探蝶逍遥記

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

開幕戦(3月19日~20日)その2

 新羽化成虫探しの最中、土手で最も目立ったのが、キタテハでした。越冬後に訪れた陽光を楽しむように活発に活動しておりました。最初は日光浴を兼ねた?テリ張りシーン。                                  ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_21222429.jpg
D90-85VR、ISO=200、F10-1/1000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日・時刻:3月19日、11時20分

 タテハ類が見せるこのポーズ、普通種ながら迫力があります。お次は吸水シーン。多摩川の河原には、一部水溜まりがあって、午前中吸水しておりました。
f0090680_21223944.jpg
D90-24、ISO=200、F10-1/1600、-0.7EV、撮影月日・時刻:3月20日、9時59分

 こんな角度からは単なる開翅日光浴に見えますが、ちゃんとストローを延ばしています。真横からも覗いてみました。
f0090680_21225842.jpg
D5K-85VR、ISO=200、F10-1/500、撮影月日・時刻:3月20日、10時05分

 タテハ類の偽瞳孔が見せる、とぼけた雰囲気はお気に入りです。お次は吸蜜シーンで、最初はタンポポ。
f0090680_21231986.jpg
D5K-85VR、ISO=200、F10-1/800、外部ストロボ、撮影月日・時刻:3月19日、11時22分

 丈の低い株なので、撮影には苦労しました。次は春先限定で咲く清楚な花、ハナニラ(Ipheion uniflorum)からの吸蜜シーンです。
f0090680_21234341.jpg
D90-24、ISO=200、F10-1/1600、-0.7EV、撮影月日・時刻:3月20日、10時51分
f0090680_2124535.jpg
D5K-85VR、ISO=200、F10-1/1600、-1.0EV、撮影月日・時刻:3月20日、10時50分
f0090680_21241697.jpg
D5K-85VR、ISO=200、F10-1/1600、-1.0EV、撮影月日・時刻:3月20日、10時50分

 この花の蜜源は相当深い位置にあるようで、キタテハも頭を花弁に潜り込ませての吸蜜です。この時は翅を閉じないと頭が突っ込めなく、最初は開翅状態で吸蜜、その後閉翅して頭を突っ込む・・・こんな動作を繰り返していました。最後はヒメオドリコソウからの吸蜜。
f0090680_21243081.jpg
D5K-85VR、ISO=200、F10-1/400、-0.7EV、撮影月日・時刻:3月20日、11時20分

 掲載はしませんでしたが、キタテハは、オオイヌノフグリからも吸蜜しており、多摩川縁に咲いている殆ど全ての花弁を利用していることを確認しております。春の陽光の下、ようやくシーズンが開幕したことを実感しました。
by fanseab | 2011-03-21 21:26 | | Comments(18)

開幕戦(3月19日~20日)その1

 先ずもって、東北太平洋沖大地震で犠牲になった多くの方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された方に対し、心からお見舞い申し上げます。一日も早い復興を祈念いたします。

 さて、管理人は地震の当日、勤務先の工場事務所二階の会議室で会議中でした。縦波の後に来た強い揺れに驚き廊下に飛び出ると、階段踊り場のガラス窓が軋む音がして、思わず、廊下にへたり込んでしまいました。この後は避難場所に集まった工場従業員に対する指示・情報伝達で右往左往状態。毎年、企画立案している防災訓練の成果で、整然と避難できましたが、想定外の事態が発生してオロオロする場面もありました。その後は、非常用電源の起動・T電からの買電切り替え等で殆ど寝ずの対応で心底疲れました。ご存じの通り、コンビニからパン・牛乳・カップラーメンが全て消え去り、この3連休に入って、ようやく品不足が解消できた感があります。勤務先の対応も一段落した(とは言うものの自宅待機状態)ので、自宅近くの多摩川縁に出かけてみました。

 狙いは羽化直のルリシジミ♂とベニシジミ。しかし、2日間通して、両個体は確認できず。1週間後の発生になるのでしょう。それではモンキチョウは・・・と探しますが、飛んでいたのは、キチョウ。気温が高くても、風が強いと下草に潜り込んでしまいます。                                        ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_23433454.jpg
D90-24、ISO=200、F10-1/1000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日・時刻:3月19日、12時30分

 オオイヌノフグリに止まっていますが、ここでは吸蜜しておりません。風が止むと飛び出し、風が強まると、再度下草に潜り込むパターンを繰り返します。今度はオオイヌノフグリで吸蜜しておりました。
f0090680_23434718.jpg
D90-24、ISO=200、F10-1/1250、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日・時刻:3月19日、12時33分

 置きピン感覚を取り戻すため、飛翔にトライ。
f0090680_2344730.jpg
D90-24(トリミング)、ISO=500、F10-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日・時刻:3月19日、12時21分
f0090680_23441814.jpg
D90-24(トリミング)、ISO=500、F13-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日・時刻:3月19日、12時21分

 いつもの癖で、どうしても個体が画面の下に来てしまいます。レンズを少し下向きにする感覚がどうも体得できませんね。2枚目はオオイヌノフグリ群落が背景に入って、春らしい絵になりました。19日は1頭のモンシロチョウ♂を目撃するも、物凄いスピードで視界から遠ざかりました。それにしても、春先のモンシロチョウって、どうしてあんなにスピード出すんでしょうね?
そして、20日になって、ようやくモンキチョウ♂の吸蜜シーンを撮影できました。
f0090680_23494391.jpg
D5K-85VR、ISO=200、F10-1/1600、-1.0EV、撮影月日・時刻:3月20日、10時54分

 記念すべき、今年の新羽化成虫初撮影です。モンキも探♀に忙しく飛び回り、結局撮影できたのは↑の1コマのみ。モンキを追いかけている最中にモンシロ♂も登場。前日同様全く止まる気配が無いので、土手に沿って飛ぶモンシロと追いかけっこして飛翔を撮影。
f0090680_23451693.jpg
D90-24、ISO=400、F16-1/2500、-0.7EV、撮影月日・時刻:3月20日、11時02分
f0090680_23454168.jpg
D90-24(トリミング)、ISO=400、F14-1/2500、-0.7EV、撮影月日・時刻:3月20日、11時02分

 1枚目は運よく自転車を漕ぐ人も画面に入り、ちょっとシュールな雰囲気の絵になりました。2枚目も含めて前ピンでしたね(^^; どうも春先は置きピン感覚が戻りません。

 さて、土手に咲くヒメオドリコソウの花弁も2週間前に比べると、穂が立って、「踊りの真っ最中」になっておりました。
f0090680_23455234.jpg
D5K-85VR、ISO=200、F5-1/1000、-0.7EV、撮影月日・時刻:3月20日、11時22分
 <続く>
by fanseab | 2011-03-20 23:47 | | Comments(6)

「さぁ、開幕戦」・・・にならず(3月6日)

 土曜日は良い天気でしたが、所用で外出できず。日曜は土曜以上に気温が上がるでしょう・・・の予報を信じて、多摩川縁を散歩してみました。昨年は3月14日にモンキチョウが飛び出しています。さて、今年はどうでしょうか?

 日差しが強くなるまで、ちょっとエノキ株下でHestina属の越冬幼虫探し。2-3枚めくったら、アカボシゴマダラが直ぐに見つかりました。本当に当たり前に発見できるのも困ったものです。さらに数枚めくると、ゴマダラチョウが見つかりました。
++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_23543534.jpg
D90-85VR、ISO=320、F11-1/160、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時03分

 左がアカボシ、右2個体がゴマダラです。この後、ゴマダラ幼虫は結構いました。例年よりは個体数が多い印象です。さて、9時30分過ぎから春らしい陽光が出てきて、モンキチョウやベニシジミの出現が期待されました。河原の土手ではハクセキレイが餌を啄んで元気に歩き回っています。
f0090680_23545187.jpg
D90-85VR(トリミング)、ISO=400、F11-1/1250、-0.7EV、撮影時刻:10時10分

 草むらではヒメオドリコソウが、まだ「踊り始め」の状況でした。
f0090680_2355337.jpg
D90-85VR、ISO=400、F4-1/3200、-0.7EV、撮影時刻:10時39分

 しかし、日差しはあまり続かず、10時30分過ぎには翳ってしまいました。結局この日、越冬キタテハも見ることもできず、新成虫初見はおあずけになりました。月曜は雨模様で、その後もまた冷え込みそうなので、やはり昨年同様、3/12か3/13が開幕戦になりそうです。
by fanseab | 2011-03-06 23:56 | | Comments(12)

香港遠征日記(16)5月2日後半

 鳳園でキシタと格闘していて、フト時計を見ると10時30分を過ぎていました。ホテルから出発する空港への無料シャトルバスに乗ろうと焦って、大埔墟から旺角に戻り、汗だくでホテルに着いたのが11時45分でした。 12時ジャストが出発時刻なので、滑り込みセーフ!ヤレヤレと思ったのですが、ホテル前にそれらしきバスも停車しておらず、どうも様子が変です。おかしいと思ってフロントに聞くと、「バスの出発時刻は12時です」と慇懃な返事。「もう12時ですが・・・」と問い返すと、フロントマンは「お客様、時計をご覧ください、まだ11時でございます」。えっと思って指さす壁掛時計を見ると、言われる通り、11時を示していました。ふと考えて、管理人の腕時計が1時間進んでいたことに気が付きました。この腕時計、電波時計でして、成田から香港への飛行中、西日本の標準時刻発信電波基地である、佐賀県付近(羽金山)を通過してから(標準電波の影響を受けない距離と判断して)、台湾上空で、時計を1hr巻戻し、香港時刻に修正していたのでした。それが、どんな理由かわかりませんが、前日、5月1日の深夜あたりで時刻を勝手に修正し、日本時間になっていたものと思われます。

 とにかく、もう鳳園に戻っての撮影はキッパリ諦め、余った時間は空港でノンビリすることに・・・。件の無料バスを待つ時間も無駄なので、タクシーで大通りに出て、そこで空港行のA21系統リムジンバスに乗換え、空港に向かいました。空港にはジャスト12時着。この国際空港は何度利用しても、とても快適だと思います。特に頭上空間を広く取った開放的な雰囲気は何とも言えません。                                           ++横位置画像はクリックで拡大されます++

f0090680_0375127.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80、F7.2-1/125、-0.7EV、撮影時刻:12時29分

 丁度、お昼時。最後のランチは少し贅沢をしよう・・・と思い、出発ターミナル内にある飲茶レストラン「美心閣」に入りました。
f0090680_038649.jpg
D40-10.5-X1.4TC、ISO=400、F3.5-1/60、-0.7EV、撮影時刻:12時46分

 ここで出発までノンビリと飲茶三昧です。最初は海老の蒸餃子。
f0090680_0382659.jpg
FC150@6.4mm、ISO=100、F3.6-1/20、-0.7EV、撮影時刻:12時23分

 海老ワンタンや海老餃子では、使われる海老をどの程度細かく刻むか?で食感が大きく変わります。どちらかと言えば、ワンタンの方が少しぶつ切り、餃子は細く刻んだのが管理人の好みです。その点、この海老蒸餃子は絶品でした。お次は肉団子。
f0090680_0383832.jpg
FC150@6.4mm、ISO=100、F3.6-1/10、-0.7EV、撮影時刻:12時30分

 これ、見かけは悪いですね。でも、繋ぎに恐らく山芋系を使っているのでしょう。ねっとりした舌触りで、ジューシーな豚粗挽き肉と素晴らしいコラボが味わえました。お次は焼売。
f0090680_0385573.jpg
D40-10.5-X1.4TC、ISO=400、F3.5-1/25、-0.7EV、撮影時刻:12時56分

 絞り解放気味でかなり後ピンです(^^; まぁ、シュウマイも食べ慣れているメニューですが、平均点以上のお味でした。そして締めは甘党の管理人が拘るマンゴープリンです。
f0090680_039860.jpg
FC150@6.4mm、ISO=100、F3.6-1/25、-0.7EV、撮影時刻:13時01分

 管理人がマンゴープリンと初めて出会ったのは、確か、10年程前、会社の海外出張でタイのホテルで食べたデザートだったと記憶しております。それから、このプリンの食感にハマって、各地で食べ歩いておりますが、ここ「美心閣」のはこれまでとは比較にならない美味しさでした。このマンゴープリンを食する為だけに香港に行く価値はあるように思います。

 ノンビリと飲茶の後は、ちょっとショッピングをして、NH910便(15:22発)で香港を飛び立ったのでした。
f0090680_0392026.jpg
GX!00@5.1mm、ISO=80、F7.2-1/160、-0.7EV

 さて、長々と引っ張って参りましたこの遠征記、これにて終わりでございます。今回の遠征での観察種は55種(前回’06年10月は58種)、撮影種は50種を数えました。これまで2回の遠征で撮影できなかった初撮影種も13種を数え、短期間ですが、成果の多い遠征となりました。次回香港遠征では、これまで訪問したことのない季節、例えば7-8月に是非行ってみたいものです。       <おしまい>
by fanseab | 2011-03-04 00:41 | | Comments(6)