探蝶逍遥記

エサキ型アオスジアゲハ(4月下旬)

 近所の里山公園を散策。朝方8時、丘の樹冠には既に陽が差し込んできているものの、谷間はまだ暗く、少しヒンヤリとしています。すると、ウツギにアオスジアゲハが吸蜜にやってきました。随分早い登場だと思いながら、シャッターを押しました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_9103794.jpg
D500-20(トリミング), ISO=200、F10-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時40分

 暗いのでストロボを使用。アオスジの黒い複眼がとっても可愛いです。その後も、この白い花に惹かれるように、複数頭のアオスジがやって参りました。明るくなった後、高速連射モードで撮影。
f0090680_9111836.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=2500、F4-1/4000、撮影時刻:12時37分
f0090680_9113112.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=2500、F4-1/4000、撮影時刻:12時38分

 アオスジはウツギのみならず、定番のハルジオンにもやって来ます。
f0090680_9115299.jpg
D500-34VR, ISO=640、F5.6-1/1000、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時46分

 背景を何とかスッキリできました。ハルジオンのお花畑を渡り飛ぶ飛翔も高速連射でパチリ。
f0090680_9123492.jpg
EM12-Z60(トリミング), ISO=2500、F5-1/4000、撮影時刻:12時42分

 この日の陽射しはやや物足りなく、初夏の爽やかな空気感が出せませんでした。
 ハルジオンの吸蜜個体をバシャバシャ撮影中、アレッと思いました。
f0090680_9125346.jpg
D500-34VR, ISO=3600、F8-1/1000、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時16分

 何と、エサキ型(前翅中室に青色過剰紋が出現する異常型)でした。これまで、管理人はハンキュウ型撮影の経験があるものの、エサキ型は初体験。そうだとわかると、この子を暫く追跡。飛翔シーンを2枚ご紹介しておきましょう。
f0090680_9131237.jpg
D500-34VR(トリミング), ISO=2500、F8-1/1250、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時21分
f0090680_9132381.jpg
D500-34VR(トリミング), ISO=5000、F8-1/1250、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時29分

 この日は、偶然、ブログ仲間のNさんと再会。二人してエサキ型を追いかけながら、楽しい一時を過ごしました。Nさん、またどこかで撮影ご一緒しましょう!
by fanseab | 2018-05-02 20:58 | | Comments(2)
Commented by otto-N at 2018-05-03 16:43 x
本命は出ませんでしたが、珍客が現れて嬉しかったですね。
アオスジはウツギにはあまり晴れていない時のほうが集まる気がします。
実はストロボをどのように使うのか興味深々でした。
とても勉強になりました。少し練習してみます。
Commented by fanseab at 2018-05-03 20:54
otto-Nさん、当日はお疲れ様でした。
エサキ型が出なければ、ちょっとガックリした一日でしたよ。
ウツギに来る天候については、小生不案内なので、とても参考になる
情報です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード