探蝶逍遥記

キタテハの盛衰

 キタテハについてちょっと書いてみたいと思います(添付写真はいずれも9/2-3撮影)。
 キタテハと言えば、どこにでも飛んでいる普通種のイメージですね。ところが、都市近郊では確実に減少傾向にあると感じています。小さい頃、東京都郊外で遊んでいた小生にとって、キタテハはタテハの代表で、良い遊び友達って感じでした。秋型が飛ぶ頃になると、裏面のC文字をしげしげ眺めて、「シータテハとは違うかなあ?」と何度も図鑑と照合し、「やっぱりキタテハかあ~」と落胆する・・・そんな毎日を送ってました。想いが高じて、キタテハ秋型の翅に鋏を入れてギザギザにして「偽シータテハ」を造ってボール紙とセロファンで自作した標本箱にしまったり、今から思えば涙ぐましい努力をしたものです(^^;;

 さて、先日(9/2-3)、多摩川でギンイチを探索した際、夥しい個体数のキタテハに遭遇し、ビックリしました。いつからこんなに増えたのか?それが疑問でした。多摩川畔での定点観測はかれこれ15年ほど続けていますが、7-8年前にはキタテハは殆ど見ることができず、個人的に本地域の絶滅危惧種にカウントしておりました。それが急に増えたのです。理由を考えてみました。

 一番の理由は当然ながら、食草カナムグラの復権だと思います。カナムグラは線路脇とか荒地(ちょっとした広場)に生えるツル性植物で、30年位前は、東京郊外の住宅地近辺にはどこでもはびこっていたものです。それが、いつのまにか、減ってきました。最近の公園は管理が行き届き、カナムグラのようなツル性植物はすぐに刈り取られてしまうように思えます。要は都会から「ちょっとした広場」なんて無駄な物が無くなったんですね。それと、「ちょっとした広場(原っぱ)」の主役がカナムグラやクズからセイタカアワダチソウやブタクサ等の外来植物に遷移してきたことも見逃せません。

 多摩川に話を戻すと、実は7-8年前にマイ観察ポイント付近の植生を変化させる一大イベントがありました。従来、東京都側と神奈川県側に分流していた多摩川の流れを行政が強制的に東京都側に一本化したのです。これは劇的な植生変化をもたらしました。この工事から2年間程度は川の流れ跡が沼として残っていたのですが、やがて完全に乾燥し、それまで周辺に生えていたススキは全滅、代わってそこにはセイタカアワダチソウ、ブタクサ、オオマツヨイグサ、アレチウリ等の大群落が形成されたのです。
 ススキが無くなれば、これに依存するギンイチモンジセセリ、ミヤマチャバネセセリにとって致命的です。もともと個体数が多くなかったミヤマチャバネは個体数の減少がそれほど顕著ではありませんが、ギンイチは確実に減少の一途を辿りました。

 皮肉なことに、多摩川の乾燥化で恩恵を蒙ったのがキタテハだと睨んでいます。川縁の土手とセイタカアワダチソウ等の群落の隙間に生えるカナムグラが数年前に比べ明らかに増えました。
 そして、先日のキタテハ大乱舞に出会ったのです。とにかく、モンシロやイチモンジセセリを押しのけて、咲いている花はすべて吸蜜占有しているのではないか?と思わせるほどの個体数。やっと、小学生の頃、当たり前だった光景に出会ったのでした。しかし、キタテハ増加の裏にはギンイチを大幅に減少させた乾燥化があるのです。行政が「多摩川の氾濫から住民を守る」等の名目で実施した河川工事。本音は河川管理のコストダウン(手抜き)を図りたかったのでしょう。その代償は我々蝶屋にとって、あまりにも大きかったと思います。いや、蝶屋だけではありません。それまで釣り糸を垂れていた神奈川県側住民のささやかな楽しみまで奪ってしまったのです。
 でもキタテハには何も責任はありませんね。数が多いので求愛(拒否)場面や飛翔撮影のチャンスには事欠きませんでした。各々代表的な写真を2枚貼っておきます。多摩川の植生変遷と蝶相変化の件は、いずれ某紙にでも投稿し、記録として残そうと思っています。

f0090680_21115367.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500, F10-1/200、撮影時刻:17時06分

f0090680_211291.jpg
D70S-10.5-X1.4TC(トリミング), ISO=500, F8-1/500、内蔵ストロボ(調光補正-0.3EV)、撮影時刻:8時20分
# by fanseab | 2006-09-15 21:19 | | Comments(8)

ギンイチモンジセセリ第3化探索:(9/2-3)

 待ちに待った第3化を探しに週末の2日間を多摩川の畔で遊びました。
土曜日は所用で外出できず、夕方4時からの異例に遅い出撃です。フィールドに出ると、イチモンジセセリの数が増し、秋の訪れを感じます。空も澄み渡り、流れる雲も高く、ヒンヤリとして2週間前、うだるような暑さに辟易したことが嘘のようです。

 さて、ススキの原に足を踏み入れると、いました、いました、パタパタと独特の飛翔が目に飛び込んできました。待望のギンイチです。数は少ないものの、どちらかと言えば♀が多い感じ。一番別嬪さんにモデルになってもらい、第3化であることを強調すべく、秋雲をバックに縦位置広角でまとめてみました。
f0090680_2336917.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=800, F14-1/80、-0.7EV、内蔵ストロボ(調光補正-0.3EV)、撮影時刻17時32分

 この時間はそろそろ♀の休眠タイムなのでしょう。さて、♂はと言うと、17時を回っても例のごとく、探雌行動に余念がありません。それではと、飛翔狙いで追い回してみました。飛翔写真も秋の空と雲を背景に入れることに拘ってみました。3連発でのご紹介です。
f0090680_23363553.jpg
D70S-10.5-X1.4TC(トリミング), ISO=500, F11-1/500、-0.7EV、内蔵ストロボ(調光補正-0.3EV)、撮影時刻16時54分

f0090680_23365014.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500, F8-1/500、-0.3EV、内蔵ストロボ(調光補正-0.3EV)、撮影時刻17時17分

f0090680_233786.jpg
D70S-10.5-X1.4TC(トリミング), ISO=500, F8-1/320、-0.3EV、内蔵ストロボ(調光補正-0.3EV)、撮影時刻17時20分

 夕刻故,背景側光量が不足するので、どうしてもギンイチ裏面が露出オーバーになって、露出バランスが難しいものです。日も暮れたので、今日はこれにてお終い。

 さて、翌日は朝6時40分から行動開始。狙いは♂です。ところが、数は少なく苦労します。ようやくまずまず新鮮な個体を見つけ、90mmマクロで。腹端についた朝露がご愛嬌です。
f0090680_23373764.jpg
D70, ISO=500, F7.1-1/320、撮影時刻6時59分

 引き続き、開翅を狙います。結構♂は敏感で、接近戦に持ち込めません。おまけに天気はピーカン状態。ようやく撮れたショットですが、モデルになった♂はちょっとくたびれているのが残念です。♂開翅シーンはヒメヒカゲ表翅同様、本当に表現が難しいです。
f0090680_23375499.jpg
D70, ISO=500, F9-1/800、-0.3EV、撮影時刻7時56分

 その後、昼前まで粘るものの、どこかに雲隠れ状態になったので、撤収です。近くの草地ではキバナコスモスが満開。ヒメアカやキタテハが集う光景はもう完全に秋です。これらのタテハをしつこく追い回していたのがジャコウアゲハの♂。こちらはジャコウを追い回し、コスモスをバックにパチリ。
f0090680_23381448.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500, F14-1/500、-0.7EV、内蔵ストロボ(調光補正-0.3EV)

 ススキの原の入り口では、ミヤマチャバネがまだ元気な姿で日光浴。でも、もう見納めでしょうね。
f0090680_23383180.jpg
D70, ISO=500, F7.1-1/640、-0.3EV

 今日目撃したセセリはギンイチ、ミヤマチャバネ、チャバネ、イチモンジ、キマダラの5種類。当地に住むセセリがフルキャストで観察できるのも、この時期しかないようです。とにかく、好天に恵まれた週末に感謝です。 
# by fanseab | 2006-09-03 23:41 | | Comments(18)

本体HPの更新(8/29)

 ブログを開設してから、本体HPの更新頻度が滞るようになってしまいました(^^;; それでも8月中に何とか1回はせねば・・・と思い、下記を更新しました。お時間がありましたら、覘いて下さい。
シンガポールの蝶
 ギャラリーの画像を科別表示方式に変更し、新規に4科7種を追加しました。個人的なお勧めは、奇怪な風貌の「マルモラタキネアシシジミ」、セセリファンにはたまらない魅力を持った「マネシセセリ」あたりでしょうか? お気に入りを探してみてください。
リンク集
 拙ブログにもコメントをお寄せ頂いているお三方、「虫林」、「BANYAN」、「furu」各氏のホームページを相互リンクさせて頂きました。いずれも魅力タップリのサイトです。リンクさせて頂いた管理人の皆さんにこの場を借りまして御礼申しあげます。
# by fanseab | 2006-08-29 22:52 | | Comments(4)