探蝶逍遥記

初冬のヤクルリ探索

 大阪府南部へ今シーズン、三回目の出撃。「よう飽きもせず、行きまんな~」と突っ込みの声が聞こえてきそうですが、このシジミ北上の最前線で、彼らがどう戦って?いるかを観察するのが小生の楽しみなのです。
 昨日の雨は上がったものの雲の多い天気。大阪湾近辺は冬型の気圧配置になると、南岸~和歌山にかけて雲が多く、北岸(兵庫県側)が晴れることが多いようです。案の定、自宅からポイントに接近するに連れて雲量が増してきました。午前9時現地着。蝶は1頭たりとも飛んでいません。仕方なく400mmでヒヨドリやマヒワ?を狙うも逆光でいいショットが撮れず。そこで、前回観察したヤマモモで幼虫探索に切り替えました。民家脇にあるこの株、ちょっと剪定が入ったようで新芽の数は減っていました。それでも何とか3頭を確認。いずれも同じ新芽に集まっていました。最初の個体はややくすんだ緑色をしています。
f0090680_233817100.jpg
D70-SMZ, ISO=500, F18-1/80、-2.0EV、内蔵ストロボ(マニュアル発光、調光補正1/16)

 近くにアブラムシも集まっており、幼虫の上側には寄生蝿の卵?らしきものも。ちょっと気になります。幼虫の体長は約10mmです。
 3頭の幼虫は、その体色が微妙に異なっていました。ちょっと頭部を拡大して比較してみると、幼虫の皮膚の一部分(毛穴?)が小黒点のように発色している個体(左の差込み画像)と、明るい黄緑色に見える個体があって、この色素の発色で幼虫全体の色調が決定されているような印象です。
f0090680_23384091.jpg
D70-SMZ(トリミング), ISO=500, F11-1/125、-1.0EV、内蔵ストロボ(TTL発光、-2.0EV)
 
 また、ヤマモモの新芽の色から赤みが消えているのに対応して、幼虫の皮膚からサーモンピンクの色合いは消えていました。本当にカメレオンのように色を変える幼虫です。
 気温は10度を切っていますが、摂食はしています。1頭が糞を出す瞬間を偶然撮影することができました。
f0090680_2339518.jpg
D70-SMZ(トリミング), ISO=500, F11-1/320、-1.0EV、内蔵ストロボ(TTL発光、-2.0EV)、撮影時刻:11時48分

 正午を過ぎても陽射しが出ず、ヤマトシジミ1頭も飛ばない状況なので、諦めて撤収の準備をし、車に戻りかけた時、ブルーの影が!ヤマトとは明らかに違う深いブルー、おぉ、いました!やっぱり生きていました!ヤクルリでした。かなりくたびれていますが、お馴染みになった裏面の特徴ある斑紋で迎えてくれたのでした。
f0090680_23394941.jpg
D70, ISO=500, F8-1/500 

 時々吹く北風は寒く、薄日が差しても開翅してくれません。そのうち風に吹かれてこの個体を見失ってしまいました。それから暫くして一瞬陽射しが強くなった頃、10m位離れた場所から再び飛び立ち、足場のいい場所に止まって開翅をしてくれました。貴重な日光を慈しむようにじわっと開く光景は感動的でもありました。この秋、♂開翅シーンは何コマも撮りましたが、今回がピントの面で最も納得できるものとなりました。スレ品ですが、寒い中、健気に生きている♂に敬意を表して、少し大きめの画像を貼ります。
f0090680_23413129.jpg
D70, ISO=500, F9-1/800、-0.7EV、撮影時刻:12時22分

 昨年12/3に同じポイントで♂♀を観察した経験から、この時期も未だ発生しているだろうとの推測は見事に当たりました。しかも、昨年より1週間遅く、個人的な終見記録を更新したことになります。一方、♀、およびヤマモモ新芽上の卵、初令幼虫は発見できませんでした。どうやら、このポイントでは成虫越年は厳しいのかもしれません。
# by fanseab | 2006-12-10 23:48 | | Comments(20)

本体HPの更新:ボルネオの蝶

 2002年、小生が始めて熱帯アジアに遠征したのはボルネオでした。その時、銀塩で撮影した画像についてスキャナーによるデジタル化がようやく完了し、タテハチョウ科5種を新規追加しました(12/1)。
 銀塩ポジからのデジタル化は色調の再現性がどうしても満足できず、ギャラリーにアップした画像も再度デジタルで撮り直したい対象ばかりです。とりわけ、アカエリトリバネアゲハはデジ一眼できっちり撮影したいと思っています。有名なマレーシア・キャメロンハイランドの集団吸水シーンは蝶屋なら一度は見てみたいものだと思います。↓はボルネオ・サバ州で撮影したアカエリ♂飛翔シーン。
f0090680_21472560.jpg
 この個体の煌びやかな残像は、4年たった今も目に焼きついています。
# by fanseab | 2006-12-03 21:46 | | Comments(14)

晩秋のヤマト青♀探索:PartⅡ

 昨日(11/25)は川崎市北部の多摩川縁でのんびりとヤマト♀を追いかけていました。で、更新もノホホンと一日遅れの作業となりました(^^;;
 朝10時半頃、現地に着くと、未だ蝶の姿がありません。ようやく飛び出した1頭のヤマトに注目。深みのある瑠璃色!目的の♀でした。どうやら羽化直後と思われるような別嬪さんです。
f0090680_21545222.jpg
R1@5.6mm、ISO=200、F5.9-1/570、-0.7EV、撮影時刻:10時35分
 
 この♀、11/3付ブログでご紹介した個体と比べて、ことさら青色部の面積が大きい訳ではありません。
でも、①完璧な縁毛、②外縁側のビロード状黒褐色の地色の美しさの二点がブルーを一際引き立てているではありませんか?外縁部の黒褐色と瑠璃色境界部がかなり明確な点を評価し、明らかにこの個体に軍配を上げたくなりました。
 縦位置広角でもう一枚。こちらは少し大きめの画像を貼ります。
f0090680_21551846.jpg
R1@5.6mm、ISO=200、F5.9-1/1230、-0.7EV 

あれほど繁茂していたカナムグラの葉もご覧のように枯れ始め、ほぼ最終化に近いヤマトの美しさを引き立てています。
 開翅日光浴の合間にはセンダングサでの吸蜜。地色の濃い裏面は晩秋の深い青空に上手く溶け込んでいるようです。
f0090680_21553424.jpg
R1@5.6mm、ISO=200、F5.9-1/2000、-0.7EV
 
 ヤマト以外の蝶は2週間前に比べて激減していました。地面を這うように飛んでいたベニシジミ。ウーン、これは紅色の面積が凄い!春型以上でしょうか?
f0090680_21555493.jpg
R1@5.6mm、ISO=200、F5.9-1/760、-0.7EV、撮影時刻:10時51分

 タテハ類はヒメアカタテハがわずかに飛ぶ程度。ヒメウラナミジャノメやツマグロヒョウモンは姿を消していました。多摩川縁での成虫観察もいよいよ終盤です。
# by fanseab | 2006-11-26 22:03 | | Comments(18)