探蝶逍遥記

幼虫2題@川崎市北部

 昨日に引き続き、ムラツ狙いで、同じ公園に出向きました。但し、朝から曇り勝ちでなかなか日が射さず、少し諦めモード。そこで、幼虫探しに切り替えました。まずは、この近辺で分布拡大しているアカボシゴマダラです。彼らの好むエノキの幼木を中心に探索すること1時間、2頭を見出すことができました。この公園では成虫も観察されていることから、危惧した通り、世代が回り始めており、この公園で確実に定着し始めていることを示していました。
f0090680_2013169.jpg
R1@5.6mm, ISO=200, F3.6-1/39、-0.3EV

 体長は20mm程度。恐らく3令でしょう。特徴のある4対の突起が目立ちます。幼虫が付いていた幼木の高さはいずれも60-80cm程度。本当に低い株を好むようです。これから落葉した後、樹上越冬するのか、下に下りて落葉に潜むのか?継続観察をしたいと思います。

 続いて、植栽のツツジの上にヤマノイモが蔓延っているのに注目。ちょっと探すとダイミョウセセリの若令幼虫の巣跡が多数みつかりました。
f0090680_20132989.jpg
R1@5.6mm, ISO=200, F3.6-1/26、-0.3EV

 ところが、肝心の幼虫はなかなか見つけられず、やっとのことでヤマノイモの葉上に巣も作らずにノンビリしている3令?幼虫を発見。
f0090680_20134445.jpg
R1@5.6mm, ISO=200, F3.6-1/97、-0.3EV、撮影時刻:10時56分

 巣はどこにあるんだろう?と探しましたが、どうやらないようです。その後ムラツ探索から戻ってきた1時間後、覗いてみると、器用に葉をくり抜いて、葉を折り曲げる真っ最中でした(幼虫は垂直に立った葉の裏で見えません)。
f0090680_20135755.jpg
R1@5.6mm, ISO=200, F3.6-1/203、-0.3EV、撮影時刻:12時10分
 
 最初に観察した際は、造巣の前にノンビリしていたのでしょう(^^) ダイミョウは終齢幼虫で越冬するようです。できれば、この個体も継続観察しようと思います。ムラツは結局坊主でした(^^;;
# by fanseab | 2006-11-04 20:18 | | Comments(14)

秋の陽だまりを楽しむ@川崎市北部

 文化の日(11/3)は、気象学的に「晴れ確率」が極めて高い特異日として知られています。こんな日に家にいるのは勿体ない・・・と、近くの公園にコンデジ片手に出かけました。
そよ風が吹く本当に日向ぼっこが気持ち良い天候です。まずは、チラチラ飛ぶヤマトシジミ。もちろん狙い目は青♀。二番目に出会った個体は飛翔中も結構青く、これを追い回すこと5分間、ようやく落ち着いたところをパチリ。
f0090680_1865473.jpg
R1@5.6mm, ISO=200, F5.9-1/410、-0.7EV、撮影時刻:11時19分

 まずまず青いですが、12月上旬頃には更に青いのが期待できそうです。尾根筋から谷あいに降りて、カシの木に囲まれたスポットに移動します。梢の上でチラチラとシジミの影。やがて手前の木に舞い降りたのはムラサキシジミの♀。
f0090680_1872136.jpg
R1@5.6mm, ISO=200, F5.9-1/440、-1.7EV、撮影時刻:11時28分
 
 小生、本年最初のムラサキの撮影です。ピーカンに近いので普段より目一杯アンダー気味にしてようやく深い紫色が表現できました。いつもこのシジミの露出設定には苦労させられます。さて、ムラサキと言えば、兄貴(姉貴)分のツバメさんも気になりますが、残念ながらこちらは小生の前に姿を見せず。このスポット、ムラツバの集団越冬に適した湿っけのある南面。もう少し寒くなってから来ようかな?

 さて、ムラサキシジミを追いかけ始めた時、小生の後ろでデジ一をぶら下げた紳士の視線がシジミを追いかけているのに気がつきました。挨拶してお話を伺うと、なんと!小生愛読のブログ:フィールドノートのTさんでした。目的は同じだったようで、この陽だまりで暫くムラサキシジミを追いかけながら、蝶・カメラ談義。初対面でしたが、ブログ上で何回も会話しているので、旧知の間柄のような感じでお話できました。Tさん、今日はいろいろな情報有難うございました。遠征とは異なり、のんびりと秋の日差しを楽しみながらの蝶観察。癒される文化の日でした。
# by fanseab | 2006-11-03 18:09 | | Comments(14)

本体HPの更新:北タイの蝶

 本年3月末に遠征した北タイの蝶画像整理がブログの更新に追われて滞っていましたが、久しぶりに4科9種を追加しました。詳細は本体HP:「北タイの蝶」ギャラリーを参照願います。追加更新した蝶は以下の通り。

アゲハチョウ科:オオベニモンアゲハ、モンキアゲハ
シロチョウ科 :アカリスカザリシロチョウ、ムモンキチョウ
シジミチョウ科:リュウキュウウラボシシジミ、ホリイコシジミ、カクモンシジミ
タテハチョウ科:インテルメディアチビイシガケチョウ、フタオチョウ

 上記9種類の中で、日本国内で確実に見ることのできるのはモンキアゲハ、リュウキュウウラボシシジミ、ホリイコシジミ、フタオチョウの4種類です。その中でフタオチョウ(Polyura eudamippus)はご存知の通り、沖縄本島北部の森林部に生息しており、沖縄産は、表翅外縁黒色部が顕著に発達した亜種(ssp. weismanni)として稀有な存在です。ところが、最近のweb情報によれば個体数が激減しているとか。フタオチョウの分布として、ほぼ北限であることから沖縄県の天然記念物扱いとなっていますが、ヤンバルクイナ同様に、生息地の生態系が危機的な状況にあるようで今後が心配です。↓は今回、HPにアップした北タイ産のフタオチョウ(ssp.nigrobasalis)の画像。
f0090680_230388.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=400, F9-1/500

 白を基調にした高貴な佇まいの裏面、一方で豪快な飛翔力を併せ持つ、小生お気に入りのタテハチョウです。
# by fanseab | 2006-11-01 23:59 | | Comments(6)