探蝶逍遥記

アサギマダラの吸汁行動(5月下旬)

 平地性ゼフを撮影した日、植栽として植えられているフジバカマにアサギマダラの姿がありました。このポイントで本種を見るのを恐らく初めて。フワフワ飛んでいるのは、♂でした。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_17513546.jpg
EM12-Z60, ISO=800、F4.5-1/4000、撮影時刻:7時18分
f0090680_17515018.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=800、F4.5-1/4000、撮影時刻:7時20分

 飛翔してはフジバカマに止まり、葉上から吸水しているような行動を取りました。
f0090680_17521068.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=800、F8-1/640、撮影時刻:7時15分

 撮影日の早朝、結構強く雨が降った影響で、葉上には多量の水滴が残っていました。そこから吸水していたのでしょう。さらにドクダミの花弁にもストローを伸ばしました。
f0090680_17522674.jpg
EM12-Z60, ISO=800、F8-1/400、撮影時刻:7時17分
 
 ストローの位置から考えて、ドクダミからの吸蜜ではなく、単なる吸水行動のようです。

 よく知られているように、アサギマダラ成虫はフジバカマ類の吸蜜を好みます。フジバカマには本種の性フェロモン合成に欠かせない、ピロリジジンアルカロイド類(PA)を含有しているためとされています(※)。この習性を利用し、渡りの途中に本種を吸引させるため、意図的にフジバカマの大規模植栽を実施している公園もある位です。今回の「吸水」行動も単純な水分補給以外に、フジバカマや周辺植物の葉や花弁上に拡散した微量のPAを吸収していた可能性も否定できませんね。

※本田計一/加藤義臣編(2005)チョウの生物学,東京大学出版会,245-248.
by fanseab | 2018-06-02 22:53 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード