探蝶逍遥記

<   2013年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ヒメウラナミジャノメの産卵(7月下旬)

 拙宅近くの多摩川沿いで観察できる普通種の中でヒメウラナミジャノメの産卵を狙ってみました。銀塩時代にもトライした経緯があり、草叢の中に潜り込んで産む生態から撮影の難易度が高く、敬遠していたきらいがあります。今年、別ポイントでたまたま本種の産卵挙動を観察する機会があり、産卵機会は「曇天で蒸し暑い日の正午前後」であることを把握しておりました。その原則に則って、何とか今回撮影に成功いたしました。2枚連続のシーンです。

++横位置画像をクリックすると拡大画像を見ることができます++
f0090680_21525287.jpg
D71K-85VR(トリミング)、ISO=400、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時36分01秒
f0090680_21525991.jpg
D71K-85VR(トリミング)、ISO=400、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時36分03秒

 一枚目は産卵の瞬間。二枚目が産卵直後で母蝶中脚の先端に産まれたばかりの青緑色の卵が確認できます。2枚共に結構葉被りしておりますが、実は本種の産卵シーンでここまで翅裏含めて全体像を描写するのは至難の業なのです。この二枚を撮影する直前に写した場面がこちら。
f0090680_21532026.jpg
D71K-85VR(トリミング)、ISO=400、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時35分16秒

 普通はこのような酷い葉被りになってしまうのです。銀塩時代に撮影できた最良のカットでも結構葉被りはありました。食草以外の下草や枯葉に一個もしくは複数個産んだ後はその場所を離れて葉上で開翅日光浴をしております。
f0090680_2153358.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時40分

 
 概ね10分ほど、この状態で待機し、再度飛び立って低い下草に止まり、翅を半開させて小刻みに開閉させ始めると、産卵スタートの合図です。小刻み開閉の直後、地上にゆっくり降りていき、ゴソゴソ歩き回って好みの部位を見つけ、産卵をするのです。↑でアップした産卵部位が再発見できず、同時に産み付けた別部位の産卵状況を拡大像と共に示します。
f0090680_21535816.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時54分、[拡大像] D7K-85VR-24R(トリミング+2コマ深度合成)、ISO=640、F20-1/400、-0.7EV、外部ストロボ+スレーブ1灯、撮影年月日:2012年9月10日

 ここではアズマネザサの葉(成葉)上に産まれておりますが、通常は枯葉や枯茎に産み付けることが多いように思います。なお拡大像は昨年撮影した別個体のものです(直径0.69mm)。これで本年ジャノメチョウ亜科の産卵シーンをようやく1種達成です。同亜科での今シーズン最大の目標は房総産ヤマキマダラヒカゲの産卵シーン撮影で、その前にもう少しジャノメチョウ亜科の数種にもチャレンジしたいと思います。
by fanseab | 2013-07-30 21:56 | | Comments(6)

クロアゲハの産卵など(7月下旬)

 先日、所用で自宅近くを歩いている際、民家の庭先にあるミカンの木にクロアゲハ♀がやって来るのを目撃しました。生憎カメラの持ち合わせはなく、そのまま観察していると数回産卵を繰り返しておりました。時計を見ると14時20分過ぎ。アゲハチョウ(ナミアゲハ)の産卵タイムがほぼ正午頃だと思っていたので、随分と遅い時間帯だなぁ~とその時は思いました。しかし、クロアゲハは、ひょっとするとナミアゲハと異なる時間帯かもしれない・・・と思い直し、日を改めた13時過ぎからこのミカンの前で待機することにしました。ここは住宅街のど真ん中でもあり、300mmを付けた一眼を構えてウロチョロするとマジ不審者扱いされそうなので、神経を使います(^^;
 そして期待通り、14時過ぎ、クロアゲハの♀が登場しました。ミカンの木は樹高6m程の高木で東側に面した道路脇は殆ど陽射しがありません。母蝶は樹冠からゆっくりと舞い降りて来て、高さ2.5m程の薄暗い場所で数回産卵を繰り返していきました。かなり込み入った場所なので、シャッターチャンスは一回のみ。ようやくゲットできた一枚です。

++画像をクリックすると拡大画像を見ることができます++
f0090680_22232115.jpg
D71K-34、ISO=500、F11-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時07分

 肝心の腹端は葉被りです。こうしてみるとクロアゲハの♀は巨体ですね。後3回位産卵してくれたらもう少しマシな絵が撮れたのですが、直ぐに飛び去っていきました。産んだ位置がいずれも高かったので、その場で卵の拡大像は撮影できず。日を改めて産卵状況と共にまとめてみました。
f0090680_22235180.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F11-1/160、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時21分、[拡大像] D71K-1855@55mm(トリミング+3コマ深度合成)、ISO=200、F11-1/320、-1.0EV、内蔵ストロボ+2灯スレーブ、撮影時刻:21時32分

 この葉裏には3卵産み付けられています。それぞれの卵の色調は異なり、恐らく産卵時期がバラバラなのでしょう。卵の直径は1.48mmでナガサキ(1.68mm)とナミアゲハ(1.16mm)の中間的なサイズです。この3卵含め、クロアゲハの産卵は新芽ではなく、一見硬そうな成葉、それも直射日光の当たらない場所に限定されているのが特徴だと思います。他方、アゲハチョウは陽光の当たる新芽に好んで産んでいると思います。以前観察したナガサキアゲハもどちらかと言えば、クロアゲハに近く、暗い環境を選んで産んでいた感じです。

 クロアゲハが産卵に訪れるまで、ちょっと近くのミカン畑の様子も探ってみました。ここは樹高2m程の低木が主体ですが、アゲハチョウの♀が上手いことに訪れ、レモンの葉上への産卵シーンをゲットできました。
f0090680_22242056.jpg
D71K-34、ISO=500、F10-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時36分

 前回のアゲハ産卵シーンと異なり、今回は葉被り無しの理想的なアングルで撮影できました。産卵の途中は近くの栽培用マメ(種類不明)の赤い花からしきりに吸蜜しておりました。
f0090680_22243359.jpg
D71K-34、ISO=500、F11-1/800、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時40分

 クロアゲハの産卵が終わった後、ミカンの木の高い位置に今度はアゲハチョウがやってきました。その産卵シーンの連続画像をご紹介しましょう。
f0090680_2224491.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=500、F10-1/640、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時25分13秒
f0090680_2225089.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=500、F10-1/640、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時25分14秒
f0090680_2225721.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=500、F10-1/640、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時25分15秒

 1枚目は産卵ポジションを決定した瞬間、2枚目が産卵直前、3枚目が産卵直後で、3枚目の腹端の先に産まれたばかりの黄色い卵が確認できます。1~3枚目の撮影間隔はわずか2秒。アゲハの産卵が将に瞬間芸であることがよく理解できます。クロアゲハについてはまだ第3化でも産卵シーン撮影のチャンスがあると思うので、もう少し良質の絵を狙ってみたいです。またアゲハ類として次はできればカラスアゲハの産卵シーンを目論んでいます。
by fanseab | 2013-07-24 22:26 | | Comments(4)

鈴鹿のキリシマ嬢(7月中旬)

 そろそろキリシマのシーズン。2年ぶりに鈴鹿を訪れました。今回はこれまでの管理人実績ポイントではなく、全く初めてのエリア探索です。例によって、1/25000地図と衛星画像でそれらしき沢沿いを調査し、3つの候補地点を割り出しました。先ずは一番有望そうな沢に入ります。意外とアカガシが生えてなくて苦労しますが、何とかキリシマが好きそうな雰囲気のアカガシが見つかったので、手始めに長竿でペシペシやると、何といきなりビンゴ!でした。2♂、1♀が飛び出しました。しかし、例によって谷底に降りるか、上空に消えるかのどちらかで至近距離に来ません。そこでより上流側に歩を進め、アカガシ探索するも有望な株が見つかりません。仕方なく沢を変えて探索。ここでは1♂発見もこれまた姿を見失う始末(^^; 3つ目の沢に移動するもここは予想に反してキリシマのいる雰囲気はゼロ。結局、最初の沢に戻って、「ご神木」のアカガシを叩くと♀が飛び出しました。このチャンスを逃してはならじ・・・と長竿の先端で♀を誘導し降臨させるテクを使って何とか目線よりやや上の高さに舞い降りてくれました。と言っても対岸のアカガシの茂みの中。ようやく撮れた(もちろんトリミング画像)♀2枚を貼っておきます。

++画像をクリックすると拡大画像を見ることができます++
f0090680_22111551.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=640、F10-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時20分
f0090680_22112219.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=640、F8-1/800、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時27分

 まぁ、キリシマの場合はこの程度の距離で撮影するのは慣れっこになっているのでプチ満足状態でした。それにしても、どうして「キリシマ一家」の皆さんは管理人に人見知りするんでしょうね(笑)もう少し近くに寄って頂いて茶飲み話でもしましょうよ・・・、ってやはり無理なお願いなのかなぁ~? 
 さて更に探索して戻って来ると♀の姿がありません。そこで再度長竿が届くギリギリの高さを叩くと♂2頭が飛び出し、一瞬卍状態になった後、樹冠方向に消えていきました。今回訪問した7月中旬頃はキリシマの場合、未だ♂が活発に飛ぶ時期ではなく、気温が低ければ降臨も夢ではありません。しかし、梅雨明け後の高温状態で長竿を駆使しても結局無駄でした。ただ、8月上旬頃に再訪すれば、♂が比較的低い位置でのテリ張りが期待できる箇所も見つかったので新規ポイント開拓も無駄ではなかったと思っております。

 この後、クロシジミ撮影実績のあるポイントに転戦しましたが、どうも環境の変化があったようで、坊主。ところが、探索中、足元から急に大きな羽音を立てて猛禽類と思しき野鳥が飛び立ちました。この鳥、すぐに地上に降りると、「クワッ、クワッ」とまるでカエルのような鳴き声を上げながら羽を不自然に広げて地面をのたうち回り始めました。この時点で、以前読んだ本の記憶が蘇り、ヨタカであると確信いたしました。ヨタカは地面で直接放卵し、そこで卵を温めるのですが、外敵が来ると傷ついたポーズを取りながら、外敵を卵から遠い場所へ誘導し、ある程度離れた頃を見計らって、飛び立ち抱卵箇所に舞い戻る習性があるのです。
以下、その疑似負傷ポーズの一連画像です。
f0090680_2212628.jpg
D71K-85VR(トリミング)、ISO=640、F8-1/800、-0.7EV、撮影時刻:14時21分
f0090680_22121420.jpg
D71K-85VR(トリミング)、ISO=640、F8-1/800、-0.7EV、撮影時刻:14時21分
f0090680_22122363.jpg
D71K-85VR(トリミング)、ISO=640、F8-1/800、-0.7EV、撮影時刻:14時21分
f0090680_22123233.jpg
D71K-85VR(トリミング)、ISO=640、F8-1/1000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時21分

 最後の画像のみストロボを照射した関係で、眼が赤く光って不気味な雰囲気になりました。環境省のサイトで調べたらヨタカは準絶滅危惧種(NT)扱い。一方、探索したクロシジミは絶滅危惧ⅠB類でヨタカよりも2ランク上です。ただ、野鳥探索を真面目にしない管理人にとっては、むしろヨタカに出会えるチャンスは滅多に無く、凄く運が良かったかもです。
by fanseab | 2013-07-22 22:15 | | Comments(2)

ルリシジミの産卵(7月中旬)

 今年は梅雨明け後の猛暑の影響か、拙宅近くの多摩川沿いのクズの成長も早く、既に花穂が色づいてきました。やはり良い匂いがするなぁ~とクズの花穂を観察していると、白いシジミが登場。おぉ!ルリシジミの♀ではありませんか。当然産卵行動と思い、カメラをセットします。母蝶は結構神経質でカメラの動きに敏感で、なかなか思い通りのショットが撮れません。最初は産卵途中のシーン。

++横位置画像をクリックすると拡大画像を見ることができます++
f0090680_2158812.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時45分

 触覚を上下させながら、好みの位置に腹端をセットして産んでいきます。産卵シーンのアングルとしてベストだったのが、こちら。
f0090680_21582187.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時48分

 ただ、肝心の複眼と腹端が超ピン甘(^^; これでは産卵シーンとしてはB級ショットですね。結局これ以上の画像を撮らせてくれないまま、母蝶は去っていきました。産卵の途中ではクズの花穂から吸蜜しておりました。
f0090680_21583499.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時46分

 クズの花穂への産卵状況です。
f0090680_21584467.jpg
D71K-85VR、ISO=100、F11-1/320、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時39分

 画面上に4卵(1卵は孵化済の卵殻)確認できます。花穂の数は流石に未だ少ないので母蝶は特定の穂先に集中的に産んでいくようです。この辺の事情は秋口のウラギンやウラナミシジミの産卵状況と良く似たパターンでしょう。例によって、卵の拡大像も撮影。
f0090680_2159066.jpg
D71K-85VR-24R(トリミング+上段のみ3コマ深度合成)、ISO=100、F29-1/320、-1.7EV、外部ストロボ

 ヒメシジミ族の卵表面構造は概ね類似していて網目構造を有し、網目の頂点が水柱状に盛り上がっております。ルリシジミの場合は頂点の突起は控えめな印象です。以前、撮影したヤクシマルリシジミと微構造の比較も行いました。
f0090680_21591018.jpg
撮影条件はルリとほぼ同じ。

 教科書上では、卵の直径はヤクシマルリシジミ>ルリシジミとされておりますが、管理人の撮影結果では逆転しております(ルリ:0.67mmΦ、ヤクルリ:0.61mmΦ)。個体変異で逆転するものなのか、今後の検討課題です。表面網目構造はヤクルリの方が粗く、水柱状突起の高さもより突出している印象ですね。今後できればサツマやスギタニルリ、オガサワラシジミとも微構造比較をしてみたいと思います。
by fanseab | 2013-07-17 21:59 | | Comments(6)

Papilio属2種の産卵(7月中旬)

 今シーズン、アゲハチョウ科の産卵行動はジャコウ以外撮影しておりませんでした。流石にLuehdorfiaParnassiusの産卵シーン撮影は時期を逸しておりますので、後はPapilioGraphiumを狙うことになります。先ずはアゲハチョウ狙いで横浜市内のカラタチ群落ポイントに出かけました。産卵時間帯は正午前後と睨んで午前10時半到着予定が事故渋滞で11時半にズレこみ、ちょっと焦ります。現地に到着すると、目論見通りナミアゲハ♀が登場。アングルに不満は残るものの先ずは無事産卵シーンをゲット。

++画像をクリックすると拡大画像を見ることができます++
f0090680_2264750.jpg
D71K-34、ISO=640、F11-1/640、-1.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時58分

 撮影後、モニターを確認するとかなりの露出不足。おかしいなと思いながら撮影を続行したのですが、後で露出補正をムチャマイナス側に設定していたことが判明。どうもISO設定変更をする際、誤って露出補正を変更してしまったことが原因。N社一眼ではISO/露出補正いずれもメインコマンドダイヤルで設定するので、誤操作することが稀にあります。

 アゲハチョウはこの後、連続的には産卵にやって来ないので、別のカラタチポイントへ移動。暫くして有難いことにナガサキアゲハ♀が登場。こちらは結構暗い環境にあるカラタチに産むのでRAW現像処理時の露出設定ミスのリカバリーに大変苦労いたしました。苦労して写した2カットをご紹介しておきましょう。
f0090680_2274030.jpg
D71K-34、ISO=640、F9-1/500、-1.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時26分
f0090680_2274845.jpg
D71K-34、ISO=640、F9-1/400、-1.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時29分

 1枚目の左上には既に産みつけられた1卵が見えています。こちらは本シーン撮影の24秒前に産卵されています。今回出会った母蝶は概ね30秒~1分間隔で10卵近く産み付けていきました。2枚目は露出設定・アングル共にほぼ理想的な絵でした。これで腹端先に卵まで写し込めておれば完璧でした。次にカラタチへの産卵状況および卵の拡大像を示します。
f0090680_228868.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=640、F9-1/640、-1.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時29分:拡大像はD71K-1855改@55mm(トリミング+4コマ深度合成)、ISO=100、F11-1/320、-0.7EV、内蔵ストロボ+2灯スレーブ増灯

 ここで別の日に撮影したアゲハチョウの卵とナガサキアゲハの卵を形状比較してみました。
f0090680_229172.jpg


 ナガサキは国産アゲハの中でも最大級の大きさとされ、直径1.68mm。他方アゲハチョウは1.16mmで、相当差があることがわかります。表面はほぼ平滑と言えますが、不規則な凹凸構造も認められます。実はこの日、クロアゲハの産卵も期待したのですが、そちらは坊主。こちらはカラスザンショウで待機していた方が撮影確率も高そうなので、また別途再トライしたいと思います。
by fanseab | 2013-07-15 22:11 | | Comments(0)

信州ゼフ探索(7月上旬) (3)ミスジチョウの産卵など

 この時期信州の林道を車で流していると、ミスジチョウの個体数の多さに驚かされます。地元神奈川だと、結構苦労して撮影するのに、こちら信州ではキタテハみたいに飛んでいて希少価値が目減りしてしまいますね(笑) 朝方からゼフの姿を追跡している途中、ミスジチョウ♀が明らかな産卵行動を示しておりました。これはチャンスとばかり、♀を追跡。すると、カエデ類でない葉に開翅して止まり、葉の先端に産み付ける行動を示しました。

++横位置画像をクリックすると拡大画像を見ることができます++
f0090680_23161443.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=640、F10-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時08分

 この葉はカバノキ科のクマシデ(Carpinus japonica)。残念ながらこの時は撮影後、葉先端の卵の確認を怠りました。最初は誤産卵行動かと思いきや、更に産卵を繰り返しました。次はやや曖昧な証拠画像。
f0090680_23173119.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=640、F10-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時09分

 産卵後飛び立った♀(画面左上)の右下、画面中央下にある葉の先端部(矢印)に青緑色の卵らしき姿が写っています。これまた卵にピンが正確に来ていないのが悔しいところです。この後、ほぼ1~2分間隔でクマシデ葉の先端に産み付ける行為を繰り返していきました。
f0090680_2318464.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=640、F10-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時10分
f0090680_23181594.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=500、F10-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時13分

 産卵の途中は定番の日光浴。
f0090680_23253262.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時05分

 一連の行動は明らかに食樹と確信して産み付けているように見えました。因みに本来の食樹のカエデ類が近くにあって、暫くカエデに興味を示すかを注視しておりましたが、全く飛来しませんでした。実は過去にもクマシデへの産卵記録があって、そこで発見された卵・1齢幼虫が4齢まで生育したこと、およびクマシデと同属のアカシデ(C.laxiflora)から同様に卵・1齢幼虫が発見されたことが記載されています(※)。ミスジチョウがカバノキ科からカエデ科に食性転換してきたことの名残なのか?逆にカエデ科からカバノキ科へ食餌植物を拡大していく途中の生態なのか?面白い事実だと思いました。ミスジチョウ♀は正午頃には姿を消し、代わりに♂が目立ってきて盛んに探♀飛翔を繰り返しておりました。つまり♂に邪魔されない午前中の時間帯を見計らって産卵活動をしていたようにも思えます。
 さて、朝方、アイノやジョウザンを探索中、翅を開閉させながら草陰に潜んでいるミスジチョウ♀を発見。暑いので葉上から吸水しているのかと思って撮影してみると・・・・。
f0090680_23254531.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時18分

 どうやらクサキリ幼体の死体腐液を舐め舐めしている所でした。獣糞とかにも来るNeptisですから窒素(N)分を補給していたのかもしれません。とても暑かったこの日、タテハ類の吸水も盛んでした。特に目立ったのがミドリヒョウモンの♂。
f0090680_23261382.jpg
D71K-34、ISO=640、F10-1/640、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時40分

コンクリートで被覆された法面からしきりに吸水しておりました。気温が最高値に達しそうな午後2時頃には綺麗なクジャクチョウも葉の茂みに姿を隠す光景も観察できました。避暑がてら信州に出かけた今回の遠征。それなりに暑さは厳しかったものの、ゼフやら大好きなNeptis属を沢山観察できて楽しい一時を過ごすことができました。

※福田晴夫他、1984. 原色日本蝶類生態図鑑(Ⅲ):p.157、保育社
by fanseab | 2013-07-13 23:30 | | Comments(4)

信州ゼフ探索(7月上旬) (2)エゾミドリシジミなど

 現地に到着した朝方は専らジョウザンもしくはアイノを求めて新規ポイント開拓をしておりました。とある林道内の空間で飛び回るゼフを発見。期待したアイノではなく、ジョウザンでした。

++横位置画像をクリックすると拡大画像を見ることができます++
f0090680_22304948.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=200、F8-1/1000、-1.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時01分

 快晴・高温の条件が災いしたのか、全く開翅する気配がありません。仕方なくここは撤収。
メスアカポイントに戻ってみると、葉の上に黒い影が。ウラクロシジミの♀でした。
f0090680_2231236.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=500、F10-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時58分

 因みに本種♀の撮影は6年振り。しかも至近距離では初撮影で素直に嬉しかったですね。この子が開翅する可能性もあったのですけど、他のポイント開拓を優先してここを離れました。ウラクロ♀のすぐ隣に別の黒っぽいゼフが飛来し、すぐにご開帳です。
f0090680_22312198.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=500、F10-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時59分

 閉翅した際に裏面を確認し、エゾミドリシジミの♀と同定(間違っていたらご指摘願います)。エゾ♀開翅はこれが初撮影になります。エゾ♀の尾状突起は♂に比較してそれほど短くはなく、尾状突起の長さを同定判断基準にできない難しさがあるように思います。この現場から離れて更に探索していくと、林道のガードレール上にシジミの影が。
f0090680_22315772.jpg
D71K-34、ISO=640、F10-1/640、-0.7EV、撮影時刻:9時29分

 エゾ♂が吸水しているようです。前夜の夕立の名残があるのか?エゾ吸水シーン撮影もこれが初めてになります。できれば地面での吸水シーンの方が有難かったのですけどね。それにしても後翅内縁部の毛がブルーの幻光を放つとは知りませんでした。ガードレールからの反射光のいたずらなのかもしれません。再度メスアカポイントに戻ると朝方エゾ♀が開翅していた場所に別個体のエゾ♀が飛来しておりました。ここはコンデジを一脚に付けてインターバル広角撮影。
f0090680_22322389.jpg
GXR@5.1mm、ISO=200、F6.5-1/100、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:12時04分

 今や「古典的」とも言える手法ですが、何とか蝶が画面内に収まりました。早いとこkmkurobeさんが成果を挙げているリモート撮影テクニックを導入したいものです。↑の絵で、中央上奥側がエゾ♂のテリ張りポイントであり、その近くで♂と遭遇する可能性を求めて、敢えてここに飛来しているのではないかと思われました。言わば、エゾミドリ達にとっての「出会い系サイト」かな?
 さて、13時を過ぎてようやくエゾ♂の活動が活発化してきました。丁度この頃、雲量が増えて陽射しがやや翳る時間帯になったことも影響していたように思います。異なるアングルからの開翅シーン3連発。
f0090680_22331879.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=500、F10-1/500、-1.0EV、撮影時刻:13時03分
f0090680_22332971.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=400、F10-1/640、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時48分
f0090680_22333712.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=400、F9-1/800、-1.0EV、撮影時刻:13時53分

 ほぼ完品個体で助かりました。3枚目はいつもと異なり葉柄側を向いて止まったシーンで、意外と気に入った絵です。陽射しが強まってくると、すぐに翅を閉じ、更には葉裏に潜り込んで完全に活動を停止してしまいます。葉裏に隠れる前に閉翅をきちんと撮影いたしました。
f0090680_22335594.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=400、F10-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時08分

 お終いは卍飛翔の広角撮影。今回初めて目線高さでの卍を観察することができました。都合3回長時間継続する卍状態になり、特に2回目は3分近く持続し手応えがあったのですが、撮影終了後、何気なくカメラを見ると何とレンズキャップが付いたままでした(涙)。時々こんな失敗をいたします。飛翔撮影前は「レンズキャップ外したか?良いか?ヨシ!」と一人指差呼称をして臨まねばなりませんね。でもって、初回と3回目の卍から各一コマご紹介しておきましょう。
f0090680_2234860.jpg
D7K-20(トリミング)、ISO=500、F14-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時57分
f0090680_22341635.jpg
D7K-20(トリミング)、ISO=200、F14-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時53分

 1枚目で表翅の金緑色が表現できれば最高でしたが、まぁ、そんな絵柄は次回の課題としておきましょう。それはともかく、昨年撮影できなかった広角卍飛翔の成果が出て満足することができました。次回はゼフ以外の蝶をご紹介予定です。
by fanseab | 2013-07-11 22:37 | | Comments(2)

信州ゼフ探索(7月上旬) (1)メスアカミドリシジミ

 関東地方は記録的に早い梅雨明け。同時に猛烈な暑さに襲われて管理人も体調がおかしくなりそうです。こんな時は涼しい信州に行くにかぎる・・・。で、昨年同様のゼフ探索です。現地6時45分着。早速ジョウザンかアイノを求めてそれらしきスポットを巡り種々の蝶探索。その後11時頃からメスアカポイントに陣取って彼らの飛来を待ちます。正午前、急に目の前に卍飛翔が出現。卍が解けた後、全開してくれました。

++横位置画像をクリックすると拡大画像を見ることができます++
f0090680_231195.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=400、F10-1/640、-1.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時55分

 残念なことに葉被り(^^;  アングルを変えようと思ったら飛ばれてしまいジ・エンド。ほぼ完品だっただけに余計悔しさが募ります。しかもこの後、メスアカの姿が完全に消えました。そろそろエゾのテリ張りも始まる頃で、予想通りエゾも飛び始めましたが彼らも暑さのせいか、不活発状態で派手な動きがありません。そうこうするうちに少し見覚えのある同好者の方がやって来られました。以前、ゴマシジミで撮影をご一緒したHさんでした。再会のご挨拶もそこそこにお互い情報交換。結論は「活発になる時間帯は恐らく夕刻近くになるのであろう」。そこで、エゾミドリの撮影(後日ご紹介)等をしながら、時間を潰します。14時過ぎにHさんが見張っていた場所でどうも動きがあった模様。見上げると、かなり高所で数頭のメスアカらしき個体がテリを張り、時々卍飛翔も見せておりました。「そのうちテリ張り位置が低くなるはず」とのHさんのご宣託を信じ様子を見ます。取敢えず10m以上の高所を飛ぶ卍飛翔を300mmで撮影。
f0090680_2312338.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=500、F4-1/4000、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時30分
f0090680_23121413.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=500、F4-1/4000、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時30分

 卍が低くなることを祈っておりましたが、全くその気配無しでガッカリ。準備した広角飛翔用システムも出番がありません。その後Hさんのご宣託はズバリ当たり、至近距離での開翅を拝むことができました。最初は前翅の輝きを捉えたショット。
f0090680_23123672.jpg
D71K-34、ISO=500、F10-1/400、-1.0EV、撮影時刻:15時32分


 少し右側に寄って、4枚の翅それぞれが微妙に異なる輝きを魅せたショット。
f0090680_23125126.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/320、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時33分

 若干、複眼のピントに難があるものの、ノートリで全貌を捉えることができました。やはり左前翅のChrysoらしい輝きは絶品です。残念なことにほぼ完品のこの個体はすぐにスレ個体と入れ替わってしまいました。引き続いてこのスレ個体を撮影。異なるアングルからの2枚です。
f0090680_23131959.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=320、F10-1/500、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時45分
f0090680_2313278.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=320、F10-1/500、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時47分

 この個体も左後翅の欠けさえなければ・・・と何度も思いました。最後は半開翅状態での金緑色のチラリズム。
f0090680_23134127.jpg
D71K-34、ISO=320、F10-1/500、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時51分

 夕陽を浴びて輝く姿を堪能させて頂きました。この日は本来なら15時前に撤収予定でしたが、メスアカの活動ピークが夕刻側にズレ、少し粘って正解でした。現地で色々と有益なお話をさせて頂きましたHさんには厚く御礼申し上げます。またどこかで撮影をご一緒いたしましょう。次回はエゾミドリシジミ他をご紹介予定です。
by fanseab | 2013-07-09 23:16 | | Comments(0)

モンシロチョウの産卵(7月上旬)

 今シーズンは種によらず産卵シーン撮影をメインテーマにしております。その中でも管理人が「三大普通種」としている、アゲハチョウ、モンシロチョウ、ヤマトシジミについては是非ともきっちり撮りたい対象です。先ずはモンシロチョウに挑戦です。年5回以上発生するとは言え、普通種故♀の産卵シーンに出会えるチャンスは意外とありません。ただ、現在川崎市内の多摩川縁では丁度3化♀のハイシーズン。至る所で産卵シーンを目にすることができます。それでも良い絵はなかなか撮れず、苦労しました。今回のベストショットは次の2連ショット。

++横位置画像をクリックすると拡大画像を見ることができます++
f0090680_22294811.jpg
D71K-85VR(トリミング)、ISO=200、F14-1/500、-1.0EV、撮影時刻:10時04分38秒
f0090680_22295732.jpg
D71K-85VR(トリミング)、ISO=200、F14-1/500、-1.0EV、撮影時刻:10時04分39秒

 最初は卵が産みだされる直前、2枚目が産卵直後で、白い卵が見えております。何とか、腹端、複眼、卵全てにフォーカスが合った絵が撮れています。お次は失敗ショットを敢えてアップしておきましょう。
f0090680_2230788.jpg
D71K-85VR、ISO=200、F14-1/500、-1.0EV、撮影時刻:10時05分

 背景が抜けたベストの状況でしたが、肝心の複眼が葉被り(^^; 丈の低い場所に産む場合の葉被りはともかく比較的高い穂先でしたが、撮影後モニターを見てガックリでした。一連の産卵はマメグンバイナズナ(Lepidium virginicum)になされておりました。
f0090680_22301668.jpg
D71K-85VR、ISO=200、F14-1/500、-1.0EV、撮影時刻:10時08分

 この植物は外来種で、モンシロチョウにとってはキャベツ畑以外での貴重な食草になっているようです。今回のモンシロ産卵シーンはまだまだ完成度が低く、再度チャレンジが必要かな。またアゲハチョウとヤマトシジミももちろん今シーズンどこかで仕留めたいと思っております。
by fanseab | 2013-07-06 22:30 | | Comments(4)

スジグロシロチョウの産卵等(6月下旬)

 ヒメシジミの産卵行動を観察中、シロチョウ科2種の産卵も観察することができました。最初はスジグロシロチョウ。

++横位置画像をクリックすると拡大画像を見ることができます++
f0090680_23505533.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=400、F9-1/500、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時08分

 産んでいたのは、恐らくジャニンジンだと思いますが、ちょっと自信ありません。ヤマトかスジグロかは後翅裏面肩脈形状と表翅の黒班の滲み具合で区別しております。翅面とレンズ面を平行にすると葉被りしたり、なかなか難しいです。葉裏への産卵状況です。
f0090680_23512453.jpg
D71K-85VR(トリミング)、ISO=100、F11-1/400、-1.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時26分

 産卵直後は真っ白です。超拡大システムで拡大像も撮影。ここでは別途撮影したモンシロチョウ、キタキチョウ卵の拡大像と比較して示します。
f0090680_23513891.jpg
D71K-85VR-24R(トリミング+2コマ深度合成処理)、ISO=100-200、F29-1/320~400、-1.0/-1.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時52分

 同じPieris属でもスジグロとモンシロではかなり形状が異なります。スジグロはペットボトル形、モンシロは砲弾形とでも言えましょうか? また、ヤマトスジグロとエゾスジグロはスジグロとどれだけ微構造が異なるのか?も次なる検討課題です。更に3種の中で成虫サイズの最も小さいキタキチョウの卵が3種の中で最大であることも興味深いです。
 さて、そのキタキチョウの産卵も何とか撮影できました。最初はハギに産んだ場面。
f0090680_23521736.jpg
D71K-85VR(トリミング)、ISO=320、F11-1/640、-1.0EV、撮影時刻:12時16分

 次はメドハギへの産卵です。
f0090680_23522857.jpg
D71K-85VR(トリミング)、ISO=400、F11-1/400、-1.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時40分

 既に産卵された2卵も確認できます。キタキチョウもそうですが、シロチョウ科の産卵は本当の「瞬間芸」。食草に着地した瞬間に産卵が完了するので、アングルを決定する時間的余裕を与えてくれません。シジミ類の産卵に比較して難易度が極めて高いと思います。対策としてはとにかく飛翔写真と同じで数多く撮影して好みのアングル画像を拾い上げる・・・、そんなアプローチをしないととてもストレスが溜まる気がしております。まぁ、それでも何とか今シーズン、モンキ、ツマキに引き続き、今回の2種類を加え、シロチョウ科産卵撮影は合計4種になりました。後は基本中の基本、モンシロを撮影することが次の目標となります。
by fanseab | 2013-07-05 23:54 | | Comments(0)