探蝶逍遥記

播磨のお姫様と遊ぶ

早朝5時半起床。窓を開けると低い雲と強い風。暫く逡巡しましたが、日曜の天気も読めないので、思い切って播磨の乾燥草原へ、ヒメヒカゲ探索に赴くことにしました。実は昨年のこの時期、パスして、他種の撮影を狙ったこともあり、デジ一できちんと撮り直そうと期するものがありました。

現地、8時前着。風が冷たく蝶が飛ぶ気配なし。フライングかな? 仕方なく、終齢幼虫と蛹の探索を延々と1時間以上続けます。当然ではありますが、結果は坊主。簡単に発見できるものではありません。少し風が弱まった9時半頃、やっと主役が登場。期待感から、ヒメジャノメのようにデカく感じられました。
f0090680_23155023.jpg
D70-24, ISO=500、F5.6-1/640、+0.3EV

兎にも角にも今日は風との戦い。手ブレではなく被写体ブレをどう防いだらいいか?試行錯誤が続きます。結局この日出会った3頭の中で、羽化したての鈍い個体が風を避けて潅木脇に止まったところで、やっと90mmマクロでのきちんとした写真が撮れました。曇り空のお陰で発色は良好です。
f0090680_23161138.jpg
D70, ISO=500、F13-1/250、-0.3EV

このヒカゲ、眼状紋の個体変異が楽しみでもあります。愛読するブログ:My Favorite Butterflies of Japan新日記蝶のkさんが本年2月4日、後翅裏面第6室に出現する眼状紋の中に「アンドロメダ星雲が見える」との記事を書かれていました。↑の写真の同じ部分を見ると、「ガリレオ衛星を2つ持つ木星」のようにも見えます。ちょっと無理があるかな?(^^)

さて、今回観察したポイントは播磨の酸性土壌をベースにする代表的な草原で、食虫植物として有名なイシモチソウも見ることができます(↓の写真)。水滴のような粘着液体で昆虫を捕まえます。試しに指に液体をつけてみると、微妙にネバネバしています。
f0090680_23173913.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=400、F4.5-1/500、+0.3EV

ヒメヒカゲもイシモチソウも環境省のレッドデータブックでは共に「絶滅危惧第Ⅱ類」に区分されています。両種が末永く、当地で観察できるよう優しく見守りたいものです。

お昼に現地を後にして、いつものようにヒメヒカゲの新規ポイント探索に。この地域では珍しい湿性湿原を見出しましたが、結果はヌル。残念な気持ちを慰めてくれたのがアサマイチモンジの♀。これも羽化したてのようで、羽ばたきの練習中の個体。前翅基部から茶色の鱗粉が翅脈に沿って散布されているのにはビックリです。
f0090680_2317554.jpg
D70, ISO=500、F10-1/250

自宅から1時間半のドライブで辿り付ける貴重なお姫様達の楽園。きっと来週の土曜日頃が見頃になることでしょう。

【お知らせ】
本体HP、「日本の蝶」にスギタニルリシジミ、ミヤマセセリ、ギンイチモンジセセリを追加しました。お口直しにお立ち寄り頂ければ幸いです。
# by fanseab | 2006-05-27 23:24 | | Comments(8)

アザミに集うPapilio達

最近、飛翔写真病?に罹っておるので、心機一転、本日は90mmマクロでのオーソドックスな写真を撮影する日と決め、西播磨に車を走らせました。

快晴・無風、一年に何日かあるかないかの絶好の条件の下、まずは、オナガアゲハ♂がお出迎え。♂は盛期のようでした。オナガの翅の質感描写優先でアザミが多少白飛びしたことは仕方ないですね。

f0090680_0112420.jpg
D70、ISO=500、F5.6-1/500、+0.3EV

お次は本日の最大の狙い目、カラスアゲハの♂。数はオナガより圧倒的に少なく、希少価値満点。しばらく観察して蝶道を見切り、アザミ前で待ち伏せ、望み通りの写真をゲットできました。やはり、アキリデスは見事です。惚れ惚れします。
オナガ、カラスについては、結構な枚数を撮影しましたが、納得できるコマは少なく、定番とも言える、アゲハの吸蜜シーンの撮影はつくづく奥が深いなあ・・・これが実感です。

f0090680_0114166.jpg
D70、ISO=500、F7.1-1/500、+0.3EV

アゲハの吸蜜間隔は15-20min.空くので、その間、ウツギの花を覘いていると、青い影が目の前をよぎります。今日は撮らないと決めていた「病」が再発、こんな画像が撮れちゃいました。

f0090680_0115750.jpg
D70、ISO=500、F11-1/50、+0.3EV、内蔵ストロボ

その他、ウスバシロ、ボロのジャコウ♂、クロアゲハ♂、ツマキチョウ等、満開のアザミは蝶達の楽園状態でした。しかし、本日午前中の最大の成果はコジャノメの開翅ポーズ撮影ができたこと。めったなことでは開かないこのジャノメ。比較的新鮮な個体に狙いをつけ、30分間にらめっこ状態を続け、相手が根負けして開いたところをパチリ。ラッキーにも♀でした。後翅外縁側が薄白く飾られているのがオシャレです。

f0090680_0121430.jpg
D70、ISO=500、F13-1/400、-0.3EV

この後、少し東に移動してクロツの新規ポイント開拓に。前から「臭い」がする地域で見事生息を確認。秋の日の楽しみがまたひとつ増えました。成果が多く、真の五月晴れに万歳!でした。
# by fanseab | 2006-05-21 23:50 | | Comments(12)

後光?が射したスギタニルリシジミ

本日は、お天気も芳しくなく、在庫画像ネタです。
小生が愛読するブログ: 撮影日記のDさんが、5/4付けの日記でコツバメの逆光写真を報告されています。縁毛がブルーに輝き、「トリビアの泉」ではないですけど、「ヘー」と唸ってしまいました。

ところが、先日小生が但馬に出向いて撮影したスギタニルリでも同様な現象が観察されていますので、ご報告します。下の写真をご覧下さい。


f0090680_1150269.jpg
D70, ISO=500、F11-1/400、+0.3EV

コツバメに比べると煌びやかな感じには欠けるものの、後翅縁毛が、微妙にブルーに輝いています(オリジナル画像をphotoshopのトーンカーブ補正で目一杯暗くして「後光」を強調しています)。また、胸部(背中)に生えている毛も同様に青く光っています。いったい、どのような機構で光るのでしょう?個人的には縁毛の微構造に起因する青色光の選択散乱と睨んでいますが、興味深い現象です。

そこで、ブログ仲間の皆さんに提案です。
あらゆるシジミを逆光で撮影して、「○○シジミも青く光った!」、「××シジミは全く光らない」・・・と「後光」調査をしてみたら面白いと思っています、如何でしょうか?
何ですって?「俺はそんなに暇じゃない!」・・・イヤ~ごもっともです。でも珍品狙いでヌルった時、手ブラで帰るのもしゃくな時ってありますよね?そんな時のネタに小生提案の実験をされたら如何でしょうか?
※老婆心ながら付け加えますと、「後光」撮影時は裏面を正確に描写することが目的ではないので、かなりアンダー気味(例えば-0.7EV)に設定されることをお勧めします。

因みに昨年秋、播磨地方で撮影したシルビア♂も、前翅縁毛が微妙にブルーの「後光」が射しています(↓の写真)。表翅がブルーのシジミはすべて青く光る可能性がありそうです。ということは・・・、これから発生するアカやウラナミアカではどうなる?(橙色の後光?)はたまた、Cryso系ゼフ♂では金緑色に光輝く?等々、興味は尽きません。


f0090680_11503210.jpg
D70, ISO=500、F5-1/1600、+0.3EV

【お知らせ】
本体HPの「香港の蝶」ギャラリーを科別表示方式に変更し、新規に画像を追加掲載しています。お時間がありましたら、お立ち寄りください。今後、各地域別ギャラリーを同様に科別表示方式に変更し、掲載画像を大幅に増加する予定です。ご期待ください。
# by fanseab | 2006-05-13 11:53 | | Comments(10)