探蝶逍遥記

但馬の春

毎年この時期恒例の但馬ギフ参りです。今回は前回不調に終わった超広角飛翔写真の再トライと、まだデジ一眼できちんと撮っていないスギタニルリシジミの撮影が目的。

この日はこれまでとうって変わって青空が広がるものの、風強く、温度が高く、またしてもギフ撮影には不向きな天候。この4月は天気に泣かされました。トホホ。現地に9時前に着いたのですが、もう2頭がもつれあっています。♂はスレ品が多く、去年より季節の進行がやや早い印象。「青空が覘く、林道脇を駆け抜けるギフ」がようやくイメージ通りに切り取れました。

f0090680_22432895.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500, F11-1/500,-0.7EV、内蔵ストロボ

次に谷あいのポイントに移動。ここでも、「青空と新緑をバックに飛ぶギフ」を超広角ならではの絵がものにできました(ストロボを使ってバックをもう少し暗く落としたかったが)。

f0090680_22434932.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=640, F8-1/1250、-0.7EV

沢沿いのポイントでは、♀が岩から滲みだした水を吸っていました。小生、ギフの吸水シーンは、初体験です。

f0090680_22441427.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500, F13-1/400

一通り、ギフは撮影終了して、お次はスギタニルリに注力。まずは、吸水シーン。このシジミ、吸水中はノコノコ動くので、結構てこずりましたが、本日のベストショットを貼っておきます。尾端に注目してください。水滴が見えますでしょうか?これスギタニルリのポンピング行動なのです。アゲハではよく知られているこの行動、シジミでは小生初体験ですし、撮影できたのももちろん今回が初。撮影している時は気付かず、帰宅してPCモニターで発見しました。
また、この蝶の縁毛がブルーを呈していることにも気がつきました。

f0090680_22443831.jpg
D70, ISO=500, F14-1/320

やはり、スギタニと言えば、表翅の渋いブルーを撮らねばなりません。飛翔写真で写しこみました。超広角と90mmマクロ両方の作例を貼っておきます。超広角は沢沿いの岩も写しこまれて、小生お気に入りの作品となりました。

f0090680_22483318.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500, F14-1/500、内蔵ストロボ

f0090680_2245025.jpg
D70, ISO=500, F7.1-1/1250

ようやく林道の雪が消えかけてきた早春の但馬。いつ来ても幸せな気分にしてくれます。

※本体HPに「日本の蝶」コーナーを新設しました。第一弾として、ギフチョウとヒメギフチョウをアップしました。お口直しにお立ち寄りください。
# by fanseab | 2006-04-29 22:54 | | Comments(10)

生きてました!!ツマグロヒョウモンの蛹

4/24にご報告した蛹ですが、何と本日無事羽化してました!
こちらで勝手に「死亡宣告」を出してツマグロさん、申し訳ありませんでした。
今朝ほど、蛹を見たら何となく翅の部分が黒ずんでいて、「ひょっとしたら・・・・」との思いがありましたが、予感が良い方に当りました。午後からの晴間で気温が上昇し、飛び立っていったのでしょう。

私はツマグロヒョウモンの生活史に詳しくないですけど、蛹期・23日はかなり長いほうではないかと思います。どなたか、この手の記録があったら教えて欲しいところです。

【追記】
↑の報告を書いた翌朝、通勤途上になにげに例の塀を見ると、蛹殻から3m程度離れた場所に、なんと、ツマグロ成虫が止まっているではありませんか!!モンシロチョウを少し大きくした程度の可愛い♂。昨晩は遠くに飛び去ったと思い込み、蛹の周囲をよく確認しなかったので、見落としていたようです。夕方頃、羽化して一晩過ごしていたのでしょう。塀の上で育った、ツマグロ君。慣れ親しんだ塀の上を直ぐには離れたくなかったようです(^^
まずは、めでたしめでたし。羽化個体を撮影できて気持ちスッキリ出勤できました。

f0090680_20374198.jpg
R1@5.6mm、ISO=200、F3.6-1/189、+0.3EV
# by fanseab | 2006-04-27 21:11 | | Comments(4)

コンクリート塀上のツマグロヒョウモン幼虫: 続報

3/19にご報告した越冬幼虫の続報です。
去る4/4に無事、蛹化しました。壁の上がお気に入りだったこの幼虫、蛹化も壁の上です。アップした写真は4/7に撮影したもの。写真左上で黒く影になっている庇の部分に通常垂蛹になるのですが、この個体はあくまで「壁の上」に拘ったようです。真珠のかけらを埋め込んだような独特なデザインの蛹は見るたびに感心します。

f0090680_2195457.jpg
D70-10.5-X1.4TC, ISO=400, F13-1/100, +0.3EV, 内蔵ストロボ

その後様子を見ていましたが、寄生か何らかの理由で、残念ながら羽化できなかったようです。特定の個体を継続観察していると、情が移ってしまいます。その意味ではガッカリでした。順調に行けば、4/16前後には羽化していたものと思われます。
# by fanseab | 2006-04-24 21:20 | | Comments(4)