探蝶逍遥記

2018年 06月 08日 ( 1 )

ミドリシジミの卍飛翔(6月上旬)

 ♂の開翅画像を撮るチャンスがないので、夕方に川崎市内のポイントを訪れ、飛翔狙いです。しかし、広角飛翔を撮る高さまで卍が降りてきません(^^; 卍が地表近くまで降下するには、一定の条件があります。その条件について、ここでは触れませんが、とにかく、この日は期待外れでした。仕方なく、300mmで上空を見上げながら、空バックの卍を泣く泣く撮りました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_121172.jpg
D500-34VR(トリミング), ISO=720、F10-1/3200、外部ストロボ、撮影時刻:17時33分
 
 予測通り、裏しか写せません。それでも何とか粘って、1頭のみ緑色に輝く表翅を写し込めました。
f0090680_1211524.jpg
D500-34VR(トリミング), ISO=1600、F8-1/4000、外部ストロボ、撮影時刻:17時40分

 空バックでは味気ないので、ハンノキ背景に卍を撮ろうとトライするものの、これまた難しい!かろうじてハンノキとコラボさせた画像がこちら。
f0090680_1213738.jpg
D500-34VR(トリミング), ISO=2800、F8-1/4000、外部ストロボ、撮影時刻:17時51分

 ハンノキの手前側にミドリシジミを配したいのですが、夕暮れ時で合焦し難く、チャンスを逃してしまいます。一方、樹冠付近では高速で♂が飛び回っています。今度は単独でその♂を捕捉しようとトライ。
f0090680_1215491.jpg
D500-34VR(トリミング), ISO=1250、F8-1/4000、外部ストロボ、撮影時刻:17時51分

 残念ながら、閉翅状態(^^; この日、一番のお気に入りは、次の画像。
f0090680_122656.jpg
D500-34VR(トリミング), ISO=450、F8-1/4000、外部ストロボ、撮影時刻:17時48分

 3頭が絡んだ瞬間です。右下には別の♂も写っていて、賑やかな画像になりました。
 ダラダラと飛翔を撮影中、ムチャデカいミドリの卍がスタート。何だありゃ!~と良く見れば、サトキマダラヒカゲの卍飛翔でした(^^)
f0090680_1222177.jpg
D500-34VR(トリミング), ISO=1000、F8-1/4000、外部ストロボ、撮影時刻:17時49分

 とにかく、この日はストレスが溜まり、寝付きが良くありませんでした。あ~悔しい!!
by fanseab | 2018-06-08 22:35 | | Comments(4)