探蝶逍遥記

<   2015年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ギンイチモンジセセリ第3化の産卵(8月下旬)

 前回綺麗なギンイチモンジセセリ♀を確認したので、産卵狙いで再度出撃。今回は拙宅から車で10分ほど離れた個体数の多い多摩川縁のポイントを探索してみました。しかしオギ群落の状況が一変し、タケニグサや外来植物が繁茂しており、ギンイチの姿がありません。仕方なく、駐車場に戻る途中、道路脇の草地を歩いていると、ヨタヨタとギンイチが飛び出しました。良く見るとススキ等、イネ科の草丈が揃い、密に生えているギンイチが好む環境でした。暫く探索すると全部で5頭ほど確認。一番綺麗な♀に狙いを付けますが、全く不活発な状態。暫く待機すると少し開翅してくれました。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_20232744.jpg
D71K-34VR、ISO=400、F9-1/500、撮影時刻:12時14分

 ラッキーな事に表翅は全くの無傷! 半開翅状態なので、表翅と裏面がバランス良く表現できるように工夫してみました。ブログ仲間のkenkenさん(外部リンク)が、しばしば「表翅と裏面を同時に表現するのがお好み・・・」と書かれております。そうなんです!ギンイチのように表翅(漆黒)・裏面(黄金色)の配色デザインが完璧に異なる蝶では、kenkenさんならずとも、両サイドを同時表現するべきですね。そのうち全開したので、こちらもパチリ。
f0090680_20241121.jpg
D71K-34VR、ISO=400、F9-1/500、撮影時刻:12時17分

 曇り空が幸いして、表翅のシットリ感が上手く表現できたように思います。この後、思い立ったように飛び立ち、産卵をスタート。数回産卵を終えると、葉に静止して日光浴。5-10分ほど休憩して産卵を再開・・・。こんなリズムを繰り返しておりました。ホストになるイネ科の葉が密に生えている場所に好んで産むのと、産卵の瞬間に体をクルリと回転する傾向があるので、本種産卵シーンの撮影はいつも苦労します。最初に失敗例を2コマアップしましょう。
f0090680_20253538.jpg
D71K-34VR(トリミング)、ISO=400(左)/200(右)、F11/(左)9(右)-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時21分(左)/13時11分(右)

 左は葉被りの事例。右はアングルが悪く、腹端と卵の同時表現がイマイチのショットです。全体で30回ほど産卵行動を目撃しておりますが、合格ショットは10回ほど。何とかOK判定した画像を3コマアップしておきましょう。
f0090680_20261252.jpg
D71K-34VR、ISO=400、F11-1/640、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時23分
f0090680_20263585.jpg
D71K-34VR、ISO=200、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時53分
f0090680_20264717.jpg
D71K-34VR(トリミング)、ISO=200、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時11分

 3枚目の産卵シーン前後の腹端を拡大したのが次の画像。
f0090680_20271810.jpg
D71K-34VR(トリミング)、ISO=200、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時11分17.40秒(上)/13時11分18.30秒(下)

 産卵管が出てから0.9秒で産卵完了です。また母蝶が葉に止まってから産卵を終えるまでは約3-4秒。この間にフレーミングとフォーカシングを完了させねばならないので、難易度が高いですね。♀を追跡している途中、新鮮な♂も見つけたので、思わずパチリ。
f0090680_2028596.jpg
D71K-34VR、ISO=200、F5-1/640、-0.7EV、撮影時刻:12時42分

 羽化直なのでしょうか?♀がすぐ近くを飛翔しても全く反応しません。「発情?」するのは羽化後、結構時間がかかるのでしょうかね。この子もそのうち半開してくれました。
f0090680_20282011.jpg
D71K-34VR、ISO=200、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時44分

 無傷を期待したものの、残念ながら右前翅基部に傷があります。それと画面中央左を斜交する前ボケが汚く、ガッカリです。
 過去、管理人の撮影したギンイチ産卵シーンは全て第1化でして、第3化産卵シーンは今回が初めて。今まで第3化品は残暑と格闘しながら撮影するイメージがあり、積極的に撮る気がしませんでしたが、この所異常に冷涼な気候なので、撮影意欲が湧きました。しかも綺麗な♀個体に巡り会えて、ほぼ理想的な開翅シーンも撮ることができ、満足して帰宅いたしました。
by fanseab | 2015-08-30 22:18 | | Comments(6)

ギンイチモンジセセリ第3化(8月下旬)

 久しぶりにマイフィールドの多摩川縁をお散歩。翌日に対岸で花火大会が開催されるため、堤防の草地は花火見物陣取り用レジャーシートで占有されております。皆さん、凄い努力をされるのですね。暑いので木蔭の散歩道に入るとサトキマダラヒカゲ2化がウジャウジャ出てきます。丁度発生のピークなのでしょう。ヒメウラナミジャノメも暑そうに下草付近で休止しております。時々飛び立つオレンジ色の物体はキマダラセセリ第2化。この子は午前中、木蔭で集団休息する傾向があるように思います。茶褐色のセセリを確認すると、この近辺ではやや珍品のチャバネセセリでした。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_20571232.jpg
D71K-34VR、ISO=400、F10-1/400、撮影時刻:9時56分

 湿り気のある木蔭では路上で吸水する個体もおりました。
f0090680_20572242.jpg
D71K-34VR、ISO=400、F10-1/320、外部ストロボ、撮影時刻:10時24分

 明るい草地でパタパタ飛ぶギンイチ♀を発見。産卵挙動と思しき行動をしていたため、追跡しました。
f0090680_20581589.jpg
D71K-34VR、ISO=200、F10-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時08分

 イネ科の葉にタッチして直ぐに飛び立つ行動を繰り返しており、産卵かと思いきや、そうではなく、静止するための好みの葉を探索している様子でした。そのうち、ようやく落ち着いてくれました。
f0090680_205852100.jpg
D71K-34VR、ISO=200、F4-1/1000、-0.7EV、撮影時刻:10時18分

 この後、11時頃まで粘りましたが動きは無く、所用もあるため、現場を離れました。ご覧のようにお腹もパンパンで卵が沢山詰まっている様子。沢山産んでくれることを期待しましょう。マイフィールドでのギンイチ第3化♀は昨年も撮影済ですが、今回は結構綺麗な個体だったので、少し得をした気分でした。多摩川縁の特産セセリであるもう一種、ミヤマチャバネは全く確認できず。オギやセイバンモロコシの葉に産卵した形跡も無く、何となく今シーズンは個体数が少ないと感じております。秋口に終齢幼虫巣がどの程度観察できるのか?注目していきたいと思います。
by fanseab | 2015-08-24 22:57 | | Comments(4)

ホシミスジの飼育メモ

 昨年秋に実施した飼育記録です。記事にアップするタイミングを逸しそうなので、思い切ってまとめてみました。採卵は東京都下。この時の記事こちら外部リンク
 シジミバナに産卵されていた2卵を飼育。初齢途中までシジミバナを、その後、ホスト調達が容易なユキヤナギに変えて終齢まで使用。孵化翌日の初齢幼虫です。

+++画像は基本、クリックで拡大されます+++
f0090680_103915.jpg
D71K-1855改@26mm(トリミング)、ISO=100、F13-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日:2014年9月21日

 体長2.1mm。葉の中脈上に静止する姿はNeptis属に共通するものですね。食痕を示します。
f0090680_1039197.jpg
D71K-1855改@24mm/18mm(トリミング)、ISO=100、F13-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日:9月21日

 左右ほぼ対称に、葉の縁から中脈方向に円弧状に食い切っていきます(左)。中脈まで到達すると、中脈を噛み切って葉を萎れさせ、中脈上に静止します(右)。その後、萎れた葉を糸で綴って巣を造り、幼虫は巣内部に潜入。
f0090680_10394152.jpg
D71K-85VR(トリミング)、ISO=200、F13-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日:9月25日

 シジミバナが枯渇したので、9月28日にホストをユキヤナギへ変更。但し幼虫はシジミバナの巣を変えることなく、そこに潜みつつ、ユキヤナギを摂食していきます。9月29日に2齢。
f0090680_1040050.jpg
D71K-1855改@24mm(上段のみ3コマ深度合成、トリミング)、ISO=200、F13-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日:9月30日

 体長3.7mm。体色が緑色から褐色に変化。第1~3腹節あたりが尾端側より膨らんできました。この時期、幼虫は相当に敏感で、撮影目的でホストに触れたショックで直ぐに巣内に潜り込むため、幼虫全景の撮影に苦労しました。巣を破壊すれば撮影は容易ですけど、幼虫に無用なストレスを与えないための配慮です。2齢幼虫の食痕も例示します。
f0090680_1040174.jpg
D71K-1855改@18mm(トリミング)、ISO=200、F11-1/320、-0.7EV、内蔵ストロボ+スレーブ2灯、撮影月日:9月29日

 10月2日眠、翌日3日に3齢。
f0090680_10403374.jpg
D71K-1855改@24mm(上段2コマ/下段4コマ深度合成+トリミング)、ISO=200、F13-1/250、-0.7EV、内蔵ストロボ+スレーブ2灯、撮影月日:10月6日

 体長6.6mm。一様だった体色が一変。第7~9腹節側背面側が濃褐色に。気門に沿った褐色ラインも目立つようになります。それと背面の棘状突起が発生しています。10月7日に眠、翌日4齢へ。
f0090680_1040515.jpg
D71K-1855改@24mm(3コマ深度合成+トリミング)、ISO=200、F13-1/250、-0.7EV、内蔵ストロボ+スレーブ2灯、撮影月日:10月8日

 体長8mm。背面の模様が複雑になり、棘状突起はより発達。3齢より出現した第7~9腹節側面の白班が目立ってきました。なお、4齢への脱皮以降、それまで使用していた巣は放棄しました。 巣の全長より体長が優ったためでしょう。新規に巣を造り直すことはせず、ユキヤナギの枝上等に台座を作り、静止しております。13日に眠、翌日14日に5齢(終齢)。
f0090680_10483645.jpg
D71K-85VR(4コマ深度合成+トリミング)、ISO=160、F13-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日:10月26日

 体長20mm。第7~9腹節側面の白班は鮮やかな淡緑色に変化、体全体をホストの枯葉に擬態する効果があるのかもしれません。10月29日に前蛹へ。
f0090680_10413546.jpg
D71K-85VR(3コマ深度合成+トリミング)、ISO=200、F11-1/125、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日:10月30日

 体長19mm。31日に蛹化。
f0090680_10415230.jpg
D71K-85VR(4コマ深度合成+トリミング)、ISO=200、F11-1/320、外部ストロボ、撮影月日:11月1日

 体長15mm。飴色で細かいひび割れのような黒線が入っています。11月18日頃、翅部分がやや黒化。19日朝には腹節も緩み、羽化が迫ってきたサイン。ホシミスジ独特の前翅中室白斑パターンもくっきりと確認できます。
f0090680_1042103.jpg
D71K-85VR(3コマ深度合成+トリミング)、ISO=200、F11-1/320、-1.0EV、外部ストロボ、撮影月日:11月19日

 同日9時過ぎに♀が羽化。僅かな隙で今回も羽化の瞬間は確認できず。既に翅が伸びきった後に撮影。
f0090680_10423354.jpg
D71K-85VR、ISO=200、F11-1/100、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日・時刻:11月19日9時59分

 孵化後60日目でした。今回飼育に供した亜種setoensis(近畿低地型個体群※)は多化性が特徴で基本年3化ですが、小生は関西在住時、11月下旬に第4化と思しき新鮮な個体を撮影したことがあります。ですので、11月羽化は屋外でも少数ですが発生するのでしょう。

 さて、今回飼育に供した別の1卵は全く異なる経緯を辿りました。孵化は同日で2齢到達まではほぼ一緒。但し、10月上旬頃から摂食量が激減しました。今回羽化した個体が一日当たり50個程度の糞を出していた頃、別個体は僅か10個程度。明らかに越冬モードに入ったようでした。10月31日に3齢到達後、予想通り摂食を完全に止め、巣内で越冬態勢に入りました。保管は冷蔵庫ではなく、昼間は冷暗所、夜間は屋外に出す方式。年が明けて2015年3月12日に冬眠から覚め、巣から出てウロチョロし始めました。既に屋外のユキヤナギは新芽が出始めており、これを供しましたが、食いついてくれません。結局摂食不良で、3月19日に★様になってしまいました。素直に冷蔵庫保管にした方がよかったのか?幼虫越冬品の管理は結構難しいですね。ミスジチョウやオオオミスジ等年1化品の越冬幼虫保管はどのようなノウハウがあるのか?できれば他のNeptis類飼育にもチャレンジしたいものです。

※福田晴男、2012.日本産ホシミスジの現状と課題Ⅱ.やどりが(233):16-34.
by fanseab | 2015-08-23 10:44 | | Comments(2)

コジャノメの飼育メモ

 この夏の暑さは異常で、遠征する気力も萎えてしまうほどです。そんなこんなで拙ブログも長期夏休みを取らせて頂いておりました(^^;
 さて、再開最初の記事は本年5月末に採卵したコジャノメの飼育メモです。産卵関係記事こちら(外部リンク)。

 今回はチヂミザサ葉裏に付いていた2卵を飼育に供しました。全ステージ、与えた食草は全てチヂミザサです。因みにチヂミザサは拙宅の狭い庭の日陰に雑草として茂っているので、ホスト調達の苦労は全くなし。5月27日に孵化。孵化翌日の初齢幼虫です。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_2153832.jpg
D71K-85VR(トリミング+2コマ深度合成)、ISO=200、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日:5月28日

 体長4.5mm。初齢の食痕も示します。
f0090680_216690.jpg
D71K-85VR、ISO=200、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日:5月28日

 葉の縁に平行に食い進んでいきます。31日に2齢へ。
f0090680_2162313.jpg
D71K-85VR(トリミング+上段3コマ/下段2コマ深度合成)、ISO=100、F13-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日:6月3日

 体長は10mm。全身緑色から一変してやや褐色を帯びた体色になりました。腹端から背線部に延びる赤褐色のラインが目立ちます。これは終齢まで保持されるコジャノメ幼虫の特徴です。Mycalesis属中齢幼虫で「腹端から背線部に赤褐色のラインが延びる」特徴を有するものとしては、
キレバヒトツメジャノメ:M.zonata(mucianus?)
コヒトツメジャノメ:M.sangaica
があり、一方、我が国の南西諸島に棲む
リュウキュウヒメジャノメ:M.madjicosa
はヒメジャノメ同様、赤褐色ラインは出現しません。
 さて、6月4日に3齢に到達。
f0090680_2172719.jpg
D71K-85VR(トリミング+上段3コマ/下段2コマ深度合成)、ISO=100、F13-1/320、-1.0EV、外部ストロボ、撮影月日:6月7日

 体長15mm。全体の特徴は2齢と同じ。ただ、尾端突起が長くなり、やや遠目から眺めると、頭部と尾端が区別し難くなります。一種の擬態効果を狙っているのでしょうか? 6月9日に4齢へ。
f0090680_2174763.jpg
D71K-85VR(トリミング+2コマ深度合成)、ISO=100、F11-1/250、-1.0EV、外部ストロボ、撮影月日:6月12日

 体長21mm。全体に褐色が優り、メタボ体型になってきました。また腹節を斜交する条紋が目立ちます。ここで同属のヒメジャノメ4齢幼虫と形状の比較をしておきましょう。
f0090680_2181289.jpg
ヒメジャノメは昨年10月撮影分

 4齢到達後の経過日数が各々異なるので、厳密な比較ができませんが、体型・体色は全く異なることが一目瞭然です。4齢幼虫の食痕も示します。
f0090680_2184863.jpg
D71K-85VR、ISO=200、F10-1/250、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日:6月12日

 チヂミザサの葉軸をほぼ垂直に食い切る特徴があります。これは野外で亜終齢および終齢幼虫を探索する時の良きヒントになるものと思われます。6月14日に眠、翌15日に終齢(5齢)に到達しました。
f0090680_219677.jpg
D71K-85VR(トリミング+上段3コマ/下段2コマ深度合成)、ISO=200、F13-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日:6月18日

 体長28mm。メタボ体型が保持され体色が完全に褐色に変化。全般にNeope属(キマダラヒカゲ)終齢幼虫を彷彿とさせる性状です。23日に前蛹へ。
f0090680_2194432.jpg
D71K-85VR(トリミング+3コマ深度合成)、ISO=100、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日:6月23日

 体長14mm。面白いことに体色が褐色から淡緑色に変化しました。翌24日に蛹化。
f0090680_2110194.jpg
D71K-85VR(トリミング+左4コマ/右3コマ深度合成)、ISO=200、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日:6月25日

 体長14mm。体色は淡緑色。腹部が明るく、4対の小斑点が目立ちます。ここで同属のヒメジャノメ蛹と形状差異を確認しておきましょう。
f0090680_21101954.jpg
ヒメジャノメは昨年10月撮影分

 形状差が明白で、幼虫同様、蛹もコジャノメは遥かにメタボ体型です。懸垂器の色が両者で異なるのも面白いですね。蛹化6日目の6月30日に翅部分が白化し始め、その後、前翅表眼状紋が確認できるようになりました。羽化前日の姿です。
f0090680_2111194.jpg
D71K-85VR(トリミング+3コマ深度合成)、ISO=100、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日:7月2日

 そして7月3日、無事♂が羽化しました。
f0090680_21112334.jpg
D71K-85VR、ISO=100、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日:7月3日

 いつも通り、羽化の瞬間には立ち会えずガッカリ(^^; 外縁から縁毛にかけての模様がとっても綺麗!
 さて、飼育した別個体は6月27日に蛹化。7月6日に♀が羽化しました。
f0090680_2111561.jpg
D71K-85VR、ISO=200、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日:7月6日

 「一姫・二太郎・・・」ではなく、「一太郎・二姫」と産み分け?に成功し、満足しております。この際、♀羽化の瞬間は目撃できましたが、撮影できず、蛹殻から抜け出した後、翅を伸ばす経過を何とか観察できました。
f0090680_21122443.jpg
D71K-85VR、ISO=200、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日:7月6日

 羽化後、5分でほぼ完全に翅が伸びております。羽化直後の瑞々しい表情は種を問わず、素晴らしい眺めだと思います。さて、偶々飼育した個体が♂♀だったので、蛹形状の比較もしておきましょう。
f0090680_21124760.jpg


 成虫同様、♂に比較して♀の腹部が大きいこと、更に翅形差(♀前翅の外縁が♂に比較してより丸みを帯びる点)も確認できます。最後に幼虫各ステージ頭部の変化をまとめてみました。
f0090680_2113729.jpg


 猫顔として一番可愛いのは3齢でしょうかね。終齢は鬚も白くなった老猫かな?全般に顔の地色が黒いので、ヒメジャノメに比較すると可愛さはイマイチかもしれません。ヒメジャノメ同様、飼育は全般に楽な部類だと思いました。
by fanseab | 2015-08-14 21:18 | | Comments(2)