探蝶逍遥記

アオバセセリの幼虫探索:その2(7月下旬)

 前回、アワブキで見出した首題幼虫を再度調査しました。3齢幼虫が付いていたアワブキの葉全体の経時変化を示します。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_1523783.jpg
EM12-Z60(トリミング)

 前回の観察初日から6日が経過しております。幼虫巣(矢印A)が付いていた葉は#1で、他に#2-4の合計4枚の葉がありました。左右画像を見比べてみると、#2,4の葉は食痕含め変化がありませんが、#1,3には明らかな差があります。巣A周辺の食痕が拡大し、葉#3にも新たな巣(矢印B)が形成されています。どうやら前回観察時には#3先端に潜んでいた若齢幼虫を見逃していた可能性があります。巣Aを再度開封してみました。
f0090680_15233880.jpg
EM12-Z60, ISO=200、F4-1/125、外部ストロボ、撮影時刻:13時07分

 この時は活動が不活発でした。眠状態なのか、あるいは寄生されているか、原因は不明です。このアワブキ株では前回発見できなかった、別の巣も発見。
f0090680_1523585.jpg
D500-34VR, ISO=800、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:12時52分

 こちらはアオバセセリ幼虫巣の特徴である穴が開いていません。こんな例外もあるようです。開封してみました。
f0090680_15241548.jpg
TG4@11mm, ISO=100、F3.6-1/60、-0.7EV,内蔵ストロボ、撮影時刻:13時09分

 これも3齢幼虫でした。体長は7.6mm。この日、この株から更にもう1頭の3齢幼虫を発見、開封していない巣B(これも3齢と推定)を含め、結局合計4頭の3齢幼虫を見出したことになります。管理人の目は節穴ですから、脚立観察ができない部分を含め、少なくとも10頭の幼虫はいるのだろうと推測しました。

 一方、このアワブキ株を調査する直前、食樹は他にもどこか必ずあるはず・・・、と睨んでホスト探索も実施。ようやく樹高3m程の比較的小さい株を発見。
f0090680_15243856.jpg
EM12-Z12, ISO=200、F5-1/100、撮影時刻:11時23分

 暗い環境ですが、一部は日光が葉に当たる状況。早速調査すると、多数の卵殻、未孵化の卵を発見。それぞれの拡大像です。
f0090680_1525152.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=200、F4.5~6.3-1/200、外部ストロボ、撮影時刻:11時12分

 直径は約1mm。結局、未孵化を含め卵殻は17個ありました。アワブキ株は非常に少ないため、母蝶が集中的に産む傾向があるのだと思います。産卵位置は葉裏の縁。一つの例外もありません。このポイントにはスミナガシはいませんが、仮にスミナガシが同棲しているポイントであっても、スミナガシ卵とは産卵位置で区別可能でしょう。唯一あった胚未形成状態の卵の産卵状態(葉を捲った状態)を示します。
f0090680_15252741.jpg
EM12-Z12(トリミング), ISO=64、F4.5-1/30、外部ストロボ、撮影時刻:11時24分

 矢印#1が未孵化の卵。矢印#2は孵化済みの卵殻です。どうやら孵化した初齢幼虫は殆ど卵殻を食べずにアワブキの葉を食い始めるようです。卵殻が残された状態のため、これらの卵殻が第1化世代のものか、第2化世代のものかは、直ちに判別できません。
 このポイントには更にアワブキ、もしくはミヤマハハソもあるはずなので、もうちょっとホスト探索をしてみたいと思っています。
by fanseab | 2018-07-28 15:27 | | Comments(4)
Commented by clossiana at 2018-07-29 07:22
未だ割りと幼虫が生存しているようで嬉しくなってしまいました。と言いますのは私共の観察地では見に行く毎に幼虫数が激減してしまったからです。

◎新たに見つけられた樹では卵を見つけられています。やはり2化としては遅いような気がするのですが。。

◎孔の無い巣は私共も観察しています。でも、それは4齢の巣でした。3齢でも見られたのにはびっくりでした。不思議です。

◎tef-tefさんが「幼虫が新たな巣を作る際に元の巣を切り落とす」ことを観察されています。私共も樹の下に落ちていた空の巣を見つけたことがあります。ですので、もし機会がありましたら幼虫が新たな巣を作った際に元の巣が近くに残っているかどうかを見て頂きたいです。

続報を楽しみにしております。
Commented by himeoo27 at 2018-07-29 09:19
アオバセセリの幼虫は、大きな終齢幼虫しか
見たことがありません。
10㎜程度の3化幼虫でも立派な腹ペコ青虫君
模様なんですね!
Commented by fanseab at 2018-07-29 20:56 x
clossianaさん、「幼虫が古い巣を切り落す」行動があることは貴殿コメントで
初めて知りました。ただ、このポイントでは、落とされた巣を発見することは
容易ではありません。一方、初齢~2齢幼虫と思われる「空き巣」はよく見つかります。
途中で外敵に捕食された場合は、巣が残ることはあると思っています。
Commented by fanseab at 2018-07-29 20:58 x
himeooさん、小生は未だド派手な終齢幼虫の実物を見ておりません。
地色が白色から黄色に移行するのは4齢以降のようで、今後の継続観察で、
「腹ペコ青虫」君に出会えることを期待しております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード