探蝶逍遥記

ムラサキツバメ越冬集団の観察その4(12月下旬)

 前回観察からほぼ10日後、様子を見に行っていました。前夜から夜半にかけての降雨で、落葉クヌギにある仮宿の行く末が心配です。先ずは、そのクヌギをチェック。不安が的中し、3カ所共に落葉し跡形も無くなっていました。念のため別の葉に移動しているかもしれない・・・と、残ったクヌギの葉をチェックしますが、坊主。観察中にもヒラヒラ~と黄色く色づいたクヌギの葉が落ちていきます。ガッカリして、仕方なく次は柑橘類の葉をチェック。アレ~!、こちらも姿形がありません!!

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_20294069.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=1000、F7.1-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:9時49分

 どこに消えたのでしょう? 次いで、アラカシ枯葉のムラシ集団をチェック。
f0090680_20301371.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=1000、F7.1-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:9時50分

 なんと、こちらも蛻の殻。再度ガックリして、今度は柑橘類の葉を再チェック。やっと2頭のムラツを発見。
f0090680_20304114.jpg
EM12-Z12、ISO=200、F10-1/160、外部ストロボ、撮影時刻:9時42分

 この葉は東向きで、朝日が燦々と差し込む越冬には本来不向きです。1頭は日光が当たり既に臨戦態勢ですね。そのうち、2頭共に立ち上がり、飛び立つ姿勢を見せました。
f0090680_2031047.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=1000、F8-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時06分

 この柑橘樹を見上げていると、更に2頭の単独ムラツがおりました。そのうち♂1頭が微妙な姿勢で開翅。
f0090680_20311777.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=1000、F8-1/640、-0.7EV、撮影時刻:10時04分

 止まっている葉がカーリングしているので、全開できない様子です。もう少し幻光がクッキリ写るまで開翅して欲しかった!
 この日は気温上昇が著しく、10時過ぎに手元の温度計は18℃を示していました。寒さに備えて厚着をしてきたので、汗だくになっていました。ムラツ・ムラシ達も共に塒から抜け出して活発に飛翔を開始。ムラシはしきりに開翅してくれました。
f0090680_2032481.jpg
D500-34VR、ISO=50、F8-1/1600、-0.7EV、撮影時刻:10時30分

 真冬のこの時期、メタリックブルーが本当に眩しく映ります。残念ながら撮りたかった♂の開翅撮影は叶わず。この後、柑橘樹に再度目を向け、枯葉に付いていたムラシ集団をチェック。
f0090680_20322282.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=1000、F7.1-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:9時54分

 こちらは前回の2頭から3頭に増加していました。今回は矢印で位置を示しておきました。10頭集団が形成されていたアラカシの大木の梢には多数のムラシが舞っておりました。その内の1頭がある枯葉の周辺をしきりに飛び回っています。さては塒があるのかなぁ~と思って、枯葉を写してみました。
f0090680_20325171.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=1000、F7.1-1/1000、外部ストロボ、撮影時刻:9時54分

 撮影直後は気が付きませんでしたが、帰宅後チェックすると2頭のムラシ(矢印)が写っておりました。『蜘蛛の巣で絡まった複数の枯葉』、やはり典型的なムラシの塒だったのです。ここは地上高5-6mの高さにあり、肉眼で発見するのは無理があります。この日は上述したように朝方の気温が平年並み以上に上昇していたので、「蛻の殻」状態だったアラカシ枯葉(前回5頭集団が観察された葉)の個体が飛び去って周囲をヒラヒラ飛び回っていたのかもしれません。もう少し気温の低い日に再訪問して塒を確認する必要があるでしょう。もしかすると、アラカシに複数の塒があるのかもしれません。

 それにしてもクヌギ仮宿に集っていたムラツは何処に行ったのでしょう。合計21頭ですから、柑橘樹へ半数程度移動していることも期待したのですけどねぇ~。念のため周辺にある集団を形成しそうな常緑広葉樹を複数チェックしたものの、ムラツの姿はありませんでした。

 さて、記事:「ムラサキツバメ越冬集団の観察その2」でご紹介したウラギンシジミの様子も確認しました。
f0090680_20334867.jpg
D500-34VR、ISO=500、F8-1/200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時57分

 こちらは全く動いておりません。3週間ほど同一静止位置で、微動だにしていない様子。無駄な活動を抑制し、ひたすら体力を温存しているのでしょう。
# by fanseab | 2017-12-26 20:37 | | Comments(2)

ミドリシジミの越冬卵(12月上旬)

 前々回の記事で訪問した谷戸で、ミドリシジミ越冬卵の探索もしてみました。結構苦労して2卵塊、合計5個を見出しました。越冬卵を見出したハンノキです。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_2118571.jpg
TG4@4.4mm(トリミング)、ISO=200、F8-1/50、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:10時57分

 この日は快晴でした。ミドリシジミ越冬卵やコムラサキ越冬幼虫など、樹皮上での越冬個体探索は曇天日が好ましく、晴天だと、樹皮上の明暗コントラストが激しくて、越冬卵を見逃しやすいのです。それでも何とか卵塊(上図矢印AおよびB)を見つけることができました。矢印Aの2卵塊をコンデジでお気楽拡大撮影。
f0090680_21185440.jpg
TG4@18mm(自動深度合成+トリミング)、ISO=1600、F6.3-1/100、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:11時01分

 比較的汚れが少なく、寄生もされていない様子。次に矢印Bの3卵塊。
f0090680_21191015.jpg
TG4@18mm(3コマ深度合成+トリミング)、ISO=200、F4.9-1/30、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:11時05分

 こちらも綺麗な卵塊。ところで、管理人は当地のミドリシジミ越冬卵を4年連続して調査中で、2014、15年の両年は豊作状態でした。直径15cm程度の比較的若い株をチェックすると、一株あたり30卵は付いておりました。しかし、2016年暮れの調査では激減しており、翌年の発生数が懸念されました。そして本年6月、予想通り、個体数は少なくなっていました。♂の卍飛翔はある程度確認できましたが、「乱舞」と呼ぶのにはほど遠く、ガッカリしたのでした。2015,16年の6月には簡単に撮影できた♀産卵シーンも本年6月には産卵場面にも出会えない始末・・・(^^;; 今回の調査結果より、恐らく来年2018年の発生個体数も本年並と思われます。ゼフ発生個体数は数年の周期性を示すものが多く、当地のミドリシジミも同様な経過を辿っているのかもしれません。数年後に再度、乱舞状態になることを期待したいものです。
# by fanseab | 2017-12-20 21:21 | | Comments(2)

ムラサキツバメ越冬集団の観察その3(12月中旬)

 前回に引き続き川崎市内のポイントへ。ほぼ1週間後、どうなっているかのチェックです。先ずは柑橘類の集団。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_2219713.jpg
D500-34VR(2コマ深度合成+トリミング)、ISO=2000、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:10時06分

 前回から数を減らし、ムラツ6→5頭、ムラシ3→1頭の6頭混群になっていました。次にアラカシ枯葉上のムラシ集団をチェック。
f0090680_22194322.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=2000、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:10時02分

 アララ!こちらも数が大幅に減っています。10→5頭と半減してしまいました。枯葉の下半分に止まっていた個体が無くなっています。こんな短期間に減るとは!野鳥の食害なのか?理由は不明です。この後、先ほど確認した柑橘類に怪しげな枯葉を見っけ!
f0090680_2220875.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=2000、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:10時07分

 駄目元で撮影したところ、何と2頭のムラシが斜め対向して潜んでいました。『蜘蛛の巣で複雑に絡まった枯葉・・・・・』、これムラシ越冬個体探索時のキーワードですが、改めて原則通りの擬態に感心します。2頭がどこにいるか?分かりますか(直線状の触覚がヒント)。

 この後、ブログ仲間の あーとまんさん(クリックでジャンプ)からご教示頂いた栗の木をチェック。3箇所に越冬個体が潜んでいました。最初は18頭の大集団。
f0090680_22214264.jpg
D500-34VR(2コマ深度合成+トリミング)、ISO=2000、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:9時53分
f0090680_22215618.jpg
D500-34VR(3コマ深度合成+トリミング)、ISO=1000、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:10時13分

 仔細に点検すると、ムラツ15頭、ムラシ3頭の混群でした(1-2頭の計測誤差があるかも)。やはり20頭近くの集団は見栄えがします。この集団の近くに単独ムラツ越冬個体がいました。
f0090680_222221100.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=2000、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:9時54分

 鮮やかな黄色に色付いた栗の葉を背景にすると、独りぼっちで越冬するこの子が寂しそうに見えますね。定員オーバーで止む無く移動してきた個体でしょうか?更にこの子からやや離れた位置にムラツ5頭集団がありました。
f0090680_22225624.jpg
D500-34VR(2コマ深度合成+トリミング)、ISO=1600、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:9時56分

 結局、栗の木にはムラツ21頭、ムラシ3頭、合計24頭の越冬個体を見出しました。もちろん、栗は落葉樹。期限付き賃貸マンションに過ぎません。落葉後、彼らはどこに永住先を見出すのか? 興味の焦点が絞られました。
 あーとまんさん、情報有難うございました。
# by fanseab | 2017-12-17 22:29 | | Comments(2)