探蝶逍遥記

多摩川お散歩撮影(10月上旬)

 10月に入ってようやく秋らしくなったものの、「これぞ秋晴れ!」と言える快晴の日は皆無の様相。今年の天気は本当に意地悪ですね。
 多摩川の河川敷にあったキバナコスモスの群落が数年前に草刈りでバッサリと刈られてから、秋口の撮影の楽しみが減ってしまいました。僅かに残るキバナコスモスで待機してツマグロヒョウモン♂を撮影。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_111730100.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=500,F4-1/4000,撮影時刻:11時01分

 やはりタテハはカメラに前進してくる場面がカッコエエですね。この日、お目当てのヒメアカタテハとコスモスのコラボは撮影できず。今年はヒメアカの個体数が少ないように思います。次は黄色いセンダングサの群落に移動してイチモンジセセリの撮影。標本画像のように、前後翅共に綺麗に全開した場面の撮影がこの日の目的。ホバリング気味にセンダングサを舞う♂個体に狙いを定めパチリ。
f0090680_11175736.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=1000,F4.5-1/4000,撮影時刻:11時35分
f0090680_1118835.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=1000,F4.5-1/4000,撮影時刻:11時35分
f0090680_11181894.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=1000,F4.5-1/4000,撮影時刻:11時36分

 3枚の中では、3枚目がベストショット。ホバリング中にも拘らず、イチモンジセセリの翅旋回速度は相当速く、1/4000sec.でも止め切れておりません。このような状況では、『前翅先端が少しブレて却って動感が得られた・・・』と言い訳するのも手ですね(^^) 真面目な話、ビタッと翅を写し止めるには1/6400sec.が必要なのでしょう。
 帰りしな、土手近くでヤマトシジミ♂を発見。ムチャ綺麗な♂個体なので、思わず撮影。
f0090680_11183834.jpg
EM12-Z60(自動深度合成+トリミング),ISO=200,F3.5-1/500,撮影時刻:12時28分

 淡紫色のヨメナとのコラボが抜群の美しさ。♂は晩秋に入ると、この個体のように前翅前縁に銀白色の鱗粉が載って、えらく高貴な感じに変身します。ヤマト♂の美しさを再発見したのでした。ブログ仲間のブログ名ではないですが、将に「たかがヤマト、されどヤマト」ですね。真夏のヤマトを真剣に追いかける気はありませんけど、早春・晩秋にはやはり貴重な被写体です。
by fanseab | 2018-10-15 21:56 | | Comments(2)
Commented by otto-N at 2018-10-16 13:31
これからヤマトのオスはますます白くなり、靑メスとともに楽しみです。夏には私も追いかける気がしませんが、先日、灰色っぽい高温期型ではなく、シルビアのようなブルーの個体に遭遇しました。光の加減かもしれませんが、「されど夏型」。高温期型もあなどれません。このところ、「たかがウラナミ」ということで、メスの構造色を捉えようと奮闘しております。
Commented by fanseab at 2018-10-16 23:15 x
otto-Nさん、お呼びだてしたようで、すみません。
今回の個体はまぁ、白くなる走りでしょうかね。夏型は確かに細かく注意して
見ていないので、思わぬ発見があるのかもしれません。来年の宿題に取って
おきしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード