探蝶逍遥記

オオミスジの飼育メモ:3齢まで

 現在ミスジチョウと並行して、オオミスジのフルステージ飼育を試みています。8月上旬の長野遠征で栽培用モモの葉から採卵しました(クリックでジャンプ)お持ち帰りした卵は、8月7日に孵化。初齢幼虫です。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_1059219.jpg
EM12-Z60(上段のみ自動深度合成+トリミング),ISO=上段64/下段200,F5.6-1/50、外部ストロボ,撮影月日:8月8日

 体長は3mm。他の国産Neptis属初齢幼虫とさほど形態的な有意差はありません。初齢の食痕も示しておきます。
f0090680_10592634.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=200,F5.6-1/50、外部ストロボ,撮影月日:8月8日

 矢印先に卵殻が見えています。孵化直後に卵殻を食べ尽くさないタイプのようです。11日に眠。翌12日に2齢へ。
f0090680_10594367.jpg
EM12-Z60(自動深度合成+トリミング),ISO=64,F5.6-上段1/50下段1/30、外部ストロボ,撮影月日:8月16日

 体長5mm。背面の棘皮が目立つようになりました。なお、棘皮先端の一部に小さな水滴が付いています。これは室内飼育環境で暑熱を避けるため、飼育ケース上に置いた保冷剤が原因で結露したもの。本来は、水滴が消えてから撮影するべきでした。2齢時の食痕も示します。
f0090680_110612.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=200,F5.6-1/50、外部ストロボ,撮影月日:8月15日

 矢印はボケて写っている2齢幼虫。モモの葉の中脈は残しますが、その他の葉脈には関係なく食い切っています。結構ランダムな食い跡と言えましょう。8月16日に眠、翌17日に3齢へ。
f0090680_1102476.jpg
EM12-Z60(自動深度合成+トリミング),ISO=200,F5.6-1/30、外部ストロボ,撮影月日:8月18日

 体長6.5mm。背面の黒化が拡がり、背線が顕著になりました。成長した背面棘皮形状は、他のNeptis属3齢幼虫に比較して、棘皮先端が細く尖らず、ゴジラの背面突起を連想させます。
8月20日になって、それまで食べていたモモの葉を放棄したため、代替餌としてウメの葉を入れました。フルステージ飼育における最大の難関は、食餌を変えることで幼虫が摂食拒否・餓死すること。今回はすんなりとウメの葉を食い始め、一安心。それまで葉上が静止位置でしたが、ウメ茎の分岐部に体を巻きつけるように台座を作りました。
f0090680_1112911.jpg
EM12-Z60(自動深度合成+トリミング),ISO=200,F5.6-1/30、外部ストロボ,撮影月日:8月22日

 9月3日頃より、ウメの葉を全く食べなくなりました。最初は眠に入り4齢に移行するのかと思いきや、そうでもありません。さては摂食障害を起こしたのかと、心配になりました。結局現在に至るまで分岐部に体を巻き付けた状態で推移しています。9月4日の状態を示します。
f0090680_1115688.jpg
EM12-Z60(自動深度合成+トリミング),ISO=200,F5.6-1/30、外部ストロボ,撮影月日:9月4日

 脱皮した訳でもないのに、白色部分が濃くなり、全体に褐色・黒・白色のメリハリある姿に移行してきました。台座となる茎上のみならず、枯れ始めた葉の基部にも半端ない吐糸がしてあります。どうやら越冬態勢に移行したようです。まだ冬の到来まで随分と時間があるのですけど、オオミスジ幼虫の体内で「越冬準備態勢に入れ!」の信号が発せられたのでしょう。以前飼育したフタスジチョウでは、同じ年1化なのに夏場もどんどん成長を続け、結局9月に成虫が羽化したのとは対照的な結果になりました。フタスジチョウはホシミスジと近縁種で、多化性(少なくとも近畿地方の平地では年3-4化)のホシミスジ同様、本来多化性の遺伝子を受けついでいるのでしょう。それが日本の生息環境(高標高地)に対応し、年1化発生となったと推察されます。平地のような温暖環境飼育下で、多化性が復活するのも興味深いですね。その点、オオミスジは飼育(生息)環境に拘らず、年1化を厳密に保持する感覚です。ミスジチョウも同じですね。
 現在3齢幼虫は、プラケース内で屋外放置しています。今後、晩秋頃にミスジチョウと共に網掛け屋外放置に切替え、越冬させたいと思っています。さて、無事越冬できますやら・・・。
by fanseab | 2018-09-21 21:56 | | Comments(4)
Commented by Sippo5655 at 2018-09-22 22:04
まだ9月なのに、越冬体勢命令とは、、
夜間に急激に気温が低下することでもあって
そのような指令が出たのでしょうか。
植物の二度咲きや、春の花が晩秋にまた咲いたりする現象が
ここ数年目立ってきていますが
やはり、温度を察知しているのではないかと思っています。
猫でいうなら三毛猫のようなオオミスジ幼虫さん!
無事羽化できると良いですね!
Commented by fanseab at 2018-09-23 21:10 x
Sippo5655さん、今回のオオミスジ幼虫の行動には驚かされました。
飼育をしてみると、図鑑には記載されていない色々な事実がわかって
、面白いものです。卵からの飼育なので、基本寄生はないと思っていますが、
やはり幼虫の状態で越冬させるのが、飼育では一番難しいので、どうなるか?
楽しみと不安で一杯です。
Commented by clossiana at 2018-09-24 09:14

人間の感覚から言えば「えっ、もう休眠に入るの?」って感じですが、その辺りはしっかりと
プログラムされているのでしょうね。でも初めての種だと、こういう場合はドキドキ、ハラハラの連続ですね。と言いますのは今、飼育中のセセリ(何セセリかわからない)の幼虫が、ぱたっと摂食するのを辞めたのです。でも何日、経っても身体が干からびないので初めて休眠なんだとわかりました。でもわかるまでは「何が悪かったのだろう?」と自問自答の繰り返しでした。
Commented by fanseab at 2018-09-24 20:12 x
clossianaさん、仰る通り、初飼育種を手掛ける時はいつもハラハラドキドキの
連続ですね。それだけに無事羽化した時の感激も一入です。
記事では書きませんでしたが、越冬態勢に入る時、少し体が縮みましたので、
「干からびたか」と錯覚してしまいました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード