探蝶逍遥記

ミスジチョウの飼育メモ:2~4齢まで(8月上旬~9月上旬)

 8月の信州遠征時にミスジチョウの幼虫を発見した記事(クリックでジャンプ)をアップしました。その際見出した2齢幼虫1頭を採幼し、飼育中ですので、4齢到達時点までの飼育状況をレポートしておきます。
 先ずは2齢幼虫。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_16152216.jpg
EM12-Z60(上段のみ自動深度合成+トリミング),ISO=上段64/下段200,F5.6-1/50、外部ストロボ,撮影月日:8月5日

 体長は5.8mm。背面突起は3齢以降に比較して軽微な突出状況。食痕の状況も示します。
f0090680_16154229.jpg
EM12-Z60,ISO=200,F5.6-1/50、外部ストロボ,撮影月日:8月5日

 葉の中脈を残し、枯葉の一部もカムフラージュ用に残しています。8月7日に眠、8日に3齢になりました。3齢到達7日後の姿です。
f0090680_1615584.jpg
EM12-Z60(自動深度合成+トリミング),ISO=64,F5.6-1/30、外部ストロボ,撮影月日:8月15日

 体長7.5mm。2齢に比較して背面突起が伸びてきました。それと背面側と腹部の境界線がはっきりとしてきました。この時の食痕状況も示します。
f0090680_16161484.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=200,F5.6-1/50、外部ストロボ,撮影月日:8月15日

 幼虫が静止・摂食している葉は採幼時と全く同じ。採幼時点からほぼ2週間を経過し、葉の一部が枯れて褐色になっていますが、幼虫は何事も無く食べ続けます。Neptis属の幼虫は総じて台座を作った葉に固執して枯葉状態でも食べてくれます。飼育管理上、こんなに飼育者思い?の幼虫はいないでしょう。同時に枯葉に擬態する技と並行して身に付けた生存上の戦略でもあるのでしょう。8月19日になって、ようやく新たに投入したカエデ葉を食い始めました。すると驚いた事に、新葉を食い始めると同時に体色も緑色を帯びてきました。新鮮な葉緑素を取り込むと、体色も変化するのでしょうか。やや緑色を帯びた3齢幼虫の姿です。
f0090680_16171052.jpg
EM12-Z60(自動深度合成+トリミング),ISO=200,F5.6-1/30、外部ストロボ,撮影月日:8月22日

 体長8mm。アップした画像では15日に撮影した画像との色調差があまり明確でありませんが、肉眼では、はっきりと色合いが区別できます。28日に眠。翌8月29日に4齢に。
f0090680_16172640.jpg
EM12-Z60(自動深度合成+トリミング),ISO=200,F5.6-1/30、外部ストロボ,撮影月日:9月4日

 体長10.5mm。真上から覗いた場合、3齢に比較して中胸、後胸、第8腹節の側方への張り出し(矢印)が相対的に顕著になります。いつも参考にしている図鑑(※)によれば越冬態は4齢とのこと。実際に越冬中に観察する4齢幼虫は結構でかいので、このまま脱皮せずに大きくなるのでしょうか?経過観察を続けていきたいと思います。それと越冬を屋外で実施する際、色々とノウハウがありそうで、対策を練っているところです。

※福田晴夫他, 1983.原色日本蝶類生態図鑑Ⅲ.p.158.保育社,大阪.
by fanseab | 2018-09-16 20:11 | | Comments(2)
Commented by clossiana at 2018-09-17 09:14
以前にミスジ幼虫を野外で継続観察したことがあるのですが3齢となると葉柄の部分に噛み傷をつけたり、噛み切ったりする様子が観察出来ました。そこで4枚目の写真についてですが、この葉が萎れかかっているのは幼虫が葉柄に噛み傷をつけたからですか?それとも幼虫がいた枝を切った後、枝の水揚げが悪いからですか?教えて頂けると嬉しいです。
Commented by fanseab at 2018-09-18 20:55 x
clossianaさん、噛み切る様子は観察しておりません。自然に水揚げが悪くて枯れた
ものだと思います。ただ、越冬態勢直前まで場合によっては、噛み切る行動をするかも
しれません。今後注意してみますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード