探蝶逍遥記

<   2018年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ゴマシジミ(8月上旬)

 アカセセリの産卵狙いで訪れた場所は、ゴマシジミの超有名ポイント。厳重な管理状態で保護されているものの、カメラマン数の多さに躊躇して、近年は遠慮して訪れておりませんでした。数えてみると、何と8年振りの訪問になります。滞在した2日間は、いずれもスカッ晴れで、最高気温34℃に到達する悪条件。しっとりしたゴマシジミを撮影しようとした目論見は全てオジャン。トホホ・・・(^^;
先ずは♂の飛び出しシーン。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_20354979.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=500,F2.8-1/4000,撮影時刻:15時23分

 こちらは、今回新たに見出したポイントでの撮影。羽化直だと思われ、未だ飛翔能力を獲得していない個体。今回出会ったゴマのなかでも、一番ブルーが載った個体でもありました。次はワレモコウの穂からの飛び立ち。
f0090680_20361880.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=500,F4.5-1/4000,撮影時刻:9時24分

 信州が誇る俳人、小林一茶が仮に蝶屋だったとしたら、こちらの個体を見て、「青さも中ぐらいなりゴマの♂・・・」と詠んだのでしょうか。次は♀の飛翔。ワレモコウの穂を縫って飛ぶ様子を正面から捉えてみました。
f0090680_2036398.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=500,F4-1/4000,撮影時刻:13時47分

 求愛飛翔もそれなりに目撃しましたが、置きピン位置に苦労して納得の行く画像はありません。唯一まずまずと思われたショットをアップしておきましょう。
f0090680_2037089.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=800,F3.5-1/4000,撮影時刻:8時49分

 朝方の斜光線下を飛ぶ雰囲気は上手く表現できましたが、逆光の強い陽射しで、しっとりとした翅表の表現は全くできません。先を飛ぶ♀は翅表基部に僅かにブルーが載った個体。♂♀共にブルー鱗粉の載った求愛シーンを一度撮ってみたいものです。

 さて、二日目の明け方、結構強い驟雨がありました。雨露を纏ったゴマを期待して朝方のゴマも探索してみました。期待に反して撮れたのは次のショットのみ。
f0090680_20373153.jpg
D500-34VR(トリミング),ISO=1400,F6.3-1/1000,-0.7EV、撮影時刻:7時25分

 朝方でも既に気温が上昇しつつあり、結構ゴマは敏感でカメラマンの気配ですぐに飛び去ってしまいます。この画像は、もう少し露が大きければ雰囲気が出たのでしょうけどねぇ。残念でした。スカッ晴れ状態なので、自然状態での開翅は皆無に近い状態。何とか撮れたのは次の一枚。
f0090680_20375959.jpg
D500-34VR(トリミング),ISO=200,F5.6-1/800,-0.7EV、撮影時刻:7時51分

 足元の状態が悪く、正面側に回り込めませんでした。次は、お約束の♀産卵シーン。
f0090680_20381292.jpg
D500-34VR(トリミング),ISO=500,F8-1/1000,-0.7EV、撮影時刻:9時40分

 この子も裏面の黒さから想像できるように、翅表はほぼ漆黒。広角でも撮りました。
f0090680_20383920.jpg
EM12-Z12,ISO=64,F4-1/640,撮影時刻:9時46分

 このワレモコウ株は♀達に大変お気に入りらしく、複数頭の♀が入れ替わり産卵に訪れていました。熱中症を心配しながらのゴマ撮影も、やはりこの時期しか味わえない楽しみですね。折角信州に来たので、2日目の昼はちょっと豪華に天麩羅蕎麦大盛りを奮発。
f0090680_20385847.jpg
TG4@4.5mm,ISO=64,F4-1/640,撮影時刻:9時46分

 蕎麦はもちろん、山菜の天麩羅も絶品。何気に付いている瓜の漬物も涙の出る位旨かったです。今年初めての信州遠征は、お蔭様で、とても楽しく過ごすことができました。現地で出会ったカメラマンの方、色々とお世話になりました。
by fanseab | 2018-08-29 21:31 | | Comments(0)

オオミスジ卵の超拡大像(8月上旬)

 アカセセリの交尾場面を撮影した前後に、周辺で緩やかに舞い飛ぶオオミスジ♀を発見。そのうちウメ類で産卵行動を始めました。アカセセリ撮影に集中していたため、オオミスジ産卵シーンは撮影できず。翌日、産附されたはずの卵探索をしました。15枚ほど葉をチェックしてようやく発見!

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_1813056.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=400,F9-1/125,外部ストロボ、撮影時刻:11時12分

 この株は高さ2mほどの栽培種モモと推定。ウメ類よりも遥かに葉が細長く、葉の厚みもあります。Neptis属産附形式の定番、葉先に産み付けられています。卵を発見した時の第一印象は、「凄く小さいなぁ~」でした。コミスジやホシミスジ等よりも小さく感じたのです。この卵は飼育目的で拙宅にお持ち帰りし、後日拡大撮影しました。
f0090680_18132676.jpg
EM12-P1442@42mm-P14R(上段26コマ/下段27コマ深度合成+トリミング),ISO=64,F5.6-1/50,外部ストロボ

 最大直径1.2mm、高さ1.1mm(いずれも棘皮を含む)。底面側が葉被りを起こしているので、全体像がイマイチですが、球形に近い俵型。ご覧の画像は、採卵の3日後に撮影したもの。既に胚形成が進行した状態。撮影翌日には既に孵化してしまいました。母蝶の産卵行動を目撃した当日からは5日しか経過しておりません。一般的なタテハチョウ科の卵期(10日前後)から考えて、採卵した個体は恐らく産卵後数日経過したものだったのでしょう。
 ここで、過去に撮影済のコミスジ卵と微構造を比較してみました。
f0090680_18134579.jpg
コミスジ卵は2017年5月撮影分

 卵を発見した時の第一印象通り、やはりコミスジ卵よりもやや小さい!のです。母蝶は『小さく産んで大きく育てる』タイプなのでしょうかね(^^) 考えてみれば、オオミスジは年1化だし、幼虫時代が長いので、卵がちょっぴり小さくても問題ないはず。母蝶卵巣の体積一定なら、卵サイズが小さければ余計卵を産めますからね。よく考えられた繁殖戦略なのでしょう。今回のオオミスジ卵は、胚形成された状態の画像で、卵拡大像としてはB級ショットです。産卵直後の全体が翡翠色状態での再チャレンジが必要です。また、8月7日に孵化した幼虫は現在無事3齢まで育っています。こちらの飼育メモはまた別途記事でご紹介する予定です。
by fanseab | 2018-08-27 21:53 | | Comments(4)

トラフシジミ卵の拡大像(8月上旬)

 アカセセリを追跡していたポイントで、同行したMさんがハギに産卵しているトラフシジミ♀を見つけてくれました。慌てて近寄った時は既に産卵を終えていて、産卵シーンはゲットできず。幸運なことに、産卵位置をMさんが記憶していたので、拙宅に持ち帰り、超拡大像を撮影してみました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_17255236.jpg
EM12-P1442@42mm-P14R(16コマ深度合成+トリミング),ISO=64,F5.6-1/50,外部ストロボ

 蕾の集合部隙間に産み付けられています。このような産卵形式だとストロボ光を上手く回し込めず、かつ全体像を把握するのが困難ですね。青味を帯びた翡翠色で、直径0.56mm、高さ0.32mm。ヒメシジミ亜科などの卵に有する網目構造とよく似ています。トラフも場合によっては、もう少し撮影しやすい産み方をするでしょうから、再チャレンジしたいと思います。この現場とは別にハギの葉陰で休んでいる♀も見つけました。
f0090680_17261578.jpg
TG4@11mm,ISO=160,F3.6-1/60,内蔵ストロボ、撮影時刻:11時04分

 産卵前後では暑さを避けるため、こんな場所で、休息しているのでしょう。今回の産卵現場を押さえて頂いたMさん、有難うございました。
by fanseab | 2018-08-25 17:29 | | Comments(0)

ミヤマカラスアゲハ♂(8月上旬)

 アカセセリを追跡していた近傍では、新鮮なミヤマカラスアゲハ♂が飛翔しておりました。しかしこのポイント、適当な吸蜜源が無いので、高速で飛び回る♂をただ眼で追跡するばかりでした。そんな折、朝方の耕作地でボンヤリ待機していると、不意にベニバナインゲンの紅い花に♂が吸蜜にやってきました。慌てて撮影。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_16544125.jpg
D500-34VR(トリミング),ISO=200,F8-1/800,-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時18分

 ベニバナインゲンは別名花豆とも呼ばれ、信州の高原地帯を代表する換金作物。大型の豆は煮物にすると大変美味です。ミヤマカラス♂と紅花の組合せは極めて派手で、まるで南アジアでAchillidesを撮影しているような錯覚を抱いてしまったのでした。
 この絵を撮った前日には山道で吸水する♂も撮影。
f0090680_1655043.jpg
D500-34VR(トリミング),ISO=800,F8-1/640,外部ストロボ、撮影時刻:14時47分

 傷一つない完品です! もう少し上方から撮影すべく回り込んでいる内に逃げられてしまい、ガックリ(^^; でも久しぶりのミヤカラ♂撮影に満足です。
by fanseab | 2018-08-23 20:59 | | Comments(2)

ミスジチョウの産卵と若齢幼虫(8月上旬)

 ムモンアカ撮影ポイントは渓流近くにあり、そんな環境もあってか、生き残りのミスジチョウ♀の産卵行動を観察できました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_16462850.jpg
D500-34VR(トリミング),ISO=640,F8-1/250,-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時29分29秒

 ミスジチョウ産卵シーンは過去に撮影済ですが、いつも込み入った場所に産むので困ります。この絵では何とか腹端まで表現できました。産み付けた卵も同時に表現するのは至難の業ですね。場所を変えての産卵。
f0090680_16464793.jpg
D500-34VR(トリミング),ISO=640,F8-1/250,-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時29分41秒

 露出設定が明らかにオーバーで、色相が不自然なものになってしまいました。ここまでボロボロだと本当に哀れに思ってしまいます。残念ながら遠距離での撮影になったので、卵の発見はできませんでした。この後、ここから直ぐ傍に高さ2m程のカエデ類を見出しました。その環境画像です。
f0090680_16473649.jpg
TG4@4.5mm,ISO=200,F2-1/800,-0.7EV、撮影時刻:10時49分

 やや日陰にある中央の株です。ここを調べると、2頭の若齢幼虫を見出しました。最初の1頭。
f0090680_16475010.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=400,F5.6-1/80,外部ストロボ、撮影時刻:10時45分

 体長8mmほど。2もしくは3齢幼虫と思われます。主脈を残して両サイドに枯葉も残すNeptis属若齢幼虫に概ね共通する食痕です。管理人は越冬態勢中のミスジチョウ幼虫を過去に観察した経験がありますが、越冬前の若齢幼虫発見はこれが初めて。チョッピリ嬉しい出会いでした。この子のすぐ傍にもう1頭いました。念のためコメントすると、主脈の先端に鎮座しているのが幼虫。
f0090680_1648122.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=400,F5.6-1/80,外部ストロボ、撮影時刻:10時46分

 こちらは体長6mm。恐らく2齢。少し引き気味のショットも撮影。
f0090680_16481279.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=400,F5.6-1/80,外部ストロボ、撮影時刻:10時46分

 こちらの絵の方が食痕の全体像が分かり易いですね。仮にこの小さな株に♀が産卵している場面に出会ったら、葉被りも少なく、納得行く産卵シーンが撮れそうです。
<8月25日追記>
♀産卵シーンに登場するカエデは鋸歯が全く認められないので、イタヤカエデ(Acer pictum)類と推定。更に言えば、エンコウカエデ(ssp.dissectum)だろうと思います。一方、幼虫が付いていたカエデは、オオモミジ(A. amoenum)と推定されます。いずれにせよ、間違いあればご指摘願います。

by fanseab | 2018-08-21 22:03 | | Comments(2)

ムモンアカシジミ(8月上旬)

 アカセセリ交尾場面を撮影していたカメラマンの方から、ムモンアカシジミのポイントに案内して頂きました。その日は、kさんが長竿を持参されており、降下操作をして頂きました。但し、生憎の高温で、一旦降下し始めた個体は元気に飛び回る状態。仮に降下しても暑さを避けて葉影に潜り込んでしまい、撮影は難航しました。ようやく撮れたショットがこちら。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_21161694.jpg
D500-34VR(トリミング),ISO=1000,F8-1/800,-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時42分

 ムモンアカ撮影は3年振り。しかも新鮮個体に限れば10年振りの撮影です。前脚ふ節構造から判断して♀でしょう。この後、発生木の周辺を時折、複数個体が飛翔するものの、高温のためか、直ぐに葉陰に潜り込む個体ばかり。仕方なく、300mmで遠距離から連射乱打して求愛(追尾?)行動中の2頭を何とかゲット。
f0090680_21165664.jpg
撮影条件は2コマ共通:D500-34VR(トリミング),ISO=4000,F7.1-1/4000,-0.3EV、撮影時刻:12時54分
f0090680_2118046.jpg


 目一杯、トリミングしてこの有様ですから、これ以上、望むべくもありません。
さて、翌日はSさん、Mさんとご一緒に撮影。Sさんが長竿降下隊員?として奮闘して頂きました。ただ、この日も前日同様のパターン。それでも前日撮った個体よりも多少視界の良い場所に降下してくれました。
f0090680_21195186.jpg
D500-34VR(トリミング),ISO=640,F8-1/500,-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時27分

 後翅をスリスリしている♂個体ですね。撮影中、ボヤボヤしていると、暑さを避けるせいか、場所を微妙に変えてしまうので、素早く対応せねばなりません。気温が25℃あたりならもっと楽に撮影できるのでしょうね。別の個体が微妙に開翅してくれたので、これも撮影。
f0090680_21201451.jpg
D500-34VR(トリミング),ISO=640,F8-1/500,-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時32分

 先ほどとは別個体です。前脚が隠れているので、判断が難しいですが、前翅端の尖り具合から判断して、これも♂でしょうかねぇ。
 熱中症一歩手前状態でのムモンアカ撮影も結構シンドイですね。事実、長竿隊員のSさんは熱中症の前駆症状が出たみたいで、小生も焦りました。幸い直ぐに回復されたようで何よりでした。初日のkさん、2日目のSさん、長竿降下操作、お疲れ様でした。また、撮影をご一緒したMさんにも御礼申し上げます。
by fanseab | 2018-08-19 21:23 | | Comments(0)

アカセセリの交尾(8月上旬)

 平地の酷暑から逃れるため、久しぶりに信州の高原地帯へ。最近は出不精になってしまい、今年最初の長野県訪問になります(^^; 狙い目はアカセセリの産卵。以前もチャレンジしておりますが、失敗に終わっています。現地に到着すると、複数のカメラマンが集まっておりました。ここはゴマシジミのポイントでもあり、皆さんゴマを追跡しておられました。偶然、どなたかが「アカセセリが交尾している!」と教えてくれました。背景には穂高連峰が顔を覗かせております。これは絶好の場面。先ずはマクロでパチリ。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_1747566.jpg
EM12-Z60,ISO=200,F8-1/250,撮影時刻:11時57分

 小生、本種交尾ペアは初撮影です(^^) 向かって右が♀ですが、角度が悪く、暗く潰れてしまいました。丁度♀の真上に穂高連峰が遠望できますが、焦点深度の関係でボケています。それでは、深度合成で勝負してみよう!とトライしますが、生憎の風で交尾ペアがゆらゆら揺れて合成に失敗。仕方なく、今度はコンデジで広角撮影。
f0090680_17475442.jpg
TG4@7.8mm,ISO=100,F11-1/125,撮影時刻:11時57分

 コンデジの焦点深度の深さのお蔭で、僅かに残雪が確認できます。残雪をくっきり写し、なおかつ交尾ペアにも合焦させるのは至難の業でした。そのうち、ペアの♂♀の配置が逆転してくれたので、広角縦位置でも撮影。
f0090680_17481682.jpg
EM12-Z12,ISO=200,F9-1/640,撮影時刻:12時05分

 山岳遠望はともかく、アカセセリ♂♀の色調差も表現できて、満足。交尾ペア画像では、♂がボロ個体の場合が多いのですが、今回は両者共に完品個体で、助かりました。念のため、表現したかった山岳遠望風景も貼っておきましょう。
f0090680_17503855.jpg
D500-34VR(トリミング),ISO=800,F8-1/1250,-0.3EV、撮影時刻:13時31分

 さて、肝心の産卵シーンは結局観察できず。ホストのヒカゲスゲらしきスゲ類が生えている環境は確認できたものの、やはり暑さとの闘いで集中力がそがれます。何せ最高気温は下界とほぼ同じ34℃!仕方なく、静止個体の画像をパチリ。最初は綺麗な♀。
f0090680_17505713.jpg
EM12-Z60,ISO=200,F4.5-1/640,撮影時刻:17時23分

 夕刻で活動を休止して休眠準備に入った個体でしょう。アカセセリ♀裏面は鶯色を帯びる個体が多いですが、この子は例外的な個体ですね。翌日朝、ほぼ同じ場所で♀を発見。同一個体かもしれません。
f0090680_17513861.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=64,F4-1/640,撮影時刻:8時00分

 微妙に開翅してくれました。一方、♂は敏速で直ぐに姿を見失ってしまいます。やっと撮れた個体は結構スレています。
f0090680_17521086.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=64,F4-1/640,撮影時刻:11時16分

 この後、場所を変え、別ポイントで♀産卵場面を探索。ここではハギで吸蜜する♂を撮影。
f0090680_17522832.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=64,F4-1/250,撮影時刻:12時26分

 アングルを変えて撮ろうと思ったら、サッと逃げてしまいました。このポイントはやや草丈が高く、ノイバラも繁茂しているので、探索にも苦労しました。
 なお、最初のポイントでは久しぶりブログ仲間のkさんにお会いできました。また、両ポイントでは撮影仲間のSさん、Mさんともご一緒できました。御三方、色々と有益な情報有難うございました。
by fanseab | 2018-08-16 21:45 | | Comments(2)

オオムラサキ♀探索(7月下旬)

 毎年、夏はオオムラサキを見るため、山梨県・甲府盆地周辺を逍遥しております。ご存知の通り、今年は全ての種で発生時期が異例に早く、例年なら新鮮個体♀が期待できるこの時期でも擦れている可能性があります。そんな不安を胸に、去年新たに見出したポイントに直行。台場クヌギに近寄ると、早速パタパタと翅音を立てて♂が飛び出しました。この力強い翅音を楽しむために山梨に通っているようなものです。去年の訪問より1週間早いことを差し引いても、個体数が2-3倍多い感覚です。どうやらオオムラサキの当たり年のようです。この日の目的は未だきちんと撮影できていない♀開翅画像の撮影。すぐに♀は見つかりましたが、適当なタイミングで開翅を撮るのに一苦労。先ずは最初のショット。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_21191378.jpg
D500-34VR,ISO=800,F8-1/800,外部ストロボ,撮影時刻:8時40分

 ストロボを照射した影響で、前翅は見た目と異なる紫色の幻光が出てしまいました。明らかに構造色で、♂同様、♀前翅の鱗粉も構造食を発現するような微細構造を有しているのでしょう。次は紫色幻光が少し緩和されたショット。
f0090680_21195633.jpg
D500-34VR,ISO=800,F8-1/800,外部ストロボ,撮影時刻:8時59分

 左前後翅の色調はほぼ見た目に近づきました。殆どスレ・欠けの無い個体でホッといたしました。さらにバシャバシャ撮影して、ようやく見た目にほぼ近い画像をゲット。
f0090680_21201792.jpg
D500-34VR(トリミング),ISO=800,F8-1/800,外部ストロボ,撮影時刻:9時37分

 左上の個体は既にボロボロ状態の♂です。ここまでの3カット共にディフューザーを装着していない外部ストロボでの撮影。しかし、殆ど類似したアングルでの撮影にも拘らず、紫色幻光の出現状態は大きく異なります。経験上、アカボシやゴマダラ、オオムラサキ共にディフューザーを単純にかませただけでは、地色の再現は上手く行きません。野外では実現困難なのですが、モノブロックストロボを3方向からスレーブ照射するような大掛かりな仕掛けが無いと自然光同様な拡散光は実現できないと思っていました。しかし、今回の結果は、撮影アングルの工夫で、ディフューザー無しでも地色表現が可能なことを示唆しております。改めてオオムラサキ♀色調表現の難しさを悟ったのでした。
 樹液吸蜜シーンは同じようなカットばかりで飽きてしまいます。運よく二股に分岐した場所に♀が来てくれたので、背景が抜けたスッキリしたショットも撮れました。
f0090680_21222969.jpg
D500-34VR,ISO=800,F8-1/320,外部ストロボ,撮影時刻:9時41分

 ♀は暫く吸汁した後、サッと飛び立って周辺の木陰で休息することが多いです。全開翅休息のシーン。
f0090680_21224849.jpg
D500-34VR(トリミング),ISO=1250,F8-1/800,外部ストロボ,撮影時刻:10時02分

 上手い具合に、ホストのエノキ葉上に止まってくれました。こうした雰囲気は、熱帯アジアのオオイナズマ(Lexias属)を彷彿とさせますね。オオムラサキ♀が、いかにも重たそうに羽ばたく滑空飛翔は、やはり見応えがあります。この日、もちろん♂は既にボロボロ状態の個体が殆どでしたが、奇跡的に綺麗な個体が1頭おりました。
f0090680_21232838.jpg
D500-34VR,ISO=500,F7.1-1/800,撮影時刻:13時47分

 今年は完品個体♂狙いなら、6月下旬頃訪問しなければならなかたのでしょうね。また♀の樹液吸汁シーン撮影中、♂が♀に言い寄ってくる場面もみかけました。
f0090680_21235529.jpg
D500-34VR(トリミング),ISO=800,F8-1/800,外部ストロボ,撮影時刻:8時48分

 中央下の♀に対し、右上の♂が巨大なバルバを露出させて迫ってくるシーン。もちろん「大願成就」はなりませんでした。♂がボロボロだと、このような求愛失敗した♂に余計感情移入してしまいますね(笑)
 この日は昨年までお馴染みにしていた別ポイントでも撮影。こちらは環境の激変で、個体数が激減してしまいました。かろうじて3頭の♂が群れている台場クヌギで♂飛翔シーンを撮影。
f0090680_21243764.jpg
EM12-Z12(トリミング),ISO=200,F5.6-1/250,外部ストロボ、撮影時刻:11時27分
f0090680_21244745.jpg
EM12-Z12(トリミング),ISO=200,F5.6-1/250,外部ストロボ、撮影時刻:11時28分

 ♂の翅裏はクリーム色が脱色して、まるでクヌギ樹肌と同化したかのような色調ですね。やはり♂の飛翔を撮るなら、7月上旬頃訪問しなければなりません。年々甲府盆地の平均気温も上昇傾向にあるのでしょうから、オオムラサキ撮影の適期もこれまでの常識が通用しなくなるかも。。。。この日は♀産卵シーンも期待していたのですが、そちらは期待外れ。樹液吸汁する個体数を観察すると、正午以降、♀が激減していました。恐らくこの時間帯に産卵が行われると睨んで、付近のエノキを見張っていたのですが、酷暑で集中力が続かず、結局産卵シーンは観察できませんでした。来年以降、再チャレンジです。
by fanseab | 2018-08-07 21:29 | | Comments(2)

アオバセセリ卵の超拡大像(7月下旬)

 アワブキ葉上から見出した未孵化卵を採卵し、拙宅に持ち帰って拡大撮影をしました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_10101238.jpg
EM12-P1442@42mm-P14R(上段20コマ/下段22コマ深度合成+トリミング),ISO=56,F5.6-1/50,外部ストロボ

 直径1.0mm、高さ0.8mmのドーム状。卵を地球儀に見立てた時の経線(縦条)は全20本。緯度線は非常に細かく、仔細に観察すると、連続線ではなく、点刻で形成されています。アオバセセリ亜科(Burara,Hasora,Choaspesなど)の卵は通常、細かい彫刻があって、苦労して拡大撮影をする楽しみが増えますね。

 上記の繊細な彫刻模様は幼虫が孵化した後の卵殻で、より際立ちます。
f0090680_10104774.jpg
深度合成37コマ(その他撮影条件は↑画像と同一)

 黒色繊維状ゴミが付いたのは残念至極。若齢幼虫の糞も周辺に残されたので、こちらは逆に雰囲気が出たように思います。
by fanseab | 2018-08-01 21:57 | | Comments(2)