。幼虫が付いていた幼木の高さはいずれも60-80cm程度。本当に低い株を好むようです。これから落葉した後、樹上越冬するのか、下に下りて落葉に潜むのか?継続観察をしたいと思います。

 続いて、植栽のツツジの上にヤマノイモが蔓延っているのに注目。ちょっと探すとダイミョウセセリの若令幼虫の巣跡が多数みつかりました。
f0090680_20132989.jpg
R1@5.6mm, ISO=200, F3.6-1/26、-0.3EV

 ところが、肝心の幼虫はなかなか見つけられず、やっとのことでヤマノイモの葉上に巣も作らずにノンビリしている3令?幼虫を発見。
f0090680_20134445.jpg
R1@5.6mm, ISO=200, F3.6-1/97、-0.3EV、撮影時刻:10時56分

 巣はどこにあるんだろう?と探しましたが、どうやらないようです。その後ムラツ探索から戻ってきた1時間後、覗いてみると、器用に葉をくり抜いて、葉を折り曲げる真っ最中でした(幼虫は垂直に立った葉の裏で見えません)。
f0090680_20135755.jpg
R1@5.6mm, ISO=200, F3.6-1/203、-0.3EV、撮影時刻:12時10分
 
 最初に観察した際は、造巣の前にノンビリしていたのでしょう(^^) ダイミョウは終齢幼虫で越冬するようです。できれば、この個体も継続観察しようと思います。ムラツは結局坊主でした(^^;;
# by fanseab | 2006-11-04 20:18 | | Comments(14)