探蝶逍遥記

鈴鹿山中での探索(8/26)

 今シーズン3回目の鈴鹿行きです。今回のターゲットは産卵前のキリシマミドリシジミ♀の生態観察。産卵は一般的に9月過ぎとされているので、発生からほぼ1ヶ月経過したこの時期、どんな様子か?探りに行きました。

 前回、見出したポイントに午前7時前着。長竿で叩き出すと、すぐに♀が飛び出してビックリ。しかし、飛び出した後、周回飛行をした後、梢の高い所に飛び去って、とても撮影できる位置ではありません。♂と異なり、独特な裏面模様(茶と白のツートーンカラー)で、アカガシの葉に止まっても、一部が茶色に変色した葉との見分けがつかず、目線を切るとすぐに見失ってしまいます。それでも目の前を飛行した際には、翅表の大きな青色班と裏面模様がフラッシングして見事な眺め。飛翔も♂に負けず劣らず俊敏で、周回飛行中、急に加速度的にスピードを上げる運動能力に脱帽です。このクイックモーションの際に飛翔方向も極端に変化するので、視界から急に消えることも多く、やっかいなシジミです。

 さらに叩き出した♀を追跡すると、葉上に30秒ほど止まった後、また直ぐに飛び立ち、林内に潜ったり、結構活発に動き回っていました。図鑑等で「♀は不活発で・・・」の記述をよくみかけますが、これは、♂の最盛期(7月下旬~8月上旬)に当てはまる事実で、8月以降~産卵時期までの間は意外とウロウロしているのかもしれません。結局、延べ6頭ほどの♀を確認しましたが、撮影はできませんでした。

 ♀を求めて叩き出しをしていると、妙に白い♀が飛び立ち驚きました。追跡してみると、何と♂!まだ生きていたのか?と二度ビックリです。盛期から1ヶ月経過していますから、それなりにスレていますが、翅表の独特なブルーは色褪せていません。
f0090680_22411384.jpg
D70S-VR84@400mm(トリミング), ISO=640, F5.6-1/800

 ↑の写真の個体の下にアカガシの休眠芽とドングリが見えています。アカガシのドングリはずんぐりむっくりの変わった形ですね。例によって複数の♂によるバトルも健在でしたが、さすがにくたびれているのか、敬老者運動会?の趣で、バトルの継続時間もすぐに終わります。探♀行動もしていましたが、この時期、ほとんどの♀は交尾済みでしょうから、徒労に終わるのでしょうか? ♂の本日の延べ観察数は7頭でした。

 ♀が産卵するアカガシの休眠芽の状況もチェックしました。全般にまだ発育段階で、やはり9月頃まで時間がかかるのでしょう。日当たりの比較的良い場所では↓の画像にように結構大きくなっていました。
f0090680_22414493.jpg
D70-SMZ, ISO=1250, F9-1/125、-0.3EV、内蔵ストロボ(調光補正-1.7EV)

 前回の探索で、イチモンジチョウの2令~終齢幼虫を見出した渓谷沿いのタニウツギ?の葉裏をチェックすると、イチモンジチョウの蛹が付いていました。残念ながら寄生個体のようですが、蛹は初撮影です。まるで蝙蝠がぶら下がっているような奇怪な風貌ですね。
f0090680_2242464.jpg
D70S-10.5-X1.4TC(トリミング), ISO=500, F8-1/250、+0.7EV、簡易レフ板使用

 今回の探索ポイントは、♀の個体数も多いようなので、9月に入ってから産卵行動の観察に再度訪れてみるつもりです。
# by fanseab | 2006-08-26 22:46 | | Comments(10)

川崎市北部のアカボシゴマダラ(8/20)

 多摩川でセセリを撮影しての帰り道、ふと民家の庭先にあるエノキの小株(高さ1m)を覗くと、ゴマダラチョウの幼虫が。どれどれ・・・と手に取ると、「エッ、これ何か違うぞ。ひょっとして、え~、アカボシ・・・!!」。 頭部突起のトゲトゲ感、背面にある淡黄色突起対の特徴と数、二股に分離しない尾端の形状、紛れも無くアカボシゴマダラの終令幼虫でした。体長は頭部突起先端から尾端までの計測で54mmでした。
f0090680_2324926.jpg
D70S-24, ISO=500, F7.1-1/320

 神奈川県鎌倉市で放蝶されたとされる本種。次第に同県藤沢市、大和市、横浜市南部に勢力を伸ばしていることは周知の通りですが、まさか川崎市の北部まで進出しているとは驚きでした。いずれ、北上して東京都内・都下に進出するのも時間の問題と思っていましたが、実物がちっぽけなエノキに付いているのも見ると、「とうとう来たか!」の感がありました。

 藤沢(鎌倉)産が自力で北上したのか、それとも新たな放蝶の結果かは、わかりませんが、いずれにせよ、憂慮すべき事態に変わりはありません。暫く推移を見守りたいと思います。
# by fanseab | 2006-08-23 23:25 | | Comments(14)

多摩川セセリ探索:PartⅡ(8/20)

 前日(8/19)は猛烈な暑さもあって観察時間が制限され、セセリ成虫探索は消化不良の感が残りました。そこで連チャンで多摩川での観察です。本日は朝から曇り勝ちで助かります。7時半頃から探索開始。今日も土手の草地ではジャコウアゲハ♀が産卵に一生懸命です。すると、その草叢にセセリ発見。キマダラセセリ♂です。多少スレていますが、前日、寄生されてミイラ化した幼虫を見ていただけに元気な姿を見てほっとします。
f0090680_21102211.jpg
D70S-24, ISO=500, F9-1/200

 ウロウロすると、キマダラの個体数は多く、どうやら第2化♂発生のピークのようです。朝露に濡れた下草で、交尾ペアも発見。ペアを見るのは久しぶり、デジタルでは初撮影です。
f0090680_2110515.jpg
D70S-24, ISO=500, F9-1/60

 次にススキの原に突入。ススキ群落に面したアレチウリの葉上でもキマダラ♂がさかんにテリを張っています。そのキマダラ♂が突然飛び出した大きめのセセリと一瞬絡み、大型セセリはススキの葉のてっぺんに。高さ2mを越すススキに接近すると、いました、いました、待望のミヤマチャバネセセリ♂です! まだテリ張りには時間が早いのか、動きは緩慢ですが、なにせ静止位置が高過ぎて、撮影できず。そのうち、行方を見失ってしまいました。仕方なく、少しポイントを移動すると、今度は少し開けた場所で再び大型のセセリが飛び立ち、草叢に降り立ちました。慎重に接近して確認すると、ミヤマチャバネの(恐らく)♀です。縁毛もきれいに揃っていて羽化直後と思われる綺麗な個体。バシバシ写しまくりました。まずは、縦位置でパチリ。本種第2化個体の撮影もデジタルでは初です。ホワイトバランスが青味にブレるのを防止する意味でストロボを焚きました。
f0090680_21112544.jpg
D70S-24, ISO=500, F13-1/125、外部ストロボ

 この個体、かなり接近しても逃げず、一旦飛んでもせいぜい1m位で、すぐに草叢に降り立ちます。今度は自然光下、横位置で1枚。
f0090680_21114281.jpg
D70S-24, ISO=500, F13-1/60、+0.3EV

 ゴールデンウイークの頃発生する第1化個体に比較して、後翅裏面の白斑が若干小さめになるのが第2化の特徴。本種のトレードマークである基部側の小斑点も遠慮勝ちに付いていて、より一層エレガントな印象を受けます。

 このところ、相性が悪かった多摩川のセセリ成虫探索。本日はキマダラ、ミヤマチャバネ両成虫を撮影できて、久しぶりに満足する結果となりました。9時頃、急に暗くなって俄か雨が降り出しところで撤収。帰宅後、さっとシャワーを浴びて汗を流し、ビールを軽くあおると夏バテも少し吹っ飛びました(^^)

※実は、セセリ撮影の帰り道、意外なある物を発見してビックリ仰天です。これについては、後日更新いたします。その「意外なある物」とは・・・・??
# by fanseab | 2006-08-22 21:14 | | Comments(10)