探蝶逍遥記

<   2014年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

キマダラセセリの産卵行動を探る(6月下旬)

 管理人の拙宅近くを流れる多摩川はセセリ類が豊富です。キマダラセセリもこの流域に棲む普通種ですが、産卵場面の観察は意外と手強いのです。昨年、第2化発生時期(8月中~下旬)に♀を真面目に追跡してみました。以下、昨年夏の観察結果です。
文献(※)によれば、産卵時間帯は「午前11時30分~午後2時」と記載されております。
※福田晴夫他、1984.原色日本蝶類生態図鑑(Ⅳ).保育社、大阪.
 この図鑑の記載内容全てを信用することはできないので、念のため午前9時~夕方5時頃まで一日中♀を追いかけてみました。その結果、図鑑の記載通り、正午前後にそれらしき行動に出ることが判明しました。先ず、アズマネザサの群落表面を舐めるように飛び、時々群落内に潜り込む個体を目撃。残念ながら産卵したかどうかは確認できず。二回目は比較的明るい環境でイネ科への産卵を目撃するも、草叢の陰で、産卵場所が特定できずこれも撮影に失敗。
 そして今年。リベンジするためには第1化から追跡が必要と考え、正午前から多摩川縁をウロチョロしてみました。キマダラセセリは多摩川中流域に広く分布するセセリですが、生息場所は相当局地的です。今回調査した20mX400mのエリアでキマダラが確認できるのは僅か10X50mの一角。そのポイントの生息環境です。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_2229514.jpg
TG2@4.5mm、ISO=200、F2.8-1/1600、撮影時刻:12時04分

 段丘上にアズマネザサが生い茂った北向きの一角で、ヒメジョオンの群落があります。ヒメジョオンの周辺は特に個体密度が高く、常時10頭ほどの個体がここで観察できます。吸蜜源はそのヒメジョオンおよびこの画像では確認できませんが、丈の低いアカツメクサとなっていて、クズおよびアズマネザサ葉上が主たる休息場所です。この個体密集ポイントで♀が産卵行動をスタートさせるタイミングを待ちました。しかし、正午前後で確かにこの場を離れる個体を目撃するのですが、物凄いスピードで飛び立つこともあって行先を特定できません。逆に言えば、どうやら休息場所=産卵場所ではないことに気が付きました。そこで↑の画像の左奥方向へ移動して探索していると、怪しげな1頭の♀を発見。アズマネザサの上を飛んだ後、エノコログサと思われるイネ科に産卵しました。産卵時刻は12時40分。残念なことに、この時オートフォーカスが迷って産卵現場の撮影はできずガックリ。確か、葉先に頭部を向けたスタイルで、腹端を葉先に向ける、イチモンジセセリやミヤマチャバネセセリとは挙動が異なっておりました。産卵状況です。
f0090680_2230356.jpg
GX7-Z60、ISO=400、F10-1/320、内蔵ストロボ、撮影時刻:13時28分

 裏面の端部に産んでおり、色はほぼ白色。産卵環境もアップしておきましょう。
f0090680_22305498.jpg
TG2@4.5mm、ISO=400、F8-1/320、撮影時刻:10時38分

 黄色丸印が産んだエノコログサの位置。地上高約40cm。昨年の経験と併せてみると、日当たりの良い場所で草叢の低い位置に産みつける傾向があるように思います。結局延べ2日間♀を追跡したものの産卵行動を目撃したのは一回のみ。相当な難物です。イチモンジセセリのように、産卵モードに入ると連続的に当たり構わず産んでいくスタイルとは異なり、産卵→休止(吸蜜)→産卵のサイクルが確認し難いのです。
 産卵当日は卵の拡大撮影をしていなかったので、後日、再トライ。先ずは魚露目で産卵環境を撮影。
f0090680_223138100.jpg
TG2@18mm-gy8、ISO=800、F6.3-1/800、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:10時41分

 次いで拡大像。
f0090680_22314990.jpg
GX7-P1442@42mm-P14R(トリミング+2コマ深度合成)、ISO=800、F14-1/200、内蔵ストロボ(トリガー信号のみ)+スレーブ1灯+LEDライト、撮影時刻:10時55分

 直径0.92mm、高さ0.65mmのおまんじゅう型。表面に極僅かな凹凸が観察できます。色が変化して既に胚形成が始まっています。ですので産卵直後の拡大撮影を再トライしなければなりません。

 まだ第1化母蝶産卵シーン撮影のチャンスはあると思うので、もう少し粘るつもりです。それが駄目なら第2化でまたチャレンジしたいと思います。
by fanseab | 2014-06-30 22:37 | | Comments(0)

平地性ゼフ産卵シーンの探索(6月中旬)

 クロミ♂撮影終了後、午後一杯、首題シーン観察目的で林縁をウロチョロしておりました。ここはクヌギが多いことからウラナミアカが多いのですが、この日はアカシジミ、それにミズイロオナガも多く観察できました。以上3種の産卵時間帯については、文献上(※)では下記の通りとされています。

<ウラナミアカシジミ>正午過ぎ~日没前
<アカシジミ>午後1~5時
<ミズイロオナガシジミ>午後
※福田晴夫他、1984.原色日本蝶類生態図鑑(Ⅲ).保育社、大阪.

 要は3種共に午後行われるのですが、ピンポイントの時間帯はありません。その日の天候や個体によって千差万別となるのでしょう。この日は午後から強風が吹いている影響か、クヌギやコナラの目線高さの葉上に静止している個体が多く、それぞれの♀と思しき個体をそれぞれ複数個体確認し、順次巡回して産卵挙動のスイッチが入るのを注視していくことにしました。監視対象となった個体の事例画像です。先ずはウラナミアカシジミ。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_227299.jpg
D71K-34、ISO=400、F11-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時04分
f0090680_2271368.jpg
TG2@18mm-gy8、ISO=800、F18-1/100、内蔵ストロボ、撮影時刻:13時03分

 上記2枚は同じ個体です。続いてアカシジミ。
f0090680_2273626.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=500、F11-1/640、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時45分
f0090680_2275229.jpg
D71K-34、ISO=500、F7.1-1/400、-0.7EV、撮影時刻:16時01分

 これはそれぞれ別個体です。最後はミズイロオナガシジミ。
f0090680_228134.jpg
TG2@18mm-gy8、ISO=800、F18-1/100、+0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:12時02分

 午後から撤収時刻の16時45分までの観察で、途中飛散していく個体含め、3種共に産卵行動は観察できず、ガックリでした。今回少し気になったのは強風の影響です。シジミチョウの産卵を観察していると、産卵の瞬間に姿勢を急に変えることがよくあります。腹端を産卵対象に向けた後、体のバランスを取るためで、折角翅面に垂直にレンズを向けていても態勢を変えられてガックリくることがよくあります。つまり産卵対象にピンポイントに体を保持させることに母蝶は大変苦労しており、強風だと、枝先が揺れたりして腹端を好みの位置に保持することが困難になるため、風を嫌うのではないかと勝手に解釈しております。先にご紹介したウラゴマダラシジミも同じ時間帯に産卵しておりますが、産卵したイボタは強風の影響を受けない茂みの陰にありました。次回、観察のチャンスがあれば、無風の蒸し暑い日を選んでみようと思っております。

 この日は欲張りにも午前中、オオミスジの産卵シーン期待でウメやスモモの林を巡っておりましたが、こちらも坊主でした。見かけたのは4♂のみ。忙しい探♀行動の合間に1頭が愛車内に紛れ込み、ハンドル中央で管理人の手汗の痕跡を吸いに来ておりました。
f0090680_2282939.jpg
GX7-Z60、ISO=640、F8-1/200、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:8時55分

 Neptisフリークを自認する管理人にとって、大変嬉しい光景でした。
by fanseab | 2014-06-22 22:08 | | Comments(2)

ウラゴマダラシジミの産卵(6月中旬)

 クロミドリ探索の途中、林縁のクズ葉上にルリシジミの♀らしき姿が。近寄ってみるとちょっと雰囲気が異なります。あれっ、ウラゴじゃん!

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_2261638.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時52分

 新鮮な♀でした。後翅は結構暗い型でしょうか。ウラゴは最近飛翔シーンばかり撮影していて、真面目に開翅シーンを撮影するのは5-6年振りでしょうかね。ただ開翅持続時間は短くショータイムは直ぐに終わってしまいました。クロミドリポイントへはかれこれ5年連続で通っておりますが、ここでウラゴを観察したのは初めて。もちろん周囲にイボタノキがあるのは知っていましたが、「生息していない」先入観があったので、出会った時はルリの♀と思った次第。その後、アカやウラナミアカの産卵期待で別の林縁で張り込んでいると、またぞろ、♀に遭遇。彼女は直ぐにクヌギ大木の裏に回り込んで産卵行動のスタートです!
f0090680_2265038.jpg
D71K-34、ISO=400、F11-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時12分

 イボタの花が咲いておりますが、花には見向きもせず、枝に一直線に向かって行きます。続いて好みの分岐を見つけたのか、ここで産卵しました。
f0090680_2272360.jpg
D71K-34、ISO=400、F11-1/125、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時13分28秒(右上囲みの撮影時刻は14時13分04秒)

 右下囲みは腹端付近の拡大像で、卵を樹皮に接着する液体で枝表面が濡れていることがわかります。引き続き場所替えして4卵を産み付けました。
f0090680_227563.jpg
D71K-34、ISO=200、F9-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時15分

 ここで産卵環境をアップしておきましょう。
f0090680_2281176.jpg
TG2@4.5mm、ISO=400、F8-1/20、-0.3EV、撮影時刻:14時24分

 イボタの株高は1.5mほどの貧弱なもので、フジの蔦が絡まっております。産卵していた時間帯は時折強風が吹いておりましたが、この場所はクヌギの巨木の木陰でもあり、そよ風程度に収まっておりました。卵塊の産卵状況を魚露目で撮影。
f0090680_2284566.jpg
TG2@18mm-gy8、ISO=800、F6.3-1/100、内蔵ストロボ、撮影時刻:14時36分

 産卵直後は本当に鮮血を連想させる、どきつい赤色ですね。4卵の左横には昨年産卵された孵化殻(もうひとつは未孵化殻?)が見えております。母蝶が大変好む産卵環境なのでしょうね。次にコンデジで卵の拡大撮影。
f0090680_2291194.jpg
TG2@18mm(トリミング)、ISO=800、F14-1/100、内蔵ストロボ、撮影時刻:14時30分

 コンデジでこれだけ写れば御の字ですね。TG2の実力を改めて認識いたしました。次いでミラーレスで更に拡大撮影。
f0090680_2294613.jpg
GX7-P1442@42mm-P14R(トリミング+3コマ深度合成)、ISO=800、F14-1/200、内蔵ストロボ(トリガー信号のみ)+スレーブ1灯+LEDライト、撮影時刻:15時36分

 卵直径は1.1mm。僅かに深度合成処理が破綻しておりますが、何とか合格レベルの画質でしょう。越冬後、色が枯れた状態だとお菓子のタルトを連想させるウラゴの卵ですが、産みたての精孔部付近の形状は、ヘタを取ったイチゴを想起させるものです。産卵直後で汚れが付いていない卵は種類に寄らず、本当に綺麗なものですね。
 さて、ウラゴの産卵を観察途中、とても素晴らしい眺めがありました。丁度光線状態が良かったのか、予期せぬ縁毛ブルー幻光を拝むことができました。
f0090680_2210894.jpg
D71K-34、ISO=640、F9-1/400、-0.7EV、撮影時刻:14時16分

 こんな出会いがあるから撮影は止められませんね。次回は他のゼフ産卵シーン探索について書いてみたいと思います。
by fanseab | 2014-06-18 22:13 | | Comments(6)

山梨のクロミドリシジミ(6月中旬)

 この時期はいつも複数のターゲットを撮影に山梨に出かけております。先ずは最初のターゲット、クロミドリの♂探し。現地に早朝到着すると見慣れた車が止まっておりました。先客はやはり虫林さん(外部リンク。既に降臨作業済で、クズ葉上の♂個体を有難く撮影させて頂きました。

+++画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_20352643.jpg
D71K-34、ISO=200、F9-1/640、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:5時57分

 この子は♂にしてはかなり大きめの個体で最初は♀と錯覚してしまいました。この後、所用がある虫林さんと別れ、自力での♂探索に。しかしこの日は朝から気温が高く、いつも通り、長竿での誘導も効き目なく、♂だけでなく、♀も梢の上に消える最悪のパターン。仕方なく最初撮影した個体に戻ってみると、どうも開翅は終了したような雰囲気で鎮座しておりました。
f0090680_20355648.jpg
D71K-34、ISO=200、F10-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時07分

 この後、陽射しを避けるようにクズの葉裏に潜り込んだのを潮時にこの個体とはお別れ。更に別のご神木の麓に急ぎます。この一帯は面白いことに下草にかなりの個体が舞い降りていたようで、足元から複数個体が飛び立ちました。その中で1頭の♂を追跡すると上手い具合に低い位置に止まってくれました。睨めっこしていると、待望の開翅!ただ正面から見込むと葉被りになってしまうので、仕方なく横後方からの撮影。
f0090680_20363997.jpg
D71K-34、ISO=200、F10-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時38分

 左翅の一部に陽光が差す以外は影になっているので、仕方なくストロボを焚きました。結果、右前翅にムラサキツバメ♂を彷彿とさせる青緑色幻光が出現して、エエ雰囲気になりました。クズ葉上の露が虹色に輝いて素敵なアクセントになってくれました。この個体はこの後、サッと飛び立って手前側の葉上に移りました。逆光での閉翅です。
f0090680_2037438.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=200、F10-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時41分

 ここでもクズ葉上の細かい朝露がビーズ玉のように輝いて「イケメン」の♂を引き立たせてくれました。この日は昼前から強風が吹き始め、その影響か、いつも以上にウラナミアカ、アカ、ミズイロオナガ達も低い葉上で休んでいる個体が多かったのでした。そんな中、珍しいことにクロミドリの♂までが木蔭の灌木上で休んでおりました。
f0090680_20373855.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=500、F4-1/500、-1.0EV、撮影時刻:11時59分

 地上高1.5mほどで、正午前後にこのような低い葉上に♂が静止しているのを観察するのは初めてでした。この個体を含め、いつもクロミ探索では♂に逃げられっ放し状態でしたが、この日はこれまでで最も多く♂個体の撮影チャンスが多かったように思います。あまり真剣に探さなかった♀もご紹介しておきましょう。最初は駐車場所から1mしか離れていない下草に止まっていた個体。恐らく羽化直でしょうね。
f0090680_2038343.jpg
GX7-Z60、ISO=400、F5-1/160、-0.7EV、撮影時刻:6時06分

 次いで別個体の開翅。
f0090680_20381514.jpg
D71K-34、ISO=500、F10-1/640、-1.0EV、撮影時刻:7時32分

 表翅はほぼスレなしで助かりました。最初の♂撮影に関しては虫林さんにお世話になりました。
次回はこのポイントでは珍しい、ウラゴについてご紹介します。
by fanseab | 2014-06-16 20:40 | | Comments(0)

ミドリシジミなど(6月上旬)

 この週末、関東地方は大雨洪水情報が発令されて、我が神奈川県でも相当な雨量が降ったようで、一部中央高速が通行止めになる事態にまでなりました。それでも日曜日には雨も小雨になったので、思い切って早朝から拙宅近くのポイントへ出撃。ビニール傘を差しながらの探索も久し振りです。
 ハンノキ林の入口で真っ先に見つけたのは、ウラナミアカシジミの♀でした。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_2241685.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=200、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時40分

 右前翅が破損しているお蔭で♀と同定できました。雨でしっぽり濡れた下草上にポツポツとミドリシジミの姿を確認。そのうちの1頭が開翅するのを確認すると♀。更に足元から飛び立ったのも♀。♂がいそうにありません。そのうち同好カメラマンの方が集まっている一角に立ち寄ると、目的の♂が開翅の真っ最中。早速撮影に参加させて頂きました。
f0090680_2244926.jpg
D71K-34、ISO=800、F9-1/500、-1.0EV、撮影時刻:9時09分

 左前翅端に傷がある個体なので、傷が目立たない角度で撮ってみました。このアングルからの色合いも捨てたものではありませんね。この子はとってもフレンドリーでして相当長時間開翅してくれましたので、魚露目でも撮影。
f0090680_2251040.jpg
TG2@18mm-gy8、ISO=800、F18-1/60、-0.7EV、撮影時刻:9時48分

 背景はハンノキ林です。TG2の発色はとても素直で、ミドリシジミらしい色合いを極自然に表現してくれます。この♂からさほど離れていない場所に2頭の♀がいました。先ずはA型(AO型とでも言うべきかな)の個体。
f0090680_225316.jpg
GX7-Z60、ISO=400、F5-1/160、-0.7EV、撮影時刻:8時31分

 ほぼ完品です。傷のように見える小さな点は全て水滴(霧雨の滴)です。お次はB型。
f0090680_2254872.jpg
GX7-Z60、ISO=400、F5-1/250、-0.7EV、撮影時刻:8時39分

 こちらもなかなかの別嬪さんでした。都合の良いことに上記♂♀3個体は2mX2mの狭い一角に集中していたので、とても効率良く撮影できました。更に驚いたのが、ミズイロオナガシジミまでこの一角に鎮座しておりました。
f0090680_226783.jpg
GX7-Z60、ISO=400、F3.2-1/640、-0.7EV、撮影時刻:8時41分

 暫く待機すると、何とこの個体も開翅してくれました。
f0090680_2261699.jpg
GX7-Z60、ISO=400、F5-1/250、-0.7EV、撮影時刻:9時35分

 右前翅の一部が羽化不全だったのが何とも残念(^^;  先ほど撮影したミドリ♂は少し傷が入っていたので、何とか完品個体♂を撮影したいものだと思ってウロチョロしますが、相手は雲隠れ。仕方なく撤収しようと思っていた時、近くで撮影していたカメラマンの方が「開翅していますよ」と教えてくれました。これが何と求めていたド完品個体!!
f0090680_226487.jpg
D71K-34、ISO=200、F5.6-1/5800、-1.0EV、撮影時刻:10時01分

 まるでフィールド図鑑用にピッタシの構図で、あまり面白みのないアングルですが、滅多に無いチャンスなので、バシャバシャ激写いたしました。久しぶりの綺麗な個体に心が洗われました。折角のチャンスなので、コンデジ広角でも撮影。
f0090680_227680.jpg
TG2@、ISO=200、F8-1/160、-0.7EV、撮影時刻:10時08分

 この後、少し空が明るくなった頃、サッと飛び立ち、梢の上に消えていきました。この日は狙い目通りの小雨模様で、ゼフ開翅を撮影するには絶好の日和でした。♂開翅個体をご教示頂いたカメラマンの方、有難うございました。
by fanseab | 2014-06-08 22:09 | | Comments(8)

卵の超拡大撮影:軽量化作戦

 ミラーレス機活用応用編の第1報です。ゼフの越冬卵等、蝶の卵は超拡大すると、その微構造の美しさに感動を覚えるものです。そこで、拡大像の解像度を向上させるため、これまで技法の改良を進め、既に関連記事(外部リンクで手法の詳細をご紹介しました。
 しかし、唯一の欠点は装備が重く、かさばることでした。冬場のゼフ越冬卵専用撮影はともかく、夏場の撮影行で通常の撮影機材に加え、超拡大撮影システムを持参することは現実的ではありません。そこで早速、GX7を活用した超拡大システムの軽量化検討を進め、一定の成果が出ましたので、ご紹介します。

 管理人が使用している超拡大撮影システムは「スタッキング法」と称し、マスターレンズ(焦点距離:A)の先端に広角レンズ(同:B)を逆付けし、逆付け広角レンズで拡大した空中像をマスターレンズで再拡大するものです。この時、必ず、A>Bでなければなりません。A/Bの比率を増せば、拡大率が増加しますが、極端に増加すると最終像が暗くなり過ぎ、合焦が困難になります。そこで、適当なA/B比になるレンズ系の組合せが重要になります。さらに、最終像のイメージサークル(有効結像直径)がカメラの結像センサーサイズとほぼ同等になることが望まれます。これらスタッキング法にベストな組み合わせはボディ、レンズ毎に試行錯誤で探索せねばなりません。管理人は家電量販店で、様々なレンズを物色し、手持ちで逆付け撮影テストを繰り返しながら、最適組合せを探っていきました。その結果、以下の組合せを当面のベストシステムとしました。

<従来の組合せ>
D7100-ニッコール85mm F3.5VR-シグマ24mmF1.8逆付け
<ミラーレス用改良組合せ>
GX7-ルミックス14-42mmF3.5-5.6 MEGAOIS-ルミックス14mmF2.5逆付け
※通常、マスターレンズは望遠端の42mmで使用します。そこで、この組合せを拙ブログ上では、
「GX7-P1442@42mm-P14R」と略記することにします。
両組合せのサイズ比較です。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_20474840.jpg


 ミラーレス導入によるサイズ縮小効果は一目瞭然で、システム重量も2095g→815gと圧倒的に軽量化できました。最終像拡大率は両システムで異なっており、従来組合せの方が拡大率は高くなっております。そこで実際に多摩川の土手で、スイバの茎に産まれているベニシジミの卵を撮影・比較してみました。
f0090680_20481519.jpg
上段:D71K-85VR-24R(トリミング+4コマ深度合成)、ISO=200、F29-1/320、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時31分(4月下旬)、下段:GX7-P1442@42mm-P14R(トリミング+4コマ深度合成)、ISO=200、F20-1/250、内蔵ストロボ+LED、撮影時刻:15時24分(4月下旬)

 両システムでの拡大率が異なるため、最終的な拡大率が一定になるよう、トリミングして比較しております。ピクセル等倍で確認すると、やはり拡大率の高い従来システムがやや優りますが、新システムでも実用上は合格レベルの像質だと結論しました。なによりコンデジよりやや重い程度の重量・サイズなので、通常機材と同居させてもそれほど邪魔にならない点が有難いです。ただ一点、問題を挙げるとGX7のマニュアルモード撮影においてボディ側の露出補正ができない欠点があります。 外光およびストロボ光双方の調光が不可欠な超拡大撮影ではマニュアルモードでの撮影が必須です。 GX7では悲しいかな、露出補正機能は「P(プログラム)」、「A(絞り優先)」「S(シャッター優先)」に限定されてしまいます。やはり総合家電メーカー開発のカメラはカメラ専業メーカー開発品に比較して痒い所に手が届かないもどかしさを感じますね。何とかファームウエアの更新で「M」モードでも露出補正が使用可能になるようお願いしたいものです。今回の組合せも暫定的なもので、より良い組合せを随時検討していきたいと思っております。

 さて、卵の拡大撮影では、産卵環境を写し取るための道具も必要で、従来はこの目的にリコーのコンデジ:GXRを使用して参りました。しかしセンサーの設計年度も古く、高感度特性も酷いので、新たにオリンパスのTough TG-2を導入いたしました。このコンデジも多くのブログ仲間の方が使用されており、卵撮影に威力を発揮していますので購入に踏み切りました。消費税が上がる前の3月末に駆け込み購入しようとして焦りました。何と、メーカーで製造中止→在庫ゼロとのこと。何とか「○azon様」にすがり、ポチッとやって、残っていた在庫品を確保したのでございます(^^; そこでTG-2での撮影結果を新超拡大システムと比較して示します。
f0090680_20484261.jpg
上段:GX7-P1442@42mm-P14R(トリミング+4コマ深度合成)、ISO=200、F20-1/250、内蔵ストロボ+LED、撮影時刻:15時24分(4月下旬) 下段:TG2@18mm(トリミング)、ISO=200、F4.9-1/640、LED、撮影時刻:15時20分(4月下旬)

 さすがにTG2では1次拡大率が小さいのでここまで拡大すると像の破綻は明白ですが、簡便なコンデジとしては素晴らしい性能だと思いました。まぁ、ここまで拡大するよりは、先ほど述べたように産卵環境を写し込むための道具として割り切って使っていこうと思っております。なお、最近、オリンパスからTG-2の後継機種、TG-3発売のニュース(今月12日発売予定)が飛び込んできました。こちらは深度合成機能まで織り込んだ優れもののようです。海野さんのアドバイスも取り入れた共同開発的製品なので、その実用性能が気になります。
by fanseab | 2014-06-03 20:51 | 機材 | Comments(4)