探蝶逍遥記

ゴマシジミ(8月上旬)

 アカセセリの産卵狙いで訪れた場所は、ゴマシジミの超有名ポイント。厳重な管理状態で保護されているものの、カメラマン数の多さに躊躇して、近年は遠慮して訪れておりませんでした。数えてみると、何と8年振りの訪問になります。滞在した2日間は、いずれもスカッ晴れで、最高気温34℃に到達する悪条件。しっとりしたゴマシジミを撮影しようとした目論見は全てオジャン。トホホ・・・(^^;
先ずは♂の飛び出しシーン。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_20354979.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=500,F2.8-1/4000,撮影時刻:15時23分

 こちらは、今回新たに見出したポイントでの撮影。羽化直だと思われ、未だ飛翔能力を獲得していない個体。今回出会ったゴマのなかでも、一番ブルーが載った個体でもありました。次はワレモコウの穂からの飛び立ち。
f0090680_20361880.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=500,F4.5-1/4000,撮影時刻:9時24分

 信州が誇る俳人、小林一茶が仮に蝶屋だったとしたら、こちらの個体を見て、「青さも中ぐらいなりゴマの♂・・・」と詠んだのでしょうか。次は♀の飛翔。ワレモコウの穂を縫って飛ぶ様子を正面から捉えてみました。
f0090680_2036398.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=500,F4-1/4000,撮影時刻:13時47分

 求愛飛翔もそれなりに目撃しましたが、置きピン位置に苦労して納得の行く画像はありません。唯一まずまずと思われたショットをアップしておきましょう。
f0090680_2037089.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=800,F3.5-1/4000,撮影時刻:8時49分

 朝方の斜光線下を飛ぶ雰囲気は上手く表現できましたが、逆光の強い陽射しで、しっとりとした翅表の表現は全くできません。先を飛ぶ♀は翅表基部に僅かにブルーが載った個体。♂♀共にブルー鱗粉の載った求愛シーンを一度撮ってみたいものです。

 さて、二日目の明け方、結構強い驟雨がありました。雨露を纏ったゴマを期待して朝方のゴマも探索してみました。期待に反して撮れたのは次のショットのみ。
f0090680_20373153.jpg
D500-34VR(トリミング),ISO=1400,F6.3-1/1000,-0.7EV、撮影時刻:7時25分

 朝方でも既に気温が上昇しつつあり、結構ゴマは敏感でカメラマンの気配ですぐに飛び去ってしまいます。この画像は、もう少し露が大きければ雰囲気が出たのでしょうけどねぇ。残念でした。スカッ晴れ状態なので、自然状態での開翅は皆無に近い状態。何とか撮れたのは次の一枚。
f0090680_20375959.jpg
D500-34VR(トリミング),ISO=200,F5.6-1/800,-0.7EV、撮影時刻:7時51分

 足元の状態が悪く、正面側に回り込めませんでした。次は、お約束の♀産卵シーン。
f0090680_20381292.jpg
D500-34VR(トリミング),ISO=500,F8-1/1000,-0.7EV、撮影時刻:9時40分

 この子も裏面の黒さから想像できるように、翅表はほぼ漆黒。広角でも撮りました。
f0090680_20383920.jpg
EM12-Z12,ISO=64,F4-1/640,撮影時刻:9時46分

 このワレモコウ株は♀達に大変お気に入りらしく、複数頭の♀が入れ替わり産卵に訪れていました。熱中症を心配しながらのゴマ撮影も、やはりこの時期しか味わえない楽しみですね。折角信州に来たので、2日目の昼はちょっと豪華に天麩羅蕎麦大盛りを奮発。
f0090680_20385847.jpg
TG4@4.5mm,ISO=64,F4-1/640,撮影時刻:9時46分

 蕎麦はもちろん、山菜の天麩羅も絶品。何気に付いている瓜の漬物も涙の出る位旨かったです。今年初めての信州遠征は、お蔭様で、とても楽しく過ごすことができました。現地で出会ったカメラマンの方、色々とお世話になりました。
by fanseab | 2018-08-29 21:31 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード