探蝶逍遥記

アオスジアゲハの吸蜜・吸水活動など(5月中旬)

 サカハチチョウ第1化の産卵シーン撮影を目的に、東京都西多摩地区の谷戸を訪問。サカハチ狙いで当地を訪問するのは、今回が初めて。本種の観察はできましたが、個体数が少な過ぎました。♂2頭に出会っただけで、♀は現れずガックリ。時期が少し早めだったのかもしれません。今回は♂画像だけ貼っておきます。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_16102090.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=500、F7.1-1/640、-1.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時10分
f0090680_16102960.jpg
D500-34VR、ISO=320、F8-1/1250、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時38分

 2枚目は暑さを避け、半木蔭で吸水がてら休息しているシーンです。谷筋に生えている食草のコアカソを探索したところ、群落の数が少ないことに気が付きました。高尾山麓などに比較すると、やはりホストが圧倒的に欠乏していて、個体数の差に影響しているのだろうと推測。産卵シーン撮影には場所替え含め、少し作戦を変えてみることにします。

 さて、この日は曇り勝ちなものの、一旦晴間が覗くと夏場と同じ暑さを感じました。ハルジオンにはアオスジアゲハがやって来て、ひとしきり吸蜜。
f0090680_16105850.jpg
D500-34VR、ISO=400、F8-1/1000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時09分
f0090680_16111116.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=400、F8-1/1000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時10分

 昨年は前翅亜外縁の白帯が発達したアオフタスジアゲハ(外部リンク)」をご紹介しましたが、今回撮影した♀は極普通の斑紋ですね。経験上、♂に比較して♀の吸蜜時間は、より長いように思います。今回もシャッターチャンスが比較的多く、撮影が楽でした。

 谷戸の休耕田跡地には吸水に訪れるアオスジが複数飛んでおりました。ここでは吸水シーンではなく、その前後の飛翔シーンに絞って撮影。
f0090680_1612556.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=640、F8-1/2000、-0.7EV、撮影時刻:11時40分25.15秒
f0090680_16131062.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=640、F8-1/2000、-0.7EV、撮影時刻:11時40分25.84秒
f0090680_16131955.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=640、F8-1/2000、-0.7EV、撮影時刻:11時40分58秒

 アオスジ飛翔シーンを300mm-AF合焦で狙うには困難な対象ですが、以前ご紹介した「親指AF」の実践練習としてトライしてみました。まだまだ不十分ですが、MF合焦では厳しい場面も切り撮れたように思います。1枚目と2枚目の撮影間隔は0.69秒。D500の秒間10コマ連射機能のお蔭で、翅を打ち下ろす瞬間も撮ることができました。できればカメラマン側に突進して来る絵を撮りたいのですけど、AFの動体予測合焦が間に合わないケースが多く、どうしても「尻を追いかける」場面の連続になってしまいます。

 この水辺でアオスジと格闘するちょっと前、モンキアゲハ♂も吸水に訪れておりました。
f0090680_16135812.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=500、F7.1-1/2000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時13分
f0090680_1614716.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=500、F7.1-1/2000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時14分

 2枚目の飛翔画像の背景には青々と伸びたセリも写りこんで、初夏らしい雰囲気を出すことができました。
 最後にこの日、当地で目撃(一部撮影)した蝶全20種を列挙しておきましょう。クロヒカゲやコジャノメも登場して、もう完全にハイシーズンに突入した実感を持つことができました。

カラスアゲハ♂、オナガアゲハ♂、モンキアゲハ♂、アオスジアゲハ♂♀
ツマキチョウ♀、スジグロシロチョウ♀、モンキチョウ♂
ベニシジミ♀、ヤマトシジミ♂♀
テングチョウ♀(越冬個体)、クモガタヒョウモン♂、ツマグロヒョウモン♀、
コミスジ♂♀、サカハチチョウ♂、ルリタテハ、クロヒカゲ♂、コジャノメ♂、
クロコノマチョウ(越冬個体)、ヒメウラナミジャノメ
ダイミョウセセリ♂
# by fanseab | 2017-05-16 22:05 | | Comments(4)

アオスジアゲハ第1化(5月上旬)

 近所のスーパーに買い物に出かけた際、偶然団地脇の生垣で吸蜜するアオスジアゲハを見つけました。カメラを持参しておらず、慌てて携帯で撮りました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_1544292.jpg

f0090680_15442057.jpg
撮影条件は2枚共通:ISO=20、F1.8-1/1953、撮影時刻:14時30分

 予想以上に吸蜜時間が長かったので、携帯でも撮影は容易でした。管理人所有の携帯画素数は1200万画素で、手振れ補正付。絞り開放ながら高速シャッターが切れているのでブレとも無縁の高解像度画像が得られています。スマホの発達で、コンデジが販売不振になった理由が分かります。景色や人物の撮影なら携帯一本で不自由しませんからね。
 因みに吸蜜源はバラ科のセイヨウベニカナメモチ(Photinia sp.)。新緑時に鮮紅色の新葉が印象的な生垣です。アオスジは海岸沿いのトベラとか全般に白い花を好む傾向があるようです。昨年観察した園芸植物のセリ科・ドクゼリモドキ(Ammi majus)、キアゲハ産卵シーンでご紹介したハナウドも白色花弁で、アオスジが訪れます。同じGraphium属のミカドも柑橘類・シロツメクサなど、白系の花弁がお好みのようです。そう言えば、最近、ブログ仲間のnomusan(外部リンクがシロツメクサでのミカド吸蜜シーンを紹介されておりました。羨ましいですね。

 今回は思わずアオスジに出会ったお蔭で吸蜜源生垣の植物名が判明し、この時期に白い花弁を付けることも覚えました。アオスジアゲハに感謝です。
# by fanseab | 2017-05-10 21:58 | | Comments(4)

ツマキチョウの求愛飛翔(5月上旬)

 ゴールデンウイークの前半、多摩川縁ではツマキチョウの最盛期を迎えていました。ツマキは10年以上前、当地で珍品でしたが、最近は物凄く個体数が増えました。ムラサキハナナやセイヨウカラシナなど、上流から漂流して中流域に定着したホストが繁茂した結果と考えられます。ツマキの飛翔は結構難しい撮影対象。ただ♂♀が絡む求愛飛翔は比較的楽に撮れます。今回は300mm望遠で狙ってみました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_1189100.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=800、F9-1/2500、-1.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時24分40秒
f0090680_1182323.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=800、F9-1/2500、-1.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時24分41秒
f0090680_1183581.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=800、F9-1/2500、-1.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時25分04秒

 ♂が後方から♀に迫るパターン。先頭の♀は産卵行動の途中、♂に襲われたようで、結局、愛は成就せず、♂から逃れた♀はその後、産卵行動を再開しました。
 アップした画像、これまでだとファインダーを覗きながらマニュアルフォーカスで合焦しておりましたが、今回はコンティニアス連続サーボAF(以下AF-C)での撮影をトライしてみました。しかも、同時にNikon一眼ボディ背面にある「AF-ON」ボタンを初めて使用。APS一眼としてNikonをD70の時代から継続して愛用しておりますが、背面「AF-ON」ボタンは恥ずかしながら今回ようやく活用したのです。

 実は昨年12月メインボディをD7100からD500に思い切って替えました。D500に期待した理由は、下記二点。
(1)高感度特性の向上
(2)AF(特にAF-C)の対象追尾性能の向上
 購入当初、多摩川縁でハト、カワウ、ヒメアマツバメの飛翔個体で上記特性を実地実験し、期待通りの成果が出て、満足しておりました。ところが蝶シーズンに入り、モンシロ・モンキなどにレンズを向けた結果、AF-C特性は期待外れでした。その後、色々とAF設定を弄り回しても埒が明かず、思い切ってD500ユーザーの先輩である、撮影仲間のI氏に相談しました。I氏のアドバイスは上述した『「AF-ON」ボタンを活用したらどうか・・・』でした。ネット上で調べてみると、同ボタンを使用して合焦させる方式を「親指AF」と呼ぶのだそうです。合焦操作を親指に、シャッター操作を人差し指に機能分担させる方式。D500は10コマ/秒の高速連射機能が売りですが、合焦しなければピンボケ画像の山を築いて、消去処理がムチャ大変になります。上記操作の機能分担で、ゴミ画像が減ることが期待されます。
 冒頭でご紹介したツマキは「親指AF」の練習がてら撮影してみました。一定の効果があるようですが、不規則かつ高速で飛ばれたら親指AFと言えども撮影は不可能かもしれません。但しゼフの卍飛翔を300mmで狙う際は確実に戦力になりそうです。

 300mmとは別に40mmマクロで従来通りの置きピンでもツマキ♂を狙ってみました。
f0090680_119333.jpg
D500-40(トリミング)、ISO=800、F8-1/4000、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時07分(4月下旬)
f0090680_1191623.jpg
D500-40(トリミング)、ISO=800、F8-1/4000、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時13分(4月下旬)

 置きピンは50cm。このレンズで期待するのは蝶から一定距離離れて驚かせず、自然な飛翔姿勢を撮る事。フルサイズ換算の焦点距離は60mmで、一昔前標準レンズと言われた長さです。ファインダーを覗くと肉眼と変わらない縮尺で景色が拡がっております。未だ置きピン感覚に慣れないのですけど、得られた画像はまずまずです。歩留りはマイクロフォーサーズでの高速連射方式に比較して圧倒的に不利ですが、従来方式の飛翔撮影も捨てがたい味があると思っております。
 AFの件でご相談に乗って頂いたIさん、色々とご指導有難うございました。この場を借りて御礼申し上げます。
# by fanseab | 2017-05-08 22:11 | | Comments(2)