探蝶逍遥記

<   2018年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

中国四川省成都近郊遠征記:その1

 2015年7月に実施した首題遠征記をシリーズで書くことにします。実は2016年の1月頃から記事を書こうと思っていた矢先、同年1月末に突然内耳系眩暈を発生し、その後の体調不良で、企画が頓挫してしまったのです。気の抜けたビールにならない内にメモとして記録に残すことにしました。

(1)成都市近郊のクロオオムラサキ
 今回遠征の主目的はクロオオムラサキ(Sasakia funebris)の撮影。管理人はタテハ類、それも巨大なタテハが大好きです。国内の蝶では、もちろんオオムラサキ(S.charonda)が一番のお気に入りですし、アジア遠征でも、先ず目を向けるのは大型イナズマ類(LexiasEuthaliaなど)の種群になります。色々と蝶図鑑を眺めているうちに、やはりオオムラサキの唯一の兄弟、クロオオムラサキを撮影せねばと思い始めました。本種を撮るには中国大陸に足を踏み入れなければなりません。大陸には過去、出張で上海に一回行ったきりで、蝶撮影として初体験の場所。色々と不安があるので、公共交通インフラが比較的整備された中国四川省成都市近郊のポイントを訪れることにしました。
 同地はかつてプロの昆虫写真家、青山潤三(※1)、渡辺康之(※2)、松香宏隆(※3)の各氏が訪れ、それぞれ詳細かつ魅力的なレポートを残されています。それらの画像を眺めながら、本種の勇姿を是非ともわが手で・・・との思いが募りました。
※1 青山潤三,1998.中国の蝶ー海の向こうの兄弟たち. 東海大学出版会,東京.
※2 渡辺康之,2008.中国のオオムラサキとクロオオムラサキの生態. 月刊むし(449):16-22.
※3 松香宏隆,1992.黒の哨戒機 クロオオムラサキ.サイアス(科学朝日)(52):68-71

(2)東京→成都へのアクセス
 遠征した2015年時点で、東京→成都への直行便はANA(NH947)以外に皆無。但しこの便、成田(NRT)17:25→成都(CTU)22:20で成都到着が深夜に近いのです。管理人は初めての遠征地では、到着時刻が深夜近くになるのはリスク管理上敬遠しております。そこで止む無く羽田(HND)出発、北京(PEK)乗継の便を選択しました。

中国国際航空CA0184(コードシェアNH5731):HND8:30→PEK11:20
同上CA1407:PEK16:00→CTU19:00

 当初、PEKでの乗継時間を約1時間半の便で予約したのですけど、中国人の友人が「それは間隔が短すぎ!PEKの乗継は時間がかかるから、もうちょっと余裕を持たせた方が良い」とのご宣託で変えました。結果的にこれは正解でした。
<現時点でのアクセス利便性>
 その後、中国人観光客の日本来訪者が激増したこともあって、直行便が増便され、選択肢が増えました。今、東京から成都へ行くなら、下記の便をお勧めします。

CA460(コードシェア:NH5765):NRT8:50→CTU13:20

また、現役サラリーマンの方なら、四川航空(3U)もお勧め。

3U8086:NRT20:30→CTU00:50

 この便なら、金曜日に退勤後、成田に直行。月曜日に有休を取り、3U8085で帰国するプランもありです。2泊3日のクロオオムラサキ撮影突撃ツアー?は如何でしょう。いずれにせよ残念なのは、羽田出発の成都行直行便が現在でもないこと。

 さて、羽田に駐機中のCA184便。機体はエアバスA321。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_212436100.jpg
TG4@11.8mm, ISO=100、F14-1/80、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年7月10日、7時48分

 定刻50分遅れで離陸し、暫くして朝食(ブランチ?)が提供されました。
f0090680_21245284.jpg
TG4@4.5mm, ISO=400、F2-1/200、撮影年月日・時刻:2015年7月10日、10時04分

 機内食は不味いとの噂を聞いておりましたが、味はともかく、美味しく見せる工夫が全くされていない点がNGです。PEKへ向け降下中の景色。
f0090680_21251629.jpg
TG4@4.5mm, ISO=400、F2.8-1/2000、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年7月10日、11時17分(以下現地時間)

 画面中央右上に写っている飛行場は「北京市通州机场」。軍事基地ですね。北京国際空港はこの画面左前方に位置します。PEK到着11:26(定刻6分遅れ)。国際線が到着するT3の各ゲートから乗客は一旦、検疫のある一角に集められます(下の画像の右手奥)。
f0090680_2125442.jpg
TG4@6.86mm, ISO=400、F2.8-1/2000、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年7月10日、11時40分

 本来、中国国内線乗継カウンターがこの近辺にあるべきですが、何故か無く、狐に摘まれた感じで、シャトルに乗車。両替を両替所ではなく、手数料原則無料の銀行窓口に拘ったことが敗因で、ムチャ時間を消費しました。これが中国銀行窓口での整理券。
f0090680_21261284.jpg
TG4@4.5mm, ISO=1600、F2.8-1/20、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年7月10日、13時40分

 既に8人待ち(^^; 大慌てで何とか両替を済ませ、CTU行便のゲートに辿りついたらヘロヘロでした。つくづくデカい飛行場だなぁ~と実感。それと機内持込手荷物検査で、カメラリュック内のカメラ、レンズ、電池他を全て出さねばならぬルールには閉口しました。窃盗犯から見たら管理人は絶好のカモに見えたことでしょう。CA1407便は16:25離陸。成都18:46着陸。途中で出た機内食です。
f0090680_21263633.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F2.8-1/250、-2.0EV、内蔵ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月10日、17時12分

 中国に来たなぁ~と実感するようなメニューです。胡瓜の漬物が微妙に嬉しかったですね。成都空港も想像以上に大きいものでした。ここからホテルまではタクシーで。駐車場に100台以上のタクシーが整然と客待ちしている姿に驚きました。いずれも緑と白のツートンカラーで統一され、白タクが混じっていないようで安心感もありました。成都南站に近いホテルまで30分、料金は42元(当時の換算レートで、約830円)でした。

 さて、ホテルのフロントで一悶着。中国のホテルに宿泊する際、押金(ya jin)なるデポジットをチェックイン時に支払わねばなりません。管理人はこの予備知識がなかったので、ビックリしたのです。宿代はクレジットカードで既に決済済なのに、何故別途現金を要求するのか当初は理解できず、フロントとやり合いました。しかも英語が全く通ぜず、拙い中国語(普通話)でやり取りするので、余計に疲れました。基本1泊分で、ホテルによって異なりますが、100-400元程度です。宿泊したビジネスホテルは造りも新しく清潔で快適だったので助かりました。
f0090680_2127394.jpg
TG4@4.5mm, ISO=200、F2.8-1/30、内蔵ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月10日、20時01分

 コンセントボックスです。
f0090680_21275186.jpg
TG4@4.5mm, ISO=400、F2-1/15、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、6時58分

 上が二股のAタイプ。下が三股のBFタイプ。Aタイプは変換プラグ不要で、日本と同様のプラグがそのまま差し込めます。コンセントボックスが金メッキ?されているのが、いかにも中国らしいですね。
<次回へ続く>
by fanseab | 2018-01-30 21:34 | 旅行記 | Comments(4)

残雪とウラギンシジミ(1月下旬)

 関東地方は久しぶりの大雪で、雪かき等に苦戦させられました。その後遺症で、全身筋肉痛が残っております(^^; さて、拙宅近くで観察している越冬ウラギンシジミはどうなっているか?確認がてら、アウトプットイメージとして「残雪を背景にした画像」を目指してトライしてみました。
 最初は極最近発見した個体。これまでの2個体も拙宅から徒歩1分と超近場での観察ポイントにおりましたが、何とこの3個体目は徒歩20秒! その子の姿です。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_20511665.jpg
EM12-P8、ISO=64、F13-1/100、外部ストロボ、撮影時刻:11時29分

 位置がやや高いので脚立を使用。ヤツデの葉裏に潜んでおりました。前翅端の尖り方から判断して、夏型でしょうかね。残念ながらこの個体、この絵を撮影した1時間後に姿が消えておりました。実は右側に見えている道路、物凄く狭い割にゴミ収集車等の中型車両が結構頻繁に通るので、丁度ドアミラーか何かに接触して飛び去った可能性もあります。ちょっと残念でした。
 さて、2個体目は2番目に発見した個体。
f0090680_20521738.jpg
EM12-P8、ISO=320、F11-1/160、外部ストロボ、撮影時刻:11時39分

 こちらも脚立を使用しての撮影。ご覧のように、この子が越冬しているクチナシの株は相当に密で、積雪とは無縁の世界。積雪のリスクまで予想してここに潜んでいるのでは・・・と思わせる姿です。3個体目は最初に発見し、以前の記事で機材撮り比べをした子。
f0090680_20534619.jpg
EM12-P8、ISO=200、F11-1/125、外部ストロボ、撮影時刻:11時50分

 魚露目と違い、使用した魚眼レンズは流石にフレアやゴースト発生が少なく、見栄えがします。近所の方も雪掻きを丁寧にされていて通路上の残雪もかろうじて残っている程度ですね。
 この子が潜んでいるサザンカの株にはそろそろ真紅の花弁が付き始めました。この先、サザンカの花弁とウラギンのコラボ画像が撮れることを期待しております。
by fanseab | 2018-01-24 20:55 | | Comments(0)

ムラサキツバメ越冬集団の観察その5(1月中旬)

 年も明けて、前回観察から3週間以上経過してしまいました。連続観察ポイントでは、「あーとまん」さんもフォローしていて、どうやら12月30日時点で、ムラツ集団は消滅していたとのこと。期待はできませんが、念のため確認してみました。ウロチョロしてみても、やはり集団はゼロ。但し、柑橘樹葉上に単独越冬個体を発見。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_21263098.jpg
EM12-Z12、ISO=200、F13-1/50、外部ストロボ、撮影時刻:9時53分

 やはり、単独越冬は寂しそうな雰囲気ですね。この後、撮影の刺激でビューッと飛び去ってしまいました。撮影時の気温は14℃近くもあったので、体温も暖まっていたのでしょう。ついでに周囲の枯葉をチェックするものの、ムラシの姿も皆無。シラカシの梢上を舞う姿もありません。更にウラギンシジミの姿も消えてしまいました。年末年始にかけてそれほど荒天もなかったのですが、残念な結果に終わりました。

 さて、前回記事でご紹介した拙宅近くのウラギンは相変わらず元気ですけど、この子と同じく、拙宅から徒歩1分圏内で、別の個体も発見しました。
f0090680_21271045.jpg
EM12-Z60、ISO=500、F5-1/125、撮影時刻:13時22分(ムラツとは異なる撮影日)

 低層マンションの東南角地にあるクチナシの植栽が住処。株は綺麗に直方体に剪定されていて、北風を完璧に遮断できています。静止している葉は南西を向いていて、午後西日を受けられる配置を取っています。こうしたポジション取りは本当に絶妙で、いつも感心させられます。
by fanseab | 2018-01-18 21:27 | | Comments(0)

越冬ウラギンシジミ(1月初旬)

 新年明け初撮りは拙宅近くの民家脇へ。サザンカの植え込みに潜んでいたウラギンシジミを、異なる日時に異なる機材で写し分けてみました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_20583598.jpg
EM12-Z12、ISO=200、F14-1/50、外部ストロボ、撮影時刻:10時37分
f0090680_20584670.jpg
TG4@18mm-gy8(トリミング)、ISO=100、F4.9-1/500、内蔵ストロボ、撮影時刻:9時37分
f0090680_20585591.jpg
D500-10.5-X1.4TC、ISO=500、F14-1/80、外部ストロボ、撮影時刻:14時18分

 撮影条件としては、完全逆光になってしまったTG4が一番厳しい感じ。フレアが盛大に発生するのは魚露目の宿命。一方、久しぶりに使用したNikon対角魚眼とX1.4テレコンの組合せは相変わらずシャープな画像を叩き出してくれて感心しました。このところフォーサーズで広角画像を撮ることが多かったので、APS-Cの画面比率、2:3が16:9のように細長く見えてしまいますね。

 しかし、このような撮り比べが出来るのも、ウラギンがジッとしてくれているお蔭です。通行人がひっきりなしに通る小道ですが、人通りが多いため野鳥も接近し難く、ウラギンにとっては、却って良好な越冬場所かもしれません。この先、春まで様子を覗うことにします。
by fanseab | 2018-01-08 21:01 | | Comments(6)

謹賀新年

 皆様新年明けましておめでとうございます。関東地方は昨年に引き続き、穏やかな元旦を迎えたようです。本年も拙ブログのご愛顧の程、よろしく申し上げます。コメントも沢山頂けると幸いです。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_9144879.jpg
D500-34VR、ISO=2000、F8-1/1250、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2017年9月7日、9時35分、撮影地:台湾台東縣蘭嶼島

 さて、昨年末は2017年度の「振り返り記事」をアップしませんでした。これも含め、最近拙ブログの更新頻度が低下してきたことを自覚・反省しております。因みにここ5年間の記事数を確認してみました。

2013年: 103
2014年:  88
2015年:  75
2016年:  66
2017年:  61

 何と、ものの見事に右肩下がり(^^;; このままでは絶滅危惧ブログになりかねませんので、今年は少し頑張ってみたいと思います。昨年は、4月と9月に二回、台湾蘭嶼島へ遠征してきました。目的はアップした画像、コウトウキシタアゲハ(Troides magellanus)♂後翅の幻光色撮影。何とか撮影に成功した証をご紹介しました。但し、♂の翅は痛みやすく、この個体の前翅も結構スレが目立ちます。♂同士のバトルは想像以上に激しく、翅はあっという間に傷が付いていくのです。そんな事情で、本当の完品個体を撮影するのは難題でした。
 まぁ、しかし、高所を飛び回る本種の飛翔は雄大で、ウットリします。本種のように今年も力強く羽ばたきたいと思っております。

改めまして、本年もよろしくお願いします<(_ _)>
by fanseab | 2018-01-01 09:16 | | Comments(24)