探蝶逍遥記

<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

同定の難しいPieris属第1化

 この4月上旬にコツバメ狙いで東京都下の谷戸に出かけた際、羽化したてと思われる1頭のシロチョウ♂に出会いました。斑紋の特徴からヤマトスジグロシロチョウ♂と判断しましたが、自信がないので、チョウ類保全協会でお世話になっている中村氏および矢後先生に確認依頼をしました。ご両人の判断をまとめると、「ヤマト♂である確度は高いが、最終的には発香鱗の検証が必要」でした。
 先ずは、問題となった個体の画像です。最初は丁度満開の梅林に止まったシーン。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_20583771.jpg
D71K-34、ISO=400、F11-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時36分

 吸蜜はしておりません。単に休止しているだけでした。清楚な白梅とのコラボは写欲をいたく刺激するものでした。この後、下草に舞い降りて暫し日光浴してくれました。
f0090680_2058583.jpg
D71K-34、ISO=200、F7.1-1/1600、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時38分
f0090680_2059981.jpg
D71K-34、ISO=200、F7.1-1/1250、-1.0EV、撮影時刻:10時40分

 一般にシロチョウ類は逆光で撮影すると映える・・・との通説がありますが、同じ逆光でも、アングルを変えると表情が一変します。このシロチョウの場合は完全逆光ではなく、反逆光が一番映えるのではないかなぁ~等と色々工夫しながら早春の陽だまりで撮影を楽しむことができました。第1化裏面後翅翅脈を彩る「筋黒」模様は本当に美しいと感じます。同じポイントで地面に舞い降りて吸水するスギタニルリ♂を観察することもできました。
f0090680_20594892.jpg
D71K-85VR(トリミング)、ISO=400、F11-1/500、-1.0EV、撮影時刻:11時11分

 実はこの谷戸でスギタニは初体験。お隣の谷戸では数年前に♀を観察したことがあり、この地域ではほぼ絶滅かな?と判断していただけにスギタニ♂との出会いは大変嬉しいものでした。

 さて、冒頭にも述べましたが、ご両人からお伺いしたヤマトスジグロシロチョウ(以下ヤマト)とスジグロシロチョウ(以下スジグロ)第1化の識別点をまとめます。下記識別点の諸点は、先に出版された「フィールドガイド」にも記載されておりますが、一部は管理人にとって初の知見も含まれておりました。

(1)発生時期
東京周辺の里山では、スジグロが発生するのは通常4月10日以降。4月上旬に発生していればヤマトの確率が高い。丁度神奈川ギフが飛び始める頃に出現するシロチョウは概ねヤマト(生息地は局地的)。
(2)生息環境
 どちらかと言えば、ヤマトの方がより明るい環境を好む。
(3)後翅裏面肩脈形状
 「フィールドガイド」p.91に記載されている春型識別に有用な形質。スジグロは肩脈が第8脈から前縁部へ湾曲して伸び、明瞭な「Jの字型」を形成する。一方、ヤマトは第8脈に埋没するか、僅かに黒色鱗粉が前縁側に盛り上がる程度で、不明瞭。
(4)後翅裏面の翅脈の太さ
 翅脈の太さはヤマト>スジグロ
(5)前翅裏面中室の性状
 ヤマトは前翅裏面の中室が基部のみ灰色、中室内の薄い2本の条線が不明瞭になる。スジグロは暗色鱗粉が基部から外縁側に拡がる個体が多く、2本の条線が明確になる。
(6)前翅の翅型
 ヤマトは前翅全体の尖りが弱く、外縁が辛うじて丸みを帯びる。

 もちろん、上記識別点には例外が含まれるので、「総合勘案して同定材料とすべき」とのことでした。ここで、管理人が先ず識別点として用いた(3)肩脈性状について、複数個体の撮影例をヤマト♂と思しき個体と比較して図示します(画像をクリックして拡大像をご覧下さい)。
f0090680_21151928.jpg


 スジグロ個体A~D(4月下旬撮影)と比較して「ヤマト」とした個体は肩脈がボンヤリとして第8脈に載る黒色鱗粉に埋没しております。因みに肩脈は第1化よりも盛夏に出現する個体:(4)で、より明確に確認できます。夏型では肩脈に黒色鱗粉が載らない分、肩脈の性状をより詳細に確認できます。本当はヤマト夏型の同様な画像を比較してみたいところですが、恥ずかしながら管理人のストック画像がありませんでした。更にこの比較画像から、スジグロ第8脈に載る黒色鱗粉は♀に比較して♂の方がより発達していることがわかります。そこで、問題としている「ヤマト♂」とした個体を再度検証すると、第8脈に載る黒色鱗粉の巾がスジグロ♂個体A,Bに比較して著しく発達し、後翅前縁にまで黒色鱗粉が載っているため、肩脈周辺の黄橙色地色面積も相当狭いものになっています。黒色鱗粉巾が過剰に発達すると、肩脈付近の黒色鱗粉と重なり、「Jの字型」の確認が困難となるでしょう。そこで、全般に後翅翅脈の黒色鱗粉が過剰に発達したスジグロ個体を「ヤマト」と誤認するケースもあるかもしれません。

 次に上記識別点の(5):前翅裏面中室内性状について、比較してみましょう。これは矢後先生からご指摘頂いた識別点です。
f0090680_2194494.jpg


 なるほど、スジグロでは明確な2本の条線が確認できます。一方、「ヤマト」とした画像は残念ながら半開翅状態で、ピントも甘いのですが、確かにスジグロに比較して条線の一つは不明確なようにも見えます。いずれにせよ、中室内条線については、もう少し個体変異が確認できる画像ストックがないと検証できない状態ですね。
 ヤマトにしろ、スジグロにしろ、同じ第1化でも♀の場合は表翅の黒色鱗粉の出方にかなり明確な差異があるので、判断がしやすいのですが、♂は相当難易度が高いように思います。管理人はこれまでヤマキマ/サトキマの斑紋検証で相当苦労した経験がありますが、Neope属に比較してPieris属第1化♂の同定は遥かに難しい印象を持ちました。
 なお、先に述べたヤマト/スジグロ同定の「最終兵器」である発香鱗についても触れておきましょう。つまり、

(7)実体顕微鏡レベルで発香鱗を超拡大観察すると、両種の鱗粉には明確な形状差異がある。また、匂いにも有意差があり、「日本産蝶類標準図鑑」によれば、『♂はスジグロで柑橘系に似た強いにおいがし、ヤマトではよりおだやかな香りがする』。

 残念ながら今回採取した画像を嗅いでも、匂いはしません(爆) その昔、管理人が幼い頃、ネットを振り回してスジグロを採集すると、先ずは柑橘臭を楽しんでおりました。健全な児童が行う一種のシンナー遊びでしょうか? その頃、もう少し鋭敏な観察眼があれば、「おかしいな?このスジグロはあまり匂いがしないぞ?」とエゾスジグロの存在(当時ヤマトはエゾから種分離されていない状態)にボンヤリと気が付いていたかもしれません。残念ながら至極凡庸な昆虫少年だった管理人は、ただただひたすら匂いを嗅ぐ「禁じられた遊び」を繰り返して楽しむだけでした(^^; 一度、機会があれば、ネットを振ってヤマトスジグロを捕まえ、スジグロとの柑橘臭比較をしてみたいものです。
by fanseab | 2014-04-30 21:04 | | Comments(6)

2013年度の飼育メモ:羽化に関する悲喜交々

 昨年飼育し、蛹で休眠越冬した3種について、その後の経過をまとめておきましょう。最初は房総半島産ヤマキマダラヒカゲ。こちらは昨年の大晦日、突然想定外の羽化(外部リンクに面食らいました。なにせ、真冬の事、屋外に出す訳にもいかず、拙宅トイレ内で飼育をすることに。。。。2-3日間隔で人工樹液(黒砂糖+リンゴ酢+水)を給餌する作戦で様子を見ました。真冬のトイレ内の気温は5-10℃程度。羽化後も殆ど活動せず、樹液を与えた時も息を吹きかけて体を暖めてあげないとストローを出しません。これは羽化後ほぼ2ヶ月を経過した吸蜜シーンです。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_21152041.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F13-1/60、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日:2月23日

 この後、徐々に弱っていき、3月11日に★様になりました。羽化後70日目のことでした。蝶の成虫寿命については、種毎の詳細データが乏しいと思われますが、最小活動量で保持すれば2ヶ月以上生き延びることを知り、驚きました。
 次はミヤマチャバネセセリ。蛹化までの過程は こちら(外部リンクをご覧下さい。3月に入ってから時々、蛹の様子を観察していたところ、20日過ぎから少し翅面が白味を帯びてきました。その後、明らかに羽化の兆候を示し、事態の推移を見守りました。
f0090680_21301330.jpg
D7K-85VR(トリミング+3-4コマ深度合成)、ISO=200/400、F11~13-1/200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日:3月25/28/29日

 3月29日の夜には腹節が完全に緩み、30日朝には羽化するものと思われましたが、残念ながらそこで息絶えて、羽化できませんでした。採卵からのフルステージ飼育に於いて、最後の最後で失敗すると、本当に辛い思いをします。もちろん、一番辛かったのは羽化できなかったミヤマチャバネでしょう。当たり前のように羽化して成虫になる個体もいれば、羽化不全で満足に飛べないまま一生を終える個体もいます。ましてや、当然羽化できると信じて、蛹のまま討死する惨めな最後を辿る個体もいる訳です。飼育下ではもちろんのこと、自然状態でも同様に討死する個体も多いことでしょう。ジグソーパズルは最後の1片が無ければパズルは完成しません。羽化が完了するにも同様な要素が必要で、今回はその最後の1片が欠けていたのでしょうね。

 お次は無事羽化したお話。アオスジアゲハの飼育過程の記事は こちら(外部リンク
この個体は本来羽化すべき昨年6月末時点でも羽化せず、休眠蛹のまま越冬しました。4月に入ってから日長条件を変化させるため、それまでトイレ内に保管していた個体を明るい窓際に移動しました。蛹の色変化を注意していなかったため、突然17日に羽化したのには慌てました。
f0090680_21182466.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F13-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日:4月17日

 綺麗な♂でした。休眠期間は310日。本来は5月頃羽化するのでしょうね。ただ、保管場所を暗いトイレ内に放置した場合、ひょっとするともう一年休眠したままで、来年羽化・・・となるのでしょうか?一度実験してみたいものです。一年以上休眠する事例はツマキチョウでも経験しています。そのツマキチョウは昨年5月末に蛹化した個体(外部リンクを保管しておりますが、現時点でまだ羽化しておりません。上述したように、この個体は来年まで羽化しない可能性もあります。
by fanseab | 2014-04-19 21:20 | | Comments(9)

新潟のギフチョウ(4月中旬)

 ギフはやはり雪国で撮るべきだ・・・と勝手に思い込んでいる管理人です。昨年は越中で撮影しましたが、やはり神奈川からだと遠距離過ぎるので、今回は2年振りに越後へ遠征。撮影・採集両刀使いの蝶友M氏、昔の職場仲間で数10年振りに蝶屋を再開したMH氏ご夫妻との合同撮影会となりました。最初にM氏にカタクリ吸蜜が期待できるポイントに案内して頂きます。越後湯沢では快晴だったのに、現地に着く直前から雲が拡がり、冷たい風が吹く始末。ちょっと皆が心配顔になった頃、1頭のギフが飛び出し、一同一安心。10時前から本格的に活動がスタートしました。日光浴する♂をチェックすると、いずれの個体もかなりのスレ品。単なる開翅では見栄えが悪いので粘ってナガハシスミレ吸蜜シーンをゲット。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_2054643.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時50分

 相変わらずスミレ吸蜜シーン撮影は難しいですね。気温の上昇と共にギフの個体数も増加し、♀も出現。
f0090680_20542319.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時11分

 この個体は一点の傷もない羽化直品。日光浴中に♂にアタックされて交尾成立・・・を期待しましたが、ヨレヨレと飛び立ち姿を消しました。このポイントでは林道頭上の桜に結構な頻度で吸蜜に来てくれました。
f0090680_20544792.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=200、F11-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時58分

 何とかやや新鮮な♂の絵が撮れました。それにしても桜吸蜜シーン撮影も難しいです。淡いピンク色の花弁にAFのピントが持って行かれ、ギフがピンボケになり易いのですね。次に登場した♀は後翅の赤上がりが素晴らしい別嬪さんでした。
f0090680_2055915.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=200、F11-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時06分

 画面左に当地の食草である、コシノカンアオイの葉が写っております。さて、肝心のカタクリ群落ですが、昨年より大幅に規模が縮小してしまったようで、思い切ってこのポイントで粘るのを諦め、別ポイントへ移動しました。移動先で車を置いて直ぐに新鮮な♀が産卵行動をしております。暫く追跡すると日陰のカタクリで吸蜜を開始。
f0090680_20553039.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時23分

 実は♀のカタクリ吸蜜シーンはこれが初撮影。今回の遠征で最も嬉しい画像となりました。引き続き♂のカタクリ吸蜜シーンにチャレンジ。
f0090680_20555526.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時38分

 ここは敢えて逆光狙い。手前側にカタクリのピンク色前ボケを入れる作画にトライしましたが、左後翅に小枝が被ったのにはガッカリでした(^^; 
 一通りカタクリ吸蜜シーンが撮れたので、ランチを挟んで後はひたすら飛翔狙い。置きピン感覚とカメラを向けるアングルが上手く行かず、いつも通り没画像連発。かろうじて残ったOK画像から数枚をご紹介しましょう。最初は最も浮遊感の出た絵。
f0090680_20561786.jpg
D71K-20(トリミング)、ISO=500、F8-1/4000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時55分 ※以下の画像も撮影時刻以外の撮影条件は同一

 次はフキノトウの上を飛ぶ個体。
f0090680_20562798.jpg
撮影時刻:12時56分

 ほぼ枯葉一色の殺風景な背景ですが、フキノトウが入ると季節感が演出できます。やはり広角飛翔のポイントは環境を描写する適切な背景が入ることかなと思います。次は♂2頭が絡んだバトルシーン。
f0090680_20564625.jpg
撮影時刻:12時58分39.6秒

 これまで管理人が撮影できた絡みの中では最もシャープな画像で気に入っております。奇跡的に2頭共ジャスピンで収まりました。この絵の0.2秒後に撮影されたのが次のコマ。
f0090680_20571617.jpg
撮影時刻:12時58分39.8秒

 追尾する方も逃げる個体も早業ですね!こちらも奇跡的に2頭共にジャスピンでした(^^) この日も「カタクリ群落の上を舞い飛ぶギフチョウ」のアウトプットイメージを頭に入れながら何とか格闘しましたが、上手くいきません。それらしく撮れたのがこの一枚。
f0090680_20573327.jpg
撮影時刻:13時11分

 カタクリの真上を飛んでいる時は置きピン位置から外れてしまい、置きピンがビシッと決まると何故かカタクリ群落から外れてしまうのですね。以前飛翔画像について「ジャスピン画像画面端の法則」なる泣き言を述べたことがありますが、ギフに関しては、「ジャスピン画像カタクリ群落外れの法則」が適用されるんでしょうかねぇ? とにかく想定位置より手前を飛んでいるため、ブッシュの先端に止まっているような感じで気分が悪いのです。せっかくカメラを低めに構えて青空を入れ、浮遊感を演出したつもりでしたが・・・。「カタクリ群落の真上を飛ぶギフチョウ飛翔画像」は今後も永遠に続く課題になるかもしれません。
 まぁ、何はともあれ、カタクリ吸蜜シーンを始め、多くのギフ個体に恵まれ楽しい一日を過ごすことができました。同行して頂いたMさん、MHさん本当にお疲れ様でした。
by fanseab | 2014-04-14 21:03 | | Comments(8)

神奈川のギフチョウ(4月上旬)

 2年振りに神奈川のギフ撮影に訪れました。寒気が未だ残る中、いくつかのポイントを巡ります。最初に新規ポイント開拓目的に下草が刈り込んである雑木林を探索。9時30分過ぎ、1頭のギフを目撃。頭上にはヒノキでしょうか?針葉樹並木になっていて、どうもそこが塒になっている様子。地表にはスミレ群落が散在していてとてもいい雰囲気です。10時過ぎになって、陽だまりに2頭のギフ♂が群れている場所を発見。途端にスミレ吸蜜を開始するもカメラを向けるのは一歩遅く、撮影に失敗。その後暫く粘るも後が続かず、止む無く別のポイントへ。ここでようやく緩やかに飛ぶ♂個体と遭遇。暫く付き合ってもらいました。先ずは切り株での開翅日光浴シーン。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_216146.jpg
GX7-Z60、ISO=200、F7.1-1/400、-0.7EV、撮影時刻:10時54分

 枯葉上ではなく、太い切り株だと何故か雰囲気が出ますね。お次は定番の枯葉上。ただ少し上方に突き出た枯茎にもたれているので、ちょっぴり変わった味わいになりました。
f0090680_2161990.jpg
GX7-Z60、ISO=200、F7.1-1/640、-0.7EV、撮影時刻:11時00分

 暫く陽だまりを緩やかに活動していたこの個体も徐々に活動スピードを上げてきましたので、飛翔撮影に切り替えました。テスト的に60mmマクロ(フィルム換算120mm)での高速連射(40コマ/秒)で撮影。
f0090680_2164473.jpg
GX7-Z60(トリミング)、ISO=400、F2.8-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:11時14分
f0090680_2165239.jpg
GX7-Z60(トリミング)、ISO=400、F2.8-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:11時14分

 このレンズ系での初撮影なので不慣れなこともあって、歩留りはあまり良くありませんが、一旦視野内に捕捉できれば、連続した10コマ程度のOK画像がゲットできます。ただ画素数の関係であまり大胆なトリミングはできません。アップした2枚もピクセル等倍でチェックすると悲惨な出来栄えでした。

 さて、ランチ後は更に別のポイントへ移動。桜吸蜜場面を狙います。過去の乏しい経験から桜吸蜜は正午前後~午後2時までが狙い目。しかし待てど暮らせどギフが出現しません。そのうち風が強くなり嫌な雰囲気に。諦めかけたその時、ヒラヒラと風に逆らうようにギフが出現!桜に辿りつくと貪るように吸蜜を開始。
f0090680_2174171.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=200、F11-1/800、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時47分

 下から見上げるアングルなので、思った絵になかなかなりません。特に正面からの開翅吸蜜シーンは相当連射して次のようなカットが精一杯でした。
f0090680_2175678.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=200、F11-1/800、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時47分

 それでも神奈川県で桜吸蜜シーン撮影はこれが初めてなので、素直に嬉しかったですね! 吸蜜の途中は時折風に煽られてホバリング状態になるので、超望遠飛翔にもトライ。ピンク一色の桜カーテンを背景に狙うもちょっと前ピン(^^;
f0090680_2181120.jpg
D71K-34(ノートリ)、ISO=200、F5-1/4000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時52分

 ムチャクチャ乱射した中で奇跡的に合焦できたのが、この1枚。
f0090680_2182124.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=200、F5-1/4000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時52分

 午後2時過ぎ。ギフはパタリと吸蜜を止め、何処かに去って行きました。桜吸蜜はやって来るタイミングが計り辛く、いつも苦労しますが、何とか満開の桜の下で待機した苦労が報われて本当に充実感一杯でした。
 なお、この日より管理人もマイクロフォーサーズ機を導入いたしました。その使用感等については別途記事にまとめたいと思います。この日は、同機の「筆おろし」状態でして、設定に慣れないまま、ウロチョロとギフを追跡いたしました。シーズン最盛期迄には何とか使用法を熟知して活用していきたいと思います。
by fanseab | 2014-04-08 21:11 | | Comments(10)

ルリシジミ第1化(3月末)

 ミヤマセセリを撮影した公園で最初に出会った蝶はルリシジミ♂でした。個人的には、これも立派なスプリングエフェメラル。スギタニの渋いブルーはいかにも珍品の匂いがしますが、ルリの爽やかなブルーも早春の香りが漂います。でもって、もちろん今シーズン初の逆光縁毛ブルー幻光狙いです(笑)

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_2120321.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=400、F11-1/500、+0.3EV、撮影時刻:10時17分

 ブルー幻光を狙うにはイマイチなアングルですが、よしとしましょう。縦広角でも狙いました。
f0090680_2120424.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F6.5-1/400、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:10時48分

 ↑の画像よりもブルーが表現できていません(^^; お次は順光で。
f0090680_21204851.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F6.5-1/500、-0.7EV、撮影時刻:10時51分

 羽化直に近い鮮度で縁毛もバッチリ揃っております。縁毛が完全なほどブルー幻光は綺麗に出ますので、この個体に感謝です。次はもちろんスギタニでブルー幻光を狙いたいのですが、どうなりますやら・・・・。
by fanseab | 2014-04-02 21:21 | | Comments(6)