探蝶逍遥記

<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

多摩川縁のコムラサキ(8月29日)

 首題コムラサキについては、昨年10月、全く同じ記事名でご紹介したことがあります。多摩川中流域のコムラサキは、ここ数年の間に目撃例が急に増えており、小生も自宅近くでポイントを探索しております。今年に入ってヤナギの茂る一角に注目して重点的に調査し、今回何とか撮影することができましたので、ご紹介しましょう。最初はヤナギからゆっくりと飛び立った♀と思われる個体を撮影。           ++すべての画像はクリックで拡大されます++
     
f0090680_19462598.jpg
D90-VR84@400mm、ISO=400, F7.1-/2000、-1.0EV、撮影時刻:9時09分

 左後翅が大破しています。至近距離に降りてくるまで粘りましたが、そのうち逃げられました。続いて別の株の樹冠をまとわりつくように飛ぶ個体を発見。恐らく探雌行動を取る♂なのでしょう。木陰で休息したところをパチリ。
f0090680_19463928.jpg
D90-VR84@400mm、ISO=500, F5.6-/2000、-0.7EV、撮影時刻:9時42分

 こちらは新鮮な個体のようです。コムラサキを探索中、豪快なアカボシゴマダラの滑空シーンに出会いました。
f0090680_19465556.jpg
D90(トリミング)、ISO=500, F8-/2500、-1.0EV、撮影時刻:10時17分

 本当はヤナギの樹冠を飛ぶコムラサキの飛翔シーンを撮りたかったのですが・・・(^^; もう、すっかり多摩川のタテハチョウの主役に定着した感がありますね。午前11時頃、高さ10m近いヤナギの枝先で産卵するコムラサキ♀を発見。しかし、あまりにも遠すぎて撮影できませんでした。暑さも厳しくなったので、一旦自宅に帰り、小休止後、再チャレンジです。そのうち、比較的低いヤナギを飛ぶ個体を発見。ヤナギから出る樹液を求めてきた♀でした。ようやく、90mmマクロの射程に来てくれてホッとしました。
f0090680_19471056.jpg
D90、ISO=400, F10-/160、+0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時23分

 逆光での縁毛、黄色のストローも表現できて、お気に入りの絵が切り取れました(^^) この後、ヤナギの葉に止まって良いモデルになってくれました。
f0090680_19472618.jpg
D90、ISO=400, F10-/160、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時32分

更に縦広角でも撮影。
f0090680_19474234.jpg
D40-24、ISO=400, F9-/250、+0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:13時50分

 残念ながら、開翅は披露してくれませんでした。本日確認した個体数は2♂2♀程度。個体数はそれほど多くはないものの、確実に生息していることがわかりました。推定ですけど、当地での1化は5月中旬頃、2化が6月下旬~7月上旬、3化が8月中下旬あたりになるのでしょう。昨年10月初旬に観察した個体が第4化なのか?第3化の生き残りなのか?興味のあるところです。何とか♂の最盛期に訪れて紫色の幻光をゲットしたいものです。

 さて、コムラサキ探索の途中、下草の木陰をのっそりと飛ぶ大型のセセリを発見。ミヤマチャバネセセリの♀でした。
f0090680_19485486.jpg
D90-24、ISO=200, F8-/160、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時38分

 ♀の撮影は2年振りです。管理人の課題ではないですけど、ベタ閉翅を丁寧に撮ってあげました。
f0090680_19491130.jpg
D90、ISO=400, F11-/160、外部ストロボ、撮影時刻:10時46分

 近くに飛んでいたイチモンジセセリと比較すると遥かに大型で堂々していますね。関西だと比較的レアな本種も多摩川縁では楽に見られるので有難いことです。
by fanseab | 2009-08-30 19:52 | | Comments(14)

広島県東部遠征(8月13日~14日) その(2)山クロツ

 「ほにゃらら」とはクロツバメシジミです。ゴマを求めて探索していると、棚田に遭遇します。なだらかな丘陵が続くこの地では、傾斜地を上手く利用した棚田が目立つのです。その棚田の段差は古い石垣で作られていることが多く、蝶屋の目は当然、ツメレンゲが生えているか?に注がれます。ワレモコウ探しには苦労しましたが、ツメレンゲは偶然通りかかった農道脇の石垣で発見できました。雰囲気を見ただけで「ここにはおるで~」と確信しました。果たして小雨模様の空からようやく晴れ間が顔を覗かせた午後3時過ぎ、チラチラと見慣れた黒い影が飛び出しました。太陽を待っていたかのように、すぐに♂が開翅してくれました。           ++すべての画像はクリックで拡大されます++         
f0090680_22315629.jpg
D90、ISO=400, F10-/1250、-1.0EV、撮影時刻:8月13日、15時24分

 ボロから新鮮なものまで結構な個体数が飛び始めました。一応開翅をゲットできたので、翌日、再度このポイントを訪れることに。先ずは前日撮りきれなかったベタ閉翅を撮影。
f0090680_22321446.jpg
D90、ISO=200, F13-/100、-0.7EV、撮影時刻:8月14日、8時38分

 ♀でしょうか?若干スレ品なのが残念です。昼過ぎにもう一度訪れてみると、♀は産卵の真っ最中。ただ真夏の暑さを避ける工夫からか、石垣の隙間の日陰に生えたツメレンゲに産卵するため、撮影アングルに苦労させられます。この程度がやっとでした。
f0090680_22323760.jpg
D90、ISO=200, F9-/160、-1.0EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:8月14日、12時55分

 産卵の途中、吸水に訪れたシーンも撮影。
f0090680_22325826.jpg
D90、ISO=200, F9-/640、-0.7EV、撮影時刻:8月14日、13時03分

 管理人にとって、♀の吸水シーンは初めての観察。苔に染み込んだ水分を吸っているようです。クロツのストローも細いので、吸水しているのか?確認するのに結構難儀しますね。このシーンを縦広角でも撮影。
f0090680_22331585.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80, F9.1-/200、-0.7EV、撮影時刻:8月14日、13時05分

 発生地の石垣、真夏の青空もバックに入り、お気に入りの絵になりました。また♀は産卵の合間に半開翅も披露。
f0090680_22333943.jpg
D40-24、ISO=200, F8-/125、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:8月14日、13時34分

 強い日差しを避ける工夫なのでしょう。石垣の隙間に止まっての開翅です。クロツ独特のビロード状の表翅幻光も写しこめたお気に入りのショットですので、少し大きめの画像でのご紹介です。さて、おしまいは飛翔。これまでクロツの飛翔は大した画像が撮れていませんでしたが、今回もパッとしない出来でした(^^;;
f0090680_2233595.jpg

D40-24、ISO=400, F7.1-/2500、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:8月14日、14時02分
f0090680_22341036.jpg
D40-24、ISO=400, F6.3-/2500、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:8月14日、14時04分

 2枚目のようなシーンでは、クロツの色合いが背景の石垣と完璧に同化して、現地でカメラの液晶モニターでゴミコマを消去する時に判断ミスを起こしてしまいました。クロツの飛翔は意外と難物ですね。

 クロツと言えば、これまでコスモスの花でも愛でながら、秋口の穏やかな日差しで撮るイメージでしたけど、思いがけず真夏に出会ったことで、♀の吸水シーンやら、暑い時期ならではの画像が採集できたように思います。思い切って出かけた広島遠征。青ゴマや山クロツも何とか撮影できて楽しい遠征となりました。<了>
by fanseab | 2009-08-25 22:36 | | Comments(8)

広島県東部遠征(8月13日~14日)その(1)青ゴマ

 およそ1ヶ月ぶりの更新になります。実は7月20過ぎ頃から体調を崩してしまい、フィールドに出る体力も気力も失せて最悪な状態が続いておりました。親族の法事等もあって、気がついたらお盆です。お盆と言えば、ゴマシジミですね。昨年は富士山麓のゴマに挑戦し、黒いゴマを観察できました。しかし、2年前に楽しんだ広島県の青ゴマが忘れられず、体調も戻ったこともあって、再度広島に遠征しました。今回は前回遠征で消化不良に終わった広島県東部地域に絞っての探索です。なお、この地域のゴマについては、拙ブログ読者のTさんより詳細な情報を頂きました。この場を借りまして厚く御礼申し上げます。

 さて初日、現地に到着したのは午前11時過ぎ。天気予報では午後から雨なので、探索を急がねばなりません。草むらからそれらしき個体が飛び出したと思ったらウラナミシジミの♀でした。もうウラナミの時期なんだ~と思いながら、草むらを分け入ると、いましたいました!ワレモコウに拘って飛ぶ♀を発見。いつ見てもゴマの♀はデカイと思います。先ずは産卵シーンを3コマご紹介しましょう。         ++画像はすべてクリックで拡大されます++         
f0090680_211529.jpg
D90、ISO=400, F8-/250、-0.7EV、撮影時刻:8月13日、12時06分
f0090680_2112453.jpg
D90、ISO=200, F8-/320、-0.7EV、撮影時刻:8月13日、12時09分
f0090680_2114069.jpg
D90、ISO=200, F8-/320、-0.7EV、撮影時刻:8月13日、12時10分

 ご覧のように中国地方産の特徴である、裏面の白さとくっきりした楔型の亜外縁黒点列が印象的です。ただ、このポイントの草丈は相当に高く、それに負けじと伸びたワレモコウの丈も高いため、撮影には難儀しました。産卵の途中、ワレモコウから吸蜜している場面も観察できました。
f0090680_212288.jpg
D90、ISO=400, F8-/500、-0.7EV、撮影時刻:8月13日、12時08分

 この頃からポツリポツリと雨が降り始めたのですが、↑の吸蜜シーンにも、右上から左下にかけて、細い引っかき傷のような雨滴が写ってくれました。雨脚が強くなりそうなので、慌てて飛翔シーンも撮りました(全てトリミング画像)。
f0090680_2123463.jpg
D40-24、ISO=400, F3.5-/2000、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:8月13日、12時35分
f0090680_212496.jpg
D40-24、ISO=400, F3.5-/2000、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:8月13日、12時35分
f0090680_213432.jpg
D40-24、ISO=400, F4.5-/2000、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:8月13日、12時35分

 ここのゴマは表翅の黒斑点が縮退しているため、スカイブルーが強調され、飛翔中は裏面の白さとあいまって、くすんだシロチョウが飛んでいるような独特な雰囲気があります。兎に角綺麗なブルーを写しこめて先ずはホッとしました。その後雨脚が相当に強くなったためこのポイントを離れ、傘を差しながら別のポイント探索に徹しましたが、残念ながら好ポイントは発見できませんでした。

 翌日はほぼ快晴のコンディションだったので、早朝から現地に向いました。お目当ては昨日産卵シーンを撮影した♀個体を探し出しての開翅狙い。ところが、活動時間帯になっても一向に姿を現しません。結局吸蜜に来たボロ♂個体(撮影に失敗)を除き、ゴマはとうとう1頭も出現せず、已む無く正午に現地を後にしました。この周辺地域のゴマは畑地脇のわずかな草地とか、かなり脆弱な環境にいるため、個体数の増減が著しいようです。開翅撮影には失敗しましたが、飛翔シーンで独特なスカイブルーを写しこめたのがなによりの成果でした。

 このポイントで草陰を好んで飛ぶ黒いセセリを発見。ダイミョウセセリでした。関西在住時にはあまり真面目に撮らなかったセセリですが、明瞭な関西型なので、ベタ開翅画像を納めておきました。
f0090680_2132047.jpg
D90、ISO=200, F9-/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8月14日、10時34分

 「関西型」と言っても、兵庫や三重あたりだと後翅の白帯もそれほどくっきりした個体がいないのですが、中国地方産はかなり明瞭な個体が多いように思います。ちょっとスレ品なのが残念ですが・・・。
さて、次回はゴマ探索の過程で発見した「ほにゃらら蝶」について拘って撮影しましたので、それをご紹介しましょう。
by fanseab | 2009-08-22 21:07 | | Comments(14)