探蝶逍遥記

<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新潟のギフチョウ(4月中旬)

 先ず熊本地震で犠牲になられた方々に心から哀悼の意を表します。また、被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げます。明日は我が身・・・、拙宅で疎かになっていた身近な地震対策をこの2-3日で慌てて実施いたしました。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 東京近辺で桜が満開になると、そろそろ雪国のギフをみたくなります。今年はギフの発生が全般に早め・・・の情報が耳に入っていたので、心配しながらの出陣でした。途中、越後湯沢近辺の雪の少なさにビックリ。「ギフがボロボロじゃないといいけど・・・」心配の種は尽きません。しかし、この日は朝から快晴。お天気の心配は無用。ご一緒する蝶友、MH氏ご夫妻と合流し、同氏の運転でポイントへ。現地に着くと、最初の一頭が枯葉上へ。綺麗な♂を見て、それまでの心配が吹き飛びました。
 
+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_951669.jpg
D71K-34VR、ISO=200、F7.1-1/800、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時11分

 丁度、カタクリが満開ですが、吸蜜は狙わず、この日は飛翔に注力することにしました。最初は300mmでの超望遠飛翔撮影。カメラを一点に置き、体を動かさずに撮影する最も体力消耗の少ないやり方です。病み上がりにはベストな方法ですが、歩留りが最も少ない撮影法であることが難点(^^; およそ8年前からこの方法をトライしており、アウトプットイメージは常に頭に刻み込まれています。つまり『ピンク色に染まったカタクリ畑を悠然と舞うギフチョウ。超望遠効果でピンク色の霞と化した背景を、目にも鮮やかなダンダラ色が飛び跳ねる・・・』 ただねぇ、所詮これアウトプットイメージでして、現実は厳しく、毎シーズン没画像の山に溜息ばかり出ています。この日は凡そ700コマ連射して、「当り籤」は5コマほど。その中のベストショットがこちら。
f0090680_961740.jpg
D71K-34VR、ISO=400、F5-1/3200、外部ストロボ、撮影時刻:10時14分

 出来は理想イメージにかなり近いかな(完成度80%?)。ノートリでここまで仕上がれば御の字です。次はセカンドベスト。
f0090680_963778.jpg
D71K-34VR、ISO=400、F6.3-1/3200、-0.7EV、撮影時刻:11時48分

 「背景を完全に抜かす」意図で地面スレスレに構図を固定し、ギフが来るのを待機してのショット。惜しむらくはギフが中央に配置されず右端に来てしまったこと。まぁ、いつも悩まされるジンクス:『ジャスピン画像画面端の法則』が適用されてしまった訳です。一枚目同様、右端にギフが配置されていますが、一枚目では蝶の向かう方向が画面中央なので、絵に緊張感が出る効果をもたらします。一方、二枚目では蝶は画面右端に逃げていくので、何とも締まりのない絵になってしまうのです。二枚目でギフが画面中央、それも中央のカタクリ花弁の直上に配置されれば文句の無い絵になります。そんな絵が撮れたらギフの300mm望遠飛翔撮影は卒業したいです。現実と言えば卒業は難しく今年も留年のようで、来シーズンに期待しましょう。次は広角飛翔。こちらも体力消費の少ない超高速連射で。
f0090680_974820.jpg
GX7-Z12(トリミング)、ISO=400、F5.6-1/3200、撮影時刻:11時53分
f0090680_9818.jpg
GX7-Z12(トリミング)、ISO=400、F5.6-1/3200、撮影時刻:11時53分
f0090680_981252.jpg
GX7-Z12(トリミング)、ISO=400、F5.6-1/3200、撮影時刻:11時53分

 同一個体の40コマ/秒連射画像から3枚を抜き出してみました。一枚目は背景にゼンマイが写りこんで春らしい雰囲気が出ました。この日、置きピン27cmでトライしたのですが、明らかに前ピンで、ギフはピンボケです。置きピンは33cm付近にすべきだったと反省。2枚目は一番バランス良く仕上がった構図。3枚目は急に飛翔方向を変え、カメラに突進してきた瞬間。置きピン位置に入ったので、ギフ背中のモフモフ感も描写され、迫力が出たお気に入りのショットです。

 この日は飛翔に注力した結果、定番のカタクリ吸蜜画像撮影は諦めておりました。そんな折、午前10時半頃、一頭の♂が目前で吸蜜を始めました。「よしっチャンス!」と意気込んでファインダーを覗くと、どうも動きが変。そのうち翅が3枚見えて、「うわっ、交尾!」と二度ビックリ。慌てて撮った露出オーバーの失敗作をご覧下さい(右が♀)。
f0090680_983261.jpg
D71K-34VR、ISO=160、F10-1/125、外部ストロボ、撮影時刻:10時24分

 カタクリの花弁下に集うギフ交尾ペア。何とも贅沢な絵になりました。管理人はこれまで交尾シーンを複数回撮影しておりますが、いずれも枯枝や枯葉の上。意図的演出行為(?)を含めてカタクリ上に集う交尾シーンはこれが初体験。このペアは比較的おとなしく飛び去る気配がないので、暫く飛翔撮影に注力した後、じっくりと広角で環境描写をしてみました。
f0090680_985186.jpg
GX7-Z12、ISO=200、F3.2-1/3200、-0.7EV、撮影時刻:11時02分

 交尾に至る過程を再度検証してみると、①羽化直の♀がカタクリ花弁に静止し、翅を乾かしていた。②そこに♂が飛来し、速攻で交尾成立。普段見慣れている交尾過程は飛翔中の♀を♂が追い落とし、地面でガサゴソ格闘した後、大願成就するパターン。今回はさしずめ「静謐なる大願成就編」になるのでしょう。♂は苦労も無く、思いを遂げられたためでしょうか、本当に幸せそうな顔をしておりました(笑)

 さて、ランチ休憩後、現場を離れ別ポイントを探索。ここはどうやら発生末期のようで、♂の鮮度が芳しくありません。それでもスミレ吸蜜に来た場面をゲット。
f0090680_991045.jpg
D71K-34VR、ISO=200、F8-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時17分

 スミレ吸蜜シーンも難しいですね。この日は16時前から薄曇り状態になったため、結局、↑の画像を撮影した15時半頃が最後の吸蜜タイムだったようです。この現場では悪戯半分で、コシノカンアオイの葉捲り遊びをしてみました。そしたら、こんな物が見つかりました。
f0090680_992411.jpg
TG4@18mm-gy8、ISO=100、F4.9-1/160、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:15時35分

 一瞬、ギフ幼虫と思ったのですが、実態は蛾類幼虫(種名同定できず)。人騒がせな集団でした。正真正銘のギフ卵塊も発見できずガッカリでした。それでも、本当に好天に恵まれ春の一日を楽しむことができました。同行して頂いたMHさん、お世話になりました。またどこかでご一緒しましょう。今回は病み上がりで長距離運転に自信が持てなかったので、往復新幹線での遠征。それでも帰宅後の疲労感は半端ないものでした。撮影意欲はギンギンに回復しても、体力が未だ正直追いついていないのです。体力が戻るまで、もう少し辛抱が必要かな?
by fanseab | 2016-04-17 20:35 | | Comments(10)

テングチョウの産卵(4月上旬)

 コツバメ撮影をした谷戸では丁度エノキの芽吹きが始まり、テングチョウ産卵のピークを迎えておりました。テング産卵シーンは昨年撮影済。今回の目的は腹端と卵の同時写し込みです。運が良いことにすぐに目標達成!

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_9251467.jpg
D71K-34VR(トリミング)、ISO=200、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時06分

 母蝶が斜め下を向いてくれたお蔭で右前翅表まできちんと表現できました。春先のテング産卵シーン撮影ではどうしても裏面から覗き込むアングルになり易いので、表翅の表現って、結構難易度高いのですよ。この絵で産んでいるエノキの新芽先端にも別の1卵が確認できます。続いてエノキ新芽の隙間に産みこんでいるシーン。
f0090680_9254264.jpg
D71K-34VR(トリミング)、ISO=200、F11-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時22分

 既に2卵産卵済みで、3卵目を産んでいる瞬間です。昨年の記事(外部リンク)でもご紹介したように、テング♀の産卵器官は独特で、先端は細い円錐形。その部分を母蝶の頭の向きまでほぼ180度屈曲可能な機能を有しております。産卵準備行動中の♀画像を貼っておきます。
f0090680_9264064.jpg
D71K-34VR(トリミング)、ISO=200、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時45分(この絵のみ3月下旬撮影)

 矢印で示した円錐形暗赤褐色部分が産卵器官。この後、更にこの部分を枝に平行まで曲げ、エノキの新芽と枝部分の隙間に潜入させ、産卵するのです。円錐形産卵器官はエノキの新芽をこじ開けて、その隙間に産み付ける場合にも効果を発揮しています。2枚目の産卵シーンで産み付けられたエノキ新芽の拡大像です。
f0090680_927765.jpg
TG4@18mm(トリミング+6コマ深度合成)、ISO=100、F4.9-1/500、内蔵LED、撮影時刻:10時36分

 この新芽には手前側に3卵、反対側に2卵、合計5卵も産み付けられていました。TG4の画像もISO=100で撮影できれば、ご覧のように素晴らしい解像度が期待できます。卵は俵型。産卵直後は淡緑色を帯びた乳白色で、次第にベージュ色に変化していきます。超拡大撮影は拙宅に持ち帰り撮影しました。撮影に用いたのは↑の新芽ではなく、別の卵塊。卵の全体像を把握したいので、思い切って新芽を枝から取り除いて撮影してみました。
f0090680_9272449.jpg
GX7-P1442@42mm-P14R(トリミング+5コマ深度合成)、ISO=200、F11-1/250、内蔵ストロボ+スレーブ2灯増灯、撮影時刻:15時53分

 卵形状の全体像把握はこれでOK。但し、産卵器官より同時に射出される接着剤が卵表面に残っているため、表面微構造は上部と下部以外は隠されてしまい、上手く表現できません。卵直径は0.58mm。高さは0.88mm。俵型ですが、精孔のある上部はやや扁平化しているようです。タテハチョウ科は通常葉上に産卵される関係上、卵の底部は平面もしくは、扁平形状であるのに対し、テングチョウ卵は逆に底部先端が窄まっています。新芽の隙間や新芽と枝の隙間に卵を埋め込ませるに最適化された形状なのだと思います。さて、もう少し接着剤の影響が少ない卵で再撮影。
f0090680_9274076.jpg
GX7-P1442@42mm-P14R(トリミング+上段4コマ/下段5コマ深度合成)、ISO=200、F11-1/250、内蔵ストロボ+スレーブ2灯増灯、撮影時刻:15時53分

 何とかマシな画像ですが、それでも接着剤の影響を完全には回避できないようです。精孔部付近はタテハチョウ科に共通する縦条隆起とこれに直交する線で構成されています。但し縦条隆起の数は、タテハチョウ亜科に属するルリタテハ(10本)・ヒオドシチョウ(9本)より圧倒的に多い35本。パッと見、シロチョウ卵のような独特な雰囲気ですね。
by fanseab | 2016-04-11 21:23 | | Comments(2)

コツバメなど(3月下旬)

 ギフを見る前に低山地のスプリングエフェメラルを撮ろうと思い、東京都下の谷戸に出かけてみました。コツバメの様子を観察すると、例年より個体数が多いようでホッといたしました。ベロニカが青い絨毯のように敷き詰められた草地で日光浴です。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_1132317.jpg
D71K-34VR、ISO=100、F5.6-1/400、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時01分

 静止が撮れたら、次は飛翔狙い。勿論体力消耗を考え、マイクロフォーサーズ・超高速連射でトライします。レンズは環境描写優先に考え敢えて対角魚眼を使用してみました。
f0090680_1134653.jpg
GX7-P8、ISO=400、F6.3-1/4000、撮影時刻:9時32分

 コツバメは飛び出し方向が予測困難なため、やはり飛び立ちの瞬間に「当り籤」が沢山ありました。春の青空をなるべく強調しようとしたトリミングショットがこちら。
f0090680_114586.jpg
GX7-P8(トリミング)、ISO=400、F6.3-1/4000、撮影時刻:9時37分

 青空の中にポッカリと浮いたコツバメ翅表の瑠璃色表現が理想ですが、そうは問屋が卸しませんね。3枚目はこの日のベストショット。
f0090680_1142153.jpg
GX7-P8、ISO=400、F6.3-1/4000、撮影時刻:10時00分

 コツバメはやや遠目ながら、ベロニカの「絨毯」にタネツケバナの穂先も配されて「谷戸の早春」らしい雰囲気描写がベストでした。
 梅の木の脇で、2頭のコツバメが一瞬絡んで離れました。1頭は結構スレ気味で、やや明るめの個体。その子が梅の花で吸蜜し始めたので覗きこんでみると、何とスギタニルリシジミでした!
f0090680_1143883.jpg
D71K-34VR(トリミング)、ISO=200、F11-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時28分

 恥ずかしながら、管理人はスギタニの吸蜜シーンはこれが初体験。この谷戸でスギタニは結構珍品で、毎春1頭観察できるか否かのレベル。もう少し拘って写そうとしたら、どこかに雲隠れしてガッカリでした。お仲間のルリシジミもベロニカで一生懸命吸蜜しておりました。
f0090680_1145433.jpg
D71K-34VR(トリミング)、ISO=100、F5.6-1/400、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時01分

 春一番のルリシジミは小さい個体が多いですね。この子もヤマトシジミ位のサイズでした。この日、越冬明けタテハ類は産卵に忙しい様子。アカタテハが一番撮影チャンスを多く与えてくれたので、ちょっと追跡してみました。最初の一枚。
f0090680_1152097.jpg
D71K-34VR、ISO=200、F10-1/500、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時17分

 アカタテハはテングチョウよりも気温が低くても産卵行動を起こすように思います。この時期のカラムシ類は本当に小さく、アカタテハの母蝶もカラムシの新芽を探すのに相当苦労しておりました。↑の画像では腹端が新芽に隠されてしまいましたが、産卵済の3卵も確認できます。産卵に適した新芽が限られるので、どうしても同じ株に集中して産む傾向があります。次はこの日のベストショット。
f0090680_1153486.jpg
D71K-34VR、ISO=200、F10-1/500、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時19分

 腹端の先に青緑色の卵が確認できます。腹端・卵・複眼・翅これら全てをジャスピンで撮影するのは結構骨が折れるものです。右手前の枝がなければ最高だったのですけどねぇ~。それにしても、母蝶は地面から顔を覗かせたばかりの小さな株を良く発見できるものですね。一方、ルリタテハ♀も産卵したがっておりましたが、こちらは撮影機会ゼロ(^^; 桜も5分咲き以上だったこの日、早春のシンボル、キブシの黄色い花房にも注目してみました。ここにスギタニでも・・・と期待したものの蝶影はなく、やってきたのはメジロ。
f0090680_1154783.jpg
D71K-34VR(トリミング)、ISO=200、F10-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:10時30分

 吸汁の瞬間ではないですが、カメラ目線の表情が何とも可愛かったので、アップしておきました。暖かな陽光の下、スプリングエフェメラルを十分堪能できた一日でした。
by fanseab | 2016-04-05 21:51 | | Comments(2)

モンキチョウで開幕戦(3月下旬)

 「開幕戦」って、既に鳥達を撮っているのでは?と読者の皆様の声が聞こえてきそうです。そう、もちろん、今年の「新生蝶の初撮り」レポートですよ! 
 お蔭様で、ようやく蝶を追いかけてもOKの体調まで復帰した実感があったので、多摩川縁の土手でモンキの追っかけ・・。ただ体への負担軽減を考慮してAPS一眼での通常飛翔撮影ではなく、マイクロフォーサーズ・超高速連射でのお手軽撮影を選択しました。先ずは撮影地の情景描写がベストだった一枚。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_15562370.jpg
GX7-Z12、ISO=400、F7.1-1/2500、撮影時刻:9時52分

 浮遊感の表現がベスト。次はワンコと散歩している方とのツーショット。
f0090680_15563733.jpg
GX7-Z12、ISO=400、F7.1-1/2000、撮影時刻:10時27分

 管理人は犬種に詳しくありませんが、テリアの一種でしょうか? ワンちゃんと蝶が対話しているような・・。そんな雰囲気が出せたかな? お次は縦位置トリミングでのベストショット。
f0090680_1556561.jpg
GX7-Z12(トリミング)、ISO=400、F7.1-1/2000、撮影時刻:10時27分

 置きピン位置20cm(使用レンズの最短撮影距離)で何とかジャスピンで撮れた一枚です。次の2枚はジョガーとの絡み。
f0090680_15571134.jpg
GX7-Z12(トリミング)、ISO=400、F7.1-1/2500、撮影時刻:9時49分
f0090680_15572436.jpg
GX7-Z12(トリミング)、ISO=400、F7.1-1/2500、撮影時刻:10時23分

 この日は主に12mm広角レンズで撮影しておりましたが、8mm対角魚眼でもトライ。ハイリスクローリターン覚悟で狙った結果、一コマだけ良い仕上がりになりました。
f0090680_15573722.jpg
GX7-P8、ISO=400、F7.1-1/2000、撮影時刻:10時00分

 ノートリでここまで描ければ満足です。惜しむらくは、チャリの車輪が土手で隠されたこと。ジョガーよりもサイクリストと絡む確率は低いため、アウトプットイメージ通りの仕上がりは厳しいです。結局、普段の概ね1/4活動した段階で、息切れして終了。眩暈発生後、初めての有酸素運動は流石に体に堪えました。それでもようやく蝶を追いかけることができるようになった満足感に浸ったのでした。
by fanseab | 2016-04-01 21:51 | | Comments(4)