探蝶逍遥記

カテゴリ:蝶( 936 )

アオバセセリの幼虫探索(7月中旬)

 海の日を含む三連休は渋滞を避けて、近場でお散歩観察。やって来たのは拙宅から車で30分ほどのアオバセセリポイント。ここは毎年ゴールデンウイーク頃、セセリよりカメラマンの個体数が遥かに上回るので、敬遠して滅多に足を運びません。今年は何と4月上旬に第1化が発生していて、管理人が訪れた4月下旬は既に発生末期でした。と言うことは・・・・、果たしてこのポイントでは第2化は何時発生するのだろう~と疑問に思ったのです。そのヒントを掴むため、食樹のアワブキで幼虫探索をしてみることにしました。幸い、35℃越えの猛暑にも拘らず、谷あいにあるアワブキは木蔭で助かりました。到着して5分ほどで怪しげな巣を発見しました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_10304235.jpg
EM12-Z60, ISO=200、F4.5-1/160、外部ストロボ、撮影時刻:10時59分

 矢印#1がその巣。アワブキの葉の先端に形成されています。実は事前にブログ仲間のclossianaさんの記事(クリックでジャンプ)を参考に巣形状の特徴を把握していたので、発見が容易でした。
 因みに矢印#2は過去に若齢幼虫が残した食痕と巣の残骸と思われます。また矢印#3はアワブキの実です。秋口に見られる熟果は赤色ですが、現状は緑色。巣のある葉は地上高さ2.3m。幼虫探索のため持参した脚立に乗って、何とか葉を手繰り寄せることができます。その巣の全景です。
f0090680_10315279.jpg
TG4@5.5mm, ISO=100、F2.3-1/125、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:10時47分

 全長は25mm。葉脈に沿って切り込みを入れ、主脈を中心に折り曲げた袋状です。ミドリシジミの終齢幼虫巣を、親しみを込めて『餃子』と呼んだりしますが、この巣はさしずめ『小銭入れ』でしょうか。面白いのはパンチで空けたような丸穴が開いていること。『小銭入れ』のチャック側?から覗いてみると、こんな感じ。
f0090680_103231100.jpg
EM12-Z60, ISO=200、F5.6-1/80、外部ストロボ、撮影時刻:11時24分

 こちら側にも小穴が開いています。一説には換気口らしいのですが、この小穴もアオバセセリ幼虫巣の特徴です。巣を開けて、幼虫を確認。
f0090680_10324774.jpg
TG4@14.4mm, ISO=125、F4.4-1/80、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:10時47分

 体長は11mm。頭殻は橙色のテントウムシ状。胴体に太さの異なる黒いリングが巻かれたような独特の模様です。実は管理人、幼虫の実物を見るのはこれが初めて。ちょっと興奮しました。頭殻がテントウムシ状になるのは、3齢以降とされていますので、恐らく3齢の初期状態と思われます。巣を開けると、すぐに幼虫は巣の修復作業に入りました。先ずは、頭部付近(葉柄側:巣の入口)の作業を開始。
f0090680_10331595.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=200、F5.6-1/80、外部ストロボ、撮影時刻:11時26分

 続いて、やや後方部分の糸掛けをスタート。
f0090680_10333015.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=200、F5.6-1/80、外部ストロボ、撮影時刻:11時27分

 その後、後方部分の修復作業に入りました。
f0090680_10334127.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=200、F5.6-1/80、外部ストロボ、撮影時刻:11時28分

 葉の表面部分に複数の糸の基点を設け、それらの糸を束ねて糸強度を増す工夫をしている様子が伺えます。管理人が巣を無理やり開けてから、5分も経過しない内に幼虫は、巣を元通りの姿に戻しました。幼虫の凄ワザですね!

 今回脚立が届く範囲内で観察出来た巣は、ご紹介した一つだけ。他にもあるか、上空を見上げて探索。このアワブキの樹高は10m弱。ようやく、一つ類似した巣を発見。
f0090680_10341035.jpg
D500-34VR(トリミング), ISO=800、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:11時17分

 中央右がその巣。ところがここで思わぬ事実が判明!撮影時には気が付きませんでしたが、何と、アオバセセリの卵と思しき白色円形物体(矢印)が写っておりました。今回探索の目的は当地での第2化発生時期を推定すること。3齢幼虫を発見したことで、考えたのは下記の仮説。今季第1化の発生ピークは4月中旬頃。そうだとすると、野外での幼生期を60日前後と仮定して第2化発生ピークは6月中旬頃。そうであれば2化から生まれた世代が7月中旬に3齢幼虫であることは妥当だなと・・・。ところが仮に7月中旬頃まで卵を産む母蝶が存在すると、第2化世代もそれなりにダラダラ発生していることになります。できれば、今回観察した3齢幼虫の継続観察をすると共に、やはり、第2化世代を直接観察してみたいものです。
by fanseab | 2018-07-17 21:56 | | Comments(4)

チャバネセセリの交尾(7月上旬)

 コチャバネセセリを撮影した日、更に嬉しい出会いがありました。クズの葉上に異様な物体が・・・。何と、チャバネセセリの交尾ペアでした!

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_1616792.jpg
EM12-Z12, ISO=200、F5-1/160、外部ストロボ、撮影時刻:11時29分

 チャバネは関東近辺だと、秋口に個体数がそれなりに増えるものの、第1,2化の個体数は少なく、多摩川縁でも珍品です。それが何と第2化の交尾ペアに会えるなんて、思いがけない僥倖でした。恐らくチャバネ交尾ペア撮影はこれが初体験かも。翅形、翅と複眼のバランスから考えて、小さ目の右個体が♀でしょうか?
 傘を差しての撮影も一苦労ですが、こんな被写体に出会えるなら、毎日傘を差して出かけてしまうかも。。。「早起きは三文の得」否、「雨降り散歩は十文の得」とでも言っておきましょう。
by fanseab | 2018-07-13 22:03 | | Comments(0)

コチャバネセセリ第2化(7月上旬)

 オオチャバネセセリの姿を求めて近くの里山公園へ。この日は生憎の雨。久しぶりビニール傘を差しての探索です。雨宿りしている個体を探すも坊主。代わりに見つけたのは、雨宿りしているテングチョウ。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_2175538.jpg
EM12-Z60, ISO=200、F4.5-1/160、外部ストロボ、撮影時刻:10時24分

 佇み方が巧みに気配を消していて、あやうく見逃す所でした。雨滴まで写し込もうと思ったのですが、諦めました。アズマネザサの葉がビッショリ濡れてセセリ幼虫の巣を探すことも断念。その後、クロヒカゲ♂を発見。
f0090680_2181450.jpg
EM12-Z60, ISO=200、F4-1/60、外部ストロボ、撮影時刻:10時33分

 撮影時には新鮮な2化個体だと喜んでいたのですが、右後翅が結構大破していました。眼状紋周辺のブルーが綺麗に光っていたので、反対側に回り込んで写すべきでしたね。
 クズの葉上に黄褐色セセリを発見。新鮮なコチャバネセセリでした。
f0090680_2185917.jpg
EM12-Z60, ISO=200、F2.8-1/250、撮影時刻:11時06分

 想像以上にサイズがデカかったので、一瞬、ホソバ?かと思いました。前々回記事でコチャバネ終齢幼虫について述べました。前回訪問から丁度2週間、第2化発生がスタートしたようです。出会った個体はいずれも超新鮮な♂。クズ葉上で微かに開翅した個体を広角でも撮影。
f0090680_2192846.jpg
EM12-Z12, ISO=200、F4.5-1/200、外部ストロボ、撮影時刻:11時35分

 その後、全開シーンを堪能。
f0090680_219461.jpg
EM12-Z60, ISO=200、F4.5-1/125、外部ストロボ、撮影時刻:11時46分

 縁毛は前翅がベージュと黒褐色の破線模様、一方、後翅はベージュ一色。この縁毛の塗り分け方もお洒落です。縁毛フェチの管理人が胸キューンとなる場面です。やはりセセリは縁毛が命。新鮮な個体に巡り会えて感謝! そのうちアザミで吸蜜。
f0090680_21101973.jpg
EM12-Z60, ISO=200、F2.8-1/400、撮影時刻:11時47分

 雨模様なので、しっとりした仕上がりになりました。アザミとセセリのコラボでは、陽射しが強いとアザミの色が白トビし易くて苦労しますが、曇天ならその心配も要りません。続いでアキノタムラソウでも吸蜜。
f0090680_21104569.jpg
EM12-Z60, ISO=200、F2.8-1/320、撮影時刻:11時58分

 これが、この日のベストショット。欲を言えば、ストローがもう少し長く伸びて欲しかった場面。セセリはシソ科の紫系花が大好きです。カメラマンの写欲を高めるフォトジェニックな場面をセセリ達も心得ているような・・・ この日、コチャバネのすぐ横のアザミで大型セセリを発見。追い求めていたオオチャバネセセリでした。
f0090680_2111198.jpg
EM12-Z60, ISO=200、F2.8-1/400、撮影時刻:11時48分

 残念ながら相当汚損した個体。当地での第1化発生時期の予想は当たっていたことになります。但し、2化に比較して個体数が非常に少ないようです。
by fanseab | 2018-07-08 21:07 | | Comments(2)

アオスジアゲハの「放尿飛翔」(6月下旬)

 サッカー日本代表が見事16強入りを果たしました。最後の戦い方には賛否両論があるようですが、取敢えずサムライブルーの戦士にお疲れ様と言いたいです。次戦のスタートは何と午前3時!! 流石にライブで見るのは躊躇しますねぇ?

 さて、今回は同じ「ブルー」でもアオスジアゲハのお話。コチャバネセセリの幼虫探索をしたポイントは、蝶の発生の端境期だったのでしょう、極端に蝶の種類が少なくガッカリしました。そんな中、猫の額ほどの水田へ吸水にやって来たアオスジアゲハにカメラを向けました。吸水の合間の飛翔を撮るには、高速連射が必須。ほぼ思い通りの絵が撮れました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_16433491.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=800、F4-1/4000(機材条件は以下共通)、撮影時刻:12時27分
f0090680_16435053.jpg
撮影時刻:12時28分
f0090680_1644079.jpg
撮影時刻:12時28分

 飛翔高度が低いので、濡れた泥地にアオスジの陰が写り込み、日差しの強さを上手く表現できました。撮影済のコマをチェックしていたら、面白い画像があることに気が付きました。
f0090680_16441937.jpg
撮影時刻:12時24分

 飛びだしたアオスジの腹端から、細かい水滴が多数確認できます。PapilioGraphiumは吸水時に腹端から勢い良く水を放出する行動(ポンピング)を取ることが知られています。この場面では、偶々飛び出した瞬間と、「放尿」のタイミングが合致して、空中に放尿した画像が撮れたようです。このコマの2コマ前の画像(0.03秒前の画像)を確認すると、腹端から噴出された尿が水滴に変化していく様子が捉えられていました。
f0090680_16443664.jpg
撮影時刻:12時24分

 高速連射機能の威力は本当に凄いですね!
by fanseab | 2018-06-29 22:15 | | Comments(6)

コチャバネセセリ幼虫の巣(6月下旬)

オオチャバネセセリの第1化撮影目的で、横浜市内の里山へ出撃。しかし、それらしき個体を2回目撃するも撮影には至らずガッカリです。ここは林床にアザマネザサがビッシリと覆われていて、幼虫探索に方針変更。すぐに怪しげな巣を発見。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_21195921.jpg
EM12-Z60, ISO=200、F5-1/200、外部ストロボ、撮影時刻:10時25分

 巣の外観や食痕から、オオチャバネではなく、コチャバネセセリの巣、それも若齢幼虫のものと推測しました。ちょっと巣を開けてみると・・・。
f0090680_21201963.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=200、F5.6-1/125、外部ストロボ、撮影時刻:10時38分

 予想通りでした。恐らく2齢幼虫と思われます。更に探索すると、今度は更に特徴のある巣を発見。
f0090680_21205055.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=200、F6.3-1/50、外部ストロボ、撮影時刻:11時03分

 これは明らかに老熟幼虫の巣。こちらは葉の面積がやや広く、アズマネザサではないようです。ササ類の同定に詳しい方、ご教示頂ければ幸いです。比較的大き目の葉では、葉軸を中心に葉を折返し、略台形の巣を造ります。越冬世代だと、この巣の上部(葉軸)を切り離して地上に落下するとされています。中を開けてみると・・・。
f0090680_21211746.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=200、F4.5-1/60、外部ストロボ、撮影時刻:11時05分

 自分の体長より1cmほど長い巣を造っています。更に探索し、別の巣を発見。
f0090680_21213971.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=200、F5-1/250、外部ストロボ、撮影時刻:11時33分

 アザマネザサでは、2枚の葉を上下にきちんと貼り合わせた巣を造っています。葉の基部側、葉軸の両サイドを食い切る食痕を残します。これも開けてみました。
f0090680_21233661.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=200、F8-1/250、外部ストロボ、撮影時刻:11時36分

 ほぼ体長は25mm。終齢幼虫です。背線近傍に2個の卵巣が透けて見えるので、恐らく♀幼虫でしょう。
第5腹節背線近傍に2個の生殖巣が透けて見えています。鱗翅目では一般的に大き目の生殖巣は精巣なので、♂個体の可能性がありますが、正確には飼育してみないと分かりません(黄文字は6月27日追記修正箇所)。
この日は、以上ご紹介した3個含め合計6個体のコチャバネ幼虫巣を発見。コチャバネの第1化は、例年5月中旬前後ですから、ほぼ計算通り幼虫が育っていることになります。野外での蛹期を10日と見積もると、当地での第2化は7月10日前後から発生することになるのでしょう。今シーズンは、何とか第2化個体で産卵シーンを撮りたいと思っております。オオチャバネ探索にも再チャレンジしたいと思います。
by fanseab | 2018-06-25 21:24 | | Comments(2)

ヒカゲチョウの占有飛翔(6月上旬)

 多摩川縁の一角に、2つの球場に挟まれた歩道があります。道の両側がネザサで覆われ、昼間でも薄暗く、ヒカゲチョウの絶好の棲家になっています。昨年も、この時期、ヒカゲ♂達の占有飛翔行動の撮影にトライしました(クリックでジャンプ
今年はマイクロフォーサーズで広角飛翔にトライ。最初は、画面左をかすめた個体。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_1605815.jpg
EM12-Z12(トリミング), ISO=500、F8-1/250、外部ストロボ、撮影時刻:16時42分

 ほぼ真正面に来たところでシャッターを押したはずですが、シャッタータイムラグが0.2秒程あり、蝶が左端に来てしまいます。パスト連射機能が欲しい場面ですね。次はこの日のベストショット。
f0090680_1612178.jpg
EM12-Z12(トリミング), ISO=500、F8-1/200、外部ストロボ、撮影時刻:16時47分

 ほぼ置きピン位置。背景とのバランスも良く、お気に入りの画像になりました。次は画面右側へ移動する個体。
f0090680_1613831.jpg
EM12-Z12(トリミング), ISO=500、F8-1/200、外部ストロボ、撮影時刻:16時47分

 翅の開き角度はいい感じです。ヒカゲチョウ♂の占有飛翔は、3-4mの範囲を往復運動しており、その前後で、レンズにぶつかるように蝶が飛んで来ます。正面に来た個体が急激に上昇すると、次のような画像になります。
f0090680_162663.jpg
EM12-Z12(トリミング), ISO=500、F8-1/200、外部ストロボ、撮影時刻:16時50分

 完品個体ですね。さて、各♂個体の占有空間境界では、当然バトルが生じます。一瞬、卍飛行をしますが、1-2秒で、すぐに上昇するため、卍の場面を撮影するのは至難の業です。何とか2頭の追尾場面のみ写し取ることができました。
f0090680_1623591.jpg
EM12-Z12(トリミング), ISO=500、F8-1/250、外部ストロボ、撮影時刻:16時42分

 但し、完全な前ピン。もう一息接近してシャッターを押したかった場面です。ヒカゲチョウの飛翔は非常に不規則で、今回も本当に相手に翻弄される感覚でした。まぁ、しかし、まずまずの画像が得られたのでホッといたしました。
by fanseab | 2018-06-12 21:22 | | Comments(2)

ミドリシジミの卍飛翔(6月上旬)

 ♂の開翅画像を撮るチャンスがないので、夕方に川崎市内のポイントを訪れ、飛翔狙いです。しかし、広角飛翔を撮る高さまで卍が降りてきません(^^; 卍が地表近くまで降下するには、一定の条件があります。その条件について、ここでは触れませんが、とにかく、この日は期待外れでした。仕方なく、300mmで上空を見上げながら、空バックの卍を泣く泣く撮りました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_121172.jpg
D500-34VR(トリミング), ISO=720、F10-1/3200、外部ストロボ、撮影時刻:17時33分
 
 予測通り、裏しか写せません。それでも何とか粘って、1頭のみ緑色に輝く表翅を写し込めました。
f0090680_1211524.jpg
D500-34VR(トリミング), ISO=1600、F8-1/4000、外部ストロボ、撮影時刻:17時40分

 空バックでは味気ないので、ハンノキ背景に卍を撮ろうとトライするものの、これまた難しい!かろうじてハンノキとコラボさせた画像がこちら。
f0090680_1213738.jpg
D500-34VR(トリミング), ISO=2800、F8-1/4000、外部ストロボ、撮影時刻:17時51分

 ハンノキの手前側にミドリシジミを配したいのですが、夕暮れ時で合焦し難く、チャンスを逃してしまいます。一方、樹冠付近では高速で♂が飛び回っています。今度は単独でその♂を捕捉しようとトライ。
f0090680_1215491.jpg
D500-34VR(トリミング), ISO=1250、F8-1/4000、外部ストロボ、撮影時刻:17時51分

 残念ながら、閉翅状態(^^; この日、一番のお気に入りは、次の画像。
f0090680_122656.jpg
D500-34VR(トリミング), ISO=450、F8-1/4000、外部ストロボ、撮影時刻:17時48分

 3頭が絡んだ瞬間です。右下には別の♂も写っていて、賑やかな画像になりました。
 ダラダラと飛翔を撮影中、ムチャデカいミドリの卍がスタート。何だありゃ!~と良く見れば、サトキマダラヒカゲの卍飛翔でした(^^)
f0090680_1222177.jpg
D500-34VR(トリミング), ISO=1000、F8-1/4000、外部ストロボ、撮影時刻:17時49分

 とにかく、この日はストレスが溜まり、寝付きが良くありませんでした。あ~悔しい!!
by fanseab | 2018-06-08 22:35 | | Comments(4)

アゲハの産卵(5月下旬):カラスザンショウ編

 5月15日付記事で、拙宅庭で撮影したサンショウへの産卵場面シーンをご紹介しました。ここには植え込みのサンショウ以外に、他のPapilio属飼育目的で、カラスザンショウの鉢植えも3個置いてあります。このカラスザンショウにもアゲハが産卵し、終齢幼虫まで観察した経験があります。今回初めてカラスザンショウへの産卵シーン撮影にも成功しました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_21174245.jpg
D500-34VR, ISO=4500、F8-1/1000、撮影時刻:10時34分
f0090680_21175378.jpg
D500-34VR, ISO=5000、F8-1/1000、撮影時刻:10時34分

 2枚目は尾状突起が葉被りになったのが残念。この時、合計で6卵産んでくれました。この状態では、孵化後、葉数が不足するのは明らかです。いずれ幼虫達を別の株へ移植せねばなりませんね。
by fanseab | 2018-06-05 21:13 | | Comments(2)

アサギマダラの吸汁行動(5月下旬)

 平地性ゼフを撮影した日、植栽として植えられているフジバカマにアサギマダラの姿がありました。このポイントで本種を見るのを恐らく初めて。フワフワ飛んでいるのは、♂でした。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_17513546.jpg
EM12-Z60, ISO=800、F4.5-1/4000、撮影時刻:7時18分
f0090680_17515018.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=800、F4.5-1/4000、撮影時刻:7時20分

 飛翔してはフジバカマに止まり、葉上から吸水しているような行動を取りました。
f0090680_17521068.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=800、F8-1/640、撮影時刻:7時15分

 撮影日の早朝、結構強く雨が降った影響で、葉上には多量の水滴が残っていました。そこから吸水していたのでしょう。さらにドクダミの花弁にもストローを伸ばしました。
f0090680_17522674.jpg
EM12-Z60, ISO=800、F8-1/400、撮影時刻:7時17分
 
 ストローの位置から考えて、ドクダミからの吸蜜ではなく、単なる吸水行動のようです。

 よく知られているように、アサギマダラ成虫はフジバカマ類の吸蜜を好みます。フジバカマには本種の性フェロモン合成に欠かせない、ピロリジジンアルカロイド類(PA)を含有しているためとされています(※)。この習性を利用し、渡りの途中に本種を吸引させるため、意図的にフジバカマの大規模植栽を実施している公園もある位です。今回の「吸水」行動も単純な水分補給以外に、フジバカマや周辺植物の葉や花弁上に拡散した微量のPAを吸収していた可能性も否定できませんね。

※本田計一/加藤義臣編(2005)チョウの生物学,東京大学出版会,245-248.
by fanseab | 2018-06-02 22:53 | | Comments(0)

平地性ゼフ色々(5月下旬)

 今年は蝶の発生が全て前倒しです。ミドリシジミも発生している筈なので、川崎市内のポイントを来訪。予想通り、綺麗な♂に出会えました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_14424234.jpg
D500-34VR, ISO=500、F8-1/1000、-0.7EV、撮影時刻:7時32分

 この直後、開翅。
f0090680_1443360.jpg
D500-34VR(トリミング), ISO=500、F8-1/1000、-0.7EV、撮影時刻:7時33分

 残念ながら後ろ向きで全く光りません(^^; この直後、樹冠に消えました。気温が高めで、思い通りにいきません。2日後、再チャレンジで出向くも、下草に降りている個体は皆無。仕方なくハンノキ上で開翅した♂を撮影。
f0090680_14432416.jpg
D500-34VR(トリミング), ISO=500、F8-1/640、-0.3EV、撮影時刻:7時09分

 これまた遠すぎるので思いっきりトリミングしてこの有様(^^; 親が駄目なら、幼虫でも・・・と思い、幼虫巣を探索。俗に「ハンノキ餃子」と親しまれている巣をいくつか発見。
f0090680_14434633.jpg
EM12-Z60(自動深度合成+トリミング), ISO=400、F5-1/200、撮影時刻:7時49分

 皮を空けて、餃子の餡、つまり終齢幼虫を確認するも、既に蛻の殻でした。例年なら終齢幼虫発見も可能なのでしょうが、やはり時期遅れですね。
 ハンノキ林の周辺では、例年よりアカシジミ・ウラナミアカシジミの個体数が多く感じられました。ネザサの生える斜面を歩いていると、パタパタともがく、ウラナミアカの羽化直個体を発見。
f0090680_14441947.jpg
EM12-Z60(自動深度合成+トリミング), ISO=400、F3.2-1/125、撮影時刻:6時47分

 但し、ゴソゴソもがいている際に、結構擦れてしまった様子。ハンノキ林を背景にした広角画像も撮影。
f0090680_14443471.jpg
EM12-Z12, ISO=400、F7.1-1/160、外部ストロボ、撮影時刻:8時27分

 朝方の雰囲気は上手く表現できたと思っております。ウラナミアカの個体数が多いので飛び出し撮影にもトライ。
f0090680_1444575.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=800、F4.5-1/4000、撮影時刻:8時03分
f0090680_14451311.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=800、F4.5-1/4000、撮影時刻:8時03分

 この子はほぼ完品。明確に♀と判定できる画像になりました。特に2枚目は展翅品同様な開翅状態で撮れました。一昔前なら、「合成画像じゃないの?」と疑問を持たれそうですが、高速連射技術の進歩で、こんな絵が簡単に撮れるようになりました。残念なのは、右前翅端付近がイタドリの葉の陰で潰れてしまった点。別途、正面に向かってくる場面も撮影。
f0090680_1445459.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=500、F5-1/4000、撮影時刻:9時10分

 単射飛翔撮影では、絶対撮り切れない瞬間です。複眼の視線が進行方向(右側)に向いていることがよく理解できます。
 ウラナミアカに比較して、アカシジミは殆どがスレ個体で、レンズを向けるのを躊躇しがち。それでも飛び立ちの瞬間撮影にもチャレンジ。
f0090680_1446427.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=800、F4.5-1/4000、撮影時刻:7時58分

 この個体も、後翅肛角付近に大きな亀裂があります。ミドリシジミ開翅は再チャレンジを予定するものの、気温が全般に高目に推移していて、苦労しそうです。
by fanseab | 2018-05-29 21:12 | | Comments(4)