探蝶逍遥記

<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ムラサキツバメ越冬集団の観察その5(1月中旬)

 年も明けて、前回観察から3週間以上経過してしまいました。連続観察ポイントでは、「あーとまん」さんもフォローしていて、どうやら12月30日時点で、ムラツ集団は消滅していたとのこと。期待はできませんが、念のため確認してみました。ウロチョロしてみても、やはり集団はゼロ。但し、柑橘樹葉上に単独越冬個体を発見。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_21263098.jpg
EM12-Z12、ISO=200、F13-1/50、外部ストロボ、撮影時刻:9時53分

 やはり、単独越冬は寂しそうな雰囲気ですね。この後、撮影の刺激でビューッと飛び去ってしまいました。撮影時の気温は14℃近くもあったので、体温も暖まっていたのでしょう。ついでに周囲の枯葉をチェックするものの、ムラシの姿も皆無。シラカシの梢上を舞う姿もありません。更にウラギンシジミの姿も消えてしまいました。年末年始にかけてそれほど荒天もなかったのですが、残念な結果に終わりました。

 さて、前回記事でご紹介した拙宅近くのウラギンは相変わらず元気ですけど、この子と同じく、拙宅から徒歩1分圏内で、別の個体も発見しました。
f0090680_21271045.jpg
EM12-Z60、ISO=500、F5-1/125、撮影時刻:13時22分(ムラツとは異なる撮影日)

 低層マンションの東南角地にあるクチナシの植栽が住処。株は綺麗に直方体に剪定されていて、北風を完璧に遮断できています。静止している葉は南西を向いていて、午後西日を受けられる配置を取っています。こうしたポジション取りは本当に絶妙で、いつも感心させられます。
by fanseab | 2018-01-18 21:27 | | Comments(0)

越冬ウラギンシジミ(1月初旬)

 新年明け初撮りは拙宅近くの民家脇へ。サザンカの植え込みに潜んでいたウラギンシジミを、異なる日時に異なる機材で写し分けてみました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_20583598.jpg
EM12-Z12、ISO=200、F14-1/50、外部ストロボ、撮影時刻:10時37分
f0090680_20584670.jpg
TG4@18mm-gy8(トリミング)、ISO=100、F4.9-1/500、内蔵ストロボ、撮影時刻:9時37分
f0090680_20585591.jpg
D500-10.5X1.4TC、ISO=500、F14-1/80、外部ストロボ、撮影時刻:14時18分

 撮影条件としては、完全逆光になってしまったTG4が一番厳しい感じ。フレアが盛大に発生するのは魚露目の宿命。一方、久しぶりに使用したNikon対角魚眼とX1.4テレコンの組合せは相変わらずシャープな画像を叩き出してくれて感心しました。このところフォーサーズで広角画像を撮ることが多かったので、APS-Cの画面比率、2:3が16:9のように細長く見えてしまいますね。

 しかし、このような撮り比べが出来るのも、ウラギンがジッとしてくれているお蔭です。通行人がひっきりなしに通る小道ですが、人通りが多いため野鳥も接近し難く、ウラギンにとっては、却って良好な越冬場所かもしれません。この先、春まで様子を覗うことにします。
by fanseab | 2018-01-08 21:01 | | Comments(6)

謹賀新年

 皆様新年明けましておめでとうございます。関東地方は昨年に引き続き、穏やかな元旦を迎えたようです。本年も拙ブログのご愛顧の程、よろしく申し上げます。コメントも沢山頂けると幸いです。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_9144879.jpg
D500-34VR、ISO=2000、F8-1/1250、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2017年9月7日、9時35分、撮影地:台湾台東縣蘭嶼島

 さて、昨年末は2017年度の「振り返り記事」をアップしませんでした。これも含め、最近拙ブログの更新頻度が低下してきたことを自覚・反省しております。因みにここ5年間の記事数を確認してみました。

2013年: 103
2014年:  88
2015年:  75
2016年:  66
2017年:  61

 何と、ものの見事に右肩下がり(^^;; このままでは絶滅危惧ブログになりかねませんので、今年は少し頑張ってみたいと思います。昨年は、4月と9月に二回、台湾蘭嶼島へ遠征してきました。目的はアップした画像、コウトウキシタアゲハ(Troides magellanus)♂後翅の幻光色撮影。何とか撮影に成功した証をご紹介しました。但し、♂の翅は痛みやすく、この個体の前翅も結構スレが目立ちます。♂同士のバトルは想像以上に激しく、翅はあっという間に傷が付いていくのです。そんな事情で、本当の完品個体を撮影するのは難題でした。
 まぁ、しかし、高所を飛び回る本種の飛翔は雄大で、ウットリします。本種のように今年も力強く羽ばたきたいと思っております。

改めまして、本年もよろしくお願いします<(_ _)>
by fanseab | 2018-01-01 09:16 | | Comments(24)