探蝶逍遥記

彼岸花とアゲハ(9月下旬)

 この時期は恒例の彼岸花詣で。昨年とほぼ同じ時期にモンキ♂狙いで神奈川県東南部へ出撃。現地8時到着。しかし、ちょっと様子が変です。彼岸花の咲き方はいつも通り、ほぼ盛りの状態。でもアゲハの姿は本当に少ない!昨年は常時3頭、多い時は5頭ほどのモンキ、カラスが群れていたのとは大違いです。どうやらモンキは明らかに時期遅れだった様子。カラスは昨年同様ですが、やはり擦れ品ばかりです。先ずはカラスの♂。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_16161166.jpg
D500-34VR,ISO=1000,F8-1/1250、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時22分

 なるべく翅の汚損が目立たぬようなアングルでまとめてみました。飛翔中の姿も追跡。
f0090680_16162625.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=500,F5-1/4000、撮影時刻:10時28分

 探♀行動の一環で、花の周辺をパトロールしている様子。吸蜜は殆どしておりません。
 次はアゲハ♀。この子だけはほぼ完品の個体に恵まれました。
f0090680_16163980.jpg
D500-34VR,ISO=800,F6.3-1/1600、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時22分

 次は飛翔。
f0090680_16165022.jpg
EM12-Z60,ISO=500,F6.3-1/4000、撮影時刻:10時24分

 実はこのポイントを訪れる1週間程前に、ブログ仲間のTさんと雑談した際、「どうも今年は黒系アゲハの出方がおかしい・・・」との情報を得ていました。少し悪い予感を持ちながら現地に赴いたのでしたが、予想が悪い方に当たってしまってガッカリです。新鮮なモンキ♂狙いなら9月上旬頃、遅くとも中旬頃までに訪問すべきでした。今シーズンは、春先から種によらず蝶の出現時期が10~14日程前倒しで推移してきました。黒系アゲハの最終化出現時期も例外ではなかったようです。
by fanseab | 2018-09-30 16:17 | | Comments(2)
Commented by Sippo5655 at 2018-09-30 21:24
毎年、彼岸花が満開の頃って
黒系アゲハたちは擦れてきちゃっていますよね。
まあ、これは人間側の要望なのですが^^;
私も先日彼岸花周り出かけてきたのですが、
モンキアゲハは、1頭が一瞬来ただけでした。
数年前の画像を見直してみると10月初旬に
ピカピカのモンキアゲハ+彼岸花を撮影しているのですが、、、
今年はとてもとても。
これもまた温暖化現象と言って良いのでしょうか・・・><
Commented by fanseab at 2018-10-01 21:49 x
Sippo5655さん、双方の時期がピッタリ合う場合もあります。
昨年9月が、少なくともモンキについてはピッタリだったのです。
今年も上手くゆく・・・・狙いが外れました。
温暖化現象ではなくて、気象変動の振れ幅は大きくて発生時期が
狂ってしまった感じです。来年はもう少しこちらの経験が役に立つ
ような時期に飛んで欲しいものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード