探蝶逍遥記

アゲハの産み分け産卵(8月下旬)

「産み分け」と言っても、母蝶が♂と♀を産み分ける話ではありません。そんな事をしたら、適正?性比が保持できませんからね。さてまだ酷暑が残る昼下がり、拙宅庭先へアゲハが産卵にやって参りました。拙宅にはミカン科のホストとして、サンショウ、カラスザンショウ、コクサギを植えております。通常はサンショウかカラスザンショウに産み付けますが、この日は先ずコクサギに産みました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_10172687.jpg
D500-34VR,ISO=4000,F8-1/1250,-0.7EV,撮影時刻:12時53分

 過去にこのコクサギ葉上から中齢幼虫を見出したことがあり、アゲハが産卵した事実はあったものの、産卵現場を現認したのはこれが初めて。貴重な画像になりました。証拠画像も撮りました。矢印が卵です。
f0090680_10175072.jpg

D500-34VR,ISO=500,F8-1/800,-0.7EV,外部ストロボ、撮影時刻:12時59分

 中脈上に産んでいます。この後、母蝶は繰り返し産卵場所を探索しながらフワフワと舞い飛びます。探索の過程で、フジバカマの葉にまで前脚連打をしております。
f0090680_10181079.jpg

D500-34VR,ISO=500,F8-1/800,-0.7EV,外部ストロボ、撮影時刻:12時54分

 実は左下に顔を覗かせているのはカラスザンショウの葉。柑橘系の臭気が隣に植えられているフジバカマにまで伝わっているのでしょうか。今度はそのカラスザンショウに産卵。
f0090680_10182762.jpg

D500-34VR(トリミング),ISO=900,F8-1/1250,-0.7EV,外部ストロボ、撮影時刻:12時55分

 母蝶の周辺の葉上には若齢幼虫が合計6頭確認できます。葉数と幼虫頭数の比は明らかにアンバランスで、すぐに餌が尽きてしまうでしょうね。母蝶は更に探索飛翔を続けた後、サンショウにも産み付けました。
f0090680_10184364.jpg

D500-34VR(トリミング),ISO=2000,F8-1/1250,-0.7EV,外部ストロボ、撮影時刻:12時57分

 腹端の右横、葉裏に2個の卵が見えています。通常アゲハの産卵形式は葉上ですので、例外的な産附方式でしょう。同時に2個産み付けたのか、時間間隔を置いて産卵したのかは不明です。こうして、この母蝶は僅か4分間で、サンショウ、カラスザンショウ、コクサギの3種ホストに卵を「産み分け」たのです。これまでコクサギを除いた2種ホストについては、個別の産卵場面を観察・撮影した経験がありますが、同一時間帯で3種にも「産み分け」した場面に出会ったのはこれが初めて。少し得した気分になりました。
by fanseab | 2018-09-13 21:20 | | Comments(2)
Commented by Sippo5655 at 2018-09-15 22:14
アゲハってけっこう強かで、賢いのかなあ・・・?
だから、こんなにも増えて数が安定しているのでしょうか。
普通に、都心の住宅街をも闊歩していますものね。
このアゲハさんは、よりどりみどりの状況で
もうこうなったら全部に産んじゃえ!!的なノリだったのかな(o^-^o)
私が母蝶だったら、同じ行動をとるかも!!
Commented by fanseab at 2018-09-18 20:53 x
Sippo5655さん、まいどどうも。
<アゲハってけっこう強かで、賢いのかなあ・・・
否、非常にたくましいと言えます。ミカン科なら何でも産みますからね。
好き嫌いの無い良い子はどこでも逞しく育ちます。アゲハがこれほど
普通種として分布しているのも、ホストを選ばないからだと思います。
実は拙宅庭でいつも優先して産むサンショウの木を都合で切断したこともあって、
現在はカラスザンショウがメインホストになっていることも関係している
ようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード