探蝶逍遥記

2018年 03月 16日 ( 1 )

キタテハの飛び立ち:広角編(3月中旬)

 前回に引き続き、プロキャプチャーモードでの練習。今回は12mm広角で。多摩川縁は少し風が強いためか、体感温度が低く、暫くキタテハの姿もありません。風が少し弱くなった11時15分過ぎ、ようやく占有行動を取る♂の姿が目に入ってきました。広角だと接近戦になるので、マクロに比べて慎重なアクセスが必要です。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_10184955.jpg

f0090680_1019377.jpg
データは両者共通:EM12-Z12, ISO=640、F5-1/8000、撮影時刻:11時30分

 作画として、2枚目の翅打ち下ろしシーンが青空背景に来ればベストだったのですが、なかなか思い通りにはなりません。次は翅打ち下ろしのタイミングが青空背景にほぼ嵌ったシーン。
f0090680_10193888.jpg
EM12-Z12, ISO=640、F5-1/6400、撮影時刻:11時31分

 今度は、背景に看板と支持棒が被り、どうにも邪魔です(^^; 最後は、一旦飛び立った個体が思いがけず舞い戻る途中の場面。
f0090680_10195437.jpg
EM12-Z12(トリミング), ISO=640、F5.6-1/6400、撮影時刻:11時27分

 やはり、カメラに向かって来るシーンは、迫力が出ます。広角での置きピン設定と自分の距離感覚を一致させるには良い練習になりました。
 この日、キタテハを探していると、初見のモンシロチョウ♂が飛んできました。射程距離にやって来ない
ので、証拠画像を残すことには失敗。モンキチョウは未だ見ておりませんが、もうそろそろでしょう。

by fanseab | 2018-03-16 21:52 | | Comments(0)