探蝶逍遥記

<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

北ボルネオ・キナバル遠征記:(19)イチモンジチョウ亜科

 ミスジチョウ族は管理人のお気に入りのタテハチョウです。最初はキンミスジ(Pantoporia hordonia dora)。          ++画像はクリックで拡大されます++
f0090680_21383570.jpg
D70, ISO=500, F9-1/500、-0.3EV、撮影時刻:2008年5月3日、10時44分

 これは獣糞からの吸汁シーン。東南アジアでは、橙色のミスジチョウの種類が多く、同定に苦慮します。本種はその中でも代表的な広域分布種でインド~台湾まで観察できます。お次はこれまた管理人のお気に入り、ミナミイチモンジグループ(Athyma属)の中から、アッサミナミイチモンジ(Athyma assa pseudocama)の♂。
f0090680_21385261.jpg
D70, ISO=400, F7.1-1/500、-0.3EV、撮影時刻:2008年5月3日、9時37分

 前翅端の橙色がアクセントになって斑紋を引き締めていますね。さらには、ネフテミナミイチモンジ(A. nefte subrata)の♂
f0090680_2139974.jpg
D70S-VR84@310mm, ISO=400, F11-1/200、-1.0EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:2008年5月2日、14時23分

 葉上のわずかな水分を吸水しているようです。そしてヤエヤマイチモンジ(A. selenophora )の♀に似たラリムナオニミスジ(Tacola larymna elis)♂。
f0090680_21393365.jpg
D70, ISO=200, F5-1/400、-0.3EV、撮影時刻:2008年5月3日、9時41分

 本種はAthyma属として扱うケースもありますが、ここは塚田図鑑に従って、別属扱いとしました。↑の場面を縦位置広角で。
f0090680_21394833.jpg
GX100@5.1mm, ISO=80, F6.5-1/90、-0.7EV、撮影時刻:2008年5月3日、9時42分
 
 ラストを飾るのはやはり雄大な飛翔が魅力のイナズマチョウグループです。最初はポーリン温泉で出会った、パルダリスオオイナズマ(Lexias pardalis borneensis)の♀。
f0090680_21401316.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=800, F10-1/500、-1.0EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:2008年5月2日、11時38分

 暗い林縁部に佇むので、どうしてもストロボの助けが要ります。本種はシンガポールで撮影し逃していただけに、ヤレヤレと胸をなでおろした場面でした。いつもは接近戦に苦労するオオイナズマですが、(パイナップル+バナナ)トラップに執着してくれたお陰で、パルダリス♀(画面左)と同属のディルテアオオイナズマ(L. dirtea opicus)♂のツーショットをゲット。
f0090680_21403177.jpg
D40-1855@55mm, ISO=400, F7.1-1/500、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:2008年5月3日、10時56分

 ♂がボロなのがちと残念。パルダリスとディルテアの区別点は触角上部の色。上部も赤褐色になるのが、パルダリスと判定します。図らずも現地で両種が共棲している証拠画像となりました。この絵を撮った後、敏感なディルテア♀に超接近して撮影することができました。それがこの場面。
f0090680_21404874.jpg
GX100@5.1mm, ISO=100, F2.9-1/30、内蔵ストロボ、撮影時刻:2008年5月3日、11時37分

 パイナップルトラップに恐る恐る接近していくと、何とレンズが触れんばかりの距離でもビクともしません。「何かおかしいな?」とよく翅を見ると、右後翅と前翅の一部が羽化不全でした。強靭な飛翔力で暗いジャングル内を飛び回る♀ですが、大事な翅を一部失った姿に同情しました。上手く交尾→産卵ができるのでしょうか?

 さて、ディルテアやパルダリスは東南アジアの島嶼のどこでも確認できますが、キナバルに来たからには写したかったのが、キナバル固有のキナバルコイナズマ(Tanaecia amisa)。公園本部付近の谷あいでキナバルミカドやキナバルオナガタイマイを狙っていたポイントで、偶然出現し、慌てて撮影したのがこの画像。
f0090680_2141842.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=400, F8-1/400、-0.7EV、撮影時刻:2008年4月29日、12時46分

 ご覧の通りの証拠画像で、恐らく♀でしょう。これ以上接近しようにも倒木が散乱する急斜面で、すぐに逃げられました。結局、このイナズマに出会ったのは、この一瞬だけ。撮り直しができれば、是非トライしたい種でもあります。<次回に続く>
by fanseab | 2009-02-25 21:45 | | Comments(8)

近場でのゼフ越冬卵探索(2月21日)

 土曜日、天気予報によれば、「横浜の最高気温は8℃」。寒さがこたえそうだなぁ・・・と防寒対策をしっかりとして、横浜南部の公園に繰り出しました。お目当てはゼフの越冬卵。管理人はこれまでゼフの越冬卵を真面目に探索したことはありません。ましてや、雪道を辿ったり、木によじ登ったりする本格的な経験もありません。しかし、一度は経験しておこうと思って、この日はミドリ、ウラゴにポイントを絞って探してみることにしました。

 昨シーズン、成虫を観察した公園なら何とかなるだろう・・・との目論みで、探索をスタート。先ずはミドリシジミです。この時期、棒状の雄花が垂れ下がっているので、ハンノキは夏場よりも簡単に発見できますね。最初の2本は坊主。場所を変えて、5本目でようやくそれらしきものを発見。                      ++画像はクリックで拡大されます++
f0090680_9145357.jpg
D90-SMZ@80mm(トリミング), ISO=200, F29-1/200、-2.0EV、外部ストロボ、-1.0EV、撮影時刻:9時54分

 どうやら、樹皮が大きく裂けた成木よりも、比較的若い幹についているようです。一つ見つかると、その近くに縦方向に次々と発見できました。多分♀が幹を上下方向に伝いながら産卵するのでしょうね。
f0090680_915251.jpg
D90-SMZ@52mm(トリミング), ISO=200, F29-1/200、-2.0EV、外部ストロボ、-1.0EV、撮影時刻:9時58分

 ↑の画像付近を魚露目で少し引いたアングルで撮影。
f0090680_9154283.jpg
D90-1855@55mm-gy-8, ISO=200, F29-1/200、-2.0EV、外部ストロボ、-1.0EV、撮影時刻:10時09分

 黄矢印が2枚目の越冬卵です。樹皮が縦方向にヒビ割れしていて、その割れ目に好んで産み付けられています。一箇所だけ2卵塊がありました。
f0090680_916023.jpg
D90-SMZ@80mm(トリミング), ISO=200, F32-1/200、-1.3EV、外部ストロボ、-1.0EV、撮影時刻:10時58分

 思いのほか、上手くミドリをゲットしたので、気分を良くして、お次はウラゴです。6月に個体数の多かったポイントで、以前から産卵木になるだろうと目をつけていたイボタノキを早速調査。老眼が進んだ目には、この手の調査は厳しいです。時折、持参したルーペを最大限に活用。暫くして2卵をゲット。
f0090680_9162059.jpg
D90-SMZ@68mm(トリミング), ISO=200, F32-1/200、-1.3EV、外部ストロボ、-1.0EV、撮影時刻:11時29分

 両方共に卵の中央が孔開きなので、恐らく孵化したのでしょうか?検したイボタの株は既に芽吹きがスタートしています。時期的に符号するのか?管理人は素人故、よくわかりませんが。。。更に探索を続けると、6卵塊を発見。
f0090680_9163892.jpg
D90-SMZ@80mm(トリミング), ISO=200, F32-1/200、-1.3EV、外部ストロボ、-1.0EV、撮影時刻:11時41分

 1卵は既に孵化済み?残りはこれからなのでしょう。それにしても、何回見ても、ウラゴの卵の造形美には感動します。小生は甘党なので、どうしても上質なお菓子を連想してしまいます。ウラゴの場合は色あいからして、カシスエキス入りタルトに見立てました。パソコン上で画像処理をしていると、何故か、紅茶を飲みたくなってきました(笑)。左党を自認する読者の方はそんなことは考えないでしょうがね。さて、この卵塊は結構陽射しが強く当る枝上にありましたので、自然光での撮影にも挑戦。
f0090680_9165556.jpg
D90-SMZ@80mm(トリミング), ISO=1600, F32-1/500、-2.0EV、撮影時刻:11時44分

 手ブレ防止のため、高速シャッターを切らねばならず、試しにISO=1600まで上げての撮影。多少、色ノイズが発生していますが、D70だとISO=640並の粒状性は保持されています。高感度特性がアップしたD90の有難みを感じる画像です。これから暗目の環境での撮影に威力を発揮してくれそうです。

 ゼフ越冬卵探索の手始めは天気予報が良い方向に外れて、探索の途中で汗ばむほどで、何とか成果が上がってホットしました。オオミドリとかミズイロオナガ等も今後チャレンジしてみたいと思います。
by fanseab | 2009-02-22 09:20 | | Comments(16)

北ボルネオ・キナバル遠征記:(18)タテハチョウ亜科

 真性タテハチョウのご紹介です。最初はヒメキミスジ(Symbrenthia hypselis balunda)。
++画像はクリックで拡大されます++
f0090680_22301522.jpg
D70, ISO=200, F7.1-1/250、撮影時刻:2008年5月1日、11時23分

 撮影ポイントは、公園本部の高標高地です。海老トラップの腐汁が苔に染み出ていて、そこから開翅吸汁しているシーン。キミスジの仲間は極めて混同しやすく、管理人も悩みますが、ヒメキミスジは裏面が独特の石垣模様を呈すことから、同定は容易です。トラップから吸汁した後は、近くの梢でテリを張る場面も観察できました。
f0090680_22303398.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=640, F8-1/1000、-1.3EV、撮影時刻:2008年5月1日、12時39分

 所謂、「斜め45度逆光開翅」に近い、タテハが最も格好よく映るシーンですね。アンテナをピンと伸ばした、タテハのこのポーズ、管理人も大好きです。キミスジが止まった常緑樹の葉には苔が生えていて、キナバル独特の雨霧林環境がよく理解できる場面でもあります。
 お次はヤエヤマムラサキ(Hypolimnas anomala anomala)。
f0090680_22304895.jpg
D70, ISO=200, F9-1/500、内蔵ストロボ、撮影時刻:2008年5月2日、13時07分

 ひとしきり飛翔した後、葉陰で開翅して休息するシーンです。ヤエヤマのお次は定番のリュウキュウムラサキ(Hypolimnasa bolina philippensis)。
f0090680_223105.jpg
D40-1855@55mm, ISO=200, F8-1/160、撮影時刻:2008年5月2日、9時49分

 朝9時30分頃からタテハの活動が活発になり始めます。↑の場面では、リュウムラの開翅を期待して暫く待機したのですが、閉じたままでした(^^;;

 さて、渓流沿いによく見かけるイシガケチョウの仲間も魅力的な種類が多いと思います。最初は、やや標高の高いポイントで、観察できるマエナリスイシガケチョウ(Cyrestis maenalis seminigra)。
f0090680_22311682.jpg
D70, ISO=200, F7.1-1/1600、-0.7EV、撮影時刻:2008年4月29日、12時09分

 国産のイシガケチョウ(C.thyodamas)に比較すると、黒褐色の筋線がくっきりとして、大変魅力的なタテハです。これまでの遠征先の渓流沿いで出会いを期待していた種類ですが、ようやく公園本部付近で巡り会えました(^^) お次は飛翔。
f0090680_22313418.jpg
D40-1855@18mm(トリミング), ISO=1600, F8-1/2500、外部ストロボ、調光補正1/4、撮影時刻:2008年5月1日、13時30分

 滑空場面は緩やかなので、飛翔は楽勝と思われますが、意外とギクシャクした飛行曲線なので、苦戦しました。少し標高を下げたポーリン温泉付近で目立ったのが、ニベアイシガケチョウ(C.nivea borneensis)。
f0090680_22315059.jpg
D70, ISO=200, F8-1/800、-0.3EV、撮影時刻:2008年5月3日、10時56分

 ご覧のように、マエナリスとは対照的に、白を基調とした優美なイシガケです。こちらも飛翔に挑戦するも、接近戦に失敗(^^;;
f0090680_2232213.jpg
D40-1855@18mm(トリミング), ISO=800, F4.5-1/2500、外部ストロボ、調光補正1/4、撮影時刻:2008年5月3日、10時31分

 次回はイナズマチョウ等、魅力的な種が含まれるイチモンジチョウ亜科のご紹介です。ご期待ください!
by fanseab | 2009-02-18 22:34 | | Comments(6)

北ボルネオ・キナバル遠征記:(17)ドクチョウ亜科

 ドクチョウ亜科と言っても、読者の皆様には馴染みがないかもしれません。本物のドクチョウ属(Heliconius)は南米で繁栄していますが、東南アジアに棲んでいるのは姿形がヒョウモンチョウに似た俊敏なタテハチョウです。いずれもポーリン温泉付近での撮影。最初は、アルキッペウラベニヒョウモン(Phalanta alcippe alcippoides)。                               ++いずれの画像もクリックで拡大されます++       
f0090680_2026286.jpg
D70, ISO=200, F9-1/500、-0.7EV、撮影時刻:2008年5月2日、12時04分

 他のタテハを撮影中、いつの間にか足元に小さなタテハがまとわり付くように吸水していました。緑色の複眼がとっても可愛らしいと思いませんか?同属のウラベニヒョウモン(P.phalanta)はこれまで結構撮影していましたが、本種は初体験でした。

 お次はエロタコウモリタテハ(Vindra erota montana)♂。
f0090680_20265041.jpg
D70, ISO=200, F9-1/125、-0.7EV、撮影時刻:2008年5月3日、10時29分

 どの遠征先でも観察可能な普通種ですが、いまだに♀には出会っていません。因みに♀はメスグロヒョウモンのように、♂とは全く異なる緑褐色をベースにした風格あるタテハなので、管理人にとって、♀との出合いは、憧れになっています。さて、♂の飛翔シーンはこちら。
f0090680_20271414.jpg
D40-10.5(トリミング), ISO=800, F2.8-1/2500、-2.0 EV、外部ストロボ、調光補正1/4、撮影時刻:2008年5月2日、14時32分

 右端下に吸汁しているチャイロフタオチョウ(Charaxes bernardus repetitus)が見えます。本音を言えば、もう少しエロタを接近して撮影したいところですが、ポイントの雰囲気は良く出ていると思います。

 ラストはエマレアミナミヒョウモン(Cirrochroa emalea emalea)。
f0090680_20273621.jpg
D70, ISO=400, F9-1/800、-0.7EV、撮影時刻:2008年5月2日、10時11分

 以前、ダナムバレーで、このタテハの開翅を撮るのにえらく苦労したことを覚えています。当時は銀塩でしたので、フィルム枚数を気にして開いた瞬間にシャッターを切ることに集中したものの、失敗作ばかりでガッカリしたものでした。デジタルになって、コマ数を気にせず、バシャバシャ撮り続けた結果、シャープな開翅シーンをゲットできました。デジタル様々と言ったところでしょうか?
続いて飛翔シーン。
f0090680_20275073.jpg
D40-1855@18mm(トリミング), ISO=800, F7.1-1/3200、-1.3 EV、外部ストロボ、調光補正1/4、撮影時刻:2008年5月2日、11時18分

 残念ながら、こちらはピンボケです(^^;; もう少し綺麗な飛翔を撮りたいものですね。次回はタテハチョウ亜科をご紹介しましょう。
by fanseab | 2009-02-14 20:31 | | Comments(8)

北ボルネオ・キナバル遠征記:(16)セミ類

 ちょっと、蝶の写真は一休みして、森の中の賑やかな役者、セミ達をご紹介しましょう。鬱蒼としたキナバル山麓のジャングルに響き渡るセミの声は帰国してからも耳に残っています。夜明けから日暮れまで、時間帯によって、鳴く種類が決まっています。と言っても、姿を見ることは容易ではありません。夜間、ロッジや街路灯に集まってくる時が唯一の観察のチャンスであります。で、公園本部ロッジの玄関先で早朝撮影したセミ画像です。
 先ずは、テイオウゼミ系と思しき種。                     ++画像はクリックで拡大されます++
f0090680_1925163.jpg
D40-10.5-X1.4TC, ISO=200, F13-1/100、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/4、撮影時刻:2008年4月30日、7時11分

 捕まえた時の鳴声は「ギーギー」とエゾゼミそっくり。胴体の体躯はエゾゼミ並ですが、翅が長大で1.5倍程度あります。ダナムバレーで聞いたクロテイオウゼミ(Pomponia merula )はきちんと朝晩5時30分に鳴いていた記憶があります。キナバルで聞いたのは朝晩ほぼ6時30分、しかも鳴声も明らかに異なります。お次は全身緑色のセミ。
f0090680_1931989.jpg
D40-10.5-X1.4TC, ISO=200, F13-1/100、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/4、撮影時刻:2008年4月30日、7時11分

 この手のセミはタイでも出合ったことがあります。恐らくミドリゼミ属(Dundubia sp.)の1種でしょう。もう少し接近戦で写そうとしたら、すぐに逃げられました。逃げながらの鳴声は、ヒグラシそっくり。体長はヒグラシよりも一回り大きいです。ポーリン温泉ロッジの玄関先の灯火にやってきたのは、同じ全身緑色だけど、少し小さめの♀。
f0090680_193459.jpg
D40-10.5-X1.4TC, ISO=400, F10-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/4、撮影時刻:2008年5月3日、6時52分

 これはツクツクボウシ大の体長。さて、公園本部のトレイル沿いの下草を観察していると、脱皮殻が目に付きました。
f0090680_194014.jpg
D40-10.5, ISO=400, F10-1/6、-0.7 EV、外部ストロボ、調光補正1/4、撮影時刻:2008年4月30日、9時52分

 脱皮殻から判断して成虫の体長はヒメハルゼミ程度でしょう。それにしても、水平な葉の上で羽化した後、どうやって翅を伸ばしたのでしょうね?羽化後、翅を伸ばすためにわざわざ移動するとしたら、随分面倒な行動です。それとも自重で葉が垂れ下がって蛹が垂直になるのでしょうか?撮影しながらフト考えてしまいました。<次回はタテハチョウ科に戻ります>
by fanseab | 2009-02-11 19:05 | 蝉類 | Comments(4)

アカボシゴマダラ長角型越冬幼虫(2月8日)

 久しぶりにアカボシ幼虫の話題です。今日はどこにも出かけられないのでご近所(川崎市内)での観察。アカボシ越冬幼虫は通常、頭部突起長さが短い短角型(休眠型)で越冬します。ところが中には変わり者がいて、長角型(5齢)で越冬する個体も見かけます。拙ブログでも、昨年正月にご紹介したことがあります 。ただ、この時の個体は正月以降、鳥に捕食されたのか?すぐに姿を消しました。一方、神奈川県内での報告では、「稀に長角型越冬が観察される」とあります。今回、いつもの観察ポイントをなにげなく覗くと、長角型越冬幼虫がいたので報告するものです。
++画像はクリックで拡大されます++
f0090680_2102048.jpg
D90-1855@52mm-gy8(トリミング), ISO=800, F22-1/13、-1.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時28分

 金網フェンス脇のエノキの幹上、地上高さ15cm程度。脇を通る歩道上からでは80cm程度でしょうか?ご覧のように体色はややくすんでいますが、緑色は保持されています。体長は約35mm。5齢の平均的体長に比較すると短いので、越冬中に縮んだのでしょう。改造ズームマクロで拡大してみました。
f0090680_2103416.jpg
D90-SMZ@31mm, ISO=500, F20-1/60、-2.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時43分

 姿形・色調は越冬幼虫とは信じられないですね。このまま羽化までこぎつけられるのか?継続観察を続けるつもりです。

 ところで、先月、D70(D70S)の後継ボディとしてD90を購入しました。実はD300もしくは、D700の購入も検討したのですが、時期尚早と判断し、とりあえず、液晶画面が小さ過ぎて老眼の進んだ管理人を困らせているD70(D70S)には引退してもらうことにしました。1200万画素の解像度、ISO=1600でも使える高感度特性には満足しています。一方で、RAW現像時に600万画素のD70では気が付かなかった現像スピードが無茶苦茶遅くなったのにはビックリでした。パソコンの方も高速処理マシンに更新せねばならない状況です。デジカメを使った趣味は本当にお金がかかりますね(^^;;
by fanseab | 2009-02-08 21:04 | | Comments(12)

北ボルネオ・キナバル遠征記:(15)マダラチョウ亜科

 ボルネオ遠征では、マダラチョウ類との出会いは極端に少なかったです。前年度に訪れた南ベトナムでは、それこそ、星の数ほど群れ飛んでいたルリマダラは皆無で、ツマムラサキマダラだと思った個体が実はオオムラサキ(パラドキサ)マネシアゲハだったり、結局Eupolea属は坊主でした。

 それでは、Paranticaや、Tirumuraはどうかと言えば、これまた坊主。そこで、唯一ポーリン温泉付近で出会った2種類をご紹介しましょう。最初はスジグロカバマダラ(Anosia genutia intensa)♀。                                    ++画像はクリックで拡大されます++       
f0090680_846507.jpg
D40-1855@18mm(トリミング), ISO=800, F13-1/1250、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:2008年5月2日、9時46分

 吸蜜前後の緩やかな飛翔を狙ってみました。お次はシンガポール以来、久しぶりに出会ったブルガリスヒメゴマダラ(Ideopsis vulgaris interposita)。
f0090680_847685.jpg
D70, ISO=640, F3-1/2000、+0.3EV、撮影時刻:2008年5月3日、11時49分

 ちょうど、アンフリサスキシタアゲハの飛翔を撮影中、目の前をフワフワ飛び回る場面をサッと撮影したもの。背景が上手い具合にボケて、いい加減に撮った割りには、お気に入りの飛翔シーンになりました。次回はドクチョウ亜科をご紹介します。
by fanseab | 2009-02-07 08:49 | | Comments(4)

北ボルネオ・キナバル遠征記:(14)その他のシジミ類

 今回は残りのオムニバス版です。キナバルミカドを狙っていた渓流沿いで、リュウキュウウラボシシジミ(Pithecops corvus)を確認しました。このシジミについては、これまでの経験から、暗い谷間をゆっくり舞うイメージでした。しかし、こうした常識を覆して、強い陽光の降り注ぐ相当に高い梢でテリを張っている?様子が新鮮でした。当然、証拠写真モードです(^^;;                          ++いずれの画像もクリックで拡大されます++  
f0090680_221938100.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=500, F6.3-1/640、-1.0EV、撮影時刻:2008年5月1日、12時45分

 この角度からは開翅しているようにも見えます。ポーリン温泉近傍の川沿いでタテハ類の飛翔を狙っていると、吸水に来た長い尾状突起のシジミを発見。見慣れたモリノオナガシジミ(Cheritra freja pallida )のようですが、前翅裏面外縁部が黒褐色に縁取りされていて、図鑑でも見たことがないタイプ。
f0090680_22194971.jpg
D40-10.5, ISO=200, F16-1/15、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/4、撮影時刻:2008年5月2日、13時37分

 ところが、逆光で撮影しようと反対側に回って観察したら、ただのモリノオナガシジミでした。ちょうど、アーチ状に右前翅外縁部が欠損していたため、別種に見えたのでした。沢から離れた林縁にキラリと鮮やかなブルーをチラつかせて舞っていたのは、フシギノモリノオナガシジミ(Drupadia lavindra moori
f0090680_2220690.jpg
D70, ISO=200, F8-1/200、-1.0EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:2008年5月2日、9時54分

 本種はシンガポールでも満足すべき絵が撮れていなかったので、入れ込んで撮影しましたが、極めて敏感で、接近戦を拒まれました(^^;; 手強い相手です。しかも脚立が必要な微妙な高さで開翅するので、厳しい戦いを強いられました。このシジミの最大の魅力:後翅瑠璃色の表現はイマイチですね。

 ウラギンシジミの仲間は同定が難しいです。↓はサンタナウラギンシジミ(Cretis Santana malayica)♂としておきましょう。獣糞からの吸汁シーンです。
f0090680_22201756.jpg
D70, ISO=200, F5.6-1/1000、-0.3EV、撮影時刻:2008年5月3日、10時47分

 これで、シジミチョウシリーズはおしまい。次回からはタテハチョウ科シリーズが始まります。ご期待ください。
by fanseab | 2009-02-01 22:23 | | Comments(8)