探蝶逍遥記

<   2016年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

コチャバネセセリ終齢幼虫の越冬準備

 8月下旬に山梨の高原でスジボソヤマキチョウ等を撮影した帰路、いつも立ち寄るクマザサ群落を訪れてみました。このポイントでは例年、8月下旬~9月にかけて、僅か5m四方の一角にコチャバネセセリの終齢幼虫が10頭以上確認できます。言わば、コチャバネのホットスポット。今回も相当数の巣を発見。

+++画像は原則クリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_14505526.jpg
TG4@5.5mm,ISO=100、F2.3-1/60、-1.0EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:14時09分

 別の巣を開封した状況です。
f0090680_1451846.jpg
TG4@5.5mm,ISO=100、F2.3-1/30、-1.0EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:14時06分

 丸々と太った幼虫が入っています。2頭をお持ちかえりし、拙宅で飼育を実施。拙宅近くにクマザサがないので、代用食としてメダケとオカメザサの2種を準備し、幼虫に与えたところ、メダケは全く見向きもせず、以後オカメザサで飼育を継続。終齢(5齢)幼虫の全景です。
f0090680_14513567.jpg
TG4@18mm(自動深度合成+トリミング),ISO=100、F3.8~4.9-1/100~1/60、内蔵ストロボ、撮影時刻:9時55分

 全長23.5mm。背線はやや濃い緑色。気門線は白色で頭部はほぼ漆黒。次に頭部正面の拡大像です。
f0090680_14515751.jpg
TG4@18mm(自動深度合成+トリミング),ISO=100、F4.9-1/100、内蔵ストロボ、撮影時刻:9時48分

 頭部には模様が全くなく、面白みに欠けます。幼虫は葉を食い尽くすと随時、新しい葉に移動し、葉を折り畳んで巣を造ります。造巣中の終齢幼虫です。
f0090680_14522699.jpg
D71K-1855改@24mm(トリミング),ISO=100、F10-1/250、-1.0EV、内蔵ストロボ、撮影時刻9時21分(9月上旬) 

 頭部を左右に振りながら吐糸を繰り返し、気長に造巣していきます。前胸部背面(頭部のすぐ後ろ)に黒色リングがあるのが、本種終齢幼虫の最大の特徴。まるで黒いネックレスを付けているようですね。
 終齢幼虫は個体#2が8月30日、個体#1は9月2日に越冬巣を形成しました。
f0090680_14525132.jpg
D71K-85VR(トリミング),ISO=100、上段F10(下段F8)-1/250、上段-1.0EV(下段-0.3EV)、外部ストロボ、撮影時刻10時15分(9月上旬) 

 巣全長は#1で35mm、#2は39mm。中脈から葉を上手にピッタリ折り畳み、内部より隙間なく吐糸して周囲を閉じ込んでいます。#1の巣を白矢印方向から見込んだ絵がこちら。
f0090680_14531693.jpg
D71K-85VR(6コマ深度合成+トリミング),ISO=100、F8-1/250、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻10時11分(9月上旬) 

 いつも参考にしている保育社の図鑑(※)には下記のような記載があります。
『巣が完成すると中脈を食い切って巣を地上に落下させる。(中略)地上に落下したあと老熟幼虫は巣から前半身をのり出し、巣を引きずって這いまわる・・・』
 まるで、ウラキンシジミの老熟幼虫が食樹のトネリコの葉を食い切って地表に降下する(所謂ウラキンパラシュート)習性とそっくりです。但し、今回の飼育では2頭共に中脈を食い切ることはなく、そのまま吐糸して巣を封じ切りました。管理人の蝶飼育経験は乏しいものですが、本図鑑記載と異なる挙動を示す事例は数多くあります。図鑑はあくまで「道しるべ」であって、記載された文言全てを盲信してはいけないと自戒しております。
※福田晴夫ほか,1984.原色日本蝶類生態図鑑(Ⅳ).保育社,大阪

 さて、越冬巣内の老熟幼虫は越冬後、翌春摂食することなく蛹化し、羽化する習性があります。日本のセセリチョウでは、コチャバネを除けばミヤマセセリ、ギンイチモンジセセリなど旧北区系の種に見られる特殊な越冬態様。従って飼育での最大のポイントは「人工的に越冬環境をどこまで実現できるか?」に尽きます。実は昨年もコチャバネ幼虫の越冬実験にトライし、見事失敗してしまいました。反省点としては幼虫周辺環境が湿度過多になったこと。そこで、今回は下記の方法をトライしてみることに。
 先ず越冬容器の準備です。
f0090680_1455071.jpg
TG4@4.5mm(トリミング),ISO=200、F2-1/40、-0.7EV、内蔵ストロボ

 百均で①台所の生ゴミ回収トラップ(画面左)と、②プラ製植木鉢(同右)を購入。植木鉢の底には鉢植用底石と川砂を鉢の高さ半分ほど敷き詰めます。
f0090680_14552241.jpg
TG4@4.5mm(トリミング),ISO=100、F2-1/30、-0.7EV、内蔵ストロボ

 ①には電子レンジで消毒したオカメザサの葉を敷詰め、越冬巣(黄矢印)を入れ、更にその上をオカメザサの葉で覆います。①の底面は鉢に入れた(底石+砂)と直接接触しないよう、ある程度の空間を持たせました。次に①を②の上に置き、これをナイロンストッキングでカバーした後、洗濯用ネットで一体化し、拙宅北側軒先に吊るし下げました。
f0090680_145555100.jpg
TG4@4.5mm(トリミング),ISO=200、F2-1/1250、-0.7EV、内蔵ストロボ

 植木鉢の底面は地上高90cmほど。昨年の反省から湿度過多防止目的で、風通しの良さを優先させた配置としました。これだと逆に乾燥過多になる可能性もあるので、時折、如雨露で水差しする計画です。果たして首尾よく越冬が成功するか、春まで上手く越冬できれば、また顛末記事でご紹介します。もちろん、意気揚々と記事が書けることを期待しているのですが・・・。
by fanseab | 2016-10-30 15:02 | | Comments(6)

オオヒカゲ♀の終焉(9月下旬)

 ブログ仲間のCさんよりオオヒカゲ♀産卵適期の情報を頂きました。ポイントの北関東までは拙宅から結構距離があり、躊躇したのですが、思い切って出かけてきました。蝶撮影目的で北関東へ出撃するのは初体験。東北自動車道を使うのも本当に久しぶりです。予想通り渋滞に嵌って現地附近には正午過ぎに到着。オオヒカゲの産卵は夕方なので、暫くは別ポイントをブラブラ・・・。しかし大した成果もなく、オオヒカゲポイントへは13時45分に到着。すぐに数頭のオオヒカゲが登場、先ずはホッとしました。 

+++画像は原則クリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_9405126.jpg
D71K-34VR(トリミング),ISO=400、F9-1/400、-0.3EV、撮影時刻:13時58分 

 羽ばたきは弱々しいですけど、高所を飛んで葉上や樹上に止まり、開翅日光浴をしておりました。吸水をしている個体もいてビックリ。
f0090680_9411131.jpg
D71K-34VR(トリミング),ISO=400、F9-1/400、-0.3EV、撮影時刻:14時04分 

 オオヒカゲの吸水シーンは♂♀問わず初体験です。当初♂と思いきや、後翅翅脈形状からやはり♀でした。産卵活動に必要な養分を吸収しているのでしょうか? 14時40分頃、♀個体がフラフラ上空から降りてきて、茎に掴まり翅を震えさせる動作を開始。
f0090680_9414011.jpg
D71K-34VR,ISO=400、F9-1/250、-0.7EV、撮影時刻:14時41分 

 さては産卵がスタートしたか!と色めき立ちましたが、止まっているのは枯茎。それに腹端も付けておりません。その後、葉上に移動し、今度こそ産卵かと思わせました。
f0090680_9415636.jpg
D71K-34VR,ISO=400、F9-1/250、-0.7EV、撮影時刻:15時11分 

 しかし、ここでも腹端を付けておらず、産卵はしない様子。暫く他の個体を探索した後、さきほどの個体を探すも姿がありません。どこへ隠れたのか、視線を動かした先に有った姿にビックリ。何と水面に翅を全開させて浮いておりました。
f0090680_9421688.jpg
GX7-P8,ISO=200、F14-1/50、外部ストロボ、撮影時刻:15時37分 

 活動の最終盤で弱っており、誤って水面に落ちたのでしょう。水の表面張力に抗して必死に飛び上がろうとしても、その力が残っておらず、無残な姿を晒していたのだと思われます。撮影中、彼女はついに翅を閉じてしまいました。
f0090680_9423485.jpg
GX7-P8,ISO=200、F14-1/40、外部ストロボ、撮影時刻:15時42分

 完全にこと切れたかと思い、手で母蝶を掬い取ると、微かに未だ力が残っていたので、地上の茎に移して止まらせました。オオヒカゲの食草であるスゲ類が生えているのは基本的に湿地。母蝶は6月の羽化以降、凡そ3ヶ月以上生き延びて9月に産卵をします。最後の産卵を終え力尽きた母蝶は、沼の水面に浮かんで最後を迎える個体も多いのでしょう。丁度、10年前の9月。三重県鈴鹿山中でキリシマミドリシジミ♀の終焉を観察して感動した(外部リンク)ことを思いだしました。渓谷の水面に朽ち果てて浮かぶ、キリシマ♀のブルー班が未だに目に焼き付いております。

 今回は残念ながらオオヒカゲ♀の産卵シーンを撮影できませんでしたが、♀の最後を見届けることができて、満足しております。なお、オオヒカゲの産卵は通常16時前後らしいのですが、今回、現地気温の推移を持参した温度計測ロガーで確認したところ、14時30分で25℃、15時57分で22℃と夕方に向けて低下傾向を示しました。実際、14時過ぎから陽射しが急に弱まり、オオヒカゲの活動もパタッと止まったのです。恐らく産卵には最低25℃程度の気温が必要なのかもしれません。後日、情報提供頂いたCさんは13時30分頃の産卵シーンを撮影されています。恐らく残暑が残る9月中旬頃で、日照(照度)・気温が問題ない条件では16時頃に産卵時間帯のピークを迎え、そうでなければ、午後の比較的早い時間帯に産卵行動を開始するものと思われます。「オオヒカゲの産卵は夕刻16時頃・・・」の固定観念に囚われたことを反省しております。本種産卵シーン撮影は来シーズン以降の課題としましょう。
by fanseab | 2016-10-20 21:50 | | Comments(4)

アオスジアゲハの蛹

 ムラツ蛹殻を発見したマンション周辺にはクスノキ植栽が多数あり、今年5月上旬にはアオスジアゲハの産卵シーン(外部リンク)を撮影することができました。

 さて、この近辺を散歩する時は、クスノキに付いているアオスジ幼虫や蛹の探索もすることにしております。但し、幼虫に比較して蛹の発見は容易ではありません。そんな中、偶然目線より少し上で、運良く蛹を発見できました。蛹がどこに付いているか皆さん、お分かりですか?

+++画像は原則クリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_1839518.jpg
GX7-P8,ISO=200、F16-1/100、外部ストロボ、撮影時刻:15時12分(9月下旬)

 アオスジの蛹化は通常、頭部を葉の基部に向けて行われます。この葉は先端が切れている関係上、この体勢では尾端を固着できないことを嫌ったのでしょう、尾端を葉柄側に向けて蛹化しております。ミカドアゲハの蛹化挙動(外部リンク)と同じですね。尾端と葉の基部が一致しているため、擬態効果満点です。画面向かって左側からも完全逆光で撮影。
f0090680_18402418.jpg
GX7-P8,ISO=200、F16-1/100、外部ストロボ、撮影時刻:15時13分(9月下旬)

 蛹の黄色い条線はクスノキ葉脈を実に見事に真似ていますし、蛹表面のザラザラ感も葉裏の質感を忠実に再現しているように思えます。この完璧な擬態故、蛹の発見は相当難易度が高いのです。ただ、今回発見したような未寄生蛹は結構稀で、通常発見できるのは茶褐色に変色した寄生蛹である場合が多いのです。寄生蛹の事例もご紹介しておきましょう。
f0090680_18405985.jpg
TG4@18mm-gy8,ISO=200、F6.3-1/100、-0.3EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:11時30分(10月上旬)

 この蛹は幹から非常に近いため、ミラーレス魚眼では撮影不可能。そこで、止む無く(コンデジ+魚露目)で撮影。なお、最初にご紹介した蛹は後日、無事羽化したことを確認でき、ホッといたしました。また、この蛹と同じ株の実生に終齢幼虫2頭がいるのを発見。蛹化挙動を楽しみしておったのですが、残念ながら剪定業者がバッサリ実生を除去したため、望みが叶いませんでした。観察成就の有無は定期的伐採のタイミングに依存しているのも、市街地ならではの厳しさです(^^;
by fanseab | 2016-10-14 21:51 | | Comments(2)

ムラサキツバメの蛹化場所(9月下旬)

 ビロードハマキを観察したマンション敷地にはマテバシイが数株あります。株数が少ないためか、ムラサキツバメは数年おきにしか確認できません。しかし、今年は当たり年なのでしょう、8月頃からマテバシイの樹冠を高速で飛び回る姿がしばしば目撃されました。実生をチェックすると卵や幼虫の姿も確認していたのですが、先日成葉表面に幼虫にしては黒味を帯びた個体を発見。数頭の蟻も群れておりました。直ぐに終齢幼虫ではなく、蛹と判明。本来なら蟻を付随した蛹の画像を写すべきでしたが、失念。後日訪れると既に羽化済でした。これがそのマテバシイの全景。

+++画像は原則クリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_1031824.jpg
TG4@5.5mm,ISO=400、F2.3-1/30、内蔵ストロボ、撮影時刻:16時01分

 矢印#1が蛹殻の位置。地上高約1.5m。実生から伸びた成葉上です。因みに矢印#2は別の実生株上にあった卵の位置。次に蛹殻の拡大像です。
f0090680_104040.jpg
D71K-85VR(2コマ深度合成+トリミング),ISO=200、F10-1/320、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時25分

 蛹殻の体長は14mm。この絵のようにムラツは蛹化の際、前後の葉上に太く吐糸して葉を湾曲させる習性があります。これまで屋外で管理人が観察できたムラツ蛹殻は全て「マテバシイ株根元にある枯葉裏」にありました。このように「成葉上に蛹化した事例」は管理人にとって初体験。念のため観察したマテバシイの根際にある枯葉を葉捲りしてみると、案の定、ムラサキツバメの羽化済蛹殻を発見。
f0090680_1052691.jpg
D71K-85VR(トリミング),ISO=200、F10-1/320、-1.0EV、撮影時刻:14時31分

 撮影の便宜上、枯葉を裏返しております。マンション構内の植栽に対しては、結構頻繁に剪定や枯葉掃除が実施されます。その影響か、当該株下にも枯葉は非常に少なく、僅かに残された枯葉を求めて複数の老熟幼虫が同一枯葉に集中して蛹化するのでしょう。
by fanseab | 2016-10-09 20:13 | | Comments(6)

ビロードハマキ(9月下旬)

久しぶりに蛾の話題です。以前から一度は観察したかったド派手な蛾、ビロードハマキ(Cerace xanthocosma)を拙宅近くのマンション植え込みで発見。

+++画像は原則クリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_163530.jpg
D71K-85VR,ISO=200、F10-1/100、外部ストロボ、撮影時刻:15時45分

 白班の大きさ・密度から♀のようです。前翅長は26mm。クスノキの葉に下向きに止まっていました。遠目からも違和感があり、近くで見てもやはり異様な姿です。そもそも頭部が上にあるか?下にあるのか?ちょっと見、迷うデザインですね。2日後、成虫が飛び去ってから同じ場所を訪れてみました。恐らく蛾が静止していた場所は巣に違いないと思い、その確認が目的です。先ずは全体像。
f0090680_1634275.jpg
D71K-85VR(トリミング),ISO=400、F10-1/125、外部ストロボ、撮影時刻:14時12分

 クスノキの葉4枚を結構厳重に綴っています。開封してみると、蛹殻が確認でき予想通り、ビロードハマキ終齢幼虫が使用していた巣でした。
f0090680_1635948.jpg
D71K-85VR(4コマ深度合成+トリミング),ISO=400、F10-1/125、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時12分
 
 蛹殻の体長は23mm。真っ黒な終齢幼虫頭殻も確認できました。吐糸の量も半端なく多く、繭と言っても過言ではない造巣形式ですね。他にも同じ巣がないか?チェックすると、もう一つ蛹殻が残された巣を発見。
f0090680_164244.jpg
TG4@18mm(トリミング),ISO=100、F2.3-1/100、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:10時53分

 こちらの蛹殻全長は17mm。少し小さいので、♂の蛹殻でしょうか。更に同じ株から別の巣を発見。
f0090680_1644271.jpg
D71K-85VR,ISO=400、F8-1/160、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時19分

 こちらは手の届かない高さなので開封はしておりません。茶色に変色したクスノキの枯葉が樹上で不自然に残っていれば、彼らの巣のようです。それでは他の株からも巣がみつかるのか、ざっと10本ほどクスノキ株を検しましたが、全く巣を発見できず、個体数はそれほど多くないようです。この近辺は30年ほど連続観察している場所ですが、ビロードハマキを発見したのはこれが初めて。ネット上で調べると東京近辺では2003年頃を境に急速に個体数が増加しているとのこと。理由として「地球温暖化」なる安直な用語が使用されています。ただ管理人は食樹の一つ、クスノキが街路樹や庭園植栽として分布・拡大したことが東進(北上)化の一因だろうと考えています。現時点での北限は福島県南部。ホストを同じくするアオスジアゲハの生息北限が青森県なのに対し、緩やかな北上モードになっています。越冬態はアオスジが蛹、ビロードハマキが幼虫。やはり耐寒性の観点からアオスジアゲハが有利なのでしょうね。
by fanseab | 2016-10-05 22:53 | | Comments(0)

オナガシジミの越冬卵(8月下旬)

 スジボソヤマキやキマダラモドキを撮影したポイントでは、いつもゼフ越冬卵探しもしています。特に2013,14年と2年連続で越冬卵を発見したミズナラの株は、よほどゼフが好むのか、何と50cmも離れていない枝先でジョウザン(2013年)とウラミスジ(2014年)の卵を見出しています。言わば、「ご神枝」ですね。で、今回も「大吉の御神籤」を引くべく付近の枝先を引っ張りましたが、残念ながら坊主。今年後半の運勢はあまり期待できないようです(^^;
 でも諦めきれず、今度は駄目元でオニグルミの枝先もチェック。このポイントは7-8年前、オナガシジミが多産していたのですが、ここ2-3年は全く見ることもできず、期待はしておりませんでした。ところが3株目で「大吉」を引きました。定番とも言える、低く伸びた枝先から3卵発見。その内2卵がこちら。

+++画像は原則クリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_1491962.jpg
TG4@18mm,ISO=100、F4.9-1/100、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:13時36分
f0090680_1493643.jpg
TG4@18mm(自動深度合成+トリミング),ISO=100、F4.9-1/100、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:13時35分

 ゼフ越冬卵の採卵は、飼育目的であれば落葉した冬場の探索が楽。但し撮影目的となれば話は別です。特に超拡大する場合は卵表面の汚染有無が重要なポイント。産卵直後に撮影するのがベストですが、いつもそうはいきません。そこでなるべく産卵後時間経過の少ない時点で採卵したいのです。オナガの場合、母蝶産卵時期は概ね8月上旬頃でしょうから、今回採卵品も産卵後1ヶ月以内とみなされます。拙宅に持ち帰り定番の超拡大撮影。
f0090680_1495072.jpg
GX7-P1442@42mm-P14R(上段4コマ/下段6コマ深度合成+トリミング),ISO=200、F8~9-1/250、外部ストロボ

 期待通り、ほぼ汚れはありません。直径は0.8mm。高さ0.42mm。撮影した卵は精孔が2つあるように見え、僅かに楕円形をしております。こんな事例もあるのでしょうか?表面は正三角柱が整然と並んだ極めて対称性の高い構造。何度見ても綺麗な眺めです。ゼフ越冬卵の中でも管理人お気に入りのデザインですね。現在、卵は屋外保管しており、12月頃から冷蔵庫保管へ切替、来春3月頃室内に戻して飼育する予定です。
by fanseab | 2016-10-02 20:15 | | Comments(0)