探蝶逍遥記

中国四川省成都近郊遠征記:その4

 今回から玉塁山で観察・撮影した蝶類を科別にご紹介していきます。
(1)アゲハチョウ/シロチョウ科
ここで観察できたアゲハチョウ科は下記5種。
①アオスジアゲハ(G.sarpedon)♂
②タイワンタイマイ(G.cloanthus)♂
③クロアゲハ(P.protenor
④ナガサキアゲハ(P.memnon)♀
⑤ヤエヤマカラスアゲハ(P.bianor)♀
 ①②は山頂付近にヒルトッピングして来た個体。②の飛翔を狙ったものの上手く撮影できず。結局、きちんと撮影できたのは、ヤエヤマカラスの♀のみ。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_20512758.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=640、F5.6-1/1000、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、12時27分
f0090680_20513845.jpg
D71K-34VR(トリミング), ISO=640、F5.6-1/1000、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、12時29分

 鮮度はまずまずですね。栽培種の花卉に来ているのがちょっと興醒め。bianor♀は同じ中国でも雲南省の個体だと、後翅の瑠璃紋がもう少し鮮やかになるようです。ちょっぴりオオクジャクアゲハ(P.arcturus)っぽい感じかな。ここ四川省の低山地ではそれほど派手ではありません。

 次はシロチョウ科。こちらは悲しいかな、次の1種のみ。
⑥タイワンシロチョウ(Pieris canidia
 本種は玉塁山ではなく、都江堰の宿泊ホテル前に止まっていた個体です。
f0090680_20515495.jpg
TG4@5.5mm, ISO=125、F2.3-1/125、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、8時16分

 ツマキチョウ程度しかないミニサイズの個体。あまりにも小さいので、思わず追跡して種類を確認しました。
<次回へ続く>
# by fanseab | 2018-02-09 20:46 | | Comments(0)

中国四川省成都近郊遠征記:その3

 ホテルチェックイン後、すぐに都江堰景区へ向かいます。その前に先ず腹ごしらえ。空いている食堂が少なく、止む無く入った食堂の情景。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_21344789.jpg
TG4@4.5mm, ISO=800、F2.8-1/60、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、11時43分

 麺類が美味しそうですが、腹持ちの良い炒飯を選択。10元(約200円)也。
f0090680_21353100.jpg
TG4@4.5mm, ISO=800、F2.8-1/60、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、11時45分

 しかし、ご覧の通り、不味そうな雰囲気。実際、全体にパサパサして食べられる代物ではありません。塩味の効いたお漬物とスープで何とか流し込んで食べました(^^;
 少し歩いて公園入口に到着。
f0090680_21352523.jpg
TG4@4.5mm, ISO=800、F8-1/125、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、12時01分

 都江堰景区は①紀元前3世紀に蜀の太守、李冰が建造した灌漑施設、および②李冰親子を祀る玉塁山公園の二箇所の総称です。一般観光客は①に重点を置きますが、蝶屋さんはクロオオムラサキの飛ぶ②へ行かねばなりません。上の画像はその玉塁山公園の入口です。画像右上に見える多層(6重)塔は玉塁山の山頂(標高865m)に建てられた玉塁閣。

 入口付近では孫悟空のコスプレをした職員が出迎えてくれます。
f0090680_2136198.jpg
TG4@6.86mm, ISO=100、F2.7-1/500、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、10時11分

 孫悟空の近くには猪八戒も徘徊しております。
f0090680_21363684.jpg
TG4@8.9mm, ISO=100、F3.2-1/400、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、10時12分

 孫悟空・猪八戒と来れば、次は当然「沙悟浄」でしょうが、沙悟浄の後でウロチョロしていたのは、何とミッキーマウスのコスプレ!理路整然と行かないのが中国らしいですね。入口料金所で入場料90元(約1800円)を払います。中国の物価水準を考えるとムチャ高い感覚です。石造りの山道を登って行くと、途中にチケット確認ブースがありました。
f0090680_2137050.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F2-1/100、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、10時26分

 正規入口を通過しない輩を排除する関所みたいなものでしょう。子供は原則無料なのですが、「年齢で区分」するのではなく、「身長で区分」するのが面白い点。ブースの前に身長計が設置してあって、1.3m以内なら無料(免费)となる仕組み。連れの子供達に、少しでも背が低く見えるように「屈んで歩け!」と指示する親御さんの姿が目に浮かぶような(^^)
 山道で小休止し、ポーズを取る管理人です。
f0090680_21372840.jpg
TG4@4.5mm, ISO=400、F2-1/400、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、11時20分

 ご覧のように、崖側には中国の古代城壁を真似た壁が続いており、壁の外へ簡単には出られない仕組み。撮影日は日曜とあって、遊歩道は凄い人出。通りがかりの旅行客にスナップ撮影を依頼するのも容易いことでした。「西关」と呼ばれる高台の一角からは都江堰灌漑施設を見渡すことができます。
f0090680_21375125.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F8-1/200、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年7月12日、11時06分

 中央の大河は岷江。手前左に見える支流が灌漑工事で作られた迂回水流。水流分岐点は「宝瓶口」と命名されています。蜀の時代、常時旱魃に悩まされた農民たちにとって、この支流入口は宝物より貴重に思えたことでしょう、「宝」を冠したのも頷けます。
<次回へ続く>
※次回からチョウが登場します。ご期待下さい。
# by fanseab | 2018-02-04 21:41 | 旅行記 | Comments(2)

第14回「チョウ類の保全を考える集い」のご案内

2月3日まで本記事を冒頭に置きます。
本文記事は今回記事の後にあります。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
日本チョウ類保全協会が毎年2月に開催している「集い」のご案内です。特に東日本地区在住の方は奮ってご参加下さい。
※西日本地区在住の方を対象として、2月17日(土)、大阪市立自然史博物館にて『第8回関西・中国地区のチョウ類の保全を考える集い』が開催予定です。こちらも別記事でご案内予定です。詳しくはこちら(クリックでジャンプ

 下記画像は午後の演題にもあるヒョウモンモドキ。環境省2017年度版レッドリストで「絶滅危惧ⅠA類」にジャンル分けされていますが、事実上、「野生絶滅」に限りなく近い種とも言えるでしょう。タテハチョウ科のオオウラギンヒョウモンもⅠA類と同一ランクであるのが理解できないですね。
+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_14265296.jpg
D70S-10.5、F14-1/80、+0.7EV、撮影年月日・時刻:2006年6月16日、15時48分(撮影地:広島県世羅郡)
f0090680_1427681.jpg
D70S-10.5、F4-1/1250、撮影年月日・時刻:2006年6月17日、12時41分(撮影地:広島県世羅郡)

日時:2018年2月3日(土) 10:30~17:45
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都代々木) 研修室309(センター棟3階)

プログラム:
10:00~     チョウ類の保全を考える集い 受付開始
10:30~10:45  開会 代表理事あいさつ 諸注意
10:45~11:30  アリの巣で暮らすチョウ~ゴマシジミ類の不思議な暮らし~
          坂本洋典氏(早稲田大学理工学術院)
11:30~11:50  ゴマシジミの保全活動の難しさ
          中村康弘氏(日本チョウ類保全協会)
11:50~13:00  昼食 (会員総会 11:50~12:20)
13:00~14:30  風力発電・太陽光発電による野生生物への影響
        「風力発電による鳥への影響」
          長船裕紀氏(猛禽類保護センター)
        「太陽光発電による環境改変の実態」 
          永幡嘉之氏(日本チョウ類保全協会事務局)
        「太陽光発電による水生昆虫への影響」
          西原昇吾氏(中央大学理工学部)   
14:30~15:00  ヒアリの侵入とその後
          岸本年郎氏(ふじのくに地球環境史ミュージアム)
15:00~15:30  休憩 30分 (協会ボランティア説明会)
15:30~17:30  これからのチョウ類の保全を考える
「広島県のヒョウモンモドキ保全活動の現状と課題」 岩見潤治氏(ヒョウモンモドキ保護の会)
「各地で起こる緊急事態への対応」中村康弘氏(日本チョウ類保全協会事務局)
「日本チョウ類保全協会による、絶滅危惧種の保全活動」日本チョウ類保全協会事務局
→総合討論
17:30     閉会
18:00~20:00  懇親会(同施設内のレストラン「カフェ・フレンズ」)会費3,500円(中締め19:30)

●参加お申し込み
参加費:1,000円 
 どなたでもご参加できます。
 事前申し込みがなくても参加はできますが、名札の準備などがありますので、会員の方は、なるべく事前の申し込みをお願いいたします。
 ・お申込み先:事務局 井上宛 Email: jbutterflyconservation@gmail.com
 
■懇親会
プログラム終了後、18:00から同施設内のレストランで、懇親会を開催します(会費3,500円)。懇親会にご参加を希望される方は、必ず1月30日までに、事前のお申し込みをお願いいたします。
 ・お申込み先:事務局 井上宛 Email: jbutterflyconservation@gmail.com
 ※懇親会会場:カフェ・フレンズ(センター棟2F TEL:03-3481-9809)

■会場までの道順
(国立オリンピック記念青少年総合センター:東京都渋谷区代々木神園町3-1  TEL03-3469-2525) センター棟3階の研修室309です。オリンピックセンターは広い施設ですので場所を良くご確認のうえ、御来場下さい。

●鉄道ご利用の場合
・小田急線 参宮橋駅下車 徒歩約7分(急行は停車しないため、各駅電車を利用のこと)。
・乗車時間の目安:新宿-参宮橋間は、小田急線で約5分。

●車ご利用の場合
都高速4号線 代々木ランプより(三宅坂方面のみ) 約100m、初台ランプより(高井戸方面のみ) 約2km、新宿ランプより(大型バスの場合) 約2km。
※駐車場はありますが、駐車場は有料(30分150円)ですので、なるべく公共交通機関でお越しください。

■ご宿泊のご案内
 会場となる参宮橋近くの新宿駅などには多くのビジネスホテルがあります。ご自身での宿泊のご予約をお願いいたします。

以上、どうぞよろしくお願いいたします。
***********************************************************************
 特定非営利活動法人 日本チョウ類保全協会
 140-0014 東京都品川区大井4-1-5-201 TEL・FAX:03-3775-7006 TEL携帯:080-5127-1696
    Email:jbcs@japan-inter.net
    http://www.japan-inter.net/jbcs/
    協会ブログ:http://jbcs.blog.fc2.com/
***********************************************************************
# by fanseab | 2018-02-03 18:00 | | Comments(0)