探蝶逍遥記

<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ボルネオ・グヌンムル公園遠征記(18)タテハチョウ科・モルフォチョウ亜科

 ワモン類も魅力的な種群ですが、なかなか出会うチャンスがありません。以前、期待して遠征したボルネオ・ポーリン温泉でもわずかにソンダイカコノハワモン(Discophora sondaica symphronia)に出会っただけ(外部リンクでした。ところがどっこい、今回は嬉しいことに全4種、いずれも未撮影種に出会うことができました。最初はグラキリスヒメワモン(Faunis glacilis glacilis)。雰囲気的に♂かな?                          
                                                                          ++横位置画像をクリックすると画像閲覧ページに飛び、拡大画像を見ることができます++
f0090680_212711.jpg
D7K-34、ISO=640、F11-1/80、-1.0EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月12日、12時36分

 Faunis属に出会うのは香港でeumeus(外部リンク)に出会って以来でした。本種は同属中最少サイズとされていますが、表翅が目立つ橙色であることもあって、飛翔中はそれほど小さく感じられません。例によってムチャクチャ敏感で姿は見えども撮影できない・・・こんな状況が続いてイライラさせられました。シマジャノメと混棲していて、とにかく暗い林床が大好き。林床低くパタパタと10m位飛んでは下草に静止します。お次はキラタヒメワモン(Faunis kirata kirata)。
f0090680_2131324.jpg
D7K-10.5-X1.4TC(トリミング)、ISO=320、F9-1/500、-1.0EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月11日、10時32分

 アカエリトリバネアゲハの飛翔撮影中、林内から急に飛び出してきたところを慌てて撮影。ムチャトリミングしてのご紹介です。マクロで撮り直そうと思ってカメラを持ち替えたら、既に姿を消しておりました。図鑑によれば本種はglacilisよりも森林性が強く、個体数が少ないとのこと。こんな記述を読むと、余計マクロで撮れなかったことが悔やまれました。近縁種canensとは前翅裏面中央をよぎる暗色条が本種ではボンヤリすることで区別されます。3番目に登場するのは大型のワモン、アウレリウストガリバワモン(Zeuxidia aurelius euthycrite)です。
f0090680_2134349.jpg
D7K-34、ISO=500、F9-1/100、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月11日、11時15分

 遊歩道をよぎる小川の畔から、急にバサバサと羽音が聞こえる位の迫力で飛び立ちました。一瞬、どこに隠れたか見失いましたが、何とか発見し、慎重に回り込んで撮影。以前スラウェシで撮影したフィディップスコウモリワモン(Amathusia phidippus celebensis:外部リンク)と同サイズで量感タップリです。暗いジャングルを飛翔中に前翅が放つ、金属光沢のブルーは本当に魅力的で、「なるほど、ワモンチョウがモルフォチョウ亜科に属するのも当然だなぁ~」と納得させられてしまう蝶です。飛翔でしか、そのブルーを撮影できないはずですが、このワモンの飛翔を撮るには後何年ボルネオに通えば良いのかぁ~と溜息が出てしまいます。最後は翅形が丸みを帯びたクルギウスルリワモン(Thaumantis klugius lucipor)
f0090680_2151425.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=400、F10-1/400、-1.0EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月10日、9時37分

 もちろん、本種も初撮影。ご覧のように木製遊歩道の上で隣にトカゲを侍らせながら(笑)、吸汁しておりました。ただ間合いを詰めようと思うとすぐに飛び立って茂みに入り込んでしまいます。接近戦で撮るにはフルーツ系のトラップが必要なのでしょう。その後何回か出会っても、藪に逃げられることを繰り返して勝負になりません。それでもようやく茂みの中に潜む個体を撮影できました(葉被り必死の状況でピンポイントのフレーミングが必須でした)。
f0090680_2154251.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=640、F10-1/60、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月12日、12時52分

 白い粉を吹いたような独特な裏面で、後翅第2・6室に配された眼状紋も非常に個性的です。後翅肛角部周辺は、海面に漂うとされるマンボウの頭部を彷彿とさせる模様ですね。こちらも飛翔中、和名通り、深い瑠璃色をチラつかせながら飛ぶ姿はとても綺麗です。aureriusと比較すると林床低くを飛ぶので、粘ればこちらの飛翔撮影チャンスは多いように思います。ただ、林床に降りると裏面は完璧な保護色となるため、居場所を見失うこと必死で、飛び立たせてから飛翔を撮ろう・・・等の安易な作戦は通用しそうにありません。
<次回へ続く>
by fanseab | 2013-02-25 21:09 | | Comments(4)

ボルネオ・グヌンムル公園遠征記(17)タテハチョウ科・ジャノメチョウ亜科

 豊富な種類を誇るジャノメ類はいつも期待して出かけていきます。今回も既撮影種の撮り直し、初撮影種含めまずまずの成果が出ました。最初はどこの遠征先でも出会うルリモンジャノメ(Elymnias hypermnestra nigrescens)の♀。                            
                                                                          ++画像をクリックすると別ページに飛び、拡大画像を見ることができます++
f0090680_2154083.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=400、F11-1/400、-1.0EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月11日、7時33分
f0090680_21541536.jpg
D7K-34、ISO=640、F11-1/250、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月11日、7時35分

 朝方、公園本部脇にある食堂前の緑地に佇んでおりました。この手の普通種は各亜種画像の採集が重要です。今回のボルネオ産亜種nigrescensは初撮影。表翅は亜種名の由来通り「黒」味を帯びて、名義タイプ亜種♀に見られる橙色が全く出現しておりません。台湾で閉翅している本種にストロボを当てると半開翅する性質を発見したので、この時もこの方法をトライし、少し開翅してくれて助かりました。お次はムカシヒカゲ(Neorina lowii lowii)。
f0090680_2157051.jpg
D7K-34、ISO=200、F4-1/400、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月10日、12時36分

 このヒカゲはポーリン温泉で初めて出会って(外部リンク)からお馴染みになりました。飛んでいる姿はモンキアゲハそっくりです。ただ、今回は破損品が多くてあまりレンズを向けることはありませんでした。そしてポーリン温泉でも出会ったオルセイスコジャノメ(Mycalesis orseis borneensis)。
f0090680_21572448.jpg
D7K-34、ISO=200、F9-1/100、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月11日、9時21分
f0090680_21573746.jpg
D7K-34、ISO=400、F13-1/50、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月13日、9時15分
f0090680_223344.jpg
D90-10.5-X1.4TC、ISO=200、F13-1/30、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月11日、9時23分

 1枚目は♂閉翅。表翅に藍色の幻光が出現する綺麗なコジャノメです。この絵でも僅かに開いた外縁側にチョッピリその幻光が伺えます。2枚目は今回初撮影の♀。♀は表翅の幻光を発せず、後翅裏面基部側の暗色条が♂のように基部側に曲がらない特徴があって♂♀の区別が可能です。この暗色条紋の発現差は日本のコジャノメ(M.francisca)と全く同様で、Mycalesis属の多くで適用可能なルールのように思えます。3枚目は♂の広角画像。宿泊したロッジのすぐ前で下草に佇んでいる様子です。国産コジャノメ同様、相当暗い環境を好みます。Mycalesis続きで地色が橙色のアナピタコジャノメ(Mycalesis anapita fucentia)。
f0090680_21585135.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=400、F7.1-1/250、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月10日、15時55分
f0090680_2159290.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=400、F10-1/320、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月10日、10時54分

 anapitaは近縁種patianaと酷似していて裏面だけからは判定が難しいのですが、今回は開翅してくれたのでanapitaだと断定できました。見分け方は前翅第2室に出現する眼状紋が外縁部の黒い縁取りに覆われるか否か。覆われなければanapita、半分以上隠れればpatiana。今回は運よく♂(1枚目)♀(2枚目)を撮り分けることができました。♀はご覧のように♂に比較して地色が薄く、後翅外縁側の黒い縁取りが殆どありません。しかし、1枚目は完全に露出オーバーで大失敗作(^^; こいつも撮り直しリストに入ってしまいました。ただ夕方に開翅するチャンスがあることを知ったのは収穫でした。それに♂♀共に今回は地表スレスレを飛んでいて、森林を縫うように飛んでいたダナムバレーやポーリン温泉での姿と異なり、違和感を覚えました。最後は撮り直しをしてみたかった筆頭格のシマジャノメ(Ragadia makuta umbrata)。
f0090680_21595617.jpg
D7K-34、ISO=200、F4-1/500、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2012年3月12日、11時06分

 ストロボを使用するとピクッと反応して飛び立ってしまうので、仕方なくノンストロボでの撮影。しかし、相当暗い環境なので、元画像は超ローキー!RAW現像でガンマコントロール機能を使って何とか暗部を持ち上げてみました。銀塩だったら全く復活不可能なコマだったでしょう。デジタル画像のご利益を改めて感じた次第。この時は余裕がなかったのですけど、やはりこのジャノメが棲む暗い林床環境を広角で写し込んでみたいものです。これも次回遠征時の宿題事項のようです。
<次回へ続く>
by fanseab | 2013-02-22 22:06 | | Comments(10)

ボルネオ・グヌンムル公園遠征記(16)タテハチョウ科・イチモンジチョウ亜科②

 イチモンジチョウ亜科の二回目はデコラジャノメタテハ(別名:ジャノメスミナガシ、Amnosia decora baluana)のご紹介です。本種はDanum Valleyで初めて出会い(外部リンク)、とてもインパクトを受けたタテハです。今回は比較的個体数に恵まれたこともあり、♂♀含め、撮影を堪能することができました。最初は葉裏に全開して静止した♂。
                     
 ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_21381035.jpg
D90-85VR、ISO=400、F13-1/40、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月13日、9時12分

 ご覧のように前翅端をよぎる青白帯が特徴です。飛翔中はまるで巨大なホタルガが飛んでいるように見えます。しかも飛び方までヨタヨタとぎこちなく、ホタルガにそっくりなのです。概ね10mほど飛ぶと、すぐに葉裏に隠れるので、飛行中目線を切るとまず再発見は不可能。隠れる葉の高さは1m~2m程度。公園の遊歩道の高さと同レベルのため、目線より明らかに下になって、ベタ開翅画像を撮るのが非常に難しいタテハです。次は同じく葉裏に隠れた♀。
f0090680_21384068.jpg
D7K-34、ISO=100、F6.3-1/250、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月10日、11時40分

 通常はこんな絵を撮るのがやっとの世界(^^; かなり敏感なタテハですが、吸水や吸汁中鈍感になるのは日本のスミナガシと同じ。遊歩道で吸水(吸汁?)中の♂です。
f0090680_21385753.jpg
D7K-34、ISO=640、F10-1/125、-1.0EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月12日、13時18分

 何とか表翅と裏面を同時に写し込むことに成功。この遠征では毎日どこかで必ず本種に遭遇しましたが、いずれも単発的で、すぐにジャングルの中に逃げていくため、なかなかまとまって写すチャンスがありません。ところが、最終日、何やら個体数が多い場所に偶然遭遇し、じっくりと撮影することができたのです。最初に気が付いたのは樹上で繰り広げられていた♂♀求愛ダンスでした。
f0090680_21392846.jpg
D7K-34、ISO=400、F11-1/125、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月13日、8時54分
f0090680_2139418.jpg
D7K-34、ISO=400、F11-1/160、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月13日、8時55分

 ♂(右)と♀(左)がお見合いする形で、♀が全開し♂が回り込もうとすると、♀も回転して交尾拒否の姿勢を取ります。これ、完全にオオムラサキ♂♀の求愛ダンスと同じスタイルでした。この求愛行動は1分以上続いておりました。求愛シーンに偶然遭遇したのには実は仕掛けがあって、求愛ダンス現場のすぐ下に樹液酒場があり、ここに多数のdecoraが集っていたのです。遊歩道の通行の邪魔になると判断したのでしょう、切断した幹から白い樹液がたっぷりと出ておりました。管理人が熱帯アジアでこのような樹液酒場を見たのは今回が初めてです。最初は♂の吸汁シーン。
f0090680_21404951.jpg
D7K-34、ISO=400、F10-1/125、-1.0EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月13日、9時00分

 この画像は本年初頭の記事でご紹介させて頂きました。前翅を貫くライトブルーの帯は白飛びしやすく、難しい撮影対象です。次に♀の吸汁シーンを対角魚眼で撮影。
f0090680_2141376.jpg
D90-10.5-X1.4TC、ISO=400、F13-1/50、-0.7EV、外部ストロボ+スレーブ1灯、撮影年月日・時刻:2012年3月13日、9時07分

 ジャングルの中に出来た樹液酒場。そこに群れる♀と♂(中央下)。右上から焚いた補助光が少し強すぎたのを除き、ほぼアウトプットイメージ通りの作画が出来ました。今回遠征で撮影した画像の中でもお気に入りの絵になりましたので、通常より大き目の画像でご紹介しました。是非、画像をクリックして雰囲気を味わって下さい。この♀個体とは別の♀が下草付近をゆっくりと飛び回っているのに気が付きました。直感的に産卵行動と判断し、暫く追跡してみました。
f0090680_21413193.jpg
D7K-34、ISO=400、F10-1/100、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月13日、9時01分

 低木に産んだ様子もあったので、葉裏や葉上を調べましたが卵は発見できませんでした。このタテハの食草はイラクサ科のキミズ(Pellionia scabra)とされており、それほど丈の高い草本ではありません。もう少し時間があれば卵や幼虫も見つけることができたかもしれません。最終日で慌ただしいスケジュールだったことが悔やまれました。それでも課題だった♂撮影のみならず、求愛や樹液吸汁シーンなど、想定外の画像まで撮れて、このタテハを堪能させて頂きました。次回は本種のみならず、ボルネオ特産のボルネオスミナガシ(Stibochiona schoenbergi)にも是非出会ってみたいものです。
<次回に続く>

★2/20追記:画像拡大機能の件
 今日、投稿した記事を読んでいてビックリ!画像をクリックすると、「画像閲覧ページ」なるものが出てきて、その画像を更にクリックしなければ拡大画像を見ることができない仕組みに変わっていた。これまではワンクリックで画像拡大できたのに~・・・と恨み百倍。結局、アフィリエイト広告を読ませたいエキサイト側の策略であります。「エキサイト向上委員会」なるお知らせは殆ど百害あって一利なしのことが多く、変な仕掛けを作ると必ずエラーが出現し、サーバーがダウンしたりロクなことはありません。これまでは「横位置画像はクリックで拡大されます」と書いてきたけど、これからは、「横位置画像をクリックすると、画像閲覧ページに飛び拡大画像を見ることができます」と書かねばなりません。あ~っしんど!!

★3/21追記:同上
 ↑のようなクレームがエキサイトに沢山届いたと見えて、エキサイト側から画像拡大方式をオプション式にして、単純一発拡大できる選択肢が提案されました。もちろん、このモードを選択したので、これまで通り、画像をクリックすれば拡大画像が一発で表示されるようになりました。
全くお騒がせもんでした。
by fanseab | 2013-02-19 21:45 | | Comments(10)

ご案内「第9回チョウ類の保全を考える集い」

2月17日まで本記事をトップに掲載します。本文記事は本記事の下にあります。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 管理人も所属する日本チョウ類保全協会主催で、今年も首題集いが開催されます。
定員は一応100名を予定していますが、お席にはまだ余裕がありますので、
ご友人、お知り合いをお誘いあわせの上、皆さま方のご来場をお待ちしています。

なお、初日の夕方、同会場内で懇親会も開催いたしますので、チョウ類保全全般に関して参加された皆様のご歓談の場としてご利用いただければ幸いです。


□ 会場: きゅりあん(東京都大井町駅徒歩3分)6F大会議室
      マップはこちら(外部リンク)をクリック。
□ 日時: 2月16日(土) 13:30~18:30 (懇親会18:30~20:30)
       17日(日)  9:30~15:00         
       
□ 参加費: 会員 1,000円、非会員 1,500円

□ 申し込み: 参加日と懇親会参加の有無を明記のうえ、下記のメールアドレス
           まで、連絡ください。 
Email:jbcs@japan-inter.net

-------------------------- <プログラム> --------------------------

◇ 2月16日(土)

 13:30~      受付開始
 14:00~14:20  開会 代表理事あいさつ 諸注意
 14:20~15:40  チョウ類および昆虫類の状況及び活動報告
          岩手県におけるゴマシジミとチャマダラセセリの保全活動
          新井隆介氏(岩手県環境保健研究センター)
          長野県八ヶ岳におけるミヤマシロチョウの保全活動
     福田勝男氏(茅野ミヤマシロチョウの会) 

 15:40~16:40 昆虫類や自然環境の保全
           ゲンゴロウ類の現状と保全  西原昇吾氏(東京大学)

 16:40~17:10  (休憩)

 17:10~17:40  「ちょうちょのりりぃ」の読み聞かせと科学の本の読み聞か
せの会「ほんとほんと」活動報告
           科学の本の読み聞かせの会「ほんとほんと」

 17:40~18:30  保全協会のプロジェクト報告
    絶滅危惧種の状況および保全
  庭のチョウ類調査について

 18:30~20:30  懇親会(同会場) 会費3,000円

 2月17日(日)

 9:30~12:00
  地域の開発問題にどう対応するか?
    三浦市北川の開発問題~失われた神奈川県最大の谷戸湿地~
          高桑正敏氏(神奈川県立生命の星・地球博物館)
  失われたチョウたち
    かつての関東~中部地方のチョウたち 葛谷健氏
 
  昆虫類の保全に関するディスカッション

 13:00~15:00 グループ討論:今後のプロジェクトの進め方について
・絶滅危惧種の保全
・庭のチョウ類調査
・資金調達・会員拡大・事務局ボランティアについて
・webを利用した広報活動
          ほか

 15:00      閉会

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 画像が無いと寂しいので、阿蘇で撮影したオオルリシジミ九州亜種(Shijimiaeoides divinus asonis:絶滅危惧ⅠB類)の羽化直画像をアップしておきましょう。今回の集い初日で紹介された絵本「ちょうちょのりりぃ」の主人公でもあります。
f0090680_1315314.jpg
D90、ISO=200、F16-1/200、-2.0EV、外部ストロボ、撮影年月日時刻:2009年5月3日、7時57分
by fanseab | 2013-02-17 23:59 | | Comments(4)

ボルネオ・グヌンムル公園遠征記(15)タテハチョウ科・イチモンジチョウ亜科①

 イチモンジチョウ亜科にはお気に入りの種類が多いので本連載では記事を2つに分けます。最初に登場するのはラリアチビイシガケチョウ(Chersonesia rahria rahria)。                                                                                    
                                                                          ++画像はクリックで拡大されます++
f0090680_21551435.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=400、F7.1-1/320、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月10日、16時02分

 チビイシガケは北タイで撮影(外部リンク)して以来の出会い。intermediarahriaは酷似しておりますが、↑の個体はrahriaと判定しました。間違っていればご指摘願います。滞在2日目の夕方、コウモリ観察所の近くで遊歩道に止めてあった台車の上に飛来し、しきりに吸水しておりました。次は管理人お気に入りのNeptisの一種、ドゥリョダナコミスジ(Neptis duryodana duryodana)。
f0090680_21571119.jpg
D90-85VR、ISO=200、F6.3-1/1000、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2012年3月11日、10時42分

 sapphoに似た仲間は同定に苦慮する種類が多いけれど、これだけ完品だと種同定も間違いなくできます。本種の生息環境を対角魚眼でも撮影しました。
f0090680_21573297.jpg
D7K-10.5-X1.4TC、ISO=800、F9-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月11日、10時30分

 いかにもNeptisが好きそうな林縁環境でした。同属のクリニアミスジ(Neptis clinia ila)を飛翔で狙いましたが、酷い出来でした(^^;
f0090680_21575628.jpg
D5K-10.5-X1.4TC、ISO=640、F4-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月10日、14時51分

 改修中のコンクリート製遊歩道で、新規に上塗りしたコンクリートのミネラルを求めてやって来た個体です。ここにはアカエリトリバネも時々登場しました。
 最後に登場するのはイナズマチョウのグループ。最初はコイナズマ(Tanaecia属)。しかし、この仲間は個体変異も多く、同定が難しい!ペレア(T. pelea lutala)もしくはムンダコイナズマ(T. munda munda)と思しき♂♀個体を図示します。
f0090680_2232192.jpg
D7K-34、ISO=400、F7.1-1/160、-1.0EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月10日、9時11分
f0090680_2158502.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=400、F10-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月10日、10時51分

 この仲間は朝方、樹上高いところでノンビリと日光浴状態で、陽射しが強まると目線に近い高さに降りてきます。しかし、♂は暗いジャングルの陽だまりから陽だまりにホッピングするように飛んでなかなか静止せず、撮影に苦労します。それでも独特の矢尻模様を眺めると熱帯アジアに来たことを実感させてくれるタテハです。やや大型のドゥンヤリクイナズマ(Bassarona dunya dunya)にも初めて出会うことができました。
f0090680_21593360.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=400、F6.3-1/250、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2012年3月11日、10時47分
f0090680_21594510.jpg
D7K-34、ISO=400、F6.3-1/400、-1.0EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月13日、8時54分

 共に♂でした。本種は高さ3~4m程度の葉上でテリを張っていて、接近するとすぐに樹間に姿をくらましてしまいます。地上に降りて吸汁するチャンスもあるはずで、いずれ接近戦でものにしたいところです。お終いは管理人もお馴染みになったディルテアオオイナズマ(Lexias dirtea opicus)♀。
f0090680_2201888.jpg
D7K-34、ISO=400、F7.1-1/400、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月10日、15時47分

 赤いストローが印象的です。この仲間は圧倒的に♂より♀に出会うことが多いですね。この個体の後翅は綺麗に破損していて所謂バードビーク(野鳥の攻撃で翅が食いちぎられた跡)なのでしょう。
<次回に続く>
by fanseab | 2013-02-12 22:04 | | Comments(2)

ボルネオ・グヌンムル公園遠征記(14)タテハチョウ科・ドクチョウ亜科

 先ずはアルキッペウラベニヒョウモン(Phalantha alcippe alcippoides)の♂。     
                                                                             ++画像はクリックで拡大されます++
f0090680_22493415.jpg
D7K-34、ISO=200、F4-1/800、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月10日、11時20分

 このタテハはキナバル・ポーリン温泉で初めて出会いました(外部リンク)日本の蝶を引き合いに出して譬えるなら、「熱帯アジアのコヒョウモンモドキ」かな? とにかく小ぶりで可愛いタテハです。♂を撮影した20分後、珍しく♀の産卵シーンに出会いました。多少葉被りになったのは残念。
f0090680_22494856.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=100、F6.3-1/320、-1.0EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月10日、11時42分

 ♀および産卵シーンもこれが初撮影。もともと♂♀判定が難しい部類なので、♀とわかる個体が撮影できてラッキーでした。食樹はイイギリ科(Flacourtiaceae)とされています。暫く産卵を観察しておりましたところ、葉の縁および表側に産んでいる様子です。残念ながらこの距離では卵を確認することはできませんでした。お次はサテリタミナミヒョウモン(Cirrochroa satelita satelita)。
f0090680_2250623.jpg
D7K-34、ISO=200、F7.1-1/200、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月10日、12時02分

 本種は初撮影。「斜め上45度逆光開翅(笑)」ですが、アングルが逆でした。お尻側から眺めてもタテハは格好良く写りません(^^; しかも初物で興奮してシャッター速度設定を間違え、手振れしたのは残念至極。この手のタテハは吸水が大好きですから、そんなチャンスを伺っていずれリベンジをいたしましょう。最後はこれも初物のクラリッサビロウドタテハ(Terinos clarissa praestigiosa)♂。
f0090680_22502455.jpg
D7K-34、ISO=400、F8-1/160、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月11日、12時36分

 先日ご紹介した食堂、「Cafe Mulu」でランチを取っている時に急に出現。慌てて食事を放り投げての撮影でした。和名「ビロウド」の由来は表翅の鈍く光る藍色に因みます。吸水しながら時々開翅してくれるので連射しますが、表翅の撮影には失敗(^^; 裏面はあんまり派手な模様ではないのですけど、ストロボで裏面の線状紋がメタリックブルーに輝いて豪華な風合いに仕上がりました。丁度、クロヒカゲ裏面の眼状紋周辺がストロボ照射で怪しくブルーに光るのと一緒の現象ですね。このタテハは食堂縁の手擦りにご執心で、管理人が食事を取り終わった後もまだ吸水しておりました。恐らくゲストの汗が染みこんでいたりして、塩分を求めていたのだと思います。広角ショットもご紹介しておきましょう。
f0090680_22503512.jpg
GXR@5.1mm、ISO=200、F3.6-1/160、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月11日、13時24分

<次回に続く>
by fanseab | 2013-02-07 22:53 | | Comments(6)

ボルネオ・グヌンムル公園遠征記(13)タテハチョウ科・タテハチョウ亜科

 最初に登場するのはリュウキュウムラサキ(Hypolimnas bolina philippensis )♂。  
                                                                         ++画像はクリックで拡大されます++
f0090680_2282721.jpg
D7K-34、ISO=400、F5.6-1/1600、-1.0EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月14日、9時09分

 但し、この絵はグヌンムルではなく、トランジットで一泊したコタキナバルで撮影したものです。リュウキュウムラサキやタテハモドキの類はジャングルの奥深くにはおらず、民家の脇とか開けた場所に多いので意外と撮影できていません。お次は灌木が生えている草地を緩やかに舞っていたイワサキタテハモドキ(Junonia hedonia ida)。
f0090680_2284581.jpg
D7K-34、ISO=400、F8-1/250、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月11日、13時45分

 本種はスラウェシで撮影(外部リンク)して以来の出会いでした。日本の南西諸島でも時々迷蝶として記録されているようです。国内で記録されている個体は恐らくフィリピン方面からの飛来でしょうから、ボルネオ産と亜種区分は一緒です。
 お終いはソトグロカギバタテハ(Rhinopalpa polynice helionice)。
f0090680_229159.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=640、F10-1/400、-1.0EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月12日、13時05分

 少し遠距離なので、トリミングでのご紹介。本種は南ベトナム遠征以来の出会いでした(外部リンク)。惜しむらくはかなりのスレ個体だったこと。特徴ある裏面の筋模様もパッとしません。滞在中、この画像を撮ったきり、二度と出現してくれませんでした。
<次回に続く>
by fanseab | 2013-02-04 22:10 | | Comments(2)

ボルネオ・グヌンムル公園遠征記(12)閑話休題:朝食編

 このシリーズ、「遠征記」を標榜しておりますので、ちょっと一服して食事の話題。海外遠征で撮影行為以外の唯一の楽しみは、やはり三度の飯です。左党の方ならこれに当然「お酒」が追加されるのでしょう。でもアルコールを殆ど嗜まない管理人としては食事の質の良否が遠征の質を左右すると言っても過言ではありません。
 さて、今回は朝食編。国立公園ロッジ内には食堂「Cafe Mulu」があって、基本ここで三度の食事を取ります。公園ゲートの近くにも一軒の食堂兼ホテルがありますが、滞在中は全て「Cafe Mulu」で済ませておりました。営業時間は7:30~20:30。これが朝食のメニュー。                                                                   
                                                                          ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_10464246.jpg
GXR@5.1mm、ISO=200、F3.6-1/40、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2012年3月12日、7時56分

 ロッジ宿泊者は朝食無料。宿泊受付時に配布される朝食券をカウンターに出し、希望のメニューを申し付けます。↑の画像の通り、3ジャンル・合計5種類から選択可能です。他に有料のオプションメニューも。管理人は「Mulu Special」を除く3種類をトライしてみました。最初は「Western Style」。
f0090680_1047385.jpg
GXR@5.1mm(トリミング)、ISO=100、F4.1-1/8、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月10日、7時36分

 ご覧の通り、あまり食欲が進まない代物でした。干からびたソーセージがその象徴。また熱帯アジアで楽しみなフルーツもこれじゃあんまりです。ただ、やや甘く煮込んだお豆は唯一美味でした。なお紅茶&コーヒーはサーバーから飲み放題のシステムになっております。お次は「Asian Style」からビーフン。
f0090680_10472162.jpg
GXR@5.1mm、ISO=160、F3.6-1/13、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月10日、7時40分

 これは美味でした。概ねマレー語圏ではミーゴレン(焼きそば)系に当たり外れはなく、これも例外ではありませんでした。同じく「Asian Style」からNasi Lemak(ナシ・レマッ)。
f0090680_1047455.jpg
GXR@5.1mm、ISO=200、F5.1-1/10、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月11日、7時42分

 ナシ・レマッはご覧の通り、「常備菜添えご飯」でマレー語圏の典型的な定食スタイルです。茹で卵とキュウリ以外に添えられているのは、左奥から右へサンバル(sambal)、イカン・ビリス(ikan bilis)、揚げピーナッツ。辛味噌風のサンバルは地方毎に色々とバリエーションがあって、特に辛さは食してみないと分からないロシアンルーレットの世界です(笑)。スラウェシで食したのはムチャクチャ辛かった! ここのは欧米人向けにアレンジしているのか、マイルドな味付けでございました。イカン・ビリスはおせち料理の田作り(ごまめ)によく似ていて貴重なカルシウム源になっているのでしょう。塩味が効いているものの辛くはありません。なお「Asian Style」にもフルーツ小皿が付きます。朝食テーブルの全景もアップしておきましょう。
f0090680_104801.jpg
GXR@5.1mm、ISO=200、F5.1-1/6、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月11日、7時43分

 この時、出されたスイカは鮮度良く、美味しかったです。総括すると「Cafe Mulu」の朝食は可も無く不可も無いと言ったレベルです。2008年に遠征したキナバル国立公園ロッジの朝食の方が旨かった記憶があります。さて、今回の遠征では接続便の関係で、帰路の途中、コタキナバルで一泊いたしました。翌朝も比較的早い便だったので、コタキナバル空港近くの安ホテルに投宿。ここも朝食込でした。メニューは2種類。こちらは管理人が食した欧風スタイル。
f0090680_10481662.jpg
GXR@5.1mm、ISO=200、F3.6-1/50、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月14日、7時43分

 実質的にトランジット専用ホテルの無料朝食としてはまずまずのお味でした。一方、知人が食したのはミーゴレン。
f0090680_10482910.jpg
GXR@5.1mm、ISO=200、F3.6-1/20、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月14日、7時43分

 一口試食しましたが、こちらも合格点の味。いずれもこれにコーヒーもしくは紅茶が付いておりました。
<次回に続く>
by fanseab | 2013-02-02 10:53 | グルメ | Comments(2)