探蝶逍遥記

越冬ウラギンシジミ(1月初旬)

 新年明け初撮りは拙宅近くの民家脇へ。サザンカの植え込みに潜んでいたウラギンシジミを、異なる日時に異なる機材で写し分けてみました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_20583598.jpg
EM12-Z12、ISO=200、F14-1/50、外部ストロボ、撮影時刻:10時37分
f0090680_20584670.jpg
TG4@18mm-gy8(トリミング)、ISO=100、F4.9-1/500、内蔵ストロボ、撮影時刻:9時37分
f0090680_20585591.jpg
D500-10.5-X1.4TC、ISO=500、F14-1/80、外部ストロボ、撮影時刻:14時18分

 撮影条件としては、完全逆光になってしまったTG4が一番厳しい感じ。フレアが盛大に発生するのは魚露目の宿命。一方、久しぶりに使用したNikon対角魚眼とX1.4テレコンの組合せは相変わらずシャープな画像を叩き出してくれて感心しました。このところフォーサーズで広角画像を撮ることが多かったので、APS-Cの画面比率、2:3が16:9のように細長く見えてしまいますね。

 しかし、このような撮り比べが出来るのも、ウラギンがジッとしてくれているお蔭です。通行人がひっきりなしに通る小道ですが、人通りが多いため野鳥も接近し難く、ウラギンにとっては、却って良好な越冬場所かもしれません。この先、春まで様子を覗うことにします。
by fanseab | 2018-01-08 21:01 | | Comments(6)
Commented by 6422j-nozomu2 at 2018-01-09 11:32
ウラギンシジミ越冬個体MFにはいなかったです。
超身近な蝶なのに。
カメラの撮り比べですか。
私の好みは一番下かな。
Commented by fanseab at 2018-01-09 21:16 x
ノゾピーさん、大変ご無沙汰しております。
「斜めの会」料理撮影係、お疲れ様でした(笑)とても美味そうな品々で
こちらも涎が出ましたよ。ウラギン、姿勢は逆さまですが、斜め45度、逆光
で撮影しております。やはり貴殿ご指摘の通り、陽射しが殆どない三番目の
画像が越冬の雰囲気が一番出ているようです。
Commented by Garuda→あーとまん at 2018-01-10 22:44 x
越冬ウラギンシジミが毎年多数見られる東高根森林公園で、今年は1頭も見つかりません。
ムラサキツバメの越冬集団を探しにあちこち出掛けていると、越冬ウラギンシジミも結構見つかるものですが、今年はそれも少ないように感じます。
私の気のせいでしょうか?

ところで、この街角ウラギンシジミの様子は、絵面的には変化が無くても定期的にupして頂けるのかな。いつまで継続するか楽しみです。
Commented by Sippo5655 at 2018-01-11 21:24
そうですね、撮り比べができるのも
ウラギンシジミがじっとしていてくれるから・・・
妙に納得です。^^
なぜ、ウラギンシジミは移動をしないのでしょうね。
翅が白いから、ムラツムラシより日光浴の必要性が低いのかなあ?
私は現在3頭確認していますが、どの子も春までそこに居そうです^^
Commented by fanseab at 2018-01-11 21:47 x
あーとまんさん、こんばんは。
ウラギンの個体数はあまり注目してみていませんが、少なくとも多摩川縁では、
昨年よりもやや少ない印象でした。
ここでの定点観測はしばらくアップしていくつもりです。
Commented by fanseab at 2018-01-11 21:50 x
Sippo5655さん、こんばんは。
ウラギンが動かないのは面白い性質だと思っています。昨日結構気温が上がったので、
移動するかな~と思って注意していたのですが、見事にそのままでした。
この先、どうなるか、楽しみです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード