探蝶逍遥記

2018年 02月 01日 ( 1 )

中国四川省成都近郊遠征記:その2

 翌朝、7月11日の6:00起床。ホテル前の道路状況。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_21305423.jpg
TG4@11mm, ISO=200、F3.6-1/80、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、6時31分

 この時間帯は未だ道路はガラ空きですが、少し経つと大渋滞になります。中央に写っている、バイク改造3輪車がよく目立ちます。しかし、右側通行なのに、この3輪車、何食わぬ顔をして左側通行です(^^) 画面矢印にあったコンビニ(セブンイレブン)で朝食を調達。ホテルで食事。
f0090680_2131492.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F2-1/80、-2.0EV、内蔵ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、6時41分

 左下から時計回りに、中華粽、カフェラッテ、ヨーグルト、肉饅。粽を開けて見ると・・・。
f0090680_2132634.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F2-1/30、内蔵ストロボ、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、6時43分

 具はトウモロコシでした。管理人は中華粽が大好物。中国産故、具材の餅米やトウモロコシは農薬塗れの代物かもしれません。しかし、そんな雑念を除けば、ムチャ旨い粽でした。日本のコンビニでも売ってくれないかなぁ~!
 朝食後、都江堰行高速バスに乗るため、タクシーで茶店子客运站(バスターミナル)へ直行。クロオオムラサキポイントのある都江堰へは、主として①新幹線ルート、②高速バスルートの2通りがあります。事前のネット調査で、①はチケットが取り難いとの情報があり、今回は②を選択。タクシー内の光景。
f0090680_21324337.jpg
TG4@4.5mm, ISO=200、F8-1/25、-1.0EV、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、7時38分

 ルームミラーからぶら下がっているお守り?の赤い房は、いかにも中国人ドライバーが好きそうなアイテムですね。成都市内中心部を3重に囲む環状高速道路は極めて快適ですが、一旦一般道に降りると、地獄のような大渋滞。バス専用レーンも一般車でギッチリ埋まって押し合いへし合いの状態。ここで運転するのは本当に命がけだと実感いたしました。茶店子ターミナルまで25分、44元でした。ターミナルの外観。
f0090680_21332989.jpg
TG4@4.5mm, ISO=200、F8-1/400、-1.0EV、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、8時01分

 週末土曜日とあって、内部は大混雑。チケット売り場の様子です。
f0090680_21334712.jpg
TG4@4.5mm, ISO=400、F2-1/125、-1.0EV、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、8時04分

 行先毎に分かれた発券ブース前に並びます。驚いたのは、中国人が整然と列を作り、割り込む人が全くいないこと。ここに来る前はどうやって中国人との「割り込み競争」に勝つか?頭を巡らしておりましたが、杞憂に終わりました。中国人の友人に聞くと、ここ20年位でこうしたマナーが次第に改善されたとのこと。お蔭様でスムーズにバス券を購入できました。価格は17元。
f0090680_21341318.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F2-1/6、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、8時19分

 ここでちょっと失敗をしました。切符に記入されている発車時間=19:30を早とちりして、
文字通り午後7時30分出発便と勘違いしてしまったのです。冷静に見ると、「19時30分以前は有効」と記されていて時間無指定の切符なのでした。勘違いの原因はもう一つ。切符に「车次(便名)1235」と明示されています。つまり、「1235便は19:30出発」と読めたからです。とにかくこの時は慌てていたので、19時半まで待てないと思い、別ルートの青城山駅行バスを再購入したのでした。8:39発車のバスに出発間際に飛び込んでヤレヤレ。バスは直ぐに成都市内→都江堰を直結する高速道路「成灌高速」に入ります。成都料金所のゲートです。
f0090680_2135076.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F2-1/6、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、8時19分

 バスは青城山高鉄站(中国版新幹線駅)へ9:40に到着。乗車したバスの全景。
f0090680_21352195.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F2-1/200、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、9時42分

 左後方に見えるのが新幹線駅です。ここから再度バスに乗り継いで都江堰へ向かいます。バスプラットフォーム(站台)には行先が二か国語で表示されています 都江堰/青城山両地区は2000年に世界遺産に登録された関係で、国外旅客向けに配慮した掲示板もかなり整備されているのです。
f0090680_2149694.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F2-1/200、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、9時46分

 管理人は101系統バスに乗る為、左側の站台Bで待ちます。都江堰バスターミナル(离堆公园站)に10:30着。ここからホテルが並ぶ一角には更に市バスに乗り換える必要があります。その行先経路表示板です。
f0090680_21405242.jpg
TG4@4.5mm, ISO=100、F8-1/500、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、10時31分

 表示板の下から3番目、17路(路:バス路線)に乗ります。蒲阳路口车站で下車。10:59ホテルに着。
f0090680_2136911.jpg
TG4@6.9mm, ISO=100、F2.7-1/122、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年7月11日、10時56分

 この一角は古い町並みを再現した一角にあり、ホテルの外装も周囲とマッチングした造りになっております。
<次回へ続く>
by fanseab | 2018-02-01 21:42 | 旅行記 | Comments(0)