探蝶逍遥記

<   2012年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

台湾遠征記(20)11月23日午前その1

 この日は早朝5時45分起床。起き抜けにホテルの部屋から窓を開けて空を覗くと、期待と裏腹にドン曇り(^^; 意欲が萎えてしまいます。この日も前日と同じ林道入口へタクシーをチャーターし、7時35分着。一番蝶影が濃そうなポイントへ一直線。樹液周りを中心に撮影しました。最初は低温期型のクロコノマチョウ(Melanitis phedima polishana)。                                                                     ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_2283275.jpg
D7K-34、ISO=500、F11-1/200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時04分

 裏面の色調は樹液が出ている樹肌と見事に同化しております。お次はキレバヒトツメジャノメ(Mycalesis zonata)低温期型。
f0090680_2294511.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=500、F11-1/200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時05分

 こちらも低温期型で眼状紋がほぼ消失しているので、樹肌に似た保護色になっております。ススキに似た草本上にクロコノマの高温期型が登場。
f0090680_229757.jpg
D7K-34、ISO=400、F5-1/160、-0.7EV、撮影時刻:8時21分

 海外で高温期型(雨季型)を撮るのはこれが初。下草上に佇んでいたのは、キレバヒトツメジャノメの高温期型。恐らく♀でしょう。
f0090680_2292791.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=400、F10-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時32分

 樹液で吸蜜中のタイワンコムラサキ♀をじっくりと狙い、何とか開翅した瞬間を切り撮ることもできました。
f0090680_2210055.jpg
D7K-34、ISO=200、F10-1/200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時43分

 ご覧のように表翅は国内のクロコムラサキ♀に似た雰囲気ですが、前翅白帯の巾がはるかに太いのが特徴。別の♀個体の吸汁シーンをコンデジ広角でも撮影。
f0090680_22101278.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F3.2-1/50、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:8時50分

 ♀はアシナガバチの勢いに押され、触覚を後方に引いた面白いシーンになりました。前日に撒いておいたバナナトラップの残渣に飛来したのはコジャノメ(Mycalesis francisca formosana)の♀。
f0090680_22102424.jpg
D7K-34、ISO=200、F10-1/50、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時48分

 眼状紋が高温期型(前回8/23付記事参照)に比較すると縮退しておりますが、低温期型ほどではないので、「中間型」とも言うべき特徴を備えています。いずれにせよ、前後翅外縁に延びるジグザク状白条紋は日本国内産亜種(ssp.perdiccas)よりも遥かに強く出る特徴を有しております。同じ場面をコンデジ縦広角で。
f0090680_22104436.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F7.2-1/10、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:8時47分

 樹液に戻り、今度はルリモンジャノメが吸汁しておりました。
f0090680_2211649.jpg
D7K-34、ISO=200、F11-1/80、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時42分

 ルリモンはいざ撮影しようとすると、完品に巡り会えない普通種です。この個体(恐らく♂)も左後翅肛角部付近が破損しておりました。この林道で樹液をルッキングしていく最中でいたるところでセミの抜け殻を発見いたしました。
f0090680_22111524.jpg
D7K-34、ISO=400、F11-1/80、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時46分

 種類は同定できませんが、大きさはアブラゼミ程度。ただ、脱皮殻にはニイニイゼミのように多量の泥が付着しております。<次回へ続く>
by fanseab | 2012-08-30 22:11 | | Comments(8)

キリシマ♀の探索(8月26日)

 今シーズン、4回目のチャレンジでいつものアカガシ発生木へ。狙いは♀の産卵シーンの撮影。到着した朝一番はビーティングを実施せずに、ひたすら樹冠や林縁を観察しますがいません。仕方なく別のアカガシを求めて付近の林道をチェック。しかし、新規好ポイントは発見できません。11時頃、最初の場所に戻り、念のためビーティングをやると、驚いたことに前回飛び出したのとほぼ同じ場所から♀が飛び立ちました。一旦左手下方に落ちてきて、その後一定の高度(約2m)を保って右側に移動。低い枝先に止まってくれるかな?と淡い期待をしたものの、母蝶は急に左旋回し、再度直線的に左手に回り、その後谷側の林縁に沿って飛び、アカガシ林内に消えていきました。想像以上に俊敏でビックリされられました。「キリシマ♀の産卵は正午前後」との文献情報(※1)を頼りに暫く待機して♀の登場を待ちますが、全く動きがなく、午後1時に諦めて撤収しました。キリシマ♀は9月下旬頃まで生き残ることが知られており、管理人も過去に鈴鹿で発生末期の♀の観察をしたことがあります。一方、「9月下旬頃には♀卵巣内にはほとんど卵がない」との文献情報も(※2)ありますので、総合的に考えて産卵シーン撮影のタイムリミットは来月中旬頃でしょう。もう一回チャレンジすべきか迷うところではあります。因みにアカガシ休眠芽は大分成長してきた感じですが、未発達の枝も多く、撮影に好適な場所は限られるようです。                                                     ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_2041753.jpg
D7K-34、ISO=400、F6.3-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時59分

 念のため良さげな休眠芽を検したものの、卵は発見できず。さて、アカガシ林縁を見張っている最中、変な物体がアカガシの葉上に止まりました。何とウバタマムシ(Chalcophora japonica)。
f0090680_20412522.jpg
D7K-34、ISO=400、F9-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時05分

 この子は久しぶりに見た感じです。因みにウバタマムシのホストはアカガシではなく、マツ等の針葉樹。ポイントの周辺にはヒノキ等の植林された針葉樹が密集しているので、いて当然かもしれませんね。アカガシ探索で林道を歩いていると、キタキチョウの個体数が非常に増えていることに気が付きました。食草のメドハギと思しき近くに交尾ペア(上が♂)も止まっています。
f0090680_20414849.jpg
GXR@5.1mm、ISO=160、F6.5-1/60、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:10時26分

 実はこのペア、撮影直前にはメドハギに止まっておりました。
f0090680_2042725.jpg
GXR@5.1mm、ISO=160、F6.5-1/100、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:10時30分

 ペアを発見した時、左上の蛹殻に羽化した♀が止まり、これに♂がぶら下がる状態でした。更に横恋慕?した♂が絡んで賑やかな現場でありました。管理人がコンデジを接近させると驚いてペアが飛び立ち、↑のような交尾シーンになったのでした。蛹殻の右下には黄色く色づいた蛹もありまして、ここにも♂が時々止まりに来ておりました。ひょっとするとこの蛹も♀かもしれませんね。また帰りのPAで遅いランチを取った後、トイレに入ると巨大なヤママユ♀(Antheraea yamamai)がガラス壁にへばりついておりました。
f0090680_2044334.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F6.5-1/60、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:14時22分

 小用中の管理人のお隣には小学生らしき坊やも所用中でありまして、お隣のお父さんに向かって「お父さん、大きい蛾が止まってるよ~!」と大声で叫んでおりました。そう言えば、この日は夏休み最後の日曜日だったのですね。「トイレで出会ったヤママユ」、坊やの夏休みの思い出に残ってくれるといいのですが・・・。

<参考文献>
※1) 奥田道廣(2004)、鈴鹿山脈南部のキリシマミドリシジミ その驚くべき生態:
   p.15-19
※2)福田晴夫他共著(1984)、原色日本蝶類生態図鑑(Ⅲ):p.147
by fanseab | 2012-08-27 20:48 | | Comments(6)

台湾遠征記(19)11月22日午後その2

 林道をこれ以上進んでも成果がなさそうなので、途中で引き返しました。林道傍らの草地に比較的新鮮なキミスジ(Symbrenthia lilaea formosanus)がやって来て、センダングサで吸蜜しておりました。                                                                                   ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_2221755.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=400、F11-1/500、-0.7EV、撮影時刻:13時33分

 この子はそれほど多くはおりません。行きも帰りも林道を歩いておりますと、周囲の林内でなにやらバサッバサッと不気味な音がしておりました。犯人はタイワンザル(Macaca cyclopis)の群れ。
f0090680_22212332.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=400、F11-1/200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時36分。
f0090680_22214296.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=1000、F11-1/200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時38分

 この猿、非常に警戒心が強く、撮影するのは大変苦労します。まぁ、しかし、ニホンザルのように林道上に集団で出没して人間を睨みつけたりする怖い行動を示さないのは異国の地にあって、大変有難いことでありました。さて、林道の暗い草叢に佇んでいたのは、コジャノメ(Mycalesis francisca formosana)の高温期型♀。
f0090680_2222299.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=400、F11-1/200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時40分

 裏面模様は国内のコジャノメとさほど変わりはありません。林道脇崖地にベニモンアゲハが登場。♀らしき個体がヒラヒラと舞っておりましたが、センダングサで吸蜜を開始。
f0090680_22222668.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=400、F10-1/200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時42分

 ハイ、完璧に騙されました。シロオビアゲハ(Papilio polytes polytes)のベニモン型♀でございました。林道に沿って、樹液が出ている木をチェックしていると、タイワンコムラサキが集う「ご神木」を発見!
f0090680_22224923.jpg
D7K-34、ISO=500、F13-1/160、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時50分

 3頭の♂(上側3個体)と♀(一番下の個体)、それに恐ろしげなアシナガバチ(Polistes gigas、台湾名:棕長脚蜂)もたむろしております。数えてみたらタイワンコムラサキはこのご神木に10頭以上群れておりました。14時頃から完全にドン曇り状態で、蝶影は薄くなるばかり(^^; 暗い林道脇に止まっていたクロテンシロチョウを撮影。
f0090680_2223697.jpg
D7K-34、ISO=800、F13-1/125、-0.7EV、撮影時刻:14時23分

 この子の♂♀判定は本当に難しいです。林道入口付近の路上に薄いブルー系シジミが飛び交っておりました。かなり擦れたウスアオオナガウラナミシジミの♂でした。
f0090680_22231984.jpg
D7K-34、ISO=640、F13-1/250、-0.7EV、撮影時刻:14時29分

 やはり縁毛が擦り切れているとシジミの魅力は半減します。林道入口には予定より早く
14時30分着。林道入口にある民宿脇で一休み。しかし、予約したタクシーを待つ時間がもったいないなぁ~と思っていると、この民宿に来ていた方が話しかけてきて、ホテルに行くなら俺の車に乗って行かないか?と誘い水をかけてくれました。聞くと管理人が宿泊しているホテルのお隣のホテルに勤務しており、怪しそうな人物ではなさそうなので、信用し、OKの返事を出しましたが、例のタクシーをキャンセルせねばなりません。運良く民宿の若奥さんは英語が堪能だったので、この奥さんに依頼し電話でタクシーキャンセルを実施してもらいました。ヤレヤレ。で、ホテルには15時15分には到着。夕食までには時間があるので、ホテルに隣接したスパ(温泉プール)で撮影疲れをほぐすことにしました。こちらの温泉は日本と異なり水着着用が必須。この時に備えて日本から水着を持参したのですが、水泳帽も着用することが義務付けられておりました。仕方なくプールの売店で帽子を購入し、ゆっくりとお湯につかりました。湯温はぬるめで体にやさしいものでした。風呂から上がって、一休み。本日の夕食も前日と同じ小吃(食堂)へ。この日は「龍鬚菜」の炒め物(100元=約270円)と「蝦仁炒蛋(海老の卵とじ炒め):120元=約320円」で頂きました。
f0090680_22233332.jpg
GXR@5.1mm、ISO=200、F2.5-1/30、-0.7EV、撮影時刻:17時59分

 因みに白飯は10元=約27円。龍鬚菜は空芯菜そっくりのお味。画像を良く見ると小さな茶色の球状物体が入っております。最初はナッツでも入っているのかと思い、齧ってみると、なんと小梅(梅干し)でした! 味付けに小梅を使うとは、台湾料理のレシピも奥深いものです。さて、画像の奥に写っているのが、この食堂を切り盛りするオバサン。なにやら真剣な様子で右側を注視しておりますが、実はテレビが右側にあり、ちょうど奥様の好きそうな「不倫ドラマ」の上映中。管理人も吊られて番組を視聴しましたが、なんともベタなストーリー展開のドラマ(^^ しかし、このオバサン、「商売よりもドラマが大事・・・」そんな真剣な眼差しに思わず笑ってしまいました。      <次回に続く>
by fanseab | 2012-08-23 22:23 | | Comments(6)

本体HPの更新:ボルネオの蝶(2)

 久しぶりに本体HP:東南アジアの蝶ファン倶楽部の更新をしました。2008年のGWに遠征したボルネオ・キナバル国立公園での撮影分で、未掲載の4科26種を新たに追加しました。使用している画像は当ブログにて、2008年5月~2009年3月に掲載したものが殆どですが、一部蔵出し画像も使っています。「ボルネオの蝶(2)」のトップページはこちら
 蔵出し画像の中から一枚だけご紹介しておきましょう。渓流沿いで撮影したヒメキミスジ(Symbrenthia hypselis balunda)♂です。                                                ++画像はクリックで拡大されます++
f0090680_22483361.jpg
D70、ISO=200、F6.3-1/100、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影年月日・時刻:2008年5月1日、11時09分、撮影地:ボルネオ・キナバル国立公園内キナバル山麓(標高約1650m)

 キミスジの仲間は良く似ています。撮影時も飛来した個体を見て、「な~んだ、またキミスジ(S.lialea)かぁ!」とうっちゃるつもりでしたが、裏面を見てビックリ。急にアドレナリンが噴き出したことを思い出します。とにかく特徴ある裏面でキミスジと誤同定することは有りえません。参考のために北タイで撮影したキミスジ(S.lilaea lilaea)の裏面画像を貼っておきましょう。
f0090680_22304390.jpg
D70S-VR84@400mm(トリミング)、ISO=500、F7.1-1/1000、撮影年月日・撮影地:2006年3月25日、北タイ・ドイサケット ※比較用として画像は左右反転処理をしております。

 そのキミスジは既に八重山に土着状態のようでして、ブログ仲間も撮影されておりますね。でもヒメキミスジは流石に国内では迷蝶としての撮影チャンスは少ないと思います。撮影できれば報文に載せる価値があるでしょう。

 今回「ボルネオの蝶(2)」について、やっと全撮影種のHPアップが完了し、お次は2010年の香港遠征、そして翌年の台湾遠征分の掲載が未了です。こちらもブログ記事作成の合間にコツコツとやっていきたいと思います。
by fanseab | 2012-08-19 22:52 | | Comments(6)

静岡県内の探索(8月12日)

 キリシマミドリのポイント開拓も兼ねてウロチョロ歩き回りました。最初にいつものアカガシ発生木へ。叩き出しを行うと朝方に降った雨の雫と一緒に♀が1頭飛び出しました。長竿で低い場所に誘導するも相手は樹冠に消えていきました。この日も♂は叩き出しで飛び出さず。どうやら♂の塒は別の場所みたいです。念のためこの発生木の休眠芽をチェックするとまだまだ伸びきっておらず、薄暗い枝先を中心に産卵した形跡をチェックしますが、卵は発見できませんでした。鈴鹿での経験も含めると産卵は休眠芽が伸びきる今月末あたりまでずれ込むのかもしれません。この日飛び出した♀はひょっとすると前回観察した♀と同一個体かも。何とか産卵挙動まで撮影したいものです。

 この後、地図上で予め狙いを定めた4ポイントを順に探索。一箇所のみ、高さ10mを越える「美味しそうな」アカガシ大木を発見。叩き出しを行うも蝶影はなし。ただ樹冠までは叩く術もなく、「いない」と証明することはできません。秋口に越冬卵探索にもう一度訪問したい場所でもありました。2箇所目のポイント近傍はアカガシではなくクヌギが優勢でガッカリ。車に乗り込もうとすると、植栽と思われるアベリアの花にオナガアゲハが吸蜜に訪れておりました。                                                          ++画像はクリックで拡大されます++
f0090680_2219462.jpg
D7K-20(トリミング)、ISO=400、F10-1/400、-0.7EV、撮影時刻:7時45分

 ♂を♂らしく、後翅の横白班を写し取るのは意外と難しいですね。お次は♀。
f0090680_2220216.jpg
D7K-20(トリミング)、ISO=400、F10-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時48分

 こうして改めて眺めるとオナガは尾状突起ももちろん長いですが、翅形が本当に細長いです。お次は吸蜜飛翔を真裏から狙いました。
f0090680_22201275.jpg
D7K-20(トリミング)、ISO=400、F10-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時49分

 橙色の弦月班はこのアゲハの魅力の一つでしょう。もうちょっと完品だともっと良かったのですが・・・。アベリアには他にカラスアゲハ♂、ダイミョウセセリも訪れておりました。アベリアが満開になり、イチモンジセセリが増えてくるとそろそろ晩夏。蝶屋にとって何となく寂しさを感じる時期です。3箇所目に巡った場所は以前キリシマ♂飛翔を確認したポイント。到着早々1♂らしき姿を目撃するも後が続かず。仕方なく付近の林道を車で流して黒系アゲハの観察に切り替えました。ここは2年前に訪れて発見したアゲハ吸水シーン観察に絶好のポイントでもありますが、この日の個体数は寂しいものでした。唯一まずまず新鮮なモンキアゲハが慰めてくれました。
f0090680_2220342.jpg
D90-20(トリミング)、ISO=400、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時58分
f0090680_22204533.jpg
D90-20(トリミング)、ISO=400、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時11分
f0090680_2220541.jpg
D90-20(トリミング)、ISO=400、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時12分

 この後、再度最初のアカガシ発生木に戻り♀の挙動を確認しましたが、姿を確認できず。そのうち谷底にキラキラと光る輝きが。いました!キリシマ♂です。ここはテリを張る場所ではなく周回コースの途中なので、近くにやって来るまで相当な辛抱が必要です。結局このポイント滞在中2回しか周回してくれず、連射した絵も全てピンボケ(^^; ここは恥ずかしながら心霊写真レベルの超ピンボケ証拠飛翔画像を貼っておきましょう。
f0090680_2221830.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=1250、F4-1/3200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時03分

 画面中央のボンヤリとした物体がキリシマです。一応、心眼で眺めて頂くと肛角部の橙色班も確認できます(爆) 言い訳がましいのですが、ここのポイントは谷底から湧いて来るようにキリシマが突進し、突然左か右に急カーブを取る飛行パターン。ですので、通常の置きピンでパンニング(カメラを水平方向に振る動作)の基本動作が通用しない難しさがあります。この時も300mmで撮るか85mmで撮るか迷った挙句のピンボケ画像量産でした。
 ともあれ、この日で今シーズンのキリシマ♂撮影トライはひとまず打ち止めです。まぁ、アカガシ探索と♀産卵シーンへのトライはもう少し続けてみようと思います。

 そのうち雲行きが怪しくなり、とうとう俄雨が降ってきました。車の中で雨宿りをしながら天気の回復を待ちます。程なく雨は上がるものの天候は回復せず、キリシマ♂の活動もパタッと停止したので、仕方なく撤収しました。
by fanseab | 2012-08-13 22:25 | | Comments(8)

多摩川のコムラサキ亜科第2化(8月11日)

 お盆の下り帰省ラッシュ最初のピークが報じられているので、遠出はせずに近場の多摩川での観察です。コムラサキ♂の飛翔を撮りたくて、いつものポイントを訪れるも全く飛んでいません。どこか樹液で吸蜜しているのかと思い暫く粘っているとゴマダラチョウが弱弱しく飛んで来てオニグルミに止まりました。しかし、探しても姿がありません。どこに隠れたのか?と探し回ると、何とクルミの葉裏におりました。                                    ++画像はクリックで拡大されます++
f0090680_20284791.jpg
D7K-34、ISO=400、F9-1/400、-0.7EV、撮影時刻:11時05分
f0090680_20291725.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=400、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時09分

 腹部形状からどうやら♀のようです。暑さを避けて一休みしていたのでしょうか?この日気温は猛暑と呼ぶほどに上昇しておりませんが、湿度が半端ではなく、木蔭で休みたかったのは管理人も一緒。しかし、目的のコムラサキに会うまでは休憩できません(笑) で、別ポイントに転戦。しかしここも蝶影が全くなし。何とか風に揺れるヤナギに止まっているコムラサキを発見。
f0090680_20292829.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=500、F6.3-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時20分

 しかし、この♂個体、全く飛ぶ気配も開翅する気配もありません。「少しはサービスして~な!」と呟いても空気を読んでくれません。そのうち別のヤナギを探している間に飛び去った様子。結局この日出会ったコムラサキはこの1頭のみ。全く当てが外れました。昨年の第3化観察と比較すると圧倒的に個体数が少なく、かつ今年5月の第1化よりも個体数が少ない感じです。こうなると、9月に発生する第3化に期待するしかないのでしょうか?
by fanseab | 2012-08-11 20:30 | | Comments(4)

静岡のキリシマミドリシジミ(8月上旬)

 昨シーズン見出したアカガシ発生木での探索を今シーズンも続けております。7月21日には残念ながら未発生の様子。その後、7月下旬に叩き出しで新鮮な♂を発見するものの、撮り逃してしまい、今回は三度目の挑戦。気合を入れて5時50分現地着。しかし、叩き出しでは全く蝶影がありません。飛び出したのはヤンマ類1頭のみ(^^; 仕方なくここは諦めて別ポイントへ移動してアカガシを叩くも全くの坊主。結局諦めきれずに、最初のポイントに戻って、何気なくアカガシを覗くと何と前方に♀の姿が! 「ヤッター! 逃げるなよ」と念じながら慌てて車に引き返しカメラをセット。有難いことにアカガシ葉上に鎮座したままでした。                                                                       ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_21364687.jpg
D7K-34、ISO=400、F9-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:6時59分

 キリシマ♀については、これまでトリミング必須の遠距離からのみ撮影できておりますが、ようやく至近距離で捉えることができ、暫し満足感に浸りました。活動は既に活発化しており、ご覧の通り、翅をスリスリしておりました。これは開翅するかも・・・と期待するも徐々に奥(葉柄側)に移動していきます。
f0090680_2137056.jpg
D7K-34、ISO=500、F5.6-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時11分

 最初のカットより前翅を上方に引き上げております。前翅第2室最外縁の橙色が結構発達した個体のようです。また、尾状突起は短尾型ではなく、ノーマルな長さです。一通り、閉翅を撮影できたので、ちょっと冒険をして一脚使用のインターバル撮影で広角撮影を試みました。未だこの撮影法に不慣れなため、蝶を視野の真ん中に入れるのに苦労しますが、何とか撮影に成功。
f0090680_21372023.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F3.2-1/60、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:7時22分

 画面右側からの強烈な朝日が照り始めた頃で、キリシマは直射日光を避けるように葉影でモゾモゾ動いておりました。この後、インターバル撮影をされて機嫌を損ねたのか?葉裏に移動してしまいました。
f0090680_2137317.jpg
D7K-34、ISO=500、F5.6-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時23分

 その後、再び葉上に登り始め、右側を向いてくれました。
f0090680_21373940.jpg
D7K-34、ISO=500、F6.3-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時25分

 キリシマ♀独特の斑紋・鱗粉構造まで見て取れる距離で、ファインダーを眺めながら暫くウットリの時間でございました。この後、何を思ったのかカメラと正対するポーズに。
f0090680_2137547.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=500、F6.3-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時26分

 暫しお見合い状態でしたが、突然ファインダーから姿が消えました。「しまった、飛ばれたか!」と慌ててファインダーから目を離すと、何と目の前で開翅してくれました。焦って何とか撮影。
f0090680_2138967.jpg
D7K-34、ISO=200、F6.3-1/400、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時26分

 ご覧の通り、焦って絞り込みを忘れたためムチャピン甘(^^; それに開翅角度が微妙で葉被りを避けられない位置でございました。ピーカンの朝だと全開シーンは厳しいのかもしれません。また4枚目の画像を撮影した際、縁毛がそれなりにスレていることに気づいておりましたが、翅表も微妙に傷が目立ちます。結局、開翅してから僅か30秒後には、サッと飛び立って、発生木の奥の茂みに消えていきました。夜を過ごした♀が朝一番に日光浴をしてまた茂みの奥に消えていくプロセスを撮影できたのかもしれません。とにかく朝一番で坊主だった場所に戻って再探索した粘りが効を奏して、念願のキリシマ♀至近距離撮影に成功できました。こうなると♂の至近距離撮影が次のターゲットですが、何となく昨年よりは個体数が少な目の印象でどうなることやら。キリシマは隔年で発生の波があるとされています。元々個体数の少ないポイントなので、♂に無事再会できるか?これは運試しの様相を呈して来ました。吉報をお届けできると良いのですが・・・。
by fanseab | 2012-08-08 21:39 | | Comments(10)

台湾遠征記(18)11月22日午後その1

 ヒメフタオを撮り終えた後、崖地にフワフワと舞うリュウキュウアサギマダラの♀を見つけました。直感的に産卵行動だなと推測し、追跡していると、葉影で産卵している様子。                                                     ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_21524741.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=200、F11-1/1250、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時16分

 崖地の上り下りが大変なため、翌日余裕のある時間帯に登って確かめてみました。こちらが産卵されていた食草、ホウライカモメズル(Tylophara ovata)と思しき蔓性植物(同定間違いあればご指摘願います)。
f0090680_2153383.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F2.5-1/125、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影月日・時刻:11月23日、12時09分

 画面上方矢印の先に卵が確認できます。こちらは葉の表面に産まれておりますが、葉裏にもありました。その拡大像です。
f0090680_21531878.jpg
GXR@5.1mm(トリミング)、ISO=100、F2.5-1/200、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影月日・時刻:11月23日、12時09分

 マダラチョウの卵って、面白いことにタテハチョウの仲間よりもシロチョウの卵の構造に似ていますね。なお、ここで幼虫も探しましたがおりませんでした。林縁をチラチラ飛んで葉上に止まるのはタイワンキマダラ(Cupha erymanthis)。
f0090680_21533423.jpg
D7K-34、ISO=200、F11-1/320、-1.0EV、撮影時刻:12時28分

 この普通種タテハはまともなテリ張りシーンをなかなか撮らせてくれません。この時もご覧の通り、一捻りした絵になってしまいました。普通種と言えば、タイワンキチョウもその一つ。何とか逆光での吸蜜シーンを撮ろうと思ってカメラを向け、ようやく一コマだけ納得のいく絵が得られました。
f0090680_21534991.jpg
D7K-34、ISO=200、F11-1/100、-1.0EV、撮影時刻:12時30分

 林道脇にオレンジ色のセセリが登場。詳細に検討すると、既に撮影済のタケアカセセリ(Telicota ohara)ではなく、どうやら初撮影のネッタイアカセセリ(T.colon hayashikeii)♀のようです。
f0090680_2154343.jpg
D7K-34、ISO=400、F11-1/400、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時42分

 ネッタイアカセセリの仲間(Telicota属)は♂の方が種の特徴が出やすく、♀の同定はチョッピリ難しくなりますね。台湾シリーズで度々紹介している白水図鑑では残念なことに図示個体は♂のみ。一方、同じく李俊延氏の「台灣蝴蝶図鑑」では逆に殆どの図示個体は♀。一冊で同定が完結できる図鑑の発刊を強く望むものです(実の所、自分で作るしかないかなと思い始めております)。同じ個体を逆光で斜め下から狙い、いい感じの絵に仕上がりました。
f0090680_21541995.jpg
D7K-34、ISO=400、F11-1/400、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時43分

 個体数の多いヒメアサギマダラもたまには広角で撮ろうとトライしました。
f0090680_21543020.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F6.5-1/100、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:12時50分

 センダングサから吸蜜する♂です。行きにも確認した樹液ポイントにはタイワンコムラサキの♀が登場。
f0090680_21544846.jpg
D7K-34、ISO=400、F11-1/160、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時47分

 ほぼオレンジ色一色の♂と異なり♀の裏面は銀灰色を基調とした品格あるイメージ。表はイチモンジ型で国内のクロコムラサキ(Apatura metis substituta f.mikuni)に似た感じです。表翅の画像はまた別の機会にでもご紹介しましょう。雌雄異形のコムラサキとして、台湾では他にウルピコムラサキ(A.urupi arakii)もおりますが、こちらは年1化で高標高地にのみ生息。いつか撮ってみたいタテハです。林道を更に下っていくと、崖から滲みだした湧水が林道を濡らしている場所があり、ここに狙っていたクモガタシロチョウ♂が1頭来ておりました。新鮮な個体なので、慎重に撮影。
f0090680_21551175.jpg
D7K-34、ISO=200、F4.5-1/1000、-0.7EV、撮影時刻:13時12分

 春先、3月頃には花吹雪が舞うが如く、このシロチョウの集団吸水が見られるとのこと。僅か1頭を撮影しながら、暫し集団吸水の様子に思いを馳せたのでした。ご覧のようにこのシロチョウ、翅を閉じると極めて地味で、路面と同化して保護色になります。丁度、ツマベニチョウ♂が閉翅で吸水している際、枯葉と見紛うのと似ている気がします。ところが、一旦、飛び立つと鮮やかな白色のシロチョウに変身します。そのギャップと言いましょうか、その変身ぶりはとても鮮やかです。でもって、飛翔も何とか撮影。
f0090680_21554020.jpg
D7K-10.5-X1.4TC(トリミング)、ISO=500、F5.6-1/3200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時17分

 一旦、飛び立つと前翅に隠れていた白地の部分が目立つのです。<次回に続く>
by fanseab | 2012-08-05 21:58 | | Comments(4)

ウラギンスジヒョウモン他(7月29日)

 この日最後に訪問したのは群馬県内にある標高1000m超の高原です。実はこの高原、小学生の頃、一度捕虫網持参で訪れたことがあります。その時は生憎の雨模様で、カシワ林を探索するもただズブ濡れ状態になるだけで、涙を流した記憶があります。ミズナラにカシワが混じる高原の雰囲気はさほど変わっておりませんでしたが、好天のせいか、当時より乾燥化が進んでいるような印象でした。当地到着は午後1時過ぎで、猛烈な暑さもあってか蝶影は殆どありません。ウスイロオナガあたりが出てこないかな?と長竿でカシワを叩きますが、ゼフの姿がありません。カシワも疎林状態で環境的には申し分ないはずですが、見かけ倒しで、たまたま不作なのか?個体数が少ないのか見分けがつきません。そのうち、カシワとミズナラが密度良く並んだ場所で、ようやくゼフの姿を発見。テリをしている様子からエゾミドリと確信。やはりエゾの♂でした。                                                             ++画像はクリックで拡大されます++
f0090680_22111576.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=500、F9-1/1000、-0.7EV、撮影時刻:13時55分

 いかんせん、相当高い場所ですし、気温も高いので全く開くそぶりもありません。おまけにどうもテリ張り個体はこの子1頭のようで、スクランブル発進は時折接近するコチャバネセリを追跡する程度。別個体とのバトルシーンも拝めませんでした。意外とゼフ個体数の薄いポイントだなぁ~とガッカリして林道を戻って再探索しておりますと、「こんにちわ~」と声掛けされた同業者(笑)がおりました。暫く声と顔が一致せず、何方か困惑しましたが、何とブログ仲間のyodaさんでした。yodaさん、瞬時に同定?できませず、大変失礼いたしましたm(_ _)m  この後、エゾのテリ張り現場にご案内すると、先ほどの個体が何とか半開翅してくれました。
f0090680_22125951.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=500、F8-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時30分

 まぁ、この日の陽射しと暑さではこれが限界だったようです(否、全開されたらメタリックブルーは拝めなかったでしょう)。yodaさんと二人でウロチョロ歩き回ると林が疎になって、草原状の場所に出ました。「アッ、アカセセリだ!」とyodaさん。確かに草原性セセリにとっては絶好の環境のように思えます。そのうち、オレンジ色も鮮やかなヒョウモンが登場。ウラギンスジヒョウモンの♂でした。
f0090680_2214096.jpg
D7K-34、ISO=500、F8-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時46分

 暑さを避けるように、草陰の地面より吸水している所でした。管理人にとって、ウラギンスジはデジタルでは初撮影。嬉しい再会でした。閉翅状態を撮りたくて暫くこの個体を追い回しましたが、都度下草に潜り込んでしまうので、大変苦労。ようやく半開翅状態の撮影に成功。
f0090680_22143513.jpg
D7K-34、ISO=500、F8-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時49分

 その後、何とか閉翅撮影にも成功。
f0090680_22145019.jpg
D7K-34、ISO=500、F8-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時50分

 触覚の先端が葉被り状態ですけど、これ以上アングル的に回避するのは不可能でした。この頃、猛烈に喉が渇いており、ザックにペットボトルを入れ忘れたこともあって、車に戻りたくなり、yodaさんとはここで辞去いたしました。yodaさん、色々とお世話になりました。なお、yodaさんはここで暫く粘って素晴らしい成果を挙げておられます。
今回は下見がてらの探索でしたが、この高原は早朝から訪問して一日じっくり観察してみたいポイントでした。
by fanseab | 2012-08-03 22:20 | Comments(8)

ミヤマモンキチョウに初挑戦(7月30日)

 29-30日は長野・群馬県付近で探蝶をしており、30日はミヤマモンキ狙いで群馬県のポイントに向かいました。本種は管理人未撮影種の一種。今回は体調も万全でないので、軟弱に撮影できそうな場所を選んでみました。現地10時20分着。林道にはガスがかかっておりますが、少しずつガスが切れそうな気配です。10時30分頃、待望の♂1頭が飛んできましたが、止まらずに飛び去っていきました。第一印象は「外縁部の黒い縁取りがくっきりとして、モンキとはやはり違うなぁ~」でした。そのうち、近くのニガナにようやく♂が吸蜜に訪れてくれました。
++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_23164634.jpg
D7K-34、ISO=400、F10-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時32分

 ご覧の通りの大破個体。しかし、管理人にとって、記念すべきミヤマモンキのファーストショットでございます。予想していた通り、♂はスレ個体が殆どで、たまに飛んで来る鮮度の良い♂は吸蜜してくれません(^^; ほぼ30分後に撮影できた♂もよくよく見れば同一個体かもしれません。
f0090680_2317472.jpg
D7K-34、ISO=400、F7.1-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時07分

 真っ赤な縁毛の表現等、夢のまた夢の状態ですね。一方、♀はまずまずの鮮度の個体が飛んでいました。ただ11時過ぎからガスが濃くなり、体感気温も下がるとパタッと活動を休止してしまいます。クロマメノキの茂みに身を隠している♀です。
f0090680_23172210.jpg
D7K-34、ISO=400、F7.1-1/800、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時02分

 活動を追跡中に位置確認ができたので撮影に成功しましたが、最初から休止中の個体を発見するのは容易ではなさそうです。陽射しがやや強くなって5分程度陽射しが持続すると、再度活動をスタートしました。クロマメノキ周辺を飛行する♀です。
f0090680_23175612.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=400、F4-1/3200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時03分
f0090680_2318775.jpg
D7K-34(ノートリ)、ISO=400、F4-1/3200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時04分

 産卵挙動にも見えましたが、産卵ポーズは確認できませんでした。そのうちイタドリに接近。
f0090680_23182385.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=400、F4-1/3200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時08分

 吸蜜を開始しました。
f0090680_23183655.jpg
D7K-34、ISO=400、F7.1-1/800、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時08分

 しかし、飛翔の設定のままだったので、ピンボケ(^^; 複眼にピントを合わせたら、既にストローを収納しておりました。
f0090680_23185220.jpg
D7K-34、ISO=400、F7.1-1/800、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時09分

 ミヤマモンキのお隣で交尾中のカミキリの同定ができません。詳しい方ご教示頂ければと思います。最後にイタドリで静止中の♀の広角ショット。
f0090680_2319440.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F5.1-1/160、-0.7EV、内部ストロボ、撮影時刻:11時21分

 この頃からガスが再度濃くなり、雨も落ちてきたので12時には撤収です。ポイント訪問前から予想していた通り、撮影の適期からは2週間程遅かったようですが、初めてミヤマモンキの生態の一部を観察できて、収穫がある遠征でした。前日29日の撮影結果は別途ご紹介します。
by fanseab | 2012-08-01 23:21 | | Comments(2)