探蝶逍遥記

<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

香港遠征日記(10)5月1日後半その2

 鳳園のお花畑は蝶に馴染みのあまりない素人さんや学生さんが、蝶観察を容易にできるよう工夫されていて、アゲハ類やシロチョウ類が頻繁に訪花して、目を楽しませてくれます。今回の遠征できっちり撮りたかったのが、ウマノスズクサ食いアゲハの普通種、ベニモンアゲハ(Pachliopta aristolochiae goniopeltis)でした。ランタナから吸蜜する場面を激写して、何とか数コマ見られるカットが得られました。                                                                            ++横位置画像はクリックで拡大されます++                       
f0090680_1294367.jpg
D90-34、ISO=500、F4-1/2500、外部ストロボ、撮影時刻:15時11分
f0090680_1295796.jpg
D90-34、ISO=500、F8-1/2500、-2.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時11分
f0090680_1210991.jpg
D90-34、ISO=500、F11-1/1600、-2.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時12分

 なかなか好みのアングルには来ませんね。このような東南アジアのアゲハ類を中距離から狙うため、300mm単焦点レンズを導入したのですが、写りに関しては期待通り、満足できる仕上がりになりました。従来使用していた400mmズームはVR付でブレ防止機能は有難かったのですが、解像感がイマイチでスッキリしませんでした。

 さて、ゆったりと飛ぶベニモンは飛翔を撮りたくなる対象。パスト連射ではなく、いつもの対角魚眼で狙ってみました。
f0090680_12105722.jpg
D40-10.5-X1.4TC(トリミング)、ISO=400、F2.8-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:16時25分
f0090680_1211752.jpg
D40-10.5-X1.4TC(トリミング)、ISO=400、F2.8-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:16時26分

 一枚目はお花畑に集うカメラマンをバックにしたショット。香港の方は、蝶撮影と言えば、マクロ接写一辺倒で、広角で飛翔を狙う発想はないようです。管理人がフウフウ汗かきながら、ノールックファインダーでバシャバシャ撮る様子が面白いらしく、好奇の眼が注がれておりました(^^;

 お花畑にはシロオビアゲハ(Papilio polytes polytes)も多数舞っていましたが、どうも完品を撮影するチャンスはありませんでした。唯一、♂同士の誤求愛飛翔を300mmで撮影。
f0090680_12113422.jpg
D90-34、ISO=500、F6.3-1/1600、-2.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時14分

<4/30の記事補足>

 この遠征記(6)で一部写真アップを失念していた種がありました。後翅に3本の尾状突起を有するミツオシジミ(Horaga onyx moltrechti)の♂です。鳳園の一角に傾斜地があって、この高い梢でゼフと同じような占有行動を示すシジミを見つけました。300mmでファインダーを覗いた瞬間にその独特な斑紋からミツオと判明して興奮したのです。
f0090680_12115388.jpg
D90-34、ISO=500、F9-1/250、-1.0EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2010年4月30日、15時12分

 Horaga属はこれまでシンガポールでの撮影例があるだけで、香港では初撮影でした。国内なら例えば脚立を使って、もう少し高い位置から狙いたいとこですが、脚立の持ち合わせもないし、これが精一杯でした。尾状突起は結構欠損があって、ミツオらしい絵はこれからの課題ですね。
<続く>
by fanseab | 2011-01-30 12:13 | | Comments(12)

香港遠征日記(9)5月1日後半その1

 嘉道理農場から同乗させて頂いたメンバーの方は確かAさんで、前回遠征でもお世話になった方でした。東に向かって海岸線沿いに走り、到着したのはSポイント。ここは最初の香港遠征で、当時の香港鱗翅学会会長さんにご案内頂いた思い出多いポイント。大いに期待したのですが、実は蝶影が大変少なく期待外れでした。海岸沿いからポイントへ向かう道路の両側は、確か疎林混じりの草原だったはずですが、一戸建ての家並みが多数乱立し、風景が一変していました。こうした開発の波は香港でも当然ある訳で、好ポイントが徐々に消滅しているのでしょうね。

 さて、乏しい蝶影の中、前回アカネシロチョウ(Delias hyparete hierte)が多数舞っていた渓流脇ではタイワンキマダラ(Cupha erymanthis erymanthis)が寂しくテリ張りをしておりました。このタテハもきちんと撮りたかったのに、あまりにも距離が遠すぎて、雰囲気描写のみになりました。                                  ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_22245690.jpg
D90-34、ISO=200、F9-1/250、-2.0EV、撮影時刻:13時40分 

 木陰では、ヒメウラボシシジミ(Neophitecops zalmora)が舞ってましたが、殆どスレ品でパス。A・Lさんが突然「Rapala!」と叫びます。高さ4m程の低木を指さしますが、探しているうちに飛ばれてジ・エンド(^^; 川の畔をウロチョロしているとセンダングサにシジミが・・・。接近すると、ほぼ完品のロヒタキマダラルリツバメ(Cigaritis lohita formosana)♂。
f0090680_222524100.jpg
D5K-85VR、ISO=200、F9-1/800、-0.7EV、撮影時刻:13時22分

 翅をスリスリしている場面で、後翅表の鮮やかな瑠璃色が拝めます。ロヒタの裏面を横切る帯状紋は、国産キマルリ(C.takanosis)が黒色なのに対し、小豆色をしているので、瑠璃色が余計引き立つ感じがします。お次は、尾状突起先端の白点を4本完璧に撮影するミッションを達成!
f0090680_22253663.jpg
D5K-85VR、ISO=200、F9-1/1250、-0.7EV、撮影時刻:13時24分

2日目に出会ったロヒタより鮮度が良かったので、何とか尾状突起の「4白」を写しこむことができました。マクロの最後は縦位置逆光。敢えてストロボを照射せず、このキマルリの艶やかさを演出してみました。
f0090680_22254876.jpg
D5K-85VR、ISO=200、F5.6-1/1250、-1.0EV、撮影時刻:13時31分

 ご覧のように、この個体、左後翅の肛角部に欠損があります。外敵に襲われて欠けた可能性も多いにあります。東南アジアに棲む有尾のシジミ類は肛角部のデザインが相当派手なものが多いです。これは当該部分を敢えて派手に露出し、鳥や昆虫に攻撃された時、標的を頭部ではなく、肛角部に逸らして生き延びる戦略かもしれません。そこで、野鳥が狙うアングルを想定し、腹端側から尾状突起を覗く構図で撮影。
f0090680_2226112.jpg
D5K-85VR(トリミング)、ISO=200、F10-200、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:13時25分 

 キマルリの腹部には円弧状の黒線が刻まれていますが、腹端から覗くと、同心円状の輪が重なった不思議な雰囲気を醸し出します。それと、橙色に彩られた肛角部も花びらのようなデザインで、いかにも鳥の気を引くような気がしますね!おしまいは縦広角で。
f0090680_22261630.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80、F7.2-1/400、-0.7EV、撮影時刻:13時29分 
 
 これは新年の賀状でご紹介した絵です。相当長時間吸蜜してくれたので、広角での構図を色々とトライする余裕がありました。この個体に感謝です。結局、Sポイントではロヒタ以外に目ぼしい成果はなく、一行は次なる目的地へ向かいました。別ポイントに行くA・Lさん達とは鳳園で別れ、再び管理人は鳳園で粘ってみることにしました。お花畑のランタナの梢に俊敏なミスジが登場。初撮影のタイワンホシミスジ(Parathyma sulpitia sulpitia)でした。
f0090680_22263130.jpg
D90-34、ISO=500、F9-1/1600、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時29分
f0090680_22263935.jpg
D90-34、ISO=500、F9-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時31分 

 やはりテリ張りをするタテハは格好良いですね。香港に広域分布するこのミスジの食草はスイカズラ(Lonicela japonica)類で、図鑑に示された幼虫画像もLimenitis属そっくりです。<続く>
by fanseab | 2011-01-26 22:28 | | Comments(4)

香港遠征日記(8)5月1日前半その2

 カラスアゲハを撮影した後、薄日が時々差すものの、晴間が拡がる気配もありません。前回遠征でも、このポイントでは不安定な天気に悩まされたことを思い出しました。九龍半島における脊梁山脈の北麓に位置する嘉道理農場は、天候の変化が激しいのかもしれません。仕方がないので、野鳥を撮影。最初は頬が真紅で尖った冠を持つ野鳥。ネットで調べたらコウラウン(紅羅雲:Pycnonotus jocosus)と判明。鑑賞用の個体が籠抜け(放鳥?)して日本国内でも観察記録があるみたいです。空抜け画像で顔の表情がイマイチですが、凄くインパクトのある鳥ですね。                                                        ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_12591380.jpg
D90-34(トリミング)、ISO=400、F9-1/2000、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時37分 

 次に植え込みの花弁をついばむ小鳥。丁度、日本のメジロのようにすばしこく茂みを細かく飛びながら吸蜜していきます。ネットで検索してキバラタイヨウチョウ(Cinnyris jugularis)の雌と同定しましたが、ブログ仲間のyoda-1さんがエンビタイヨウチョウ(Aethopyga christinae)の雌と同定して頂きました。yoda-1さん、有難うございます。
f0090680_12593714.jpg
D90-34(トリミング)、ISO=400、F9-1/640、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時03分
f0090680_12594948.jpg
D90-34(トリミング)、ISO=400、F9-1/320、外部ストロボ、撮影時刻:12時04分
f0090680_12595965.jpg
D90-34(トリミング)、ISO=640、F9-1/640、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時05分 

 花から吸蜜するために進化したのでしょう、鋭く尖った嘴は見事なものです。でも目の表情はとても愛くるしいですね。

 昼食用にコンビニで買ったパンを齧りながら一息入れていると、ようやく日が差し始め、徐々に蝶の姿が多くなりました。急坂を降りる途中、水路脇を飛ぶ小さな黒いセセリを発見。ムモンホソバセセリ(雨季型:Astictopterus jama chinensis)の♂でした。吸蜜シーンをパチリ。
f0090680_1302778.jpg
D5K-85VR、ISO=200、F9-1/400、-0.7EV、撮影時刻:12時15分 

 このセセリは海外遠征初体験で嬉しい限りです。飛翔中の雰囲気はシンガポールで撮影したホシゾラセセリ(Iambrix salsala)にそっくりだと思いました。吸蜜の後は開翅日光浴。
f0090680_1303671.jpg
D5K-85VR、ISO=200、F9-1/400、-0.7EV、撮影時刻:12時15分 

 ♀は前翅端付近に僅かな白斑がありますが、雨季型だと縮退し、♂では完全に消失するとされています。和名の通り、茶褐色一色で全く紋がありませんので、同定は楽かもしれません。

 暫く坂を下っていくと林道の脇にのっそりと飛ぶジャノメが見えました。草影から撮影。
f0090680_1305985.jpg
D5K-85VR、ISO=320、F9-1/500、-0.7EV、撮影時刻:12時25分 

 キレバヒトツメジャノメ(Mycalesis zonata)の雨季型♀でした。このジャノメは初回香港遠征で乾季型を撮影しており、雨季型は初撮影。

ジャノメを撮影した後に今度は橙色のセセリが登場。この手のセセリはすぐに同定不可能なので、先ずは撮影することが肝要です。
f0090680_1311326.jpg
D5K-85VR、ISO=320、F9-1/640、-0.7EV、撮影時刻:12時28分 

 帰国してから慎重に検討した結果、タケアカセセリ:もしくはオハラネッタイアカセセリ(Telicota ohara formosana)♀と判定(間違っているかもしれません)。香港に生息するTelicota属は、ancilla, besta、colon(八重山にもいるネッタイアカ)、ohara,の4種を数えますが、♂♀も含めた同定には相当の熟練を要すると思います。フィールドでの判定は管理人には先ずお手上げですね(^^;

 嘉道理農場の急坂をようやく降り切った頃、明るい草地に褐色のタテハが舞っておりました。クロタテハモドキ(Junonia iphita iphita)。タテハモドキの仲間では一番食指が動かない種類ですが、普通種をきちんと写すことを今回遠征のミッションにしておりましたので、丁寧に撮影。
f0090680_1312760.jpg
D90-34、ISO=400、F9-1/1250、-2.0EV、撮影時刻:12時31分

 ご覧のようにこの時間帯は凄い陽光が照りだして、このタテハ裏面のディテールを表現するにはちょっと不向きのようでした。直ぐに開翅したので、これも撮影。
f0090680_1313716.jpg
D90-34、ISO=200、F9-1/125、+0.3EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:12時32分 

 開いたら左前翅端に相当な欠けが・・・(^^; 「丁寧に撮影する個体はスレ品」のジンクスが付きまといます。嘉道理農場入口でA・Lさんが香港鱗翅学会のメンバーと携帯で連絡し、駆けつけたメンバーの車に同乗して次の目的地に向かいました(12時45分発)。<続く>
by fanseab | 2011-01-23 13:02 | | Comments(4)

香港遠征日記(7)5月1日前半その1

 翌日は5時50分に起床。ホテルの部屋から外を覗くと、この日もドン曇りです。                                                  ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_0162466.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80、F3.2-1/90、-0.7EV、撮影時刻:6時35分

 本日の目的地は前回遠征でも訪問した嘉道理(カドゥーリー)農場。先ずは朝の腹ごしらえですが、前日に引き続き同行して頂くA・Lさんと落ち合い、旺角でお勧めのお粥屋に入りました。管理人がチョイスしたのは、鶏肉団子入りお粥(確か23HK$=264円)。正面の人物がA・Lさん。
f0090680_0285150.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80、F3.2-1/50、-0.7EV、撮影時刻:7時51分

 熱々のお粥をフウフウ食していくと、お腹の中からジンワリと温まって活力が湧いて来る気がします。普段日本では体調を崩した時しか食べませんが、香港ではお粥の美味しさを再認識させてくれますね。サイドオーダーはお気に入りの腸粉。
f0090680_017462.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80、F3.2-1/50、-0.7EV、撮影時刻:7時54分

 今回は焼豚のみじん切りが入ったもの。黒い醤油ダレは各お店で独特な味を出しています。
KCR旺角駅から大埔墟より一つ先の太和駅で下車。ここからバス(64K系統)で農場に向かいます。
f0090680_0173067.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80、F3.2-1/125、-0.7EV、撮影時刻:9時17分

 最新の二階建てバスはご覧のようにバスの運転席近くに電光掲示板があって、停留所を漢字表示してくれます。これは日本人にとって大変有難いですね。停車を希望する際は、座席最寄りの停車ボタンを押して運転手に知らせる日本のワンマンバスと同じシステムです。9時30分に農場着。農場と言うより「植物園」が正確な表現でしょうね。かなり急傾斜な斜面に果樹その他の様々な植物が植えこまれています。山の頂上まで舗装道路があって、徒歩でも歩けますが、今回は登山バスを利用しました。
f0090680_0174391.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80、F7.2-1/60、-0.7EV、撮影時刻:10時10分

 マイクロバスの女性運転手さんが、大声で周りの植物を解説してくれます・・・と言っても広東語なので、管理人にはちんぷんかんぷん。そこで、時々A・Lさんより英語で解説内容を翻訳して頂きました。その登山バスの時刻表。
f0090680_018062.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80、F7.2-1/160、-0.3EV、撮影時刻:10時14分

 こうした時刻表を含め、観光客にフレンドリーな表示類や掲示板があるのは、流石香港だと思います。北タイや韓国の田舎等、時刻表も全くない停留所で、どれほど心細くバスを待ったことでしょうか? 農場の高台から見る周囲の風景です。
f0090680_0205279.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80、F8.2-1/200、-0.7EV、撮影時刻:10時32分

 周囲は本当に緑濃い山塊ですね。左側のドーム型をした山は後程訪れる予定のピークです。
さて、昼頃まではドンヨリとした曇り空で蝶影は全くありません。はっきり言って、期待外れでした。そこで一番期待のできるButterfly farmに陣取ってアゲハ類を待ちました。もちろんキシタを狙っているのですが、どうも曇り空が晴れず、厳しい状況。そのうちやっとカラスアゲハ(Papilio bianor bianor)♂が登場。遠距離ですが、何とかランタナからの吸蜜シーンをゲット。
f0090680_0183573.jpg
D90-34、ISO=400、F7.1-1/2500、-2.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時32分
f0090680_0184657.jpg
D90-34、ISO=400、F7.1-1/1250、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時33分

 名義タイプ亜種の香港品は♂の後翅外縁部に赤班が出現するタイプで、ちょうどオキナワカラスアゲハ(P. okinawensis)春型♂のような雰囲気が漂っています。<続く>
by fanseab | 2011-01-20 00:23 | | Comments(2)

香港遠征日記(6)4月30日後半その4

 鳳園は、蝶の食草を重点的に植栽しているので、実は幼生期の観察にも適した観察ポイントにもなっています。今回の香港遠征の主目的であるキシタアゲハの食草、ウマノスズクサ類も公園の一角に植えられています。日本のウマノスズクサ(Aristolochia debilis)よりも遥かに葉がでかいタガラウマノスズクサ(A. tagala)。
++横位置画像はクリックで拡大されます++         
f0090680_21151857.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80、F9.1-1/25、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:15時17分

 「馬の鈴」にあたる実も国産種の数倍はあって、本当に馬の首にぶらさげられそうな風格があります。ここで丹念に葉裏を調べてみると、幼虫が見つかりました。最初はベニモンアゲハ(Pachliopta aristolochiae goniopeltis)の3齢幼虫と思しき個体。
f0090680_21153885.jpg
GX100@5.1mm、ISO=100、F9.1-1/6、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:15時22分

 ブレブレの絵ですみません。GX100の手振れ機能では1/6sec.では厳しいのです。お次はどうやら本命?のキシタアゲハ初齢幼虫(Troides aeacus aeacus)。
f0090680_21154884.jpg
D5K-85VR、ISO=400、F10-1/200、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:15時26分

 共に同定間違いあればご指摘願います。この後、樹液が出るポイントに行くとカメラマンが数名群がっている木がありました。お邪魔すると、新鮮なチビフタオチョウ(Polyura athamas athamas)が吸蜜の真っ最中。
f0090680_211654.jpg
D90-34、ISO=400、F8-1/250、-1.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時32分

 このフタオの樹液吸蜜シーンを撮影するのはこれが初体験でした。お花畑に戻ってみると、何やら黒いシジミの影が・・・。予感的中で、シャマキマダラルリツバメ[CigaritisSpindasissyama peguana]♀が吸蜜しておりました。
f0090680_21162474.jpg
D90-34、ISO=400、F10-1/640、-1.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時41分

 前回遠征で撮影した シャマはボロボロの個体でしたので、まずまずの鮮度でよかったです。ただ前翅先端の欠けはいかにも残念でした。もう一度チビフタオ吸蜜現場に戻り、アカネシロチョウ(Delias pasithoe porsenna)の終齢幼虫を撮影。
f0090680_21164942.jpg
D90-34、ISO=400、F7.1-1/200、-1.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時48分

 カザリシロチョウの幼虫を観察するのも初体験でした。それにしても毒々しい風貌で、ちょっと引いてしまいますね!お花畑には中型のミスジが登場。未撮影ミスジと睨んでバシャバシャ撮影したのですけど、どうやら普通種のリュウキュウミスジ(Neptis hylas hylas)♀のようでした。
f0090680_2117658.jpg
D90-34、ISO=400、F9-1/640、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:16時22分

 ランタナとの組合わせはなかなか絵になるものです。それにしても国産のミスジチョウと同程度の体躯には驚かされました。かなり陽が傾いて来て、そろそろ打ち上げです。最後に低い草地上で開翅したヒョットコシジミタテハ(Abisara echerius echerius)を丁寧に撮りました。
f0090680_21171737.jpg
D90-34、ISO=400、F7.1-1/1000、-2.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:16時41分

 いつものことながら、丁寧に撮ろうとすると、その個体はスレ品ですね(^^;

 鳳園を打ち上げ、この日は大埔墟から旺角までKCRではなく、ゆっくりとバスで向かいました。ホテルに着いてシャワーを浴びた後、ちょっぴり仮眠を取り、食事に街中へ。今宵は撈麺にトライ(コーラ付で29HK$=333円)。
f0090680_21173717.jpg
GX100@5.1mm、ISO=100、F7.1-1/80、-0.7EV、撮影時刻:21時41分

 これ、つけ麺風にスープと麺が別々に供されます。麺には濃厚なタレがかかっていてエビワンタン入りスープにつけて食します。定番の空芯菜の炒め物(14HK$=161円)もサイドオーダーしました。独りで食べるにはちょっと量が多くて持て余し気味でしたが・・・。
<続く>
by fanseab | 2011-01-15 21:24 | | Comments(12)

2011年初撮り:ムラツ越冬集団観察(1月10日)

 今日10日は成人の日。長年「成人の日=1月15日」に親しんでいるので、ちょっとピンと来ませんがね。さて、ようやく今シーズンの初撮りです。昨年11月末に集団を観察した神奈川県のポイントに向かいました。この日は快晴ですが、とんでもない北風が終始吹きまくるムチャ寒い一日。現場に到着して確認すると、1号棟も2号棟も「もぬけの殻」でした。これは1号棟の状況。画面中央の葉が集団の住処でした。                                  ++横位置画像はクリックで拡大されます++                       
f0090680_22262310.jpg
D90-34、ISO=500、F9-1/200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時38分

 ブログ仲間の clossianaさん は、千葉の公園で本種越冬集団の消長について、地道な継続観察をされています。同氏のここ2シーズンの観察によれば、11月末に集団数のピークを迎えた後、急激に数を減らすとのこと。どうやら、管理人の観察ポイントでも同様な現象が起きたのでしょう。鳥に食われたのか?自然死したのか?あるいは集団で引っ越ししたのか?謎ですね。ただ、上記集団数のピークが減じた後、また数が増加する現象もあったり、とにかくclossianaさんのように、同じポイントであまり間隔を空けずに観察することが重要だと思います。

 寒さを忍んで折角来たのに、このまますごすご引き下がる訳には参りませんので、暫くウロチョロ探索。10時過ぎになって、これまで未探索のエリアでようやく4頭集団を発見しました。1号棟、2号棟と同じアオキの葉上でした。
f0090680_2227282.jpg
D90-34X1.4TC、ISO=500、F9-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時17分

 この集団を前回からのネーミングで3号棟としておきましょう。次に3号棟の西側5mほどの地点にあるアオキ葉上でも単独越冬個体を発見。
f0090680_2227414.jpg
D90-34X1.4TC、ISO=500、F9-1/1000、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時25分 

 こちら4号棟はワンルームマンションでしょうか?もっとも、元々複数集団だった場所で仲間がいなくなり、結果的に単独越冬しているのかもしれませんね。このポイントは脚立を使っても良いアングルが取れないので、300mmに1.4倍テレコンをかまして接写してみました。そこそこの解像度が得られたので、夏場のゼフ開翅に応用してみたいと思います。それにしても、この日の強風には参りました。35mm換算630mmの長玉で覗いていると、画面からあっと言う間に蝶が消えてしまいます。ハイスピードシンクロで止めるのがやっとの有様でした(^^;

 300mmマクロで絵が撮れたので、お次は魚露目の出番。今回はストロボ照射にちょっと工夫をこらしました。これまで魚露目専用として、外部ストロボ1灯にディフューザーをかまして拡散光源として撮影してきましたが、どうしても照明ムラが生じて不自然な絵になっていました。そこで、外部ストロボを魚露目の脇に2灯配置し、内蔵ストロボを主光源に外部ストロボ2灯をスレーブ発光させる改善をしました。このアイデアは以前から温めていたのですが、外部ストロボを昼光スレーブさせるために、多少の改造を加えなくてならず、これまで躊躇しておりました。何とか改造が終わったので、今回、実地試験に及んだのでした。
先ずは、単独越冬個体(4号棟)の絵。
f0090680_2228086.jpg
D5K-1855VR@55mm-gy8(トリミング)、ISO=400、F25-1/60、-0.7EV、(内蔵ストロボ+外部ストロボ2灯スレーブ増灯)、撮影時刻:10時39分 

 まずまず目論見通りの仕上がりです。お次は3号棟。
f0090680_22281589.jpg
D5K-1855VR@55mm-gy8(トリミング)、ISO=400、F25-1/60、-0.7EV、(内蔵ストロボ+外部ストロボ2灯スレーブ増灯)、撮影時刻:11時01分 

 こちらは、集団が乗っている葉の両脇の葉がどうしても邪魔してなかなかいいアングルで撮れません。ストロボ照射の状況はほぼ狙い通り。4頭集団の上(葉柄側)に位置する2頭をメインに撮影するため、越冬している葉をつかんで撮影。
f0090680_22282858.jpg
D5K-1855VR@55mm-gy8(トリミング)、ISO=400、F25-1/60、-0.7EV、(内蔵ストロボ+外部ストロボ2灯スレーブ増灯)、撮影時刻:11時02分 

 画面左下に管理人の指先が写っています。普段、気温が高い状態だと、このように葉に触った途端、弾けるように集団が飛散してしまいますが、最高気温7℃(撮影中はもっと寒く感じました!)の条件下ではピクリともせず、助かりました。なお、一連の魚露目画像は脚立に乗った上に、腕を一杯に伸ばしてD5000のバリアングルモニターを活用してライブビューモードで画面を確認しながらの撮影でした。D5000のライブビューモードでのオートフォーカスは実用には程遠い状態のため、ここはマニュアルフォーカスで置きピンでの撮影に徹しました。それでもやはりバリアングルモニターの効果は絶大でした。

 最後に3,4号棟の全景をご紹介しておきましょう。
f0090680_22432577.jpg
D5K-1855VR@18mm、ISO=400、F3.8-1/200、-0.7EV、撮影時刻:11時07分

f0090680_2229190.jpg
D5K-1855VR@18mm、ISO=400、F4-1/200、-0.7EV、撮影時刻:11時08分

 共に黄色い円で囲った中心に越冬個体がいます。それにしても、寒い撮影行になりました。帰りしな、高速パーキングエリアで食したラーメンが本当に美味しく、体が温まりました!これから先、時々この集団の消長を確認しに行こうと思っております。
by fanseab | 2011-01-10 22:35 | | Comments(10)

香港遠征日記(5)4月30日後半その3

 クヤニヤシジミを撮影したすぐ傍にオレンジ系のシジミがゆっくりと舞っていました。ウラフチベニシジミ(Heliophorus epicles phoenicoparyphus)の♀。                                        ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_001078.jpg
D5K-85VR、ISO=200、F9-1/400、-0.3EV、撮影時刻:13時10分

 これまで♂は撮影済で、♀は初体験。しかし、接近戦で撮るにはちょっとスレが酷かったです。そこから50mも歩かぬほどに、J・Yさんが「アンピッティア!」と叫びます。近寄って撮ったのがニセキマダラセセリ(Ampittia dioscorides etura)の♀。
f0090680_003574.jpg
D5K-85VR、ISO=200、F9-1/200、-0.3EV、撮影時刻:13時14分

 和名の通り、ちょっと見、キマダラセセリ(Potanthus属)に似ていますが、その小さいこと! 何でも香港で二番目に小さいセセリだそうです。スレ品の上に、露出設定をマニュアルのままで失敗したため、酷い出来です(^^; これまたリベンジリストに挙げなくてはなりません。ファインダーからサッと消えたので、追跡するも直ぐに見失いました。代わりに登場したのが、「本物の」キマダラセセリ。帰国してから斑紋を詳しく検討し、タイワンキマダラセセリ(Pothathus confucius confucius)と判明。
f0090680_005292.jpg
D5K-85VR、ISO=200、F9-1/200、-0.3EV、撮影時刻:13時14分

 香港では初撮影になります。この後、フウフウ言いながら、出発地の駐車場に戻り、ペットボトルをグッと飲み干して、鳳園に戻りました。鳳園では、香港蝶類学会の若手、A・Lさんと合流し、J・Yさんのスバルに同乗して、大埔墟の街中でランチです。日本から来た管理人に配慮されたのか、寿司屋に案内して頂きました。こちらはワンタン麺あたりで十分と思って居ただけに恐縮です。ここでネギトロ丼と厚切りのトロサーモン刺身を奢って頂きました。寿司屋のあった大埔墟の街並みのスナップ。
f0090680_01873.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80、F9.1-1/320、-0.7EV、撮影時刻:14時35分
 
 高層マンションは香港のシンボルとも言うべき、お馴染みの光景ですね。さて、再び鳳園に戻り、ここでJ・Yさんとお別れしてA・Lさんと撮影をご一緒しました。J・Yさん、本当にお世話になりました。15時頃からは、少し雲が出てきて蝶の活動もやや不活発になってきましたが、そんな中、ホシシジミタテハ(Zemeros flegyas flegyas )は相変わらず、活発に活動しています。ここは情緒的に切り撮ってみました。
f0090680_012389.jpg
D5K-85VR、ISO=200、F6.3-1/320、-0.3EV、撮影時刻:14時56分

 お花畑で完品のシロオビアゲハ(Papilio polytes polytes)も撮影。
f0090680_01349.jpg
D90-34、ISO=200、F7.1-1/1000、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時03分

 もうちょっと寄りたいですけどねぇ。アゲハ類の撮影は本当に難しいです。午後の部は更に引っ張らせて下さいね(笑) <続く>
by fanseab | 2011-01-07 00:03 | | Comments(4)

香港遠征日記(4)4月30日後半その2

 11時過ぎからのピーカン天気と想像以上にハードに歩いたため、途中からバテ気味の管理人です。先に行くJ・Yさんは軽快に歩いて、既に視界から消えました(^^; 何とか途中で追いついて、ハァハァ息をついて休んでいると、「ホラ、見てご覧!」と言って、J・Yさんが指さしたのは、トガリワモン(Dischophora sondaica tulliana)の2齢幼虫集団。

 毛虫画像がお嫌いな方はページを直ぐに飛ばしてくださいネ!

                                                                     ++横位置画像はクリックで拡大されます++                          
f0090680_104320.jpg
GX100@5.1mm、ISO=100、F4.1-1/160、-0.3EV、撮影時刻:10時41分

 トガリワモン成虫は北タイ ・ボルネオで観察しておりますが、幼虫は初めて。と言うか、生活史に通じていなければ、葉裏を捲って直ぐに発見出来る訳がありません。流石J・Yさんだと脱帽です。ワモン類はどうやら卵塊で産み付け、若齢時に群居する性質があるようです。この後、笹類の葉を捲っては、「これはXXセセリの幼虫・・・」と矢継ぎ早に説明されるので、メモを取る暇もありませんでした(^^; 

 暫く歩くと渓流沿いの美味しそうな雰囲気のポイントに差しかかりました。
f0090680_1044127.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80、F9.1-1/30、-0.7EV、撮影時刻:11時05分

 画面の人物がJ・Yさんです。「ここはゴマフフタオチョウ(Polyura nepenthes nepenthes)のポイントなんだよ!」と指さしてくれました。「おぉ!」急にアドレナリン全開になるも、持参したエビ&パイナップルトラップは既に使い果たしていて、渓流の岩場に置くことができず、歯ぎしりしました。暫くここで粘ったものの、フタオの姿は現れずガッカリでした。

 更に歩くと、「ここはロヒタキマダラルリツバメ[Spindasis(Cigaritis) lohita formosana]のポイントだよ」とのご宣託。何てことのない草原の真ん中なんですがねぇ・・・。
f0090680_1045917.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80、F9.1-1/200、-0.7EV、撮影時刻:11時39分

 しかし、予言は正しかったのです。ここで休憩がてら小一時間ほど粘っていると、「あ、来た来た!」と言われた指先に、小さな黒い影が青空を横切りました。そのうち、上の画像真ん中あたりのセンダングサの群落で吸蜜を開始しました!
f0090680_1051560.jpg
D5K-85VR、ISO=200、F9-1/640、-0.7EV、撮影時刻:12時36分

 この絵ではもう吸蜜を止めていますね。ブログ仲間の kenkenさん は常々、「キマルリは4本の尾状突起全てを表現し、かつ各々の突起先端にある白班を描写しなければ画竜点睛を欠く」とコメントされています。管理人もこれを意識して風にたなびく4本の尾状突起が上に揃うタイミングまでジッと待っての撮影でした。ただ、やや飛び古した個体のため、1本の先端の白斑が欠損しているようで、ちょっと残念でした。

 この後、管理人の体力は限界に近くなり、J・Yさんに断って大休止をしました。暫くして山裾から戻ってこられた同氏は「クロボシツバメ(別名マクラータタカネフタオシジミ:Tajuria maculata)がいたよ!」と羨ましいお話。しかし、ここは諦めるしかありません。この時ばかりは、自分の体力の無さを嘆いたのでした。

 さて、これまで来た道を戻りつつ渓流の小橋を渡る時、やや大き目のシロチョウが沼地を飛んでいるのを目撃。そのうち沼地に生えた大きな葉裏に止まりました。何と撮影したかった、タイリクトガリキチョウ(Dercas verhuelli verhuelli)でした! 沼地で300mmでもいい絵が撮れず悩んでいる管理人を見かねて、長靴を履いたJ・Yさんが「私が撮ってあげるよ!」と親切に沼地に入って撮影して頂きました。
f0090680_1054123.jpg
D5K-85VR、ISO=200、F9-1/200、-0.3EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:13時04分

 銀塩一眼時代からの豊富な撮影キャリアを誇る同氏だけあって、ツボを捉えた絵は流石です。トガリキチョウには前翅先端が黒くなるタイプと黄色の地色のままの2タイプあって、撮影した個体は普通に見られる黒化型。この絵のように葉裏に隠れた個体を逆光で観察すると風景に紛れてその気配を見事に隠しています。これも巧みな擬態かもしれません。

 トガリキチョウを撮って、少し元気になった管理人に対し、J・Yさんが次々に撮影種を発見して頂きました。センダングサに来たクヤニヤシジミ(Sinthusa chandrana grotei)♀を撮影。
f0090680_1055932.jpg
D5K-85VR、ISO=200、F9-1/800、-0.3EV、撮影時刻:13時08分

 ほぼ完品ですね。反対側に回り込み、順光でも撮影しようとしたら、逃げられました。まぁ、今回遠征で撮影した中では珍品の部類でしょう。シジミ画像にまた新たなコレクションができて大変嬉しかったのです。この種は春先に多く、♂の活動は早朝と夕方で、♀とは活動パターンが異なるとのこと。午後の部はまだまだ続きます。<次回に続く>
by fanseab | 2011-01-03 10:09 | | Comments(8)

謹賀新年

ロヒタキマダラルリツバメ(Cigaritis lohita formosana)                                     
f0090680_1314180.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80、F7.2-1/400、-0.7EV、撮影地:香港・新界地区、撮影年月日・時刻:2010年5月1日、13時29分

皆様、あけましておめでとうございます。
新しい年がやってきました。新年を迎えると、もう春は目の前に迫っていますね!

 さて毎年、拙ブログでは、新年にその年の抱負ならぬ「撮らぬ蝶の皮算用」をご紹介しています。昨年は「アゲハを真面目に撮る」をテーマに掲げてみましたが、昨年の成果を振り返ってみると、まだまだアゲハはきちんと撮る対象が沢山残っています。Papilioでは、ナミアゲハやキアゲハ、それにナガサキ♂、それとGraphiumでは国産のミカドアゲハ等、指折り数えると結構な種類がきちんと撮り切れていないことに気が付きます。またヒメギフも実はデジ一で未だ撮影しておりません。アゲハ類については、今シーズンも、もう少し拘ってみたいと思っております。

 後はできれば北海道に遠征して、北の蝶でも撮ってみるかな?と。幸い、ブログ仲間が北海道にも居られるので、交流を深めてみたい気持ちもあります。やはり大雪のウスバキあたりは蝶屋の憧れでもありますから・・・・。

 皮算用はこの位で止めておきましょうね。

 今年も拙いブログですが、読者の皆様と対話しながら、楽しくやっていきたいと思います。
本年もよろしくお願いします!
by fanseab | 2011-01-01 01:32 | | Comments(46)