探蝶逍遥記

<   2008年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Hestina属越冬幼虫の脱皮(3月29日)

 先週、樹上に這い登ってきた首題幼虫の追跡調査です。やや日当たりの悪いポイントで新たに個体No.19とすべきアカボシ幼虫を発見。
f0090680_2134929.jpg
D70S、ISO=320, F9-1/320、-0.7EV、内蔵ストロボ

 頭部やや後ろの第1背面突起部に皴が入り、どうやら脱皮直前の様子です。地上高78cmで体長は22mm。次に日当たりの良いポイントに移動して探索すると、エノキの枝分岐部に脱皮殻を発見。
f0090680_21343293.jpg
D70S、ISO=320, F7.1-1/320、-0.7EV、内蔵ストロボ

 脱皮した幼虫がどこにいるのか?5分程探してようやく発見できた個体No.7(恐らく)。
f0090680_2134538.jpg
D70S、ISO=400, F9-1/320、-0.7EV

 御覧のように擬態は大変巧妙です。脱皮殻を含め尾端がかなり明確に分裂していることから、最初はゴマダラ?かと思いましたが、背面構造&背面色調よりアカボシと同定しました。しかしちょっぴり自信なし。個体の右側のエノキ新芽に摂食跡があり、脱皮直後から活動を開始していると思われます。この株はゴマダラも共存していたので、もしや?と思い探索すると、やはり脱皮したゴマダラ幼虫も発見できました。
f0090680_21352414.jpg
D70S、ISO=400, F9-1/640、-0.7EV

 尾端は完全に2又解裂し、背面中央の緑色線両側を彩る濃色部もアカボシよりも茶褐色を帯びた感じで微妙に雰囲気が異なります。こちらも既に摂食を開始しています。ついでに背面から回り込んでコンデジでパチリ。
f0090680_21355343.jpg
GX100@5.1mm、ISO=100, F9.1-1/45、-0.7EV

 さらに魚露目で周囲の環境を写しこみました。
f0090680_21361943.jpg
D70-1855-gy8、ISO=500, F32-1/100、+2.0EV、外部ストロボ、調光補正1/2

 いつものように、人通りの激しい場所なので、通行人の刺すような視線との戦いです(^^;; 最後にアカボシの特徴が完璧に出たマクロ画像をご紹介しましょう。個体No.17で地上高42cm・体長28mm。
f0090680_21402825.jpg
D70S、ISO=400, F8-1/100、-0.7EV、内蔵ストロボ

 尾端が完璧に融合しています。この位、明確な構造を持っているとアカボシと断定できます。
 週末の2日間でポイントをざっと巡り、現時点での個体数はゴマダラ7頭(脱皮個体3頭)、アカボシ11頭(脱皮個体4頭)、合計18頭でした。脱皮→即摂食のパターンは両者ほぼ一緒で、現在はどちらが食樹を支配するか?戦いはイーブンと言ったところでしょう。
by fanseab | 2008-03-30 21:42 | | Comments(10)

Hestina属越冬幼虫の目覚め(3月23日)

 神奈川県への引越しが終わったものの、ダンボール開梱・整理にまだ追われています。一連の作業はストレスが溜まるので、気晴らしに近場を散歩してきました。多摩川縁に繰り出すと、キタテハが元気に飛んでいます。ギシギシの葉にはルリハムシがビッシリついています。春の日差しの下、愛の交歓風景はこの季節の風物詩ですね。
f0090680_2312284.jpg
D70-1855-X1.4TC-魚露目8号、ISO=500, F32-1/200、-0.3EV、外部ストロボ、調光補正1/2

 次にこの冬、継続観察しているアカボシ・ゴマダラ両幼虫の様子を覗いてみました。エノキの幼木にはすっかり若芽が吹いており、アカボシ越冬幼虫の中で一番小粒だった個体識別No.5は株から小枝に登って静止状態。地上高20cmで体長は20mm。
f0090680_23131035.jpg
D70、ISO=200, F9-1/800、-0.7EV

 ヒメオドリコソウのピンクの花弁とのツーショットで春らしい構図になりました。この個体は真冬でも鮮やかな緑色を保ち、よくぞ鳥の食害に会わずに越冬できたものだと思います。この個体から300m程離れたポイントにあるエノキの株でも、殆どの幼虫が株の根元から枝(分岐)に登っていました。一度、行方不明になった個体識別No.13は再発見できました。
f0090680_23134373.jpg
D70-1855-X1.4TC-魚露目8号、ISO=640, F32-1/50、+3.0EV、外部ストロボ、調光補正1/2

 この個体は地上高40cm、体長22mm程度。体色はアカボシ越冬幼虫で最もポピュラーな緑褐色。ただ日差しの射さない株脇で越冬していた個体識別No.8はまだ、枝上には上らず、株の寝際に留まっていました。
f0090680_2314869.jpg
GX100@13mm、ISO=200, F4-1/32、-0.3EV

 一方、落葉下に潜ったため、全て行方不明になっていたゴマダラチョウ越冬幼虫も元気に枝に登っていました。個体識別No.16です。
f0090680_23143152.jpg
D70、ISO=500, F9-1/100、-0.7EV、内蔵ストロボ

 ご覧の通り、体色はアカボシとは全く異なります。グレーを基調にヘリンボーンセーターを連想させる大変複雑な斑紋です。地上高80cmで体長23mm程度。また個体No.18と思われる個体も再発見できました。
f0090680_23145520.jpg
D70、ISO=400, F8-1/500、-0.7EV、内蔵ストロボ

 実は↑で示したゴマダラ幼虫No.16は、同じエノキ株にアカボシ幼虫No.6と共存しています。以前、アカボシの放蝶が話題になった当初、ゴマダラは落葉中越冬で、アカボシは樹上越冬。だから越冬後のエノキ新芽の摂食はアカボシの方が有利・・・なるコメントをどこかで読んだ記憶があります。今回の観察ではことはそう単純ではなく、「ヨーイドン」でアカボシもゴマダラも一斉に樹上に駆け上り、摂食はこれからスタートする・・・状態と推察しました。さて、これから両者の勝負?はいかに?興味が尽きません。
by fanseab | 2008-03-24 23:17 | | Comments(6)

関西で出会った思い出の蝶(3月19日)

 突然ですが、先月末に勤務先の内示を受け、3/21より神奈川県に赴任することになりました。兵庫県に転居してきたのは、2003年の8月。朝起きた時、メチャうるさいクマゼミの鳴き声で「関西に来たなんだなぁ~」と実感したことを思い出します。それから4年半。近畿から中国地方まで、西日本でしか見られない蝶達を中心に、思う存分蝶観察を楽しむことができました。全く知らない土地でポイントを開拓する楽しみにワクワクしましたが、ブログやHPで知り合った蝶仲間からの貴重な情報やアドバイスなくして、成果は挙げられなかったと思います。
 さて、思い出の蝶と言っても、絞り込むのは難しいです。「あれも入れたい、これも入れたい」と迷った挙句、印象に残った蝶7種をご紹介することにしましょう。

 トップバッターはキリシマミドリシジミ。真夏の鈴鹿で出会ったエメラルドグリーンは最も強い印象を残しました。
f0090680_995956.jpg
D70S-VR84@400mm、ISO=500、F8-1/800、-1.7EV、撮影:2006年7月30日@三重県・鈴鹿山地

 昨年はしかし不作でした。今年は豊作だといいですね。続いてヒロオビミドリシジミ。
f0090680_9101765.jpg
GX100@5.1mm、ISO=100、F7.2-1/42、+0.3EV、撮影:2007年6月23日@岡山県西部

 キリシマは箱根や丹沢でも見ることができるけど、こいつは関西固有種。「今シーズンこそ♂の開翅を!」って意気込んでいただけに転勤はちょっぴり残念です。真っ暗な早朝に現地に着いて、長竿で叩き出した時、朝日にキラキラと輝いて落ちてきたゼフの輝きは忘れられません。

 お次はシルビアシジミ。
f0090680_9103167.jpg
90IS@70mm、ISO=100、F3.5-1/400、撮影:2004年10月2日@兵庫県東播磨地方

 ブログ仲間のkさんと初めてご一緒して撮影した思い出のシジミです。神奈川県で必死の思いで探索していた本種が、田んぼの畦道で普通に飛んでいるのを見た時は唖然としました。溜池をシンボルとする東播磨の里山環境は日本の自然遺産とも言うべきものでしょう。

 シジミ類の最後を飾るのはヤクシマルリシジミ。
f0090680_910441.jpg
D70、ISO=500、F11-1/500、撮影:2006年10月21日@大阪府南部

 昨年の晩秋、紀伊半島南部で撮影に成功したサツマと並び、手近なポイントでじっくり生態を観察できたことは有り難かったです。生活史としては、蛹を発見できなかったのが唯一の心残り。晩秋は言うに及ばす、12月10日にまで♂の輝きを確認できたのにはビックリしました。

 関西固有種として忘れられないのがMelictaMelitaea達。最初はウスイロヒョウモンモドキ。
f0090680_9105943.jpg
D70-24、ISO=400、F11-1/500、外部ストロボ、撮影:2005年7月2日@兵庫県ハチ高原

 この蝶を語る時、地元の方を中心とした保護活動を忘れてはいけません。管理人が尊敬するHP仲間、tさんのご尽力もあって、但馬の高原に群れ飛ぶウスイロの姿に素直に感動しました。関東出身の管理人にとって、関西にもヒョウモンが乱舞する高原があることは新鮮な驚きでもありました。ここまで個体群が復活した努力が報いられて、いつまでもウスイロが健在であってほしいものです。

 ウスイロのお次はヒョウモンモドキ。
f0090680_9111374.jpg
D70S-10.5、ISO=500、F14-1/200、撮影:2005年6月16日@広島県世羅台地

 この蝶も地元の方の努力で命脈が保たれているタテハです。しかし、その状態はウスイロに比較して深刻かもしれません。撮影した当日、偶然お会いした「保護の会」のメンバーからお聞きした苦労話、そして観察会当日。小雨の降る中、熱心に蝶の説明をされた農家の方達には頭の下がる思いでした。休耕田のような脆弱な環境を再現する困難な試みが現地で続けられていると聞きます。↑の画像を撮影した際、夕日を浴びた羽化したてのオレンジ色の輝きを忘れることができません。

 さて、兵庫県に居を構えてから身近になった蝶と言えば、ヒメヒカゲで決まりでしょう。
f0090680_9112885.jpg
D70S-10.5-X1.4TC、ISO=500、F9-1/40、撮影:2006年6月18日@兵庫県東播磨地方

 自宅から車でわずか1時間。ほとんど平地とも言うべき低地で暮らすヒメヒカゲに出会った時は驚きました。そしてその個体数の多さにも二度ビックリしたものです。草いきれに汗ダクダクで撮影した思い出の写真でもあります。天然の日傘?を差した相手を羨んだシーンでもありました。このヒカゲチョウもまだ健在ですが、開発の煽りでいつ衰退するとも限りません。今年から基礎調査活動として、地元の方を中心とした個体数調査が開始されようとしています。全国的には個体数が激減しているなか、全国から当地のラベル欲しさにネットを振る方が当地に押し寄せていると聞きます。どうか節度ある行動、採集自粛を願うものです。

 こうして振り返ると、あっという間の4年半でした。改めて関西でお世話になったHP・ブログ仲間、拙ブログにコメントを寄せられた皆様、そして保護活動をされている蝶仲間の方達には本当にお世話になりました。これから長年親しんだ関東に拠点を移し、新たな活動を続けていきたいと思います。なお、転居の関係で暫く更新が途絶えるかもしれませんが、今後とも、拙ブログの応援をよろしくお願いいたします。
by fanseab | 2008-03-19 09:17 | | Comments(12)

オフシーズン企画:海外グルメシリーズ(3)北タイ夕食編

 さて、いよいよ夕食です。ここのロッジは小さな川沿いにあり、その畔にある屋外食堂で、毎日食事を取りました。ロッジ滞在初日の夕食風景です。
f0090680_2302378.jpg

 美形のウエイター兼コックさんにシャッターを押してもらって、思わずニンマリの管理人です(^^;;
 低地の川沿いなら間違いなく藪蚊の襲来に合いますが、標高1000mにあるこのロッジでは全く蚊に刺されることなくディナーが楽しめます。
 では、メニューをご紹介しましょう。基本的に、夕食は、1汁3菜に白米、これにデザートとしてフルーツが出るしくみ。ボリュームがすごくあって、一人では食べきれない量でした。ビールでも飲んだら、2人で十分な量かもしれません。最初はサラダ。
f0090680_2304038.jpg

 こいつは独特で微塵切りにしたネギ、トマトの他、判別不能のエスニックな香味野菜が混ぜられて非常に深い味わいでした。バンコックあたりで供される春雨サラダに入っている「鷹の爪」に代表される隠し辛味がないので助かりました。お次は白身魚のフリッターに「ごまめ」のようなトッピングが乗った料理。ビールの「あて」には最高でしょう。
f0090680_23153.jpg

 汁物はかなりコッテリ系です。
f0090680_2332889.jpg

タイでスープと言えば、トムヤムクンが有名ですが、このスープはちょっと違い、骨付き鶏肉がメインです。中央の円盤状のものは、ショウガの輪切りで絶妙なスパイスになっています。比較的コッテリ系スープ類を食した後で食べる南国のフルーツは堪えられません。小生の大好物パパイヤです。
f0090680_2334320.jpg

 パパイヤはマンゴーやドリアンと異なり、飽きがこない味で、お腹を整えてくれる感じがします。皿の上にはお好みで入れる、ライムと塩が添えられています。タイ料理はまた、ココナッツミルクを上手に使います。確か2日目に供された骨付き豚肉のココナッツミルク煮。
f0090680_2335697.jpg

 焦げ目をつけた豚肉は日本では想像もできないコクのある味で、これに淡い甘味のココナッツミルクが絶妙なハーモニーを醸し出します。いずれの日のメニューでも出された炒め物は日本人にもピッタリくる味付けでした。白身魚(川魚かもしれません)と野菜のケチャップ仕立ての炒め物。
f0090680_2342055.jpg

 トウガラシ系スパイスが隠し味ですね。ビールを飲むと、翌日の体調に差し支えるので、ディナーの飲み物はミネラルウォーター。そのグラスにヤシ?の葉で上手な蓋を作って飾りにしてあり、この気配りには感心しました。上手い演出だと思いませんか?
f0090680_2343633.jpg

 さて、「シーズンオフ企画」として銘打ったこのシリーズの最中に関西の気温もドンドン上昇して、すぐにでもギフが飛びそうな陽気になりました。で、ひとまず、このシリーズもこれにておしまい。ベトナムや香港のグルメの話題はまた来シーズンオフのブログネタにでもとっておきましょう(笑)
by fanseab | 2008-03-12 23:09 | グルメ | Comments(6)

ムラサキシジミ越冬個体の観察(3月8日)

 阪神地区の自宅傍で継続観察していた首題個体の観察にでかけました。およそ一カ月ぶりです。枯葉を覗くと「もぬけの殻」でした。
f0090680_220536.jpg
D70-10.5-X1.4TC、ISO=400、F16-1/100、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時09分

 3月に入ってから急に春めいて、10℃を越す日もありましたから、どこかに元気に飛び立ったと信じることにしましょう。これでムラシの越冬成虫の継続観察もひとまず終了。そろそろ新羽化成虫を求めて忙しい週末(笑)がスタートすることでしょう。
 
 実は↑の画像を現像しようと昨日パソコンの電源を入れたところ、WindowsXPがご臨終!!Reset→立ち上げを已む無く実施、全データ・ダウンロードソフト・メールデータがパーになりました。まる2日かかってweb環境も含め復旧したのは本日21時過ぎ。くたびれました。幸い画像データは外付けハードとCDの二本立てでバックアップを取っているので大事に至りませんでしたが、WordやExcelファイルを甘く見て、バックアップを取っていなかったのは反省材料でした。トホホの週末・・・、まあ本格的なシーズン最中で起きなかったことを不幸中の幸いだと思うことにしました。
by fanseab | 2008-03-09 22:04 | | Comments(10)

オフシーズン企画:海外グルメシリーズ(2)北タイ昼食編

 前回の朝食は「これでもタイなの?」ってコメントもありました。しかし、今回から徐々にエスニックな香りが強くなりますよ。
 タイ遠征では朝食後、ロッジ周辺のポイントを歩いてはロッジに戻りランチ・・・が基本パターンでした。で、2日目のランチ。
f0090680_2325822.jpg
 ライス(もちろん細長いタイ米)に主菜が2品。手前がオムレツで、左奥は豚の粗挽肉と香草の炒め物です。香草は日本にはないタイプで、味付けはかなり塩味が効いていたと思います。その上はキュウリの輪切り。お次は3日目。
f0090680_2331277.jpg
 食べ散らかした画像で失礼!お腹が猛烈に空いていると、撮影よりも食欲が勝ってしまいますね(^^)あっさり目のチャーハン(カーオパッ)と薄味のチキンスープです。チャーハンに入っている紅いのはパプリカだったと思います。これは辛くありません。
 4日目は4WD車をチャーターして隣村に遠征したので、ランチはお弁当です。
f0090680_2335562.jpg

 携行食としてモンキーバナナあたりでも昼食になりますが、やはり白米があると腹の収まりが違います。おかずは豚肉の炒め物だけという質素なもの。ただ、上のポリ蓋に垂らした緑色の汁がポイントです。これ、インドネシアやタイでよくある香味調味料です。香味野菜を数種類使い、恐らくナンプラー等と混ぜて作るのだと思います。これはピリッと辛く、もそもそしたタイ米が咽喉に詰まった時、舌を刺激して、不思議と咽喉の通りが良くなります。また左側のビニール袋に入っているのは、エビセンベイのようなもの。この手の煎餅は東南アジアでよく供されます。実は、この弁当を食べている最中にオジロイナズマ(Euthalia phemius)が出現して、慌てて撮影したことを思い出します。何とか、♂撮影に成功した思い出の弁当でもあるのです。
 最終日は結構ボリュームある内容でした。
f0090680_2341665.jpg
 ご飯の上には目玉焼き。主菜は豚肉の甘辛炒め。これにトマトとキュウリの輪切りが添えられます。左のスープも中身が濃く、骨付き鶏肉のスープでした。さらに甘党の小生を喜ばしたのが次のデザート。
f0090680_2361475.jpg
 タイのデザートの定番はタピオカ入りココナッツミルクですが、ここでは、タピオカの代わりに糖度の高いカボチャが入って、カボチャ汁粉の雰囲気。蝶撮影に疲れた体を癒す一品でした。
 次回はタイらしい料理のオンパレード、夕食編をご紹介しましょう!
by fanseab | 2008-03-06 23:11 | グルメ | Comments(6)

オフシーズン企画:海外グルメシリーズ(1)北タイ朝食編

 拙ブログでは珍しいグルメの話題です。
海外遠征の宿泊地は、国内と異なりインフラが整備されていない場所が多く、夜間、TVも見れないロッジが殆どです。日が沈んでから翌朝まで、昼間撮影した画像のチェック以外の楽しみといったら、食事しかありません。撮影疲れの合間に英気を養うランチもこれまた楽しみ。 そろそろ春めいてきましたが、暑い南国でのグルメ情報を数回に分けて御紹介しましょう。第1回目は’06年3月に遠征した北タイ・ドイサケット地区のロッジで供された朝食です。
 
 先ず、到着翌日に出されたプレート。
f0090680_22411515.jpg
 トーストに目玉焼き・ソーセージ・ハム・トマトにフルーツジュースと都会のホテル並みのセットです。オニオンスープもついていました。アジア圏ホテルの朝食バイキングでいつも思うのはソーセージやハム類が不味いこと。特にイスラム圏のマレーシアやインドネシアでは、豚肉御法度の習慣から、チキン系ソーセージが多く、味にコクがなく、物足りなく感じます。↑のソーセージも「?」って味でした。反面、絞りたてのパイナップルジュースは抜群です。

 このロッジは土地の名産でもあるコーヒー畑の脇にあるため、酸味の効いたコーヒーの味も格別でした。
f0090680_22421471.jpg

 次は3日目のプレート。
f0090680_22422727.jpg
 この日だけ朝食時間を早めにリクエストしたためか?チキンで出汁を取ったおかゆ風のものが供されました。出汁は薄味ですが、朝食には最高!右の小皿は薬草のパクチー(コリアンダー)。小生の大好物です。左下の醤油に似た汁はナンプラー(魚醤)。これまたおかゆにちょろっとかけると、とっても美味なんです。

 次回は昼食編の御紹介です。
by fanseab | 2008-03-03 22:47 | グルメ | Comments(6)