探蝶逍遥記

<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ミヤマセセリ(3月末)

 ここ数日、関東地方は20℃を越える春の陽気で桜が一気に開花しました。最近あまり真面目に撮影していないミヤマセセリに出会うため、東京都の某公園を訪問しました。ここは昨年秋、メスグロヒョウモン産卵撮影で初めて訪れ、雑木林の環境からミヤマセセリが多産するだろうとの感触を得ておりました。現地9時30分着。10時過ぎ早速1頭が林道に飛び出しましたが、後が続きません。公園内を一回り廻った後、先ほどのポイントに戻ると2頭がテリ張り争いをしている様子なので、ここに陣取って撮影してみました。最初は♂の全開シーン。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_2227152.jpg
D71K-34、ISO=200、F10-1/500、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時50分

 縁毛が完璧に揃った完品です。当日羽化した個体かもしれません。気温が高いためか、全開後、少し翅を閉じ気味にします。
f0090680_22273498.jpg
D71K-34、ISO=200、F10-1/500、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時53分

 ミヤマはなかなか翅裏を見せてくれませんから、この時とばかり、裏面を狙ってみました。暫く観察していると、どうやら♂の探♀飛翔ルートは100mX100m程度のエリアを網羅していて、やや規則的な蝶道に沿って周回飛行を繰り返しています。雑木林の下草から少し飛び出たブッシュを時々舐めるように飛翔します。恐らく羽化直♀が止まっている確率が高いのでしょう。各個体は個別の占有エリアを有しているようですが、周回の途中、両者が出会うと一瞬、激しいバトルがあります。ただ卍は直ぐに解け、元通りの飛行を続けていきます。吸蜜はこの探♀行動の途中に行われるものの、予測不可能なので、狙って撮影するのも難しいですね。この日は結局、スミレに来たこの画像がやっとでした。
f0090680_22275347.jpg
D71K-34、ISO=200、F10-1/500、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時05分

 周回飛行の途中に開翅休憩する場所はどうやらお好みの場所があるようで、林道脇のネザサ類の頂点に好んで止まっておりました。
f0090680_2228681.jpg
D71K-20、ISO=500、F8-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:11時55分

 飛翔にもトライしました。実はミヤマセセリの飛翔には苦い思い出があります。忘れもしません、4年前の3月でした。ミヤマ飛翔撮影の最中、転倒した拍子に右掌を直径5mmの枯れ枝が貫通(外部リンクし、破傷風予防処置も含め全治1ヶ月の治療を必要としました。それ以来、ミヤマの飛翔は封印していたのですけど、今回、細心の注意を払って撮影にトライしてみました。最初は2頭の絡み。
f0090680_22282498.jpg
D71K-20(トリミング)、ISO=500、F8-1/4000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時38分(以下撮影時刻以外は全て同一撮影条件)
f0090680_22283215.jpg
撮影時刻:11時38分

 2頭が卍状態になる際は飛翔スピードが緩むので、絶好のチャンス。しかし卍の持続時間はせいぜい3秒程度なので、意外とゲットできません。一枚目はピン甘ですが、何とか2頭がフレーム内に収まりました。2枚目は奇跡的にジャスピンだけど、1頭が半分フレームアウト(^^; 両コマの撮影間隔はわずか0.4秒です。お次はこの日撮影した中では一番背景が綺麗に抜けたショット。
f0090680_22284851.jpg
撮影時刻:11時59分

 次は石垣を背景にしたショット。翅を打ち下ろした瞬間を捉えております。
f0090680_22285814.jpg
撮影時刻:12時02分

 地面スレスレに飛行していた♂が石垣にぶつかると方向転換をするため、少しスピードが緩むので、視界に捉えやすいのです。ただ、クロツならともかくミヤマセセリ飛翔の背景としてはちょっと違和感がありますかね。次は早春の雑木林の雰囲気が一番出た絵。
f0090680_22291853.jpg
撮影時刻:12時15分

 最後は奇跡的に満開のスミレ群落の上を飛行する個体を捉えることができたショット。
f0090680_22293058.jpg
撮影時刻:12時19分

 ミヤマセセリは黒くて敏捷、かつ不規則に飛ぶので、置きピン位置に対象を保持し続けるのが大変難しい蝶です。今回置きピン位置をモンキチョウを撮る場合より5cm程遠く設定しましたが、それでもミヤマは置きピン位置より先に逃げてしまいます。従って狙うレンズ焦点距離も20mmではなく、35-40mm(フィルム換算52-60mm)あたりが楽に撮れる範囲のような気がしました。まぁ、何はともあれ、怪我なくミヤマ飛翔撮影を終えることができて何よりで、ホッと胸を撫で下ろしたのでした。
by fanseab | 2014-03-29 22:32 | | Comments(8)

モンキチョウの飛翔など(3月下旬)

 モンキ初見から1週間が経過して、本当に春らしくなってきました。静岡県では既にギフが飛んでいるとか。。。マイフィールドの多摩川に出てみると、モンキチョウの個体数が予想通り増加しておりました。この日は飛翔一本に絞ってモンキを追跡。昨年は飛翔撮影を殆ど手がけなかったので、置きピン位置と蝶に寄せるカメラの距離感覚を思い出すのに時間がかかりました。およそ600カットほど撮影したのですけど、まだまだ距離感覚がしっくり来ませんね。最初は♂。この日のベストショットです。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_21371838.jpg
D71K-20(トリミング)、ISO=500、F9-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:10時48分

 続いて疾走するチャリンコと逆方向に飛ぶ♂。
f0090680_21372926.jpg
D71K-20(トリミング)、ISO=500、F8-1/5000、-0.7EV、撮影時刻:10時49分

 お次はジョガーを追走する♂。
f0090680_21373989.jpg
D71K-20(トリミング)、ISO=500、F8-1/5000、-0.7EV、撮影時刻:10時49分

 ♂同士の追尾も撮ってみました。
f0090680_2137521.jpg
D71K-20(トリミング)、ISO=500、F11-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:10時47分
f0090680_2138187.jpg
D71K-20(トリミング)、ISO=500、F8-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:10時47分

 1枚目はとてもいい感じに仕上がりました。2枚目はちょっとピンボケ(^^; この日目撃した♂は延べ10頭ほど。♀はボロ品の1個体のみでした。これがその個体。
f0090680_21381327.jpg
D71K-20(トリミング)、ISO=500、F10-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:10時44分

 シーズン最初の飛翔撮影はいつもの通り、息切れでフーフー。呼吸を整えてから再チャレンジ・・・。お蔭様でいい汗をかきました。

 さて、モンキ飛翔を狙う前にコムラサキ越冬幼虫の付いているヤナギの樹肌をチェックしました。こちらも予想通りで、既に「蛻の殻」。今年正月に撮影した画像(右側)と比較してご紹介しましょう。
f0090680_21383246.jpg
D71K-85VR(トリミング)、ISO=400/200、F11-1/400~320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時00分(左)/11時54分(右)

 黄色矢印が台座の位置で、真白くなっていることから相当強く吐糸されていたようです。恐らく、3月20日頃、越冬台座を離れたのでしょう。感覚的ですけど、最高気温15℃以上が数日続くと、台座を離れるトリガーがかかるのではないかと思います。台座を離れて新芽の付いている枝先に向かう光景を撮影するのは、来春の課題になりました。
 なお、コムラサキ越冬幼虫の台座付近には、ズキンヨコバイ(Idiocerus vitticollis)がウロチョロしておりました。
f0090680_21384950.jpg
D71K-85VR(トリミング+2コマ深度合成)、ISO=400、F11-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時01分

 ヤナギ樹肌にある溝に潜り込むと、居場所を一瞬見失ってしまいます。相変わらず、素晴らしい擬態の持主です。
by fanseab | 2014-03-24 21:40 | | Comments(6)

本体HPの更新:香港の蝶

 ボルネオの蝶(3)に引き続き、2010年に香港遠征で撮影した画像を追加しました。今回は下記5科12種です。いつものように、種名をクリックすると、該当HPの各頁にジャンプします
<アゲハチョウ科>
ヘレナキシタアゲハ
キシタアゲハ
シロスソビキアゲハ
<シロチョウ科>
アカネシロチョウ
<シジミチョウ科>
キネンシスカニアシシジミ
ミツオシジミ
<タテハチョウ科>
クロコノマチョウ
ミナミオオミスジ
<セセリチョウ科>
ニセキマダラセセリ
ムモンホソバセセリ
タイワンキマダラセセリ
タケアカセセリ


 画像がないのも寂しいので、キシタアゲハ(Troides aeacus aeacus)♂の開翅シーンをアップしておきましょう。

+++画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_1116122.jpg
D90-34、ISO=500、F8-1/640、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2010年5月2日、9時18分、香港九龍地区鳳園にて

 この個体はスレ品で、完品での再チャレンジが是非とも必要だと思っております。これから国内は完璧シーズンインなので、本体HPの更新はシーズンオフまで一休み状態になるでしょうね。
by fanseab | 2014-03-21 11:17 | | Comments(2)

モンキチョウで開幕戦!(3月中旬)

 天気予報で最高気温が18℃越え・・・の報を聞き、マイフィールドの多摩川縁を歩いてみました。期待はモンキチョウ。例年初見は3月20日頃で、昨年は異常に早く3月10日。さて、2月に大雪も降った今年はどうでしょうか? いつもモンキが舞い飛ぶタンポポ群落を訪れてみると、未だ3株しか花が咲いておりません。今日は無理かな?と半分諦めつつ、北側の斜面を覗いてみると、いました! チョロチョロと地面を這うようにモンキ♂が飛んでいます。急斜面を一足飛びに駆け下りて、連射! 気温はそれなりに低いのか、ちょっと飛んでは、直ぐに傾斜日光浴状態になります。

+++画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_2129457.jpg
D7K-20、ISO=100、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時55分
f0090680_21291475.jpg
D7K-20、ISO=100、F13-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時23分

 毎年、傾斜日光浴らしく見える画像作成に苦労させられますが、少しは雰囲気が出たでしょうか? お次は吸蜜。タンポポが全く咲いていないので、専ら吸蜜源はオオイヌノフグリでした。
f0090680_21292863.jpg
D71K-85VR、ISO=100、F9-1/320、-0.3EV、撮影時刻:10時21分
f0090680_2129421.jpg
D71K-85VR、ISO=100、F5-1/1000、-0.3EV、撮影時刻:10時22分
f0090680_21295059.jpg
D71K-85VR、ISO=100、F5-1/1000、-0.7EV、撮影時刻:10時22分

 最初のコマは吸蜜しながらも、翅面を画面右上の太陽に直角に向けて、傾斜日光浴状態で吸蜜している様子が上手く出ました。これまでオオイヌノフグリ吸蜜シーンはまともに撮れていなかったので、少しホッといたしました。この日目撃したモンキはこの1頭のみ。来週になれば、急激に個体数が増加することでしょう。そして、4月になれば、スプリングエフェメラルのシンボル、ギフが飛びます。でもマイフィールドで毎年観察するモンキチョウ第1化品は、立派な「マイスプリングエフェメラル」ですね。さて、もう一つのマイスプリングエフェメラル、ベニシジミも探しましたが、こちらは未発生でした。ただ、キタテハの越冬個体も冬眠から覚めたようで、元気な姿を見せてくれました。
f0090680_2130128.jpg
D71K-85VR、ISO=100、F9-1/500、-0.7EV、撮影時刻:10時59分

 また、河川敷のヤナギも芽吹いてきて、遠くから眺めると、うっすらと淡緑色に彩られております。
f0090680_21301316.jpg
D71K-85VR、ISO=100、F11-1/250、-0.7EV、撮影時刻:10時56分

 画面内に写っているヤナギ樹肌上をチェックしたところ、冬眠しているコムラサキ幼虫1頭は、未だ越冬から覚めておりませんでした。後10日もすれば、樹肌を離れて最寄の枝先に移動することでしょう。
by fanseab | 2014-03-16 21:41 | | Comments(2)

本体HPの更新:ボルネオの蝶(3)

 「台湾の蝶」更新に引き続き、2年前のボルネオ・グヌンムル公園遠征で撮影した6科12種を新規アップいたしました。下記各種名をクリックすると本体HP該当頁にジャンプします。なお、使用している画像は全て既に拙ブログで連載した、グヌンムル公園遠征記(外部リンクに掲載済のものです。
なお、今回の更新で本体HP掲載種数はいつの間にか、287種(掲載予定種334種)になりました。

<アゲハチョウ科>
デレッセルトマダラタイマイ
ナガサキアゲハ
<シロチョウ科>
ニケビレイキチョウ
ウラナミシロチョウ
<シジミチョウ科>
スブストリゴススエビアシシジミ
ナラダコノハシジミ
<シジミタテハチョウ科>
ゲザシジミタテハ
・ヒオドシ(ハキヌス)シジミタテハ
<タテハチョウ科>
リュウキュウムラサキ
ツマムラサキマダラ
<セセリチョウ科>
アカオビセセリ
クロボシセセリ

 画像が無いのも寂しいので、本体HPやブログにアップできなかったデレッセルトマダラタイマイ(Graphium delesserti delesserti)♂の未公開画像をアップしておきましょう。

+++画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_21471297.jpg
D7K-34、ISO=400、F9-1/250、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月11日、11時49分、撮影地:マレーシア・サラワク州・グヌンムル国立公園
 

 「ボルネオの蝶(3)」については今後、順次掲載種を追加予定です。ご期待下さい。
by fanseab | 2014-03-08 21:33 | | Comments(6)

本体HPの更新(台湾の蝶・ヒイロシジミ等)

 久しぶりに本体HP:「東南アジアの蝶ファン倶楽部」の更新です。「台湾の蝶」について、5科10種を新規にアップいたしました。殆どは2011年~12年にかけて連載した台湾遠征記」(外部リンクとして本ブログでご紹介した画像ですが、一部未公開画像が含まれております。
今回アップしたのは次の10種。種名をクリックすると本体HP掲載ページに飛びます。
<アゲハチョウ科>
ナガサキアゲハ
ミカドアゲハ
<シロチョウ科>
タイワンキチョウ
クロテンシロチョウ
<シジミチョウ科>
シロモンクロシジミ
ヒイロシジミ
<タテハチョウ科>
ヒメアサギマダラ
ヒメフタオチョウ
<セセリチョウ科>
テツイロビロウドセセリ
クロボシセセリ


 ヒイロシジミ(Deudorix epijarbas menesicles)については、2011年11月の台東・知本温泉遠征に先立ち、同年9月に家族旅行で台北にでかけた際、撮影した画像が含まれております。こちらはブログで未公開ですので、ノートリミング画像およびHPに掲載しなかった画像も今回ご紹介しておきましょう。最初は♂の訪花シーン。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_23483238.jpg
D7K-85VR、ISO=400、F7.1-1/400、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2011年9月27日、11時13分、撮影地:台湾台北県陽明山

 ♂は兎に角、複眼のデカさが印象的です。後翅肛角部に配された黒色紋も明らかに複眼を擬していて、野鳥等の外敵に意図的にこの部分を攻撃させて難を逃れる作戦であると理解できます。続いて♀の閉翅画像。
f0090680_23484958.jpg
D7K-85VR、ISO=500、F10-1/500、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2011年9月27日、11時19分、撮影地:台湾台北県陽明山

 ♀は♂より遥かにデカく、ムラサキツバメに等しい体躯です。次は♀の開翅画像。
f0090680_23485960.jpg
D7K-85VR、ISO=200、F9-1/400、-1.0EV、撮影年月日・時刻:2011年9月27日、11時23分、撮影地:台湾台北県陽明山

 クロミドリシジミを彷彿とさせる翅表です。褐色一色だと、クロツやギンイチ同様、翅の痛みが物凄く目立ちます。この個体も裏面ではほぼ完品でしたが、左前翅端の擦傷が誠に残念です。同じく♀の広角開翅画像。
f0090680_23491477.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F9.1-1/200、-0,7EV、撮影年月日・時刻:2011年9月27日、11時27分、撮影地:台湾台北県陽明山

 ピンと上方に立てた長い尾状突起が恰好エエですね。ご覧のようなセンダングサのお花畑にヒイロシジミやヤエヤマイチモンジ、タイワンホシミスジ等が群飛して、至福の時間を過ごすことができたのでした。
by fanseab | 2014-03-02 23:52 | | Comments(4)