探蝶逍遥記

<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

千葉のムラサキツバメ探索(11月28日)

 今シーズン初めてのムラツ詣出です。管理人の課題であるベタ開翅・閉翅の撮影が主目的ですが、越冬集団の数がピークを迎えるこの時期の状況確認もしたかったのです。現地8時15分着。噂には聞いていたのですけど、公園の樹木の状況変化にビックリ! いつもチョコンとムラツが横倒しで休息しているサンゴジュの株も様変わりし、ムラシが沢山潜んでいた株も枝がムチャクチャに伐採されて、見る影もありません。昨年秋、大集団を形成したスダジイも同じ状況。ガッカリして探索するもウラギン3頭を見つけるのがやっと。。。ブログ仲間の clossianaさん が継続観察されていたハクモクレンも確認したのですが、どうやら落葉したようで集団の姿はありませんでした。そのうち、ようやくカクレミノに潜む6頭集団を発見してホッとしました。                              ++横位置画像はクリックで拡大されます++            
f0090680_12465658.jpg
D90-VR84@400mm、ISO=500, F9-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時23分

 体を倒した個体が少ないのは、比較的気温が高いためでしょう。そのうち、♂と思しき個体が株の上で飛び始めました。カクレミノのすぐ脇に目を転じると、何と数頭のムラツが日光浴状態でした。最初はこれまで縁が無かった♂のベタ開翅。
f0090680_12471556.jpg
D90、ISO=200, F10-1/400、-1.3EV、撮影時刻:9時36分

 鈍く藍色に光る♂の幻光が何とか表現できたかな? この♂個体は群を抜くデカさで迫力があり、またフレンドリーで目線より下の高さで何度も開翅を披露してくれました。お次はベタ閉翅。
f0090680_1247355.jpg
D90、ISO=200, F7.1-1/1000、-1.3EV、撮影時刻:10時11分

 こうして眺めてみると、ムラツの裏面は大変複雑な模様であると思います。尾状突起先端の白紋もきっちり表現できてお気に入りの一枚になりました(^^) さて、♂の幻光は見るアングルで様々に変化します。管理人のお気に入りは斜め前方からのアングルですので、縦広角でパチリ。
f0090680_12475617.jpg
D40-24、ISO=200, F9-1/250、-0.7EV、撮影時刻:10時22分

 この角度からだと前翅が藍色に光り、後翅がゼフのような深緑色に鈍く輝いて独特な味わいになるからです。タテハフリークの管理人としては、このアングルからだと何故かムラツがタテハチョウと錯覚する風格を覚えるのです。 お次は♀のベタ開翅。
f0090680_12481283.jpg
D90、ISO=200, F11-1/500、-1.3EV、撮影時刻:9時55分

 思いの他沢山観察できた♂と異なり、♀は痛んだ個体が多かったです。↑の画像は、その中でも綺麗な部類。いつものことながら、前翅の紫色の表現には悩みます。RAW現像でいくら手を尽くしても記憶に残るムラツ♀の色になりません。D90でもD40でも白飛びを嫌ってアンダー気味で撮影すると赤みが勝った嫌な色合いに仕上がります。現像ソフトに用いているSilkypixで「フィルム調A」で仕上げると一番記憶色に近いのですけど、逆に常緑樹の葉の緑の表現が不自然になります。次はベタ閉翅。
f0090680_12483315.jpg
D90、ISO=200, F10-1/400、-1.3EV、撮影時刻:9時43分

 葉上からしきりに吸汁している場面。それにしても図体の割りにムラツのストローは細いですね!
撮影した株の近くはムラツの個体数が多かったので、♀のダブル開翅の撮影にも成功。
f0090680_2136428.jpg
D40-24、ISO=200, F9-1/250、-1.0EV、撮影時刻:9時52分

 どんな種類でもこうして並んで開翅すると見事な眺めになります。また、この株の周辺で吸汁と開翅を繰り返し、その途中はゆっくりと飛ぶため、飛翔撮影のチャンスでした。何とか♀をゲット。
f0090680_21361836.jpg
D40-24、ISO=400, F3.5-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:10時21分

 残念ながら♂は没画像の山でガックリ(^^;; さて、飛翔等を撮影中、後ろを振り返るとどこかで見かけた方がお二人。ブログ仲間のclossianaさんと papilaboさん でした。ご挨拶もそこそこに情報交換。その後、ハクモクレンの状況を3名で再確認した後、マテバシイに形成された越冬集団のポイントに案内して頂きました。ここはほぼ北向きで日中全く陽が差し込まず、今までの集団形成箇所とは異なる環境です。暗くて揺れる葉先なので、撮影に苦労。400mmではブレブレになるので、ズームを300mmにセットして撮影しました。
f0090680_12492532.jpg
D90-VR84@300mm、ISO=500, F9-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時19分

 体を寝せておらず、ビッシリ固まっているので個体数集計に苦労しますが、恐らく13頭集団だと思います。昨年の40頭集団に比べれば、数は少ないものの、やはりこれだけ集まると迫力があります。papillaboさんが五段脚立の最上段に乗って撮影中、突然弾けるように集団が飛び去りました。これには3名とも唖然。葉先にカメラが触れてショックを与えた訳ではありません。管理人は、カメラのオートフォーカス用の赤外光がムラツを刺激したのだと推定しています。散りじりバラバラになった個体の一部は近くのツツジの植え込みの近くで日光浴している姿を確認しました。夕暮れ時にはまた元の場所に戻っていると思いますが、どうでしょうか? この後、clossianaさん達と別れ、北向き集団を撮影したついでに北向きの植え込みを重点的にチェックすると、マテバシイに潜む単独個体を発見。
f0090680_12494295.jpg
D40-24、ISO=200, F6.3-1/50、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:11時50分

 恐らく♀でしょう。他にも似たような環境で休止する単独個体を見出しました。いずれもちゃんと葉の上部には雨除けの庇となる葉があって、彼らも計算づくで越冬場所を見出しているようです。

 マテバシイ集団をご案内頂いたclossianaさん、papillaboさん、大変有難うございました。
by fanseab | 2009-11-29 12:50 | | Comments(14)

アカボシゴマダラの蛹(11月23日)

 11月14日の記事でご紹介した拙宅庭エノキ上の前蛹はその日のうちに蛹化したことを確認しました。                 ++横位置画像はクリックで拡大されます++                        
f0090680_23164525.jpg
D40-24、ISO=200, F7.1-1/1000、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:10時30分

 エノキの葉もかなり黄色くなって、アカボシの蛹の緑が目立つようになりました。実はそのすぐ隣にも、もう1頭の蛹がついています。
f0090680_23165956.jpg
D40-24、ISO=200, F7.1-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:10時31分

 こちらは暫く発見が遅れました。とにかくエノキの葉が緑の状態でアカボシの蛹を発見するのは並大抵の事ではありません。擬態の名手と言えましょう。この日は背中の特徴であるギザギザに朝日の逆光が照らす状態で、思わず写欲をそそりました。

 さて、蛹のついていた株(樹高2.5m)にいた短角型(越冬型)の3令幼虫は皆、葉から降りたようです。また塀脇にある、もう一つの小さな株(樹高1m)にも5頭の越冬型幼虫が付いていたのですが、いずれも枝先に撒きつくか、株の根際にへばりついていました。
f0090680_23171056.jpg
D40-24、ISO=800, F9-1/40、-1.0EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:10時44分

 もう少し気温が下がってくると、幼虫はすべて根際に集結するか、落葉下に潜り込むはずです。

<11月29日追記>

 この記事でご紹介した蛹の1頭は11/28早朝、残りの1頭も11/29の昼前に姿を消しました。恐らく野鳥の餌食になったものと思われます。予想はしていたものの、この時期に生き残って羽化を迎えることの難しさを改めて感じました。

by fanseab | 2009-11-25 23:18 | | Comments(8)

房総のルーミス探索:Part2-2(11月15日)

 この日、到着して真っ先に確認したのは、前回のルーミス探索で越冬ポイントになるだろうと睨んだ葉。                 ++横位置画像はクリックで拡大されます++      
f0090680_20333610.jpg
D90-VR84@400mm、ISO=640, F9-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時24分

 主の姿はありませんでした。その周辺も坊主。どうやらまだ本格的な越冬態勢に入らず、各個体は離散して休息している可能性があります。前の記事でご紹介したように、この日は風が強く、開翅しようとしても、すぐに翅を閉じる状況が続きました。そこを逆手に取って、何とかベタ閉翅を期待したのですが、これまた難物で風に揺れる個体に一苦労。やっと撮影できたのがコレ。
f0090680_2034595.jpg
D90、ISO=500, F13-1/800、-1.3EV、撮影時刻:10時21分

 前翅を完全に後翅に隠し、触角をピンと前方に伸ばす不活発モードです。実はこの画像を撮影しながらピントに悩みました。何回撮影しても、翅(裏面)にピントが来ないのです。念のため複眼を見ると、ここにはピンが来ています。「変だなぁ~」と思いながら、別の閉翅画像を撮影。
f0090680_20343089.jpg
D90、ISO=400, F9-1/1600、-1.3EV、撮影時刻:13時07分

 こちらは前翅を少し引き上げてベタ閉翅画像としては満足できるものになりました。この絵を見てようやくピントの疑問が解けました。直前の画像をご覧になると分る通り、前翅裏面は比較的平滑なのに対し、ルーミスの後翅裏面は微妙に「毛羽立った」構造なのです。つまり、前翅を畳んだ状態で合焦させようとするとピンの山を探すのが難しく、混乱を来たしたと推測しました。これまでシジミチョウの撮影も含めてこんな経験は初めてです。恐らく羽化直では後翅裏面ももっと平滑な構造なのでしょうが、羽化後の時間経過と共に荒れてくるのかもしれません。

 お次は広角画像。これも風が強くて一苦労。脚立に登り、theclaさんに枝を手繰り寄せて頂き、枝先の揺れを止めながらの撮影でした(^^;;
f0090680_20345623.jpg
D40-24、ISO=400, F10-1/500、-1.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:12時37分

 同じ広角でこちらはムラシの♂のベタ開翅。
f0090680_20351584.jpg
D40-24、ISO=200, F7.1-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:12時51分

 折角鮮度の良い個体だったのに、露出設定ミスでムラシの紫色の再現性がちょっとおかしいです。どうもムラシ♂とは相性が悪いようで、いい絵になりません。

 さて、ルーミスが降臨するまでは、梢の上をチラチラ飛ぶのを見上げるばかりなので、暇で仕方ありません。それではと90mmマクロで飛翔に挑戦。それほど不規則な飛び方ではないので、何とかトリミングでルーミスっぽい姿を写し止めることに成功。
f0090680_20353231.jpg
D90(トリミング)、ISO=800, F3.2-1/2500、-1.3EV、撮影時刻:13時37分

 また、午後になると陽射しの位置が変わるので、ルーミスが降臨する位置も変化していきます。14時近くになって、最初にご紹介したアラカシの株の一部に陽射しが差し込むようになり、ここで開翅するルーミスを撮影。
f0090680_20361931.jpg
D90-VR84@400mm、ISO=800, F5.6-1/2500、-1.3EV、撮影時刻:13時41分

 ここでも猛烈な風に一苦労。そのうち、風が収まった頃、この葉上の陽射しも翳りだし、ルーミスも翅を閉じて、触角を前方に伸ばした休眠モードに入りました。
f0090680_20363295.jpg
D90-VR84@400mm(トリミング)、ISO=500, F9-1/400、-1.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時49分

 この葉、これまでブログ仲間が見出している所謂「枯葉ベッドの法則」に従っているようで、一部が枯れた葉の「緑と枯れた部分の境界」に静止している点に注目したいと思います。この撮影後、撤収したため、この個体がここで夜を明かしたのかどうか?定かではありません。ただ、管理人の直感では、ここがベッドになったような気がします。一度夕暮れ時まで粘って、ルーミスの日間活動の終盤戦をじっくり観察したいものです。

 なお、ルーミス広角画像、ムラサキシジミ♂のベタ開翅画像はD40用SDカードがPC読み込み中にクラッシュして涙を飲みました。Rescueソフトで何とか復旧させたのですが、今度は、何とミラーサーバーのHDDがクラッシュ。RAID1対応で何とかもう1台のHDDは生き残っている状態。以前、CFカードでも同様な事故があって、嫌な思い出があるのですが、記録媒体の信頼性を気にしながらの撮影は困りますね!

 最後になりますが、ご一緒したTさん、Oさん、theclaさん、cactussさん、Yさん、当日はお疲れ様でした。またどこかで撮影をご一緒しましょう! <了>
by fanseab | 2009-11-23 20:37 | | Comments(12)

房総のルーミス探索:Part2-1(11月15日)

 今シーズン2回目のルーミス詣でです。今回は但馬の蝶・播磨の蝶のTさん、そのご友人のOさんとご一緒しました。現地8時頃着。前夜の雨も上がって雲ひとつ無い快晴、期待が高まります。さて、ポイントに入ると脚立の影が・・・。どなたかと思えば、前回ご一緒した theclaさんでした。「やはり来られてましたかぁ」とご挨拶もそこそこに状況談義。そのうち、更にお二人のカメラマンが登場。 cactussさんと撮影仲間のYさんでした。総勢6名でルーミス包囲網の完成です(笑)。 「さぁ、ルーミス君(♀が多いからルーミスさんかな?)、いつでも出てこい!」と朝日が差し込むのを待ちます。そして9時を過ぎた頃、待望の白い影が高い梢をチラチラ舞い始めました。徐々に高度を下げ始めると、「こっちに降りたよ~♪」、「ここにも降りましたぁ!」とあちこちで歓声が上がります。皆右往左往して撮影に必死。やはり複数名での探索のメリットが最大限に活かされました。

 最初に撮影した個体(恐らく♀)は左後翅の一部が羽化不全。完璧には開いてくれませんでした。                              ++横位置画像はクリックで拡大されます++                              
f0090680_232426.jpg
D90、ISO=400, F11-1/500、-1.0EV、撮影時刻:10時54分

 ただ、今後越冬個体を追跡調査する時に、この後翅の不全は個体識別に役立ちそうです。お次はこの日出会った♀の中で最も後翅に青鱗粉が拡がった個体。ほぼ狙い通りの作画・色調再現性が得られたので、少し大きめの画像でのご紹介です。
f0090680_233048.jpg
D90、ISO=400, F9-1/1600、-1.3EV、撮影時刻:11時47分

 この日は時間の経過と共に風が強くなり、足元に降りてきたルーミスにも容赦なく強風が吹き荒れていました。通常、90mmでのマクロ画像は絞り優先測光で撮影しますが、この日は被写体ブレを防止するため、珍しくシャッター速度優先での撮影を強いられました。上記画像も40コマ近く撮影したうちの一コマ。その強風に耐えて脚を横方向に伸ばし、踏ん張って半開翅する姿も面白かったです。
f0090680_2331686.jpg
D90、ISO=400, F9-1/800、-1.3EV、撮影時刻:12時54分

 今回はストロボ光に極めて敏感だったので、ストロボ使用は自粛。裏面のシャドウ部はRAW現像で引き上げて全体の調子を整えました。とにかくこの日は陽光も強烈で、ルーミスブルーを白飛びさせずに再現するのに苦労した一日でもありました。

 2-3枚目にご紹介した♀個体は比較的数多く降りてくれたので、いろいろなアングルからの撮影モデルになってくれました。お次は真正面からの対面撮影。
f0090680_2332990.jpg
D90、ISO=400, F9-1/800、-1.3EV、撮影時刻:12時55分

 撮影中は気が付かなかったのですが、このアングルからだと、後翅肛角部の翅脈部に沿って赤い幻光が出現しています! 幻光フェチの管理人ですので、PC上でこのコマを確認した時は思わず喝采を上げました。ですので、これも少し大きめの画像でのご紹介です。

 お次はそろそろ撤収しようかと話をしていた矢先に地上近くに舞い降りた個体。
f0090680_2334522.jpg
D90、ISO=400, F13-1/800、-1.0EV、撮影時刻:13時26分

 PCモニター上で画像をよくよく見ると、鮮度もまずまずですが、これまでの個体に比較して地色が黒く、前翅端から外縁にかけて直線的なラインを描き、少し様子が異なります。腹部もやや細く、後翅とのバランス上、♂ではないか?とも思います。皆様どうでしょうか?正確には採集して交尾器検証が必要でしょうが、♂開翅画像は貴重だけに、もう少し真上から撮影したかったところです。

 この日は同行されたtheclaさんがブログ上で「ルーミス祭りぢゃ!」と表現されたように、とにかく開翅撮影のチャンスが相当に多かったのですが、時々識別に間違えそうになるのがムラサキシジミでした。さりとて、ムラシもルーミスに負けず劣らず優れた被写体です。陽だまりで全開翅する♀のベタ開翅画像を丁寧に撮影したのでした。
f0090680_2335584.jpg
D90、ISO=400, F11-1/800、-1.0EV、撮影時刻:10時45分

 やはりムラシのブルーはルーミスと微妙に異なります。輝きに深みがあると言うか・・・、味わい深いですね。次回はその他のルーミス画像をご紹介したいと思います。<続く>
by fanseab | 2009-11-19 23:05 | | Comments(14)

アカボシゴマダラの前蛹(11月14日)

 神奈川は昨日から冷たい雨模様。それでも午前中には雨が上がりそうで、多少気温が上がってきました。拙宅庭のエノキには、今シーズンもアカボシゴマダラが何回となく産卵し、全ステージを居乍らにして観察できます。先日来、気になっていた終令幼虫が昨日前蛹になりました。今朝の雫に打たれている姿を撮影。        ++横位置画像はクリックで拡大されます++                
f0090680_11265348.jpg
D40-24、ISO=200, F7.1-1/60、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:9時48分

 このエノキでの最終蛹化はもう少し遅い記録もあります。蛹の期間はこの時期の寒さを考慮すると、14日以上にはなるでしょう。丁度その頃、強烈な寒波がやってくると、羽化は微妙ですね。もちろんたとえ羽化したとしてもペアを見つけることできないでしょう。昨年の一番遅い羽化は11月27日でした。因みに前蛹の体長は40mm、地上高178cm、背中を東に向けています。

 一方、この株には越冬準備の整った短角型幼虫が3頭います。その1頭がこれ。
f0090680_1127585.jpg
D40-24、ISO=400, F7.1-1/40、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:9時52分

 体長は18mm、地上高205cm。こちらは今月下旬か12月の初旬には株の根元に下りて越冬態勢に入るものと思われます。この個体のように、10月中旬頃までには大半の幼虫は短角型(越冬型)に移行していますが、9月の中途半端な時期に孵化した個体は長角型のまま11月に蛹化したり、なかには長角型のまま越冬に入るものもいます。いずれも羽化できずに凍死、あるいは越冬中に干からびて昇天する等、哀れな運命を辿ります。

 冒頭の前蛹が今後どうなっていくか?また時期をみてご紹介したいと思います。
by fanseab | 2009-11-14 11:28 | | Comments(10)

房総のルーミス探索(11月3日)

 快晴の文化の日、ブログ仲間のtheclaさん のお誘いで、ルーミス観察にでかけました。現地8:30頃着。このポイントを訪れるのは昨年末以来、およそ1年振りです。theclaさんの話では、年々下草や潅木類の丈が高くなって、観察がしずらくなっているようで、確かに昨年よりも藪が繁った印象。

 先ずは昨年、越冬集団を形成した木を単眼鏡で丹念に探索してみると、1頭を見出しました。止まっている葉は昨年、越冬集団が静止していたのとほぼ同様な高さで、葉の一部に枯れたような斑紋があるのも類似しています。                        ++画像はすべてクリックで拡大されます++                     
f0090680_23123793.jpg
D90-VR84@400mm(トリミング)、ISO=800, F8-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時18分

 昨年同様、朝一番での撮影は暗くて難儀します。トリミングとレタッチで何とか絵を仕上げました(^^;; この個体は動きがないので、別の個体を探索です。10時を過ぎると体感気温も上がってきて、時々チラチラとルーミスらしき白い影が飛び始めました。そして何とかカシの葉上に舞い降りてくれました。
f0090680_231327.jpg
D90-VR84@400mm、ISO=400, F10-1/1000、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時24分

 ルーミスにとっては気温が低いのか?触覚を前方に出したスタイルです。暫くして待望の開翅です!。
f0090680_23132738.jpg
D90-VR84@400mm、ISO=200, F10-1/400、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時30分

 ここでは翅裏もきちんと表現したかったので、ストロボを使用。しかし、朝方は極めて敏感でストロボを照射する度にピクッと翅を閉じます。それでも開翅してから暫く経過すると、何とか照射時もじっとしてくれたようです。ルーミスが開翅したカシの木は丁度陽だまりになっているので、ルー以外にもムラシ、ムラツが集っていました。ここではムラツ♂の全開シーンをご紹介しておきましょう。
f0090680_23135293.jpg
D90-VR84@400mm、ISO=200, F8-1/250、-1.0EV、撮影時刻:10時22分

 この角度からはブルーから緑、赤とムラツ♂の色合いは複雑に見えます。

 さて、最初に撮影したルーミスは、この後、またチラチラと舞い始めました。theclaさんと二人で「降りろ~、降りろ~」って叫んだ効果があって(笑)、何とか低い葉上に舞い降りました。早速二人してシャッターを切り続けました。この個体、サービス満点で全開を披露。
f0090680_23142811.jpg
D90-VR84@400mm、ISO=200, F10-1/500、-1.3EV、撮影時刻:10時32分

 ファインダー越しに覗くルーミスブルーはやはり手が震える美しさですね!! この後、数頭のルーミスと遊びましたが、良い位置に来る個体は意外と少ないものです。それでも何とか90mmマクロの射程に降りた個体を脚立上から狙うことができました。
f0090680_23144857.jpg
D90、ISO=200, F13-1/320、-1.3EV、撮影時刻:10時51分

 この個体は最初撮影した個体よりも前翅のブルー部分に傷も無く、良好な状態ですが、こんな個体に限って全開ではなく、半開で留まるところが辛いところ。翅の地色も光線の状態により、↑のように赤褐色を帯びたようにも観察されます。11時を過ぎると、徐々に活動高さが高くなるようで、撮影チャンスが減っていきました。到着当初に観察した静止個体を再度眺めてみると、静止位置は変わらないものの、頭部を下に変えていました。
f0090680_2318536.jpg
D90-VR84@400mm(トリミング)、ISO=500, F9-1/500、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時27分

 この頃になると、背部から陽光が差し込んできますが、それでも露出は結構厳しいです(^^;; さらに正午過ぎに訪れると葉上に個体の姿はなく、数メートル離れた葉上で開翅日光浴しておりました(この開翅シーン撮影には失敗)。さらに昼食後、現場に戻ってみたところ、葉上は空家状態でした。
f0090680_23153377.jpg
D90-VR84@400mm(トリミング)、ISO=500, F9-1/320、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時48分

 夕暮れ時まで粘れば、元の葉に戻るか?確認できたのでしょうが、この日は14時半頃に思い切って、撤収です。今後、現地に行かれるブログ仲間の皆さんは、上述した葉上に注目してもらいたいと思います。管理人は今回ご紹介した葉が越冬集団形成に選択されるだろうと推測しております。

 ご一緒したtheclaさんも事故の影響を感じさせないご様子で撮影されており、安堵いたしました。この冬、またいつか現地を訪問したいと思っています。
by fanseab | 2009-11-05 23:19 | | Comments(20)