探蝶逍遥記

木曽探索行(8/12-13) PartⅠ:オナガシジミ

 猛暑の関西を抜け出して、涼しい信州の高原で蝶撮影を満喫してきました。場所は管理人初体験の木曽御岳山麓。で、今回のメインターゲットは第2化のチャマダラセセリ探索です。拙ブログを開設して以来、環境省指定「絶滅危惧Ⅰ類」として、ヒョウモンモドキ、クロシジミをご紹介してきました。しかし、絶滅までのカウントダウンの観点からは、長野県のチャマ個体群が一番厳しいのではないか?と管理人は睨んでいます。Websiteで紹介されている当地での生態写真は5月中旬頃の写真が多く、8月に発生する第2化の画像は極めて稀だと思います。おまけに小生、ポイントを知っているわけでなく、今回はポイントとなりそうな牧場や牧草地を訪ねて放浪する極めて効率の悪い探索行となりました。
 もちろん、成功確率は0.1%程度と予めあまり期待せず、チャマ以外の第2、第3のターゲットも念頭に来シーズン以降の下見と割り切って高原を探索しました。
 結論から言えば、主要な牧場、牧草地を5箇所ほど丹念に調査しましたが、坊主。やはり、5月発生の第1化品に比較して難易度は上のようです。またチャマ以上に期待したホシチャ、アカセセリも坊主。スジチャ、ヘリチャ、キバネもスレが進んで撮影意欲が萎え、セセリ類に収穫はありませんでした。

 そこで、密かに第2ターゲットとしたオナガシジミで成果が出たので、初回はこの蝶についてご紹介しましょう。オナガについては、山梨県下で7月下旬~8月にかけて、結構念入りにクルミを調べた経験がありますが、出会えず。関西に拠点を変えてからは、更に珍品度が上がったので、何とかゲットしたいと長竿、脚立持参でチャマ探索の合間に根性入れてクルミ林を探索しました。

 初日に見出した2頭ばかり飛び出したクルミの木が良さげだったので、翌日朝7時半に長竿で叩き出し開始。すると、どうでしょう。次から次へと夏空にキラキラとオナガシジミが飛び出します。総数10頭ほど。どうやら「御神木」を掘り当てたようです(^^) ほとんどは真横か上に舞い戻ってしまいますが、なかには変わり者(?)もいて、下草に降りてきてくれます。この変人、いや失礼!貴重な個体をモデルに撮影を楽しめました。舞い降りたのはカボチャ畑の上。朝日を浴びたカボチャの葉の上で長い尾を風にそよがせながら、翅をスリスリし始めました。
f0090680_18423788.jpg
D70, ISO=500, F18-1/125、-0.3EV、撮影時刻:7時39分

 そのうち、いよいよご開帳。初めて見るオナガの開翅です! ビロード状の質感に朝日を浴びて、薄緑色の幻光も観察され、地味ながら深い味わいです。
f0090680_18425077.jpg
D70, ISO=500, F11-1/640、-0.3EV、撮影時刻:7時45分

 次に超広角にも挑戦。カボチャの葉が地上、かなり低い位置なので、魚眼前面レンズが泥とカボチャの葉に触れないよう、細心の注意を払っての作画になりました。バックに「御神木」が見えています。
f0090680_184355.jpg
D70-10.5-X1.4TC, ISO=500, F10-1/320、-0.3EV、撮影時刻:7時49分

 この後、体が暖まると、舞い上がってクルミの葉上に。ここでもご開帳。この角度からは淡い紫色の幻光が見えます。一見地味に見えるオナガの翅表ですが、色々と仕掛けがあって楽しめます。
f0090680_18431828.jpg
D70S-VR84@400mm(トリミング), ISO=640, F7.1-1/1250、撮影時刻:7時53分

 11時頃、別のポイントで2mほどの高さのクルミの葉上で休息している♀を発見しました。暑さを避けて木陰に身を寄せている感じ。
f0090680_18433343.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500, F13-1/50、内蔵ストロボ、撮影時刻:11時4分

 90mmマクロで撮影しようとファインダーを覘くと、ウロウロと葉の上を動き回りながら、ストローを伸ばしてなにか吸っています。おそらく吸水なのでしょう。オナガシジミのストローが黄色だってこと、読者の皆さん、ご存知でした?肛角部の橙色とセンスを合わせたような黄色のストロー。彼女、意外と洒落者です。
f0090680_1843506.jpg
D70(トリミング), ISO=500, F8-1/250、-0.3EV、内蔵ストロボ(調光-0.3EV)、撮影時刻:11時3分

 この吸水?行動。実は初日の朝9時半頃にも観察できました。また2週間前に鈴鹿山脈でキリシマ♂を観察した際にも朝方、同じようにアカガシの葉上でウロウロ歩き回りながらストローを伸ばしている姿を観察しております。ミズイロオナガやウスイロでも同じような行動を取るのか?興味のあるところです。

 今回の遠征で、これまで撮影に苦労していたのが嘘のように一気にオナガの撮影が進展しました。この高原、そこいらじゅうにクルミが生えているので、どこがポイントか困惑しますが、どうやらクルミが密集せず、南向きに開けた環境下、数本単位で生えているような場所で個体数が多い感触を得ました。次回は第3のターゲットにしていたタテハチョウの仲間をご紹介したいと思います。 (PartⅡに続く)
# by fanseab | 2006-08-14 18:52 | | Comments(14)

「管理人は見た!シジミ縁毛の後光を」PartⅢ:キリシマミドリシジミ

 拙ブログの専売特許(?)、拘りの「シジミ縁毛後光現象」関連記事です。そろそろ定番化しそうなので、ここで題名にも拘ることに。
○原×子主演のTVドラマ、「家政婦は見た!」シリーズをパクって、「管理人は見た!シジミ縁毛の後光を」シリーズといたしましょう(爆)

 で、今回はシリーズ第3弾、いよいよ大物、キリシマミドリシジミのご登場でございます。2日間、鈴鹿山中で開翅シーンと格闘している最中にも、何故か冷静にこのシリーズ企画のことを考えていた管理人でありまして、午前中遅い時間帯では、逆光でのテリ張りシーンしか拝めないため、逆にこのシリーズもの撮影には絶好のチャンスとなったのでした。

 前置きが長くなりました。まずは1枚。真下やや横からの撮影。おぉ!縁毛がサファイアブルーに輝いているではないですか!?キリシマ表翅の輝きは強烈ですが、縁毛の輝きもまた素晴らしい!! 本シリーズ撮影では強アンダーの露出設定が必要です。ここでもキリシマ撮影用にアンダーに振った条件設定。それでもオリジナル画像は縁毛が1部白トビを起こしているほど強烈な輝きです。
f0090680_22461665.jpg
D70S-VR84@400mm(トリミング), ISO=640, F10-1/320、-1.0EV

 ↑の写真は全開翅に近い状態でしたが、この後、風が吹いてきて翅を閉じかけた時、今度は目を疑う現象が! なんと、裏面全体にも淡いブルーの後光が差しています! 銀白色の裏面を持つため、表翅のサファイアブルーが透けて見えるキリシマ固有の現象なのでしょうか?ともかく、どんな角度から見ても飽きさせない素晴らしい撮影対象であることを改めて思い知らされた次第です。
f0090680_22464312.jpg
D70S-VR84@400mm(トリミング), ISO=800, F7.1-1/640、-1.7EV

 ところで、これまで本シリーズで登場したシジミの縁毛、いずれも後光の色はブルーです。「ブルー以外には光らんのかな?」なる疑問もそろそろ浮かんできました。このままだと、本企画も変化に乏しく先行きが心配です(^^; どなたかブルー以外に光るネタをご存知ないでしょうか?
# by fanseab | 2006-08-09 22:55 | | Comments(6)

多摩川セセリ探索(8/6)

 7/22に引き続き、神奈川のマイフィールド(多摩川河川敷)で午前中、セセリの探索です。ターゲットはお気に入りのギンイチモンジセセリ。愛読しているブログ:撮影日記のDさんの著した報文によれば、当地でのギンイチ2化発生は7月上旬~下旬で3化は8月下旬~9月中旬となっています。つまり、現在は2化成虫の生き残りが飛んでいることになります。

 朝7時半。川縁はもう30度近い暑さ。モンキチョウやヤマトシジミは活発に活動しています。意を決して、ススキの原に突入。ただ梅雨時と違ってかなり足元が乾燥しているので気分は楽です。成虫で一番目に付くのはヒメジャノメ。暑さを避けているのか、ススキの根元から飛び出してビックリさせられます。ただセセリはさっぱり。途中から幼虫探索に切り替え、最初に大型の長方形の巣を発見。
f0090680_2249114.jpg
R1@5.6mm, ISO=400, F3.6-1/500、-0.3EV
開けてみると、キマダラセセリでした。
f0090680_22491617.jpg
R1@5.6mm, ISO=400, F3.6-1/270、-0.3EV

体長は38mmもありますから終齢でしょうか?頭部斑紋に特徴があり、前から見た時、黒地の頭に褐色の「ハの字」がくっきりしていて、尾端にも黒班があります。個体数が多いセセリではないですが、今日の探索で2頭の幼虫を見出しました。

 お次は白地に真っ黒な頭部の4令と思しき個体。体長は約26mm。
f0090680_22495640.jpg
R1@5.6mm, ISO=400, F3.6-1/176、-0.3EV

 はて、これはいったい何セセリ? 前回(7/22付拙ブログ)「イチモンジセセリ」とした個体と同じ斑紋ですが、どうやらイチモンジではなさそう。イチモンジは3令以降、頭部は褐色に変化し、4令以降はその褐色頭部に「バットマンマーク」のような黒班が特徴となります。ですから黒一色のこの幼虫とは全く違います。また、頭部が二段になっているので、脱皮間近のようですが、この幼虫、どなたか同定して頂けないでしょうか?(※)

 結局、炎天下、約2時間ススキの原を彷徨ったものの、ギンイチ成虫は坊主。9時半頃、熱中症になる前に河原を退却しました(^^;; このままでは収まりがつかないので、3化が発生するとされる8月下旬~9月中旬頃、また当地で観察する予定です。

※maedaさんより、「コチャバネセセリ」とのご指摘を頂きました。maedaさん、有難うございました。
# by fanseab | 2006-08-06 22:54 | | Comments(8)