探蝶逍遥記

<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

アカボシゴマダラの遅い羽化(11月27日)

 拙宅のエノキで羽化したアカボシの画像を何回かご紹介しております。さて、先月10/29に蛹化した個体があって、継続観察をしておりました。11月に入って、結構寒くなり、羽化に至るまでの平均的な10日間~2週間を経過しても羽化の気配はありませんでした(下記画像左)。冬までこの状態では、いずれ凍死する運命かな?と案じていたところ、11/26になって、なんと羽化の兆候が現れました(下記画像右)。                                  ++いずれの画像もクリックで拡大できます。++
f0090680_1136213.jpg
D70S、ISO=200, 左:F11-1/200、-1.0EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:11月15日、15時50分 右:F11-1/250、-0.7EV、外部ストロボ(調光補正-1.0EV)、撮影時刻:11月26日、23時18分

 これまで拙ブログでご紹介してきた羽化兆候である、腹節の緩みが観察できます。前回はこの状態の3時間後に羽化しましたが、さすがに今回は翌朝羽化(11/27)と仮定し、この日は床につきました。翌朝、この個体は予想通り羽化しておりました。
f0090680_11364759.jpg
D70S、ISO=400, F10-1/80、+1.0EV、外部ストロボ+スレーブ増灯、撮影時刻:6時59分

 羽化個体は♂でした。なんと蛹期はほぼ1ヶ月に及んでいたことになります。管理人が住む神奈川県においては、12月中旬の羽化事例が報告されています。それに比べればそれほど驚くべき記録ではないのですが、少なくとも小生が観察した事例では最も遅い羽化記録となります。羽化個体を見た瞬間に気がついたのはアカボシのシンボルでもある「赤班」の彩度。↑の画像では色再現性が悪いのではっきりしませんが、夏場の個体に比較して赤斑はかなり薄く、「薄橙色斑」に見えました。後翅第5室外縁部あたりの白斑も多少乱れがあり、長期間蛹が低温に晒された場合の軽微な斑紋異常が出ているのかもしれません。

 一方、驚くべきことにまだ非休眠型(長角型)の終齢幼虫がエノキについています。
f0090680_11372686.jpg
D70S、ISO=200, F11-1/500、-0.7EV、外部ストロボ(調光補正-1EV)、撮影時刻:11月26日、23時22分

 この幼虫は無事蛹化できたとしても、羽化はちょっと厳しいかもしれません。因みに休眠型幼虫(短角型)は既にエノキの根際や樹上越冬状態に入っています。
f0090680_11375058.jpg
D70S、ISO=200, F10-1/60、+1.0EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:11月29日、15時26分
f0090680_1138140.jpg
GX100@15.3mm-gy8、ISO=80, F16-1/25、外部ストロボ(調光補正1/16)、撮影時刻:11月30日、10時23分

 樹上越冬画像の2枚目は、幹の直径がわずか1cm程度の幼木に4頭が、固まって越冬している事例です。まるでムラツの集団越冬みたいに身を寄せ合っている姿が興味深いです。更に羽化を観察したエノキには11月に入ってから蛹化した1個体も黄色く色づいたエノキにぶら下がっています。これは羽化できるか?微妙です。晩秋~初冬に中途半端な状態で羽化・蛹化する個体にとって、厳しい時期だと言えます。
by fanseab | 2008-11-30 11:58 | | Comments(20)

ムラツ越冬集団の観察:その3(11月22日)

 昨日は、千葉のポイントにでかけました。今回は遥々十勝からブログ仲間のmaedaさんをお迎えしての撮影会を兼ねています。ポイント近くのラーメン屋で今回世話役の BANYANさんにバッタリ遭遇(^^)  いずれの画像もクリックで拡大されます。

 早速、この1月に集団を観察したカクレミノやサンゴジュをチェックしても、単独個体しか発見できません。そうこうするうちに、葉陰で開翅日光浴するアカタテハを撮影。
f0090680_2023118.jpg
D70S、ISO=200, F5.6-1/500、-1.0EV、撮影時刻:12時09分

 アカタテハは今シーズン初めての撮影です。時々飛翔するムラツをみかけますが、開翅撮影のチャンスはそれほどありません。やっと♀を撮影。
f0090680_20232182.jpg
D70S、ISO=200, F8-1/500、-1.3EV、撮影時刻:12時09分

 ツバキの葉陰に尾突が隠れたのが残念でした。撮りたかった♂は今回もチャンスなしです(^^; さて、本日のお目当ては、既にPapilaboさんの記事で紹介されているスダジイに形成された大集団の観察。ウロチョロして、ようやくBANYANさんが発見してくれました。ざっと勘定して40頭はいる大集団です。ここは先ず、400mmズームでパチリ。
f0090680_20235521.jpg
D40-VR84@400mm、ISO=400, F13-1/400、-1.0EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:13時22分

 ↑の絵は集団の1ブロックで、向こう側にも集団が形成されています。これまで観察してきた越冬集団とは比較にならない規模で本当に感動しました。暫く撮影しているうちに、特別ゲストのmaedaさん、観察会メンバーの furuさん cactussさん、Papilaboさん、 clossianaさんが登場。皆さん思い思いに楽しく撮影されていました。この集団は樹上高3m程度なので、clossianaさんが持参した4段脚立が威力を発揮しました。管理人も脚立をお借りして魚露目でパチリ。
f0090680_20243155.jpg
D40-1855@55mm-gy8(トリミング)、ISO=400, F25-1/125、-2.3EV、外部ストロボ、調光補正-1EV、撮影時刻:14時13分

 今回から魚露目専用の外部ストロボを購入し、トライしてみました。このストロボ、N社デジ一のi-TTL調光対応のため、光の周り・調光の感じも良好で気に入りました。

 このスダジイは越冬環境が良好なためか、5-6頭程度の小集団もみかけました。こちらはその6頭集団。
f0090680_20252851.jpg
D40-1855@55mm-gy8(トリミング)、ISO=400, F25-1/125、-2.3EV、外部ストロボ、調光補正-1EV、撮影時刻:14時16分

 先にご紹介した40頭集団に入り込めなかった残党?達のねぐらなのかもしれません。この後、clossianaさんのご案内で更に複数箇所の集団を撮影できました。途中、マテバシイの葉上で越冬中のムラシを発見。
f0090680_20255538.jpg
D40-1855@55mm-gy8(トリミング)、ISO=400, F25-1/80、-1.7EV、外部ストロボ、調光補正-1EV、撮影時刻:15時06分

 ムラシはいつも独りぼっちを好むようです。触角を前方に降ろして完全に休止モードですね。しかし、何と言っても、ビックリしたのは、常緑樹ではなく落葉樹のハクモクレン葉上の集団でした。緑色の葉全体が真っ黒になる姿は異様な迫力がありました。
f0090680_20262480.jpg
D40-1855@55mm-gy8(トリミング)、ISO=400, F25-1/125、-1.7EV、外部ストロボ、調光補正-1EV、撮影時刻:15時19分
f0090680_20263625.jpg
D40-1855@55mm-gy8(トリミング)、ISO=400, F25-1/125、-1.7EV、外部ストロボ、調光補正-1EV、撮影時刻:15時28分

 ここはざっと見積もって45頭程度いるのではないでしょうか?文字通り、足の踏み場もない状態。しかし、落葉したらこの集団はどこに行くのでしょうか?追跡調査が必要でしょう。夕日も傾いてきたので、ひとまず撮影会も終了です。

 さて、夜は場所を東京に移してお洒落なダイニングバーで「maedaさんを囲む会」のスタートです。
f0090680_20265231.jpg
D40-1855@18mm、内蔵ストロボ

 撮影会に参加されなかった、ブログ仲間のダンダラさんtheclaさん愛野緑さんhirokouさん、も加わっています。愛野緑さんとhirokouさんは初対面なので名刺交換がてらご挨拶しました。十勝や北海道の蝶情報、モンゴル遠征の裏話等、maedaさんご本人からでないと伺えない楽しいお話で一同盛り上がりました。

 maedaさん、遠路お疲れ様でした。今回の企画・世話役を務められたBANYANさん、それに夜の部は急用で参加されませんでしたが、昼の部でご案内頂いたclossianaさん、大変お世話になりました。今回の魚露目画像はclossianaさん持参の脚立借用の賜物です。改めて御礼申し上げます。
by fanseab | 2008-11-23 20:30 | | Comments(25)

ヒロヘリアオイラガの繭作成観察(11月12-15日)

 拙宅のエノキに付いたアカボシゴマダラの幼虫観察をしていた今月初め、イラガの幼虫を発見し、思わずギョッとしました。
いずれの画像もクリックで拡大されます。
f0090680_2322596.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80, F5.1-1/143、-1.3EV、撮影時刻:11月2日、13時03分

 昔からイラガの幼虫は毛嫌いしてますが(棘皮が嫌いなので、これぞホンマもんの毛嫌い!)、よ~く見るといつものイラガと異なり、橙色の棘皮があったり、背中にはブルーの幾何学模様が。ネットで調べてみると東南アジア原産のヒロヘリアオイラガ(Parasa lepida lepida)の幼虫でした。このイラガ、1960年代に人為的に持ち込まれた移入種で、関東地方にも勢力を延ばしているそうな。いつ頃蛹化(繭造り)をするのだろう?と暫く観察していると、11/10過ぎにエノキの幹をウロチョロ動き始め、11/12に地上5cmの幹上に静止し、繭作成を始めました。
f0090680_23302.jpg
D70S、ISO=200, F13-1/125、-0.7EV、リングストロボ(調光補正1/16)、撮影時刻:11月12日、23時04分

 自分の体長よりも長い楕円形に吐糸して薄い皮膜を作っている最中です。吐糸した糸を表現するのが結構難関で、ストロボの照射角度と糸の角度が合致しないと糸が光らず苦労しました。仕事から帰宅後の夜間撮影なので、適当に切り上げました。翌朝、もう繭造りが完成していると思いきや、まだまだでした(↓の左画像)。意外と繭造りの進行が遅いのに驚きました。13日の夜にようやく、それらしい形になりましたが、まだ幼虫の緑色や橙色の棘皮が残されています(↓の右画像)。ただ橙色の棘皮の位置は本来の頭部側になく、前蛹から脱皮したようにも思えます。

f0090680_233289.jpg
<共通データ>D70S、ISO=200、-0.7EV 左:F13-1/100リングストロボ(調光補正1/16)、右:F13-1/125、-0.7EV、リングストロボ(調光補正1/16)+スレーブ増灯(調光補正1/2)、撮影時刻:11月13日、左:6時52分 右:22時06分

 繭の外周には黒い棘皮が残されており、最後まで「刺されたら痛いでぇ~!」とアッピールしている感じです。そして3日後の11/15になって、繭はやっと褐色に変色し、完成を見たようです。
f0090680_2334647.jpg
D70S、ISO=200, F11-1/200、-1.0EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:11月15日、15時43分

 繭は二重構造で、最初に終齢幼虫が吐糸して造った外側の薄い繭は外敵の侵入を防止すると言うよりは、雨滴を弾いたりして、湿度調整の機能を持っているのでは?と思います。羽化は来年春と予想されますが、何月頃になるのでしょうか?それにしても拙宅のエノキで観察できる鱗翅目の幼虫がいずれも人為移入種とは!撹乱された生態系を象徴するような状況と言えましょう。
by fanseab | 2008-11-19 23:08 | | Comments(14)

ムラツ越冬集団の観察:その2(11月15日)

 先週に引き続き、湘南の越冬ポイントにでかけました。前回観察したアカガシに行く前に、探索するとアオキに形成された別の集団を発見しました(地上高2.5m位)。以下の画像はすべてクリックで拡大されます。
f0090680_1357097.jpg
D70S、ISO=200, F9-1/160、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:8時51分

 図の黄矢印で示した通り、A(6頭)、B(3頭)、C(1頭)の3群合計10頭からなります。次にA、B両群のアップ画像を示します。
f0090680_13573064.jpg
D40-VR84@210mm、ISO=400, F13-1/250、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:9時09分
f0090680_1358480.jpg
D70S(トリミング)、ISO=200, F9-1/125、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:8時47分

 この日の朝方は冷え込みが比較的弱かたので、横向きに倒れている個体は2頭のみで、残りは立った姿勢でした。ムラツの複眼は「チョイ悪おじさん?」の雰囲気が漂っていてB群3頭をアップで見ると、愉快な感じですね(^^)

 さて、先日集団を確認したアカガシを検すると、アララ、もぬけの殻でした。テントウムシも逃げてしまったようです。
f0090680_13584337.jpg
D40-VR84@300mm、内蔵ストロボ、2画像を合成(上が11/15、下が11/8の状況)

 ちょっとガッカリして、あたりを探索していると、「こんにちは~♪」と現れたのはブログ仲間の theclaさん でした。どうやら期せずして同じポイントを観察していたようです。しばらくアカガシを見上げていたtheclaさんが「あそこにいますよ!」って指差したのは、先日の集団が潜んでいた葉より更に80cmほど高い所でした(地上高約3.5m)。実はこの日のために4段の本格的な脚立を準備してきたのですが、これを使ってもアングル的に上手く撮影できません。それでも脚立をtheclaさんに支えてもらって、何とか撮影できました。
f0090680_13591966.jpg
D40-VR84@400mm、ISO=400, F13-1/200、-0.3EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:9時49分

 こちらは全部で10-11頭集団です。上を見上げて観察していると、10時過ぎから陽が差してきて、1頭、また1頭と飛び出しますが、いずれも梢の高い所に飛び出していくので至近距離での撮影ができません。仕方なく、葉の裏側から狙ってみたら、葉に残っている個体の脚が透けて見え、面白い絵になりました。
f0090680_13594615.jpg
D40-VR84@340mm、ISO=800, F7.1-1/80、-0.3EV、撮影時刻:10時06分

 それでも辛抱してみるもので、暫くして下草で開翅する♀をゲットできました。
f0090680_140924.jpg
D70S、ISO=200, F8-1/400、-0.7EV、撮影時刻:11時03分

 残念ながら♂は良い位置で撮影できず、次回以降の課題になりました。このアカガシのお隣には、シロダモの黄色い雄花が沢山咲いており、彼らの吸蜜源になっているようでした。ムラツの吸蜜シーン撮影は失敗したので、ムラシ♀の吸蜜画像をアップしておきましょう。
f0090680_1403737.jpg
D70S、ISO=200, F8-1/80、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:11時10分

 シロダモの花は小さな花弁の集合体なので、ムラシも吸い難そうにしておりました。最後にムラシ♀の飛翔画像もご紹介しておきましょう。日向ぼっこの途中は飛翔が緩慢なので、何とか至近距離での撮影ができました。
f0090680_1404855.jpg
D70-1855@26mm(トリミング)、ISO=200, F4-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:11時18分

 この後、theclaさんとお別れして、神奈川県内の別のポイント探索へ。昨年、落葉樹での越冬集団が観察されたとされる情報を元に某公園に出向きましたが、集団は発見できませんでした(^^;;
by fanseab | 2008-11-16 14:05 | | Comments(16)

湘南のムラサキツバメ越冬集団(11月9日)

 薄ら寒い曇り空の日曜日。そろそろ寒さに体を寄せ合っているに違いない、首題集団の観察に行ってきました。本種の越冬集団については、この1月にブログ仲間の BANYANさんに案内頂いて、千葉県のポイントで観察できました が、千葉より近場のポイント開拓を目的に神奈川県湘南地方をウロチョロしてみました。ラフなポイント情報を元に、それらしき場所を探すと幸運にも、すぐに集団を発見することができました。いずれの画像もクリックで拡大できます。
f0090680_21324248.jpg
D70S、ISO=400, F11-1/160、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:9時16分

 集団が形成されていたのは、樹高約3.5mのアカガシ。地上高約2.8mの葉上に8頭(ひょっとすると9頭かもしれません)が身を寄せ合っていました。曇り空も手伝って相当に暗い環境で、ストロボ前提での撮影です。枝を手繰り寄せての接近戦ができないので、持参した脚立を立て、400mmズームで様子を伺いました。
f0090680_2133424.jpg
D40-VR84@300mm、ISO=400, F13-1/400、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:9時21分

 拡大してみると2頭はちゃんと体を立てているのに対し、残りの仲間は完全に体を水平に傾けています。面白いことに集団の真ん中に守り神?のようにテントウムシが鎮座していました(^^) テントウムシにとっても越冬に好適な場所なのでしょう。

 このポイントは北側が急傾斜の雑木林で北風を完全にシャットアウトでき、南側は湿地で、彼らの越冬にとっては理想的な環境だと思います。更にこの付近では珍しいアカガシも、葉の面積はかなり大きく、集団を形成するのに有利なのでしょう。
f0090680_21331961.jpg
GX100@5.1mm、ISO=100, F3.6-1/15、-1.3EV、撮影時刻:9時44分

 ざっと見積もって、葉の長さは20cm、幅は7-8cmってところでしょう。↑の越冬集団画像からわかるように、ムラツ君の越冬マンション、まだ「空き部屋」が沢山ありそうで、少なくともあと10頭ほど、「入居可能」状態です。もう少し寒くなって、「完売御礼」が出た頃(笑)、もう一度観察してみたいと思います
by fanseab | 2008-11-09 21:37 | | Comments(14)

アカボシゴマダラの羽化:Part2(11月3日)

 10月29日の記事で、アカボシ羽化瞬間の撮影に成功したことをご紹介しました。その時、コメントした通り、翅の色調再現性に問題があったので、今回、ストロボ照射条件を変えて再度、撮影をしました。

 この日の朝方、以前から目を付けていた自宅エノキの蛹の体色が変化していることに気がつきました。前回観察の経験から、羽化予兆現象である、『蛹の腹節の緩み』に今回も注目してみました。午後3時頃、腹節の一箇所が緩み、3時半頃には、二箇所目も緩みました。前回はこの時点から30分後に羽化したので、臨戦態勢を敷きました。しかし、いくら待てども羽化しません。
f0090680_22381173.jpg
D70S、ISO=200, F11-1/50、-0.7EV、外部ストロボ(調光補正1/2)+スレーブ2灯増灯(調光補正共に1/4)、撮影時刻:16時44分、※黄矢印は腹節の緩みを示します。

 結局、完全に日が暮れた17時45分、諦めて機材を一旦撤収しました。
「羽化は恐らく照度が関係しているのかもしれない」
「日が暮れたので、羽化準備を一旦ストップしたのだろう」
「とすると、翌朝、早朝に羽化するのかも・・・」
と勝手に解釈したのです。ところが、どうでしょう!18時過ぎに念のため確認すると、なんと羽化してました!嗚呼、また騙されました(^^;;
f0090680_2238445.jpg
D70S、ISO=200, F11-1/50、-0.7EV、外部ストロボ(調光補正1/2)+スレーブ2灯増灯(調光補正共に1/4)、撮影時刻:18時02分

 羽化個体は今回も♀でした。羽化は恐らく18時直前だったのでしょう。あと15分諦めないで観察を続けていれば羽化瞬間を観察できたはずです。また今回はスレーブ増灯で擬似拡散光処理をしたので、目論見通り、アカボシ地色の黒が「締まった黒色」に表現でき、結果的に「赤星」も綺麗に撮れたと思います。  
 次に照射条件の異なるリングストロボとの作例比較をアップします(画像クリックで拡大されます)。
f0090680_22391793.jpg
D70S、ISO=200、-0.7EV、「左」F13-1/160、外部ストロボ(調光補正1/2)+スレーブ2灯増灯(調光補正共に1/4)、撮影時刻:18時09分、「右」F13-1/125、リングストロボ(調光補正1/16)、撮影時刻:19時00分

 RAW現像の段階で両者共に色温度・彩度を微修正して仕上げましたが、リングストロボ作例では、どうしても地色の黒に「青ないし赤紫色の幻光」が残留し、「締まった黒」が表現できていないことがご理解頂けると思います。

 実際のフィールドにおいて、例えばアカボシやゴマダラチョウの樹液吸蜜場面で、ストロボを照射することはかなりの確率で必要です。しかし、スレーブ増灯法は機動力がないため、フィールドでの使用は事実上困難でしょう。あくまで今回のように相手がじっと静止した場面以外に利用価値がないことも付け加えておきます。
by fanseab | 2008-11-05 22:40 | | Comments(12)

本体HPの更新:香港の蝶(11月2日)

 およそ、二ヶ月振りに本体ホームページを更新しました。2年前に2回目の遠征をした「香港の蝶」につき、今回は、下記の4科13種を新規にアップしました。それぞれの種名をクリックすると、対象ページにジャンプします。

<アゲハチョウ科2種>

(1)ベニモンアゲハ
(2)シロスソビキアゲハ

<シジミチョウ科5種>

(3)キネンシスカニアシシジミ
(4)タイワンツバメシジミ
(5)ヤクシマルリシジミ
(6)ロヒタキマダラルリツバメ
(7)ウラギンシジミ

<タテハチョウ科5種>

(8)カバマダラ
(9)コレルリマダラ
(10)ウラマダラシロオビヒカゲ
(11)メスアカムラサキ
(12)ランガシロミスジ

<セセリチョウ科1種>

(13)キモンチャバネセセリ

 本体HPに掲載している画像はサーバー容量の関係で、サイズを大幅に圧縮しております。そこで、大サイズの絵を一部ご紹介しましょう。最初はシロスソビキアゲハの吸水時に撮影した腹端からのポンピング行動。
f0090680_11215047.jpg
D70、ISO=640, F7.1-1/100、+0.3EV、撮影年月日:2006年10月8日

 ポンピングの間隔は不規則なため、予測がつき難く、その瞬間を捉えるのは結構難しかったです。お次はコレルリマダラ(ガランピマダラ)の吸蜜&飛翔。
f0090680_1122160.jpg
D70S-VR84@200mm、ISO=640, F5.3-1/2500、-0.3EV、撮影年月日:2006年10月8日

 最後は今回未掲載分のリラエアキミスジ。
f0090680_11292321.jpg
D70、ISO=1250, F5.6-1/1250、撮影年月日:2006年10月7日

 ISO設定を間違えて1250にしたため、粒状性が荒れましたが、RAW現像ソフトで、荒れ除去処理して何とか護摩化しています(^^;;  テリ張りというよりは、夕刻になっての休止モードに入った個体の姿です。そろそろシーズンオフですので、南ベトナムや、北タイ等、未更新の画像を続々アップしていく予定です。ご期待ください。
by fanseab | 2008-11-02 11:24 | | Comments(16)