探蝶逍遥記

<   2013年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

年の瀬のご挨拶(2013年レビュー)

 保全協会の企画展が終わり、クリスマスも過ぎるともう新年の準備。一年って本当に速く過ぎ去るものだと思います。
 そこで、今シーズンをちょっと振り返ってみることにします。本年元旦の記事(外部リンクで、下記の如く「撮らぬ蝶の翅算用」をいたしました:

「・・・・昨シーズンあまり実現できなかった「産卵シーンに拘る」ことを一つの目標に掲げたいと思います。・・・(中略)・・・さてさて、どうなりますやら・・・。本年末に予定されている「懺悔」記事に乞うご期待下さい(爆)」

 で、お約束通り、その「懺悔」を含めて総括をいたしましょう。「産卵シーンを狙って撮る」ことを目的に意気込んでスタートさせた訳ですが、直ぐに困難に直面しました。一言で言えば、「♀の生態をあまりにも知らないこと」が原因。概ねフィールドでは♂が目立ちやすく、しかも管理人はなるべく早く帰宅したいこともあって午前中で撮影を切り上げてしまう行動パターンが多いのです。ところが♀の産卵時間帯は概ね正午過ぎにあり、各種の産卵時間帯を予測する撮影準備作業が必要になりました。いつも参考にしている保育社の「原色日本蝶類生態図鑑」はこれら準備にある程度役立ちましたが、全種について産卵時間帯が正確に記述されている訳ではありません。例えばアゲハチョウ科で正確な時間帯記述があるのは全21種(この図鑑出版時の分類基準)中、わずか7種に過ぎません。他科も同様で、撮影対象の近縁種から産卵時間帯を推測して食餌植物の周辺で張り込む作戦を取りました。更にブログ仲間を含めネット上で公開されている産卵画像を検索し、EXif情報から撮影時間を読み取って参考にさせて頂きました。結局、♀の行動パターンを読むために、赴いたフィールドで朝から夕方まで滞在せねばならず、普段の撮影とは比べものにならない集中力を必要とし、疲労度も増加しました。それでも予測した時間帯に食草付近に母蝶が出現し、産卵を始めた時は本当に達成感を味わうことができました。♀が「産気付く」のはどんなタイミングなのか?「陣痛」に相当する挙動はあるのか? 蝶を観察し始めてから、これほどまでに♀の行動をじっくり探ったことはありません。また種によっては疑似産卵行動が殆どのものがあり、ガッカリさせられたこともありました。種によって、産卵パターンは千差万別であると痛感した次第です。

 下記に今シーズン撮影に成功した産卵シーンをまとめておきます。合計、39種を撮影できました。各々の種名をクリックすると関連記事に飛びます。お暇な方はご確認下さい。なお、種名が黄色表示のものは管理人にとってはB級画像でして、撮り直しが必要、もしくは疑似産卵行動で産卵を確認できなかった種です。39種中、産卵行動初撮影は23種でした。やはり意図的に「産卵シーンに拘った」結果が出たように思います。

<アゲハチョウ科>:下記4種
(1)クロアゲハ
(2)ナガサキアゲハ
(3)ジャコウアゲハ
(4)アゲハ
<シロチョウ科>下記5種
(5)キタキチョウ
(6)モンキチョウ
(7)ツマキチョウ
(8)モンシロチョウ
(9)スジグロシロチョウ
<シジミチョウ科>下記8種
(10)ミドリシジミ
(11)ミヤマカラスシジミ
(12)ベニシジミ
(13)ヤマトシジミ
(14)ルリシジミ
(15)ヒメシジミ
(16)ミヤマシジミ
(17)ツバメシジミ
<タテハチョウ科>以下18種
(18)テングチョウ
(19)クモガタヒョウモン
(20)メスグロヒョウモン
(21)ウラギンヒョウモン
(22)ツマグロヒョウモン
(23)ミスジチョウ
(24)キタテハ
(25)ルリタテハ
(26)アカタテハ
(27)コムラサキ
(28)ゴマダラチョウ
(29)アカボシゴマダラ(外来種)
(30)キマダラモドキ
(31)ヒカゲチョウ
(32)サトキマダラヒカゲ
(33)ヤマキマダラヒカゲ
(34)ベニヒカゲ
(35)ヒメウラナミジャノメ
<セセリチョウ科>以下4種
(36)ダイミョウセセリ
(37)ギンイチモンジセセリ
(38)イチモンジセセリ
(39)ミヤマチャバネセセリ

 今シーズンは取敢えず拙宅近くで観察できる普通種を中心にトライしてみました。これら普通種で撮影できなかった種として、
①アオスジアゲハ、②ウラギンシジミ、③ウラナミシジミ、④ムラサキシジミ、⑤ムラサキツバメ、⑥キマダラセセリ
あたりが列挙できます。来シーズンは先ずはこれらの対象種、そして上記科別リストの黄色字着色種の再トライ、さらに今シーズン撮影できなかった普通種の残りについてトライしていきたいと思います。画像が全くないのも寂しいので、産卵シーン撮影に最も苦労し、思い出に残るキマダラモドキ疑似産卵行動の絵を貼っておきましょう。もちろん、本種は来シーズン再撮影必須種のメインターゲットでもあります。
f0090680_1649239.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=400、F11-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2013年9月21日、15時16分(撮影地:広島県某所)

 今年の記事はこれが〆となります。本年も拙い記事にお付き合い頂き、多くのコメントを頂きました。本当に有難うございました。それでは皆様、よいお年をお迎えください♪♪
by fanseab | 2013-12-29 16:54 | | Comments(2)

新宿御苑にて(12月下旬)

早いもので、もう年末(^^; 年末恒例の日本チョウ類保全協会企画展を訪問がてら、御苑内をコンデジ片手に散歩してみました。チョウの生態写真展示コーナーの様子をご紹介しておきましょう。大勢のギャラリーが来訪されており、作者と思しき方と自慢話やらに花が咲いておりました。

+++横位置画像をクリックすると、拡大画像をご覧になれます。+++
f0090680_22101095.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F6.5-1/13、-0.7EV、撮影時刻:15時01分

 講演会は井上・鶴藤両氏の熱演を聴講。
f0090680_22102926.jpg
GXR@12.2mm、ISO=200、F5.4-1/60、-0.7EV、撮影時刻:11時55分
f0090680_22103736.jpg
GXR@5.1mm、ISO=400、F4.2-1/80、-0.7EV、撮影時刻:15時26分

 両者共、とても興味深い内容で楽しませて頂きました。ランチ休憩の間、園内を散策し、ムラサキツバメ越冬集団探し。この公園の北側には鬱蒼と茂ったマテバシイ群落があり、以前から必ず集団の塒があるに違いない・・・・と睨んでおりました。協会の企画展がある際には必ず立ち寄ってチラリと探索する程度でしたが、今回はちょっと本腰を入れての捜索。何とか粘って陽だまりを飛ぶ♂を発見。アオキ上で全開。
f0090680_2210531.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F6.5-1/125、-0.7EV、撮影時刻:13時39分

 大破個体ですね。破れ方から見て野鳥の被害に遭ったのかもしれません。♂が飛んでいるなら、塒が近くにあるはずなので、詳細にチェックするも、残念ながら坊主。更に広い園内で可能性のありそうな場所を重点的に捜索したのですけど、結局この日は徒労に終わりました。探索の途中、最近リニューアルされた温室を訪問。とても良くできたディスプレイ方法に感心。小笠原島固有植物の展示もされており、オガサワラシジミの食樹、オオバシマムラサキ(Callicarpa subpubescens)を実見したのはこれが初体験。
f0090680_22175634.jpg
GXR@5.1mm、ISO=200、F6.1-1/100、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:14時08分

 確かに葉はデカいですね。残念ながらオガサワラシジミは温室内を飛んでおりません(^^) 他に沖縄県内の絶滅危惧種やら熱帯圏の代表的な花卉が展示されていて興味深く拝見させて頂きました。こちらはベニゲンペイカズラ(Clerodendrum speciosum)。
f0090680_22192313.jpg
GXR@5.1mm、ISO=400、F6.5-1/60、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:14時09分

 熱帯アジアであれば沢山のPapilioが群れていそうです。この温室(熱帯植物園)は特に真冬にお勧めですね。さて、講演会終了後、お待ちかねの保全協会忘年会へGO!。狭い会場に30名の有志が集まって四方山話に花が咲きました。
f0090680_22121910.jpg
GXR@5.1mm、ISO=200、F2.5-1/30、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:17時55分

 宴の途中、某理事より、「保全協会に集う皆さんは蝶の写真を熱心に撮られる方が多いですが、協会の目的は写真を撮ることではありません。皆さんの後の世代の方が蝶の写真撮影を楽しめるよう、蝶の保全活動をすることが本筋なのですよ・・・」との含蓄あるご挨拶を拝聴しました。皆さん、一時、手にしていた盃を置き、神妙な面持ちで納得されておりました。さて昼間は暖かでしたが、流石に夜は冷え込み、用意されたお鍋は直ぐに空に。〆のおじやを美味しく頂いて散会となりました。皆様、当日は大変お世話になり、楽しい一時を有難うございました。
by fanseab | 2013-12-24 22:20 | | Comments(6)

写真展のご案内

12月23日までこの記事を冒頭に置きます。
本文記事は本記事の後にあります。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 本年も日本チョウ類保全協会(外部リンク主催の首題企画展が東京・新宿御苑で下記の通り、開催中です。写真展は例年、力作のオンパレードで、必見の価値ありですよ。
また12/21,22の両日、関連下記講演会も開催されます。
読者の皆様の奮ってのご参加、ご来場をお待ちしております!

・日時:12月17日(火)~12月23日(月)9:00~16:30(最終日は15:00まで)
・会場:新宿御苑インフォメーションセンター(外部リンク) 「アートギャラリー」
 会場へのアクセス方法: JR、京王、小田急線: 新宿駅南口より徒歩10分
                 東京メトロ副都心線: 新宿三丁目より徒歩5分
                 都営地下鉄新宿線: 新宿御苑駅より徒歩5分

・ミニ講演会: ① 「チョウと仲良くなるには 」(井上A尚氏:保全協会会員)
          ② 「絶滅危機のチョウを守る」 (中村康弘氏:同会員) 
          ③ 「チョウの舞う風景」 (鶴藤俊和氏:同会員)

     12/21(土) ①11:00~11:30 ②13:30~14:00 ③15:00~15:30
     12/22(日) ①11:00~11:30 ②13:30~14:00 ③15:00~15:30


+++画像をクリックすると、拡大画像をご覧になれます。

f0090680_2330527.jpg

by fanseab | 2013-12-23 15:00 | | Comments(2)

ムラサキツバメ越冬集団:その3(12月中旬)

 ほぼ2週間前に訪問した(外部リンク)都内の公園を探索しました。集団の様子はあまり変わっていない様子で、集団の少し上方で♀が開翅日光浴しておりました。

+++横位置画像をクリックすると、拡大画像をご覧になれます。+++
f0090680_022741.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=400、F11-1/500、-0.7EV、撮影時刻:11時01分

 比較的綺麗な個体でした。この♀は直ぐに姿を消しましたが、今度は1頭の♂がビュンビュン飛び始め、これまた集団の傍で開翅日光浴してくれました。
f0090680_023864.jpg
D71K-34、ISO=400、F10-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時10分

 このアングルから見込む青緑色幻光はそれほど問題なくRAW現像可能なのですね。暫く♂♀の活動が盛んなようなので、別の集団を探索。しかし成果は上がらず、ランチ休憩の後、先ほどの集団に戻って観察しました。ほぼ動きがないようなので、先ずは300mmで撮影。
f0090680_025739.jpg
D71K-34、ISO=400、F10-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時27分

 ざっと勘定して前回と個体数はさほど変化していない様子です。次に久しぶり魚露目で撮影。今回は脚立持参ですので、比較的楽に撮れました。
f0090680_031268.jpg
D71K-1855VR@55mm-gy8(トリミング)、ISO=400、F29-1/100、-0.7EV、外部ストロボ+スレーブ1灯、撮影時刻:12時41分

 このアングルだと全体の個体数が勘定し難いので、逆サイドからも撮影。
f0090680_032399.jpg
D71K-1855VR@55mm-gy8(トリミング)、ISO=200、F29-1/60、-0.7EV、外部ストロボ+スレーブ1灯、撮影時刻:12時43分

 画面、左上方向が南でムラツは丁度太陽光をほぼ直角に受けるように翅を傾斜させています。言わば、「集団傾斜日光浴」状態なのですね。最近ニーズが高まっている太陽光発電施設では設置された発電パネルユニットを太陽光にほぼ垂直に向け、発電効率を高める工夫をしています。整然と並んだ発電ユニットの姿は集団傾斜日光浴をしているムラツの集団を連想させるものです。太陽光を効率的に受容するため、期せずして両者が同じような景観を呈していることに驚かされます。最後にやや引き気味のショットでパチリ。
f0090680_042636.jpg
D71K-1855VR@55mm-gy8(トリミング)、ISO=200、F29-1/60、-0.7EV、外部ストロボ+スレーブ1灯、撮影時刻:12時48分

 ここまで撮影してきて一番下段の右側個体はムラツではなく、ムラシであることが判明。前回も一番下段に陣取っておりましたから、もしかしたら同一個体かもしれません。結局撮影したコマを総合勘案した結果、ムラツ13頭、ムラシ1頭で、前回に比較してムラツが1頭減です。天気予報によりますと、関東地方では12/18-19頃降雪の可能性も指摘されております。ムラツ集団にとって、この冬最初の試練になるかもしれません。
by fanseab | 2013-12-17 00:07 | | Comments(4)

ラブジョイ彗星(C/2013 R1)の勇姿

 「世紀の大彗星」と期待されたアイソン彗星(C/2012 S1)はテレビ等の報道の通り、太陽に最接近した際(11月29日)、文字通り雲散霧消し、宇宙の塵と消えてしまいました。その一方で、11月中旬の時点(外部リンクでアイソンの黒子的役割だったラブジョイは意外と尾が発達し、天文ファンにとって主役に躍り出たのです。丁度、月明かりが無い理想的な条件になる先週末に山梨県に遠征し、撮影して参りました。町灯りの影響をなるべく避けるべく下見をした上で八ヶ岳山麓の撮影地を選定しておりましたが、当日のピンポイント予報で午前3-6時の大事な時間帯に曇りであることが判明。急遽、この時間帯の晴天が期待される富士山麓に目的地を変え、現地には3時前に到着。ところが何と、現地は曇っており富士山の姿も見えない始末。仕方なく当初選定した候補地である八ヶ岳に場所変更。しかし、標高1400mの目的地は雪雲が邪魔してこれまたNG。慌てて標高を950mに下げ、ようやく満天の星空に出会うことができました。この時点で既に4時45分。天文薄明の開始まで殆ど時間が無く、慌てて簡易赤道儀をセットしてスタンバイしたのは5時を回っておりました。ラブジョイの位置はかんむり座の少し左側。視力の悪い管理人は肉眼では存在がわからず、双眼鏡で観察すると、すぐにボンヤリとした彗星核を確認することができました。時間に余裕がないので300mm一本に絞り撮影。

+++横位置画像をクリックすると、拡大画像をご覧になれます。

f0090680_2241357.jpg
D71K-34(トリミング+5コマコンポジット)、ISO=1600、F4-(30sec.X5コマ)、-0.7EV、スカイメモRでガイド、撮影年月日・時刻:2013年12月8日、05時21分15秒~24分23秒(JST)

 最初の一コマをカメラの液晶画面で再生した直後、長大な尾が写っていることを確認し感激いたしました。彗星核と尾のコントラスト差が激しく、尾の微細構造を表現すると核のディテールが潰れてしまい、コントラスト調整は相当難しいですね。しかし300mmで撮影した結果、複雑な尾の構造が何とか表現できて満足しております。300mmの対角線画角は5度20分とされていることから判断して、尾の長さは少なくとも5度以上あったものと思われます。コンポジット処理をしない単独画像も参考のため貼っておきましょう。
f0090680_2242889.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=1600、F4-30sec.、-0.7EV、スカイメモRでガイド、撮影年月日・時刻:2013年12月8日、05時24分23秒(JST)

 彗星核は恒星同様、点状に見えます。寒さを忘れて撮影をしておりましたが、みるみる東の空が明るくなり、結局撮影スタートから正味30分で撮影を終了せねばなりませんでした。
撮影スタート直後と撮影終了時の彗星付近の画像をGIF動画で比較した絵もアップいたしましょう。
f0090680_2245624.gif
D71K-34(トリミング)、ISO=1600、F4-30sec.、-0.7EV、スカイメモRでガイド、撮影年月日・時刻:2013年12月8日、05時24分23秒および05時43分27秒(JST)

 わずか19分間ですが、相当なスピードで移動していることがわかりますね。今回は思わぬ雲に祟られ、慌ただしい行動を強いられましたが、雄大な彗星の姿を撮影できて何よりでした。彗星の名前通り、愛すべき(love)姿を十分に楽しむ(joy)ことができました。この後、ラブジョイの位置は日増しに高度を下げ、同時に月明かりの影響で観測が困難になります。ほぼベストタイミングで撮影ができたようです。
by fanseab | 2013-12-10 22:10 | 天体 | Comments(2)

ムラサキツバメ越冬集団:その2(11月下旬)

 前回の記事をアップした際、Garudaさんより、「都内の公園でも二桁集団を確認した」とのコメントを頂きました。早速、その様子を確認したくなり、某公園に13時頃到着。ここは初めての訪問で先ずは公園の規模にビックリ。ムチャ広大で、これは越冬ポイントを探すのは苦労しそうだと直感。仕方なくこれまでの経験をベースに、ジックリ探索。1時間以上要して、ようやくマテバシイ上の集団を発見。ヤッタね!高さは約3m。この日は公共交通機関利用だったので、脚立を持参せず失敗しました。仕方なく300mmで撮影。

+++横位置画像をクリックすると、拡大画像をご覧になれます。+++

f0090680_2321471.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=400、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時09分

 集団は東向きで、北西の季節風を完全にシャットアウトできる理想的な環境です。集団はざっと勘定して10頭以上ですが、ゴチャゴチャしてこの絵からは判定できません。そこで少し引き気味に撮ってみました。
f0090680_23212041.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時14分

 うーん、これでも集団を見込むアングルが浅く、個体数把握はできません。ただ集団が形成されている葉の真上に「庇もしくは屋根」になる葉があること、大き目で樋状に捲れた葉が集団を保持するのに適していることが見て取れます。これなら更に10頭程度は収納できそうですね。何とか真上方向から撮影して個体数把握をするべく、久しぶり、10.5mm対角魚眼で撮影をトライしました。しかし、ここで問題発生! 超広角用のストロボデュフューザーを持参しなかったことが判明。何たる失敗!仕方なくカメラザックに入っていた食草運搬用の「ジップロック(チャック付ポリ袋)」にティッシュペーパーを丸めて入れ、即席ディフィーザーを作って外部ストロボに装着。光の周りはまずまずでした。例によって一脚にカメラを取り付けリモコンでシャッターを押す作戦。時々風が吹き、一脚もゆ~らゆ~ら揺れて難儀します。何とか撮れた作例がこちら。
f0090680_23215835.jpg
D71K-10.5、ISO=400、F13-1/40、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時40分

 画面上辺に即席デュフューザーのポリ袋が入ってしまったのはご愛嬌。ムラツの集団を横位置広角で狙う場合、いつも問題となるのが集団の真上にある「庇」状の葉。カメラのホットシューに外部ストロボを装着し、横位置で狙うとディフューザーが必ず庇と干渉するのです。次回は左右2箇所から外部ストロボをスレーブ発光させ、魚露目で狙ってみようと思います。それまで集団が保持されていればいいのですが・・・。次に斜め横位置方向から狙うため、コンデジに切り替えて同じく一脚に取り付けインターバル撮影。
f0090680_23221418.jpg
GXR@5.1mm、ISO=400、F5.1-1/45、-1.0EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:15時18分

 マテバシイの葉が樋状に捲れているため、なかなか全貌を捉えるのが難しいです。このショットを撮って初めて、一番手前の個体がムラツではなくムラシであることが判明。ムラツ専用のマンションに「一頭だけなら誤魔化せるだろう」とちゃっかり潜入したようです。結局、様々なアングルから撮影したショットを総合勘案して、今回の集団は「ムラツ14頭、ムラシ1頭の混群」であると判定しました。この公園は千葉の有名なムラツ観察ポイント同様、膨大なマテバシイの林が存在し、しかも実生(ひこばえ)をそれほど真面目に伐採管理していない様子なので、ムラツ生息にとっては理想的な環境のようです。恐らく今回見出したのとは別集団が複数あるかもしれません。機会を見て探索してみようと思います。

 ここ数年、ムラツ越冬集団を色々観察してきましたが、不思議と食樹であるマテバシイ上での集団を観察・撮影することはありませんでした。ところが今シーズンは見出した中で、2集団がいずれもマテバシイ葉上。偶然とは言え、面白いなと思っています。
by fanseab | 2013-12-01 23:24 | | Comments(16)