探蝶逍遥記

生きてました!!ツマグロヒョウモンの蛹

4/24にご報告した蛹ですが、何と本日無事羽化してました!
こちらで勝手に「死亡宣告」を出してツマグロさん、申し訳ありませんでした。
今朝ほど、蛹を見たら何となく翅の部分が黒ずんでいて、「ひょっとしたら・・・・」との思いがありましたが、予感が良い方に当りました。午後からの晴間で気温が上昇し、飛び立っていったのでしょう。

私はツマグロヒョウモンの生活史に詳しくないですけど、蛹期・23日はかなり長いほうではないかと思います。どなたか、この手の記録があったら教えて欲しいところです。

【追記】
↑の報告を書いた翌朝、通勤途上になにげに例の塀を見ると、蛹殻から3m程度離れた場所に、なんと、ツマグロ成虫が止まっているではありませんか!!モンシロチョウを少し大きくした程度の可愛い♂。昨晩は遠くに飛び去ったと思い込み、蛹の周囲をよく確認しなかったので、見落としていたようです。夕方頃、羽化して一晩過ごしていたのでしょう。塀の上で育った、ツマグロ君。慣れ親しんだ塀の上を直ぐには離れたくなかったようです(^^
まずは、めでたしめでたし。羽化個体を撮影できて気持ちスッキリ出勤できました。

f0090680_20374198.jpg
R1@5.6mm、ISO=200、F3.6-1/189、+0.3EV
# by fanseab | 2006-04-27 21:11 | | Comments(4)

コンクリート塀上のツマグロヒョウモン幼虫: 続報

3/19にご報告した越冬幼虫の続報です。
去る4/4に無事、蛹化しました。壁の上がお気に入りだったこの幼虫、蛹化も壁の上です。アップした写真は4/7に撮影したもの。写真左上で黒く影になっている庇の部分に通常垂蛹になるのですが、この個体はあくまで「壁の上」に拘ったようです。真珠のかけらを埋め込んだような独特なデザインの蛹は見るたびに感心します。

f0090680_2195457.jpg
D70-10.5-X1.4TC, ISO=400, F13-1/100, +0.3EV, 内蔵ストロボ

その後様子を見ていましたが、寄生か何らかの理由で、残念ながら羽化できなかったようです。特定の個体を継続観察していると、情が移ってしまいます。その意味ではガッカリでした。順調に行けば、4/16前後には羽化していたものと思われます。
# by fanseab | 2006-04-24 21:20 | | Comments(4)

播磨ギフ: リベンジ成功の巻

たかが、蝶の写真撮り。「勝った負けた」と気色張ることもないですが、雌伏2週間。やっとリベンジの時がやってまいりました。で、ホクホク顔でのご報告です。

前回の下見で発見したヒメカンアオイ群生地に8時着。けれど、前回同様、どんよりとした天気で暗澹とした気持ちになりました。またも坊主か・・・。それでも10時頃から雲が薄くなり、11時、やっと女神が舞い降りました。交尾嚢付の♀。「女神さま、二週間お待ちしてましたよ!」これで肩の荷がまず降りました。レンズを通して見る、久々のフサフサ感が素晴らしい!

f0090680_9135438.jpg
D70、ISO=500、F13-1/160,+0.7EV

11時半を回り、更に陽射しが増すと、いったいどこに隠れていたかと思うほど、あちらこちらに♀が乱舞し始めました。どちらを追い回すか?悩むほどの状態。地面を舐めるように飛翔する、1頭に注目すると、なんと産卵を始めました。一卵を産むと、15秒位、写真上のような状態で腹端を一旦葉裏から離し、再度、写真下のように産卵します。レンズを通して彼女の呼吸がこちらに伝わるような、なにか神々しい感動を覚えました。小生にとって、ギフ産卵現場の観察・撮影は、今回が初体験。来た甲斐がありました。
f0090680_9141525.jpg
D70,ISO=500,F11-1/320

f0090680_9143289.jpg

D70,ISO=500,F11-1/250,+0.3EV

産卵が終わった後、葉裏をめくってみると、11卵生みつけられていました。

f0090680_9144941.jpg
D70S-10.5,ISO=400,F14-1/30,+0.3EV,内蔵ストロボ

なお、産卵中の卵と母蝶を同時に写しこもうとトライしましたが、蝶関連ブロガーの先輩方がコメントされているように難しく、断念しました。雑木林のブッシュの中での産卵なので、よほど、カンアオイの葉の開き具合と撮影者の配置のバランスが上手くいかないと、厳しいものがあります。これは今後の挑戦課題になりました。

すこし、余裕が出たので、お次は飛翔写真の番です。Fisheyeでの出来は今一歩で、90mmマクロの作例をアップします。偶然、閉翅状態でシャッターが押されたため、合成写真のような不思議な雰囲気に仕上がりました。
f0090680_91587.jpg
D70、ISO=640、F7.1-1/1000、+0.3EV

また、ご贔屓にしているブログ:あやはべる蝶観察日誌のfさんに勧誘されて入会した「縦位置広角写真友の会?」会員の証として、作例をアップしておきます。会長のfさん、こんなんで、会員資格ありますか?

f0090680_915258.jpg
D70S-10.5, ISO=500,F14-1/125,内蔵ストロボ

午後1時前から、また雲が厚くなり、思い切って撤収です。11時から12時半までのわずか1時間半、群舞してくれた春の女神に感謝の投げキッスをして、現地を後にしました。
# by fanseab | 2006-04-22 23:02 | | Comments(21)