探蝶逍遥記

香港遠征(10/6-9):その4

 香港遠征もいよいよ最終日(10/9)。帰国便の出発時刻が16時過ぎなので、午前中一杯は遊べるとの計算です。本日は香港の友人達はもちろんご出勤で、小生の単独行動となります。候補地の中から新界地区中央部に位置する嘉道理(カドゥーリ)農場を選ぶことにしました。ここは以前から香港鱗翅学会の撮影会が実施されている場所で、アクセスもわかり易いため、ここに決定。
 電車(KCN)、九龍バス64K系統を乗り継いで農場前9時過ぎ到着。10HK$(約160円)の入場料を払って中に入ります。
f0090680_22171799.jpg
入り口の地図でポイントとなるバタフライガーデン(と言ってもケージの中にあるタイプではなく、ただ花を植えてある公園のこと)を確認。ただ、現地で気が付いたのは、このポイントに辿り着くにはまたまた登山が必要なこと(^^;; コンクリート舗装はしてあるものの、結構急勾配の山道を登ることに。山頂までミニバスも走っているようですが、出発時間まで間があるので諦めます。ヤレヤレ結局滞在した3日間、いずれも登山をするはめに。気軽な撮影行を想定し、香港にはスニーカーでやってきたのですが、ハードな登山の連続で、スニーカーの底が剥離して哀れな姿・・・・。

 さて、本日は昨日以上にドンヨリとした天気で蝶が飛ぶ気配なし。これはヤバイと思いつつ何とか目的地を目指すが場所がよくわからず。近くの山道で大型のセセリを発見。これが本日まともに撮影した最初の蝶になりました。恐らくタイワンオオチャバネセセリ(Pelopidas conjuncta )。オオチャバネセセリを一回りでかくしたようなセセリです。のんびりと長いストローを伸ばして遊んで?います。ミヤマチャバネと同属ですからストローの長さはこの仲間に共通するものなのでしょうか?
f0090680_22174811.jpg
D70, ISO=500, F10-1/160、+0.3EV

 続いてアカボシゴマダラ♀らしき個体を発見するもすぐに逃げられてしまいます。ルリモンアゲハも超高速で飛び回って吸蜜撮影のチャンスすらありません。渓谷沿いで吸蜜に来たシロオビアゲハ(Papilio polytes )の酷い出来の写真が1枚撮れただけ。
f0090680_22181231.jpg
D70, ISO=500, F5-1/100、+0.3EV

 今日は実質坊主かな?と暗い気持ちでようやくバタフライガーデンに到着。思い描いたよりもかなり急傾斜でランタナ等で吸蜜中の蝶を狙うには結構厳しい状況。植栽には侵入禁止のため、仕方なく周囲の階段から400mmズームでロングショットを狙うことに。ここでゆっくり吸蜜してくれたのは、結局ミダムスルリマダラ(Euploea midamus)のみ。半開翅吸蜜で表翅の瑠璃色幻光の一部を何とか捉えることができました。
f0090680_22184463.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=500, F6.3-1/250、内蔵ストロボ(調光補正-0.3EV)

 引き続き、閉翅吸蜜シーン。後翅裏面外縁側に二重に描かれた放射状白斑点がこのルリマダラの特徴です。
f0090680_2219678.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=500, F6.3-1/160、内蔵ストロボ(調光補正-0.3EV)

 全開シーンでは意外と瑠璃色が目立ちません。
f0090680_22192753.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=500, F5.6-1/160、内蔵ストロボ(調光補正-0.3EV)

 結局、コムラサキ同様、ルリマダラの幻光色をきれいに写しこむには自然光、かつ斜め前方からの撮影が必須なようです。ただこのポイントでそのようなアングルからの撮影は無理・・・、と潔く諦めることに。期待したアゲハ類も飛んでこないので、已む無く下山。途中の林縁で大き目のホタルガが飛んでいます。蝶によく似た飛翔やなあ~とボンヤリ眺めていると、下草に静止。近寄ると、おぉ!何とヒメシロオビヒカゲ(Lethe confusa)でないですか!前翅の白帯は表裏両面側にくっきりしているため、本当にホタルガのように思えたのでした。種名となったconfus(a)のラテン語源は恐らく「混乱させる」、「取り違える」等の意味でしょう。小生がホタルガと「取り違えた」のも仕方無いことでした。
f0090680_22194895.jpg
D70, ISO=500, F5-1/200、+0.3EV、内蔵ストロボ

 結局、この農場での成果は乏しく、帰りのバスの時間も迫ってきたので昼過ぎに撤収。陽射しがもう少し強ければ・・・と曇り空を恨めしく眺めたのでした。九龍・旺角のホテルでデポジットした荷物を回収し、15時過ぎに空港に到着すると本降りの雨。帰国便が飛び立つと直ぐに雲海に突入。楽しかった香港遠征もこれにて終了です。今回の遠征で確認(目撃)した種類数は58ですから、香港に生息する蝶の1/4は実質2.5日間で確認できたことになります。また撮影種は40種でした。4回にわたり引っ張りまくった撮影記を辛抱強くお読み頂き、有難うございました。これにて香港の蝶ネタはおしまい。次回は「おまけ」でちょっぴり、香港の(B級)グルメの話もいたしましょう。
# by fanseab | 2006-11-07 22:23 | | Comments(12)

幼虫2題@川崎市北部

 昨日に引き続き、ムラツ狙いで、同じ公園に出向きました。但し、朝から曇り勝ちでなかなか日が射さず、少し諦めモード。そこで、幼虫探しに切り替えました。まずは、この近辺で分布拡大しているアカボシゴマダラです。彼らの好むエノキの幼木を中心に探索すること1時間、2頭を見出すことができました。この公園では成虫も観察されていることから、危惧した通り、世代が回り始めており、この公園で確実に定着し始めていることを示していました。
f0090680_2013169.jpg
R1@5.6mm, ISO=200, F3.6-1/39、-0.3EV

 体長は20mm程度。恐らく3令でしょう。特徴のある4対の突起が目立ちます。幼虫が付いていた幼木の高さはいずれも60-80cm程度。本当に低い株を好むようです。これから落葉した後、樹上越冬するのか、下に下りて落葉に潜むのか?継続観察をしたいと思います。

 続いて、植栽のツツジの上にヤマノイモが蔓延っているのに注目。ちょっと探すとダイミョウセセリの若令幼虫の巣跡が多数みつかりました。
f0090680_20132989.jpg
R1@5.6mm, ISO=200, F3.6-1/26、-0.3EV

 ところが、肝心の幼虫はなかなか見つけられず、やっとのことでヤマノイモの葉上に巣も作らずにノンビリしている3令?幼虫を発見。
f0090680_20134445.jpg
R1@5.6mm, ISO=200, F3.6-1/97、-0.3EV、撮影時刻:10時56分

 巣はどこにあるんだろう?と探しましたが、どうやらないようです。その後ムラツ探索から戻ってきた1時間後、覗いてみると、器用に葉をくり抜いて、葉を折り曲げる真っ最中でした(幼虫は垂直に立った葉の裏で見えません)。
f0090680_20135755.jpg
R1@5.6mm, ISO=200, F3.6-1/203、-0.3EV、撮影時刻:12時10分
 
 最初に観察した際は、造巣の前にノンビリしていたのでしょう(^^) ダイミョウは終齢幼虫で越冬するようです。できれば、この個体も継続観察しようと思います。ムラツは結局坊主でした(^^;;
# by fanseab | 2006-11-04 20:18 | | Comments(14)

秋の陽だまりを楽しむ@川崎市北部

 文化の日(11/3)は、気象学的に「晴れ確率」が極めて高い特異日として知られています。こんな日に家にいるのは勿体ない・・・と、近くの公園にコンデジ片手に出かけました。
そよ風が吹く本当に日向ぼっこが気持ち良い天候です。まずは、チラチラ飛ぶヤマトシジミ。もちろん狙い目は青♀。二番目に出会った個体は飛翔中も結構青く、これを追い回すこと5分間、ようやく落ち着いたところをパチリ。
f0090680_1865473.jpg
R1@5.6mm, ISO=200, F5.9-1/410、-0.7EV、撮影時刻:11時19分

 まずまず青いですが、12月上旬頃には更に青いのが期待できそうです。尾根筋から谷あいに降りて、カシの木に囲まれたスポットに移動します。梢の上でチラチラとシジミの影。やがて手前の木に舞い降りたのはムラサキシジミの♀。
f0090680_1872136.jpg
R1@5.6mm, ISO=200, F5.9-1/440、-1.7EV、撮影時刻:11時28分
 
 小生、本年最初のムラサキの撮影です。ピーカンに近いので普段より目一杯アンダー気味にしてようやく深い紫色が表現できました。いつもこのシジミの露出設定には苦労させられます。さて、ムラサキと言えば、兄貴(姉貴)分のツバメさんも気になりますが、残念ながらこちらは小生の前に姿を見せず。このスポット、ムラツバの集団越冬に適した湿っけのある南面。もう少し寒くなってから来ようかな?

 さて、ムラサキシジミを追いかけ始めた時、小生の後ろでデジ一をぶら下げた紳士の視線がシジミを追いかけているのに気がつきました。挨拶してお話を伺うと、なんと!小生愛読のブログ:フィールドノートのTさんでした。目的は同じだったようで、この陽だまりで暫くムラサキシジミを追いかけながら、蝶・カメラ談義。初対面でしたが、ブログ上で何回も会話しているので、旧知の間柄のような感じでお話できました。Tさん、今日はいろいろな情報有難うございました。遠征とは異なり、のんびりと秋の日差しを楽しみながらの蝶観察。癒される文化の日でした。
# by fanseab | 2006-11-03 18:09 | | Comments(14)