探蝶逍遥記

オオミスジ卵の超拡大像(8月上旬)

 アカセセリの交尾場面を撮影した前後に、周辺で緩やかに舞い飛ぶオオミスジ♀を発見。そのうちウメ類で産卵行動を始めました。アカセセリ撮影に集中していたため、オオミスジ産卵シーンは撮影できず。翌日、産附されたはずの卵探索をしました。15枚ほど葉をチェックしてようやく発見!

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_1813056.jpg
EM12-Z60(トリミング),ISO=400,F9-1/125,外部ストロボ、撮影時刻:11時12分

 この株は高さ2mほどの栽培種モモと推定。ウメ類よりも遥かに葉が細長く、葉の厚みもあります。Neptis属産附形式の定番、葉先に産み付けられています。卵を発見した時の第一印象は、「凄く小さいなぁ~」でした。コミスジやホシミスジ等よりも小さく感じたのです。この卵は飼育目的で拙宅にお持ち帰りし、後日拡大撮影しました。
f0090680_18132676.jpg
EM12-P1442@42mm-P14R(上段26コマ/下段27コマ深度合成+トリミング),ISO=64,F5.6-1/50,外部ストロボ

 最大直径1.2mm、高さ1.1mm(いずれも棘皮を含む)。底面側が葉被りを起こしているので、全体像がイマイチですが、球形に近い俵型。ご覧の画像は、採卵の3日後に撮影したもの。既に胚形成が進行した状態。撮影翌日には既に孵化してしまいました。母蝶の産卵行動を目撃した当日からは5日しか経過しておりません。一般的なタテハチョウ科の卵期(10日前後)から考えて、採卵した個体は恐らく産卵後数日経過したものだったのでしょう。
 ここで、過去に撮影済のコミスジ卵と微構造を比較してみました。
f0090680_18134579.jpg
コミスジ卵は2017年5月撮影分

 卵を発見した時の第一印象通り、やはりコミスジ卵よりもやや小さい!のです。母蝶は『小さく産んで大きく育てる』タイプなのでしょうかね(^^) 考えてみれば、オオミスジは年1化だし、幼虫時代が長いので、卵がちょっぴり小さくても問題ないはず。母蝶卵巣の体積一定なら、卵サイズが小さければ余計卵を産めますからね。よく考えられた繁殖戦略なのでしょう。今回のオオミスジ卵は、胚形成された状態の画像で、卵拡大像としてはB級ショットです。産卵直後の全体が翡翠色状態での再チャレンジが必要です。また、8月7日に孵化した幼虫は現在無事3齢まで育っています。こちらの飼育メモはまた別途記事でご紹介する予定です。
by fanseab | 2018-08-27 21:53 | | Comments(4)
Commented by clossiana at 2018-08-28 09:03
オオミスジの産卵シーンを横目で見ながらのアカセセリの撮影。。う~ん、そんなことがあるのですね。これは羨ましいのか、勿体無いのか、悔しいのか。。もし私がそこにいたなら間違いなく複雑な心境、いや、発狂寸前になりますね。
Commented by Sippo5655 at 2018-08-28 21:43
産卵の翌日に卵を、探し当てるって
凄くないですか!?
それもコミスジより小さな卵を・・・(◎-◎;)!!
オオミスジは私一度だけ見たことがありますが
コミスジの倍くらいあったような、、、
卵は逆だなんて!
なるほど幼虫時代の間に栄養たっぷり摂って
大きく育て、、ということですか。
生きる為の戦略は、種ごとにその歴史の中で繰り返された、
地球の宝物とも言えるかもしれませんね!
Commented by fanseab at 2018-08-29 20:52 x
clossianaさん、魅力的な蝶が集まる信州ならではの贅沢な体験でした。
二兎を追うどころか、三兎以上を追っている状況でしたので、どちらかを
諦めなければならず、辛いものがありました。贅沢な辛さですね。
Commented by fanseab at 2018-08-29 20:54 x
Sippo5655さん、翌日と言っても、この株に相当数の卵を産み付けられていたため、
比較的楽に見つかったのだと思います。ミスジチョウ類の産卵位置は特徴があるので
大きさに関係なく、比較的探しやすいのです。但し、本文に書いたように、想像以上に
小さかったので、驚きました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード